HiLetgo ICL8038 関数 機能信号発生器モジュール DIYキット 正弦波 三角波(2個セット) [並行輸入品]

HiLetgo ICL8038 関数 機能信号発生器モジュール DIYキット 正弦波 三角波(2個セット) [並行輸入品]

Attributes

Label : HiLetgo
ItemDimensions : 11
Studio : HiLetgo
PartNumber : 3-01-1118
ProductGroup : BISS Basic
Manufacturer : HiLetgo
MPN : 3-01-1118
Publisher : HiLetgo
Brand : HiLetgo®
PackageDimensions : 11842511339

広告タグの取得

説明:
1針、針12正弦波形調整端子。
ピン2正弦波出力;
ピン3三角波出力。
ピン4、ピン5:周波数とデューティ・サイクル(または非対称波形)の調整。
ピン6:Vの+、正電源。
ピン7周波数オフセット。
ピン8周波数調整入力端子
ピン9:方形波出力。これは開路出力端子、仕事を考慮するべき相応の積極的な電源の荷重抵抗端末からピンを得てTTL互換-方形波出力、荷重抵抗5 V電源供給に接続しなければならない
ピン10:時限コンデンサ端子
ピン11:V -、マイナス電源端子または地上。使用時に陽性陰性と電源、Pin11負電圧給電、出力波形については対称0 V;使用時に単一の電源陽極、Pinじゅういち接地、出力波形は単極の均匀の電圧はVCC /2
13ピンと14ピン空針
同スイート専門の週波数範囲は50-5 kHz、Sスイッチを切り替えて二つのバンド、RP1は週波数調整、RP2週期は責任を調整し、調整RP3は正絃波ひずみ。回路を採用して12 V単電源供給、入力からX1、 X2、X3は、波形出力側、あなたが3種類の出力波形観察オシロスコープ。
モデル:ICL8038
入力:12 V直流
週波数範囲:50-5 kHz
パッケージは以下を含みます:
2PCS* DIY ICL8038関数信号発生器モジュール正絃平方三角波の出力キット

お客さんから頂いたアドバイス:
1、基板がしっかりと出来ているので部品配置さえ間違えなければ完成します。
調整は簡単です。改造にも向いています。
付加回路を付けて更に発展させましょう。
出力調整用のボリューム
波形切り替えセレクター
等があると便利です。
電源は+12Vの単電源です。
低い周波数を発振させるには2電源に改造をする必要があります。
 ICが熱くなるようでしたら放熱のフィンを上に貼り付けて下さい。
IntersilプロトタイプのICは触るとひんやりとしますので放熱板が内蔵されている。
2、ICL8038_ICを使った低周波発振器、DDS発振器と違いアナログ発振で三角波を作り
其の波形を元に正弦波と矩形波を作っていますアナログ回路なのでVRによる電圧変化で
波形の形が変わったり周波数がそれぞれ連続で変わります

特徴

ICL8038 関数 機能信号発生器モジュール

特徴

モデル:ICL8038

特徴

入力:12 V直流

特徴

週波数範囲:50-5 kHz

特徴

同スイート専門の週波数範囲は50-5 kHz、Sスイッチを切り替えて二つのバンド、RP1は週波数調整、RP2週期は責任を調整し、調整RP3は正絃波ひずみ。回路を採用して12 V単電源供給、入力からX1、X2、X3は、波形出力側、あなたが3種類の出力波形観察オシロスコープ。
水晶発振周波数カウンタテスターDIYキット,SODIAL(R) 50MHz水晶発振周波数カウンタテスターDIYキット 5デジタルディスプレイ解像度 赤
HiLetgo® LCR-T4 9V 128*64 LCD抵抗コンデンサー ダイオード SCR トランジスタ ESR メーター テスター [並行輸入品]
HiLetgo 24MHz 8チャンネル USBロジックアナライザ 8CHロジックアナライザ UART IIC SPI デバッグ MCU FPGA ARMに対応 [並行輸入品]
HiLetgo® 10個セット 5*7CM FR-4 ユニバーサル ブレッドボード プロトタイプ PCB ダブルサイド Tinned 1.6mm Thick [並行輸入品]