ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー - PSP

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー - PSP

Attributes

HardwarePlatform : Sony PSP
ReleaseDate : 2011/03/03
Platform : Sony PSP
ItemDimensions : 6369344417
Manufacturer : スクウェア・エニックス
EANListElement : 4988601006903
EANList : 4988601006903
CEROAgeRating : 15才以上対象
CatalogNumberList : ULJM-05814
Brand : スクウェア・エニックス
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : スクウェア・エニックス
Studio : スクウェア・エニックス
PartNumber : ULJM05814
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 6,264
CatalogNumberListElement : ULJM-05814
MPN : ULJM05814
Publisher : スクウェア・エニックス
Genre : Action Games
Edition : 通常版
PackageDimensions : 6369326417
OperatingSystem : Sony PSP

広告タグの取得

「ディシディア ファイナルファンタジー」の続編。前作に登場した22人のキャラクターに加え、様々な キャラクターたちが登場し戦いを繰り広げる。シリーズファンを魅了する数々の要素はそのままに、新バトルシステムなどを新たに導入。さらにテンポアップし た3Dアクションを楽しもう!!

ストーリーを期待しているのなら

ファイナルファンタジーシリーズの20周年を記念して作られたディシディアファイナルファンタジー。
各シリーズから主人公とラスボスがそれぞれ登場して戦う対戦アクションは大変好評でした。
本作はその続編となる位置づけになっております。
ここで注意すべきなのは前作をプレイしていなくても全く問題がありません。
何故なら本作の内容が「前作のストーリー+前作より過去のストーリー」になっているからです。
追加要素は豊富で、新キャラ目当てで購入するのもアリだと思います。
他には装備品の大幅な弱体化によって、よりアクションの腕が求められる様になった点が印象的。
またストーリーモードに探索要素が追加されているのでRPGっぽくなっています。
残念なのがデータ引継ぎが中途半端な仕様でキャラデータやPPカタログを除き、集めるのに時間のかかった装備品やミッション等の収集要素は一切引継ぎされません。
前作でコンプリートした方にとってはまたゼロからスタートなので同じ事を繰り返す作業ゲーに感じられてしまうかもしれません。
・前作をプレイしていない方
FFが好きなら間違いなくおすすめです。
全ての内容を存分に堪能してください。
十分に☆5を付けられる可能性を持った作品です。
・前作かUT版のどちらかをプレイしている方
購入を視野に入れても構わないと思います。
ただ前作のプレイ時間が長ければ長いほどおすすめしません。
上にも書きましたが集めた装備は引き継ぎされませんのでご注意を。
その上内容の半分は使い回しになるので☆3辺りが妥当でしょうか。
・前作とUT版両方プレイしている方
これを最初からインターナショナル版として発売しろと思われるのではないでしょうか。
当然ここに該当する方はプレイ時間が長い方しかおられないと思うので引き継ぎ面で大きくガッカリするはず。
新要素があればそれで満足という熱烈なFFファンは除き、それ以外の方は☆1となっても仕方ないと思います。
インター版として見れば優秀、新作として見れば少し物足りないです。
ご自身の状況を購入の判断材料の一つにして頂ければと思います。

正直すごい微妙…。続編ではないですね。

前作プレイした者です。
今回のディシディアは、プレイする人がどこに焦点を置くかで評価が違ってくるんですかね…。
まず「えっ?!」って思ったのは、OPムービーからして前作の使いまわしがほとんど。初っ端からすごいびっくりしました。
スクエニなのにこんなにムービーで手抜きしちゃうの?って思いました。FFファンというより、商業面として。
だって新作としてそれなりの値段取ってる作品ですよ?あり得ないと思いました。
まあ新キャラのストーリーとかやり取りは、なかなか面白かったと思います。
ただしプレイヤーサイドのメインキャラが、4のカイン、7のティファ、8のラグナ、12のヴァン、13のライトニングだけと言っても過言ではないです。
なので他の歴代キャラの存在感は皆無(1のウォーリアや10のジェクトはまだマシですが)。
何のために1〜10までのキャラを出したのか謎です。前作キャラの活躍を楽しみにしてる人は新品で買う価値はないと思います…。
しかも今作メインのストーリーはわずか数時間で終わってしまい、「え!ウソでしょ?!」と思ったところに前作キャラのストーリーが出てきて、「よかった×2」と安心してたらまさかの前作ストーリーほぼ全て使いまわしという結果に陥りました。
これならストーリーだけ追うなら、前作を購入してプレイしたことがほぼ無意味だと感じました。
ムービーにもストーリーにもほぼ使いまわし…。
私はスクエニに対してそんなに否定的な意見などは持ち合わせていませんでしたが、これは1つの会社が出す新しい作品と値段設定に関して、お金を払うユーザーにすごい失礼なことをしていると思います。
新規でプレイする人には楽しいのかな…。でも、前作をプレイしていないと、人によっては「??」という置いてけぼり感を感じる人もいるかもしれませんね。
アクション部分に関しては割りと楽しかったと思います。
まあ私はアクションが苦手でそんなにやりこんでいる人間ではないので、上手な評価は出来ないかもしれませんが。
ただ、アクションが苦手な人でもルールが分かれば、「難しすぎてクリア出来ない!」っていうことは無いと思います。
そのあたりはやっぱりRPGのスピンオフ作品で気を使ってるんでしょうかね。いっぱい色んな設定があるので、突き詰めたらまた違った楽しみ方が出来るのかもしれませんね。
それなりに楽しい部分とがっかりした部分があり、今回は楽しかったことよりもがっかりした部分が多かったので、全体的な評価は☆3をつけさせていただきましたが、正直☆2.5いったところでしょうか…。

うーん…。

なんだか期待していたのと違った…。
ティファやラグナやユウナが出てたのは良いけど、初代ディシディアの方が面白かった気がする。
ビジュアルやマップは綺麗だった。
……でも納得いかない!

やはり使いまわしが・・・

前作やりこんだ人は、がっかりする内容だと思います。私はがっかりしました。
私は前作500時間以上プレイし、武器やアクセサリもすべて集めたんですが、引継ぎの際、アイテムとアクセサリは引き継げないということに驚きました。おかげでまた一から始める羽目にorz・・・ダイヤの腕輪にはお世話になったんですが。
現在70時間ほどプレイし、ようやく最強武器がある程度そろってきたところなので、とても面倒でした。
さらに今作は前作に比べHPが増加し、ダメージが減るという仕様になっていますので少しテンポが悪いです。
しかも濁点と半濁点が所々入れ替わっているので大丈夫か?とも思いました。
ストーリーは新キャラと旧キャラの絡みがほとんどなくサブイベント化していました(一部キャラはサブでしか出てこない)。
でもフィールドを歩けるのはよかったです。といっても、飾りみたいなものですけどね・・・
新規参入の人は楽しめると思いますよ。たぶん。
ちなみにストーリー自体は短いです。旧作の人数少ない版ですので。
前作やりこんだ人には作業ゲーに映るでしょう。

前作+α

前作の内容も含まれてるというか
前作にちょっと豪華な毛を生やしたのが今作
前作を飽きるほどやったという人は最初の5〜6時間プレイしたら飽きるかも
前作ディシディアは海外版も出しています
使い回しに回して3本もソフト出してしまう
実に今のスクエニらしいやり口だなーと
ゲーム自体は面白いんですがね
今作から入る方にはオススメなんですが
まぁFF好きなゲーマーなら大抵前作やってそうですし・・・

なぜ、こんなにも期待を裏切るのが得意なんだ

FFシリーズは、1〜13までほとんどプレイ/クリア
しており、DFF DFFUT のどちらも持っています。
このゲームは、対戦アクションというよりも、
FFキャラが出てるから、買う。と言うような人間です。
多くの方が言っている通り、完全な水増しゲームです。
初プレイの人にとっては、ボリュームとか諸々良いゲームに
なっていると思いますが、DFF(UT)を何百時間もプレイした
ような人にとっては、すぐ飽きますし水増しゲームに
げんなりするかと思います。
以下、自分が微妙と感じた点です。
・少ない追加シナリオ(012)
・完全使い回しのシナリオ(013)
・装備の引き継ぎが出来ない
・新システムにより、キャラの強弱の差が大きくなった
個人的に、012のシナリオや、013では語られなかった
話などを期待をしていたので「え。これだけ?」
という感想。
013は完全使い回しのため、新規のレポートのため
とはいえ、あの寒い話を再度プレイするのは、
苦痛でしかありません。
また、追加キャラや既存キャラとのやり取りなども
たくさん期待していたのですが、それもスカスカ
詰められるだけ詰めましたと、製作者様は言いましたが、
013のシナリオなど詰める必要があったのでしょうか?
それを抜いて012を濃くするべきだったのでは?
数は少ないですが、良かった点としては、コスが増えた
ということでしょうか。
今後はDLCで追加を配布していくのかもしれませんが、
追加されたものが、原作ファンがニヤリとするものが
多かったこと、これだけは良かったと思います。
ですが、総評としては、これを定価で買ってしまった
ことに後悔しかありません。
こんな水増しゲーを出すのなら、DFF DFFUTを
持っている場合は安価のアペンド版を出すなどの、
対処をするべきだったのではないでしょうか。
ゲームの購入費が少しでも、製作者側に行くように常に
新品を買うことを心がけてきましたが、■eには、もう
期待をしません。
今度からは、こんな悔しい思いをしないように、
■eの製品に限り、必ず中古で買うことにしようと思います。

面白いのですが、色々と不安になる。

 見る人によって、評価が大きく変わるゲームだと思います。総合でとりあえず星3つでしょうか。
 純粋に一つのゲームとして見れば、なかなか面白いかと。とりあえず星4つぐらいの評価。
ボリュームは十分で、グラフィック、音楽も良し、戦闘システムも他に例のない感じで悪くないです。
追加キャラも中々分かっているじゃないかと思いました。
欲を言えば、9のビビと純粋なカオスサイドの既存キャラの追加が欲しかったですが。
 前作をやった人からは、いい評価を与えづらい内容。星は3つぐらいでしょうか。
新作ではなく拡張版呼ばわりされているように、使い回しが多いです。
新規の部分は決して悪くないのですが、少ないです。それでこの価格はちょっとなぁ…。
 そして、FFというシリーズのファンとしては、割と強い失望感を覚えました。星は1つです。
過去を振り返りつつ、これからもFFを盛り上げていこう、というお祭り的要素の濃いゲームでありながら、
それが新作と銘打っておいて、オープニングさえ使い回しがあるとは一体何事かと。
最近のナンバリングシリーズはただでさえ評判が悪いのに、追い討ちをかけているかのような所業です。
かつてはゲーム的要素の全てが感動的で新しかったFFはもういないのでしょうか…。

グラフィックが綺麗

良い所
○グラフィックが綺麗
○戦闘にスピード感がある
○歴代のFF主人公が出てるのでなつかしい
悪い所
×ストーリーに魅力が無いので先があまり気にならない
×戦闘が作業的で数時間プレイすると飽きる(敵のイミテーションが似たりよったり)
×フィールドを移動できるけど特に面白い要素は無い(ほぼ一本道でアイテムを集めるだけの作業)
×フィールド上に敵がいてるけど特に気にならない(わざわざ戦闘することもない)
総評
□ストーリーモードが、フィールド移動(作業的移動)→ひずみで戦闘(すぐ飽きる)→ムービー(綺麗)の繰り返しで正直すぐに飽きる
□やりこみ要素は多いけどやり込む気がおきない

苦痛

新キャラ&新曲は嬉しいです。 でももうちょっとキャラ増やしてほしかった…。
ストーリーも13はホントに使い回しで制限あり、前作で何回もストーリーした自分にはかなりの苦痛でした。
前作キャラも技は増えてないようなもの(一部どうでもいいような技は増えてますが)
EXバーストもせめて後一つ増やすか、新たに作り直してほしかった…
前作190時間ぐらいした自分には…昔のゲームを箱から出してきた気分です。
アイテム集めも、すれ違い通信もせずに早くに飽きてしまいました(50時間は頑張りました)。
新作続編と謳うのはちょっと詐欺ちっくですね。
新規プレイ方ならば新鮮すぎて面白いんでしょうが…。
FF4コンプリートやFF13-2等も期待しないほうが良いかもですね、この調子じゃ…

キャラありきのもの

前回の内容がそのまま(一部BGM変更やムービー新録も有)入っていることについて、酷評される方が多いようですが、
他の皆さまが書いてあるとおりに、前作をプレイした人には不評で当然だと思います。
前作のストーリーは、引き継ぎをしてもクリア扱いにはならず、また時間をかけてクリアし直さなければならず、
(ムービースキップしても)長ったらしいシナリオと、単調な戦闘に強制的に付き合わされるのはどうかと思いました。
今作追加されたシナリオとシステムについては、
・シナリオ
戦闘面はともかく、物語の内容は個人的に薄く感じました。
シナリオの評価はプレイヤー各々の感じ方に寄りますし、余り書くとネタバレになるので詳しい感想は書けないのですが、
一言で感想を言うと「なんの意味があったの?」という感じです。消化不良です。
必要プレイ時間が多く無いのは良かったです。でも物語がつまらないので、進行は少し苦痛な作業でした。
ただしムービーでの、千葉繁さん(ケフカ)のアドリブとおもわしき台詞が面白かったです(出てるシーンはほんのわずかですが)。
・システム
アシストシステムは良いと思いました。
前作ではほとんどのキャラの強化方針がEX1択だったのですが、割と幅が出ます。
というのも(語弊があるかもですが)EX強化に走ると、アシストが弱体。アシストを強化するとEXが弱体というアクセサリがほとんどで、
どちらか片方しか強化が難しくなってます。
といえども格闘ゲームとしてバランスが良いのかは疑問符がつくところです。
前作よりはマシになったと思いますが、「居合」などの要素は要らないと思います。
個人的に最もつまらなかったのは「ラビリンス」です、前作でいうところのコロシアムに相当するのですが、これが大変な作業です。
装備を作る為には素材が必要で、これをラビリンスで集める必要があるのですが、ラビリンス自体の難易度が高いです。
作った装備を持ちこめず、やり直す度に裸で挑まされるので、何度こなしても余り楽になりません。
前作コロシアムの時点で退屈な作業でしたが、数々の縛りが加わり、退屈な作業が、辛くて退屈な作業になっています。
なお、真っ当なプレイをすれば最強クラスの装備は、ここで素材を集めて作るか、
最強クラスの敵を倒してドロップさせるかしか入手できません。お金だけでは最低クラスの装備しか買えません。
最強クラスの敵を、装備がドロップするまで何度も倒す為には、まず自キャラの装備が強くないといけない為、
最初のキャラの装備は、ラビリンスで素材を取ることになるでしょうが、とにかくその最初が辛くて辛くて仕方ないです。
装備を揃えた友達が居て、通信プレイでわざと負けてもらいアーティファクトをゲットする、という方法が採れない限り、
良い装備が欲しいと思ったらラビリンスをプレイするしかないので、やりたくなければやらなきゃ良いという訳にも行きません。
長くなりましたが、以上システムとシナリオの評価です。
歴代FFのパロディや、キャラが3dで動くのはファンとしては楽しいですが、
格闘ゲームとしてのレベルは低く、歴代ffの様な重厚なシナリオもありません。
FFシリーズはRPGですが、これはRPGでないので、割り切って楽しむ必要があります。
シナリオを無視し、1キャラに焦点を当てれば「自分の好きなキャラで色んな技が出せる・あのセリフが聞ける」ということで、
いわゆるキャラゲーとしては☆5です。
ですが、繰り返し強制されるバトルの数が多い・引き継ぎ出来る要素が少ない・シナリオの出来が悪いという点を加味すれば、
優しめに見繕って☆3程度だと思います。
新規で買う方は引き継ぎが関係無いので、☆4位は楽しめるかもです。
ディシディア ファイナルファンタジー(特典なし) - PSP
ファイナルファンタジー零式 - PSP
クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- (通常版) - PSP
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー アルティマニア -RPG SIDE- (SE-MOOK)