欲望アクション

欲望アクション

Attributes

ReleaseDate : 2011/01/14
Artist : VIVIAN BOYS
Label : HELLO FROM THE GUTTER
Studio : HELLO FROM THE GUTTER
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 1,200
Manufacturer : HELLO FROM THE GUTTER
Publisher : HELLO FROM THE GUTTER
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497
SKU : X212702593

広告タグの取得

ガレージ・パンクの灯は今なお消えず

やかましいだけで中味が空っぽだった80年代を嫌悪しているつもりでもテレビの深夜映画で薬師丸ひろ子主演の角川映画を観たりするとふと郷愁が湧いて来る。ヴィヴィアン・ボーイズの『欲望アクション』を聴くに到っては80年代ってもしかしてオシャレな時代だったのではと云う疑念すら湧いて来る始末だ。しかしお立ち会い!80年代には時代の雰囲気に嫌悪感を覚え、60年代の音楽などを聴くことによって自分独自の立ち位置を確認していた者共も少なからずいたものだ。本作から感じる80年代ぽさとは厳密にはそう云う80年代におけるアンチ80年代な気分を表しているのではないかと云う気がする。
だとかGSがどうだとか昭和歌謡がどうだとか云うのはあくまでも隠し味的要素であって基本的に『欲望アクション』は今までの諸作と同様、ガレージ・パンクの新たなる可能性を提示する作品であると私は捉えている。洋楽専門誌が推奨する“ガレージの新星”を聴くならば『欲望アクション』を始めとするヴィヴィアン・ボーイズの諸作を聴く方がはるかに有意義なのではないだろうか?

ワン!ツー!アクション!

ジャケットが素晴らしくてつい購入したのだが、これはほんと凄い!やばい!!
こんなモダンでスタイリッシュな雰囲気のバンドは80年代の終わり以来じゃないかな?
スターリン+フリッパーズ・ギター?ジャックス+サディスティック・ミカ・バンド?
ガレージ的な荒々しさを持ちながらもポップでキュート(女性ボーカリスト最高!)、
3人の絵面もカッコよくて妙な大衆性もあるし、これはほんともしかしたら売れるかも!?
言葉の選択もほんと素晴らしい。
このヌーヴェルヴァーグから無頓着派までを網羅した感じ、そうとうな文学・映画的な知識の持ち主にちがいない。
東京もやっぱ捨てたもんじゃない。
「最近のロックなんて・・・」とラモーンズやヴェルヴェット・アンダーグランドに聴き入ってるあなた!
「欲望アクション」を聴いて俺みたいに打ちのめされなさい!
PS.「噂のヴィヴィアン」も「地獄のヴィヴィアン」も最高!
地獄のヴィヴィアン
噂の娘 (Girl in the Windher Name Is Vivian)
DEDICATED TO THE ROCK’N’ROLL BOY
Release Me