天空の城ラピュタ [Blu-ray]

天空の城ラピュタ [Blu-ray]

Attributes

ReleaseDate : 2010/12/22
NumberOfItems : 1
Platform : Windows
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
AudioFormat : Dolby Digital 2.0 Stereo
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
AudioFormat : Dolby Digital 2.0 Stereo
AudioFormat : Dolby Digital 2.0 Stereo
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
Format : Color
Format : Dolby
Format : DTS Stereo
Format : Dubbed
Format : Subtitled
Format : Widescreen
ItemDimensions : 70998487
Type : Published
Type : Subtitled
Type : Subtitled
Type : Parallel
Type : Dubbed
Type : Original Language
Type : Original Language
Type : Subtitles For Dubbed
Type : Unknown
SeikodoProductCode : VWBS-1189
EANListElement : 4959241711892
Manufacturer : スタジオジブリ
EANList : 4959241711892
Brand : ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
AspectRatio : 1.78:1
Director : 宮崎駿
PackageQuantity : 1
Label : スタジオジブリ
Studio : スタジオジブリ
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 7,344
Publisher : スタジオジブリ
Language : 日本語PublishedDolby Digital 5.1
Language : 日本語Subtitled
Language : 英語Subtitled
Language : フランス語ParallelDolby Digital 2.0 Stereo
Language : 英語Dubbed
Language : 日本語Original LanguageDolby Digital 5.1
Language : フランス語Original LanguageDolby Digital 2.0 Stereo
Language : フランス語Subtitles For DubbedDolby Digital 2.0 Stereo
Language : 日本語UnknownDolby Digital 5.1
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5569340559
Languages : 日本語PublishedDolby Digital 5.1日本語Subtitled英語Subtitledフランス語ParallelDolby Digital 2.0 Stereo英語Dubbed日本語Original LanguageDolby Digital 5.1フランス語Original LanguageDolby Digital 2.0 Stereoフランス語Subtitles For DubbedDolby Digital 2.0 Stereo日本語UnknownDolby Digital 5.1
Name : 日本語
Name : 日本語
Name : 英語
Name : フランス語
Name : 英語
Name : 日本語
Name : フランス語
Name : フランス語
Name : 日本語

広告タグの取得

状態 スレ、新品同様になります。 ノークレームノーリターンでおねがいします。 管理番号 10775 「※現品撮影ですのでこちらの商品をお届け致します。」

買ってみての感想です

ナウシカのほうがフィルムが古いからでしょうか、たしかにちょっとカクカクしたりしたんですが
ラピュタは完璧です。
色みもDVDと比較しても圧倒的に発色がいい。DVDは彩度がかなり落ちた感じで
夜のシーンは、朝みたいな明るさだったけど、BDではちゃんと夜の暗さになってます。
星もきれいに見えます。
もちろん、引きの画は、DVDとは比較にならないクリアさ。
お金渡されて、シータを諦めて出てくるところのパズーのシルエットもぼやけてません。
そのほか、引きのシーンは、目もちゃんと書き込んでるんだな〜とか感動しました。
音も何の問題もないです。一応そこそこいいステレオスピーカーを使ってますが、気になるところはありません。
ラピュタ好きなら買いだと思います。
(っていうか、何で出る前からあれこれ言ってる人がいるんだろ…)

やればできるじゃないの!

ナウシカBDの件もあり多少不安でしたが、ジブリ作品で一番好きなタイトルなので思いきって買いました。
うん、買ってよかった! DVDと比較しても画質や発色がかなり鮮やか、音質もよりクリアになってて迫力スゲー、まさに鳥肌もの!
ナウシカBDで不満の多かったケースのほうもマグネットで開閉できる仕様になってます(Discに悪影響出なければ良いのですが…)
作品についてはもはや説明不要。日本アニメ史に残る傑作冒険活劇。幾つになってもワクワクしながら観れる作品です。

ナウシカのBDとは比べ物にならない

と言いながら比べますが
まずパッケージのデザインは好みの問題だとして、中身はナウシカから改善されています。
磁石のおかげか、むやみにパカパカ開いたりしません。ナウシカより薄いですしね。
ディスクが転げ落ちることも無いでしょう。
画質もクリアです。ナウシカの方は人物や場面ごとにぼやけたりしましたが、こちらは全編通して安定しています。気になる箇所はありませんでしたね。
ラピュタのBDということで「画質はどや?」という気持ちで観はじめたのですが、後半はすっかり物語に浸かってしまいました。
高画質で観る天空の城はより一層美しい。
次のBDに期待してしまいますね。

ナウシカの後ゆえ良く見えるが素直に評価できない。

ピンボケや輪郭の滲みはほとんど見られない。
多少画面揺れはあるが気になる程ではない。
発色は思いのほか鮮やか。
と書くと聞こえはいいが、
ナウシカのあまりの酷さに目が慣れてしまっただけ。
例によってオリジナルの風合い云々にこだわったと見え
映像面の根本的改善は見られず。音声も別に、のレベル。
作品自体は素晴らしいの一言。今更言うまでもない。
ストーリー、世界観、絵の構図、脚本、声優、音楽、
そうしたコアな部分が心に響き、今でも多くのファンを
魅了し続けている。
映像技術云々なんて枝葉末節に過ぎないのである。
とは言え、ただ焼き直しました、的な一連のBD化には
いささかガッカリしている。
既に完成しているものをいじりたくない気持ちも分かる。
だが、ハイデフに置き換えると聞けばやはり期待はする。
「またやってくれたぜ」とか
「これが世界に誇るアニメの最新版だよ」
どうせやるならそんな気持ちにさせてほしかった。
ナウシカとこのラピュタは日本アニメの宝だと思う。
ディズニーのダイヤモンドコレクションのように
もう少し大事に扱ってはいただけないものだろうか。

「人は土から離れて生きられないのよ!」

「こんなに面白い映画がこの世にあったのか!!」
小学生の頃、初めてTVで見たときの衝撃と興奮は今でも忘れられない。
全編に見せ場を散りばめた、問答無用にわくわくドキドキさせる展開と細かい演出。主人公パズーとヒロインのシータをはじめ、悪役・脇役に至るまで1人残らず立ちに立った個性豊かなキャラクター。全てが完璧。最初から最後まで退屈な場面は皆無で、まさにエンターテイメントの教科書ともいうべき面白さ。
これ以上面白い映画もなかなか無いと自信を持ってオススメできる、痛快無比な漫画映画の傑作。デジタル時代の今、見るならスタジオジブリの緻密な作画を隅々まで堪能できる、高解像度のBlu-rayで是非!

ラピュタにはこの解像度が必要だった

ジブリのブルーレイディスク参入から3年半、犯罪的なほど待ちに待たされたラピュタのブルーレイ化。
ロングの人物の表情や遠景に居るの米粒のような人間の描き分けなど宮崎監督はじめスタッフが細密に描きこんでいたものがブルーレイの高解像度化によって「浮き出てきた」
凧でラピュタに漂着した場面では最後まで凧についている糸が書き込まれている。シータの飛行石にゆらめく光の文様、洞窟の飛行石の銀河に瞬く光、ロボットのランプが光る時の細かい光輝の筋などの光に関する細かいニュアンスもよく見える。
背景を主とした引きの場面でもキャラクタ達の表情が描きこまれていることで小さな人物を主に見ても鑑賞に耐え、大画面で見るとパノラマのように背景がより広く感じる。
1986年の劇場公開時に見逃してしまった人にとって見たことの無い物がたくさん見えるはず。
グレインノイズをもうちょっと抑えてクリアな画質にして欲しかったが、現状ではベストの版であることは変わりない。
何回も繰り返し見る映画なのでもっと早い時期に出してほしかった。

Blu-rayでのラピュタ

今日、手元に届き早速観てみました。 ラピュタは、 テレビ放送 DVDのレンタル で何度も観ているのですが、Blu-rayでの今回の商品化は、私なりにはかなり満足のいく商品となっていると思います。 とにかく、ほかの規格に比べて色の深みがあり、Blu-rayの性能を見せつけられました。 ナウシカのBlu-rayのパッケージは、保管の際、不具合な点が見受けられたそうですが、ラピュタの場合には問題なくディスクを収納出来ます。 ジブリ作品の中でも1番好きなラピュタがBlu-rayで商品化され、私のみならず、多くの皆さんが満足出来る仕上がりになっていると思います。

作品が好きなだけに、もう一段階「先」の処理方法を!!

しばらく様子見をしましたが、
評価が高いレビューが多かったので、購入しました。
しかし個人的には、
パッと見た感じでは、目立って大きな工夫はなく、
ノイズの粒子の量が調整されたぐらいだと感じました。
前回のナウシカで思った事と重複しますが、
やはり、リメイクではなく、
「再現作品」にこだわった結果なのでしょうか…。
確かに小さくて読みにくいミニブックが無かったりするなど、
無駄が排除された感じはありますが、
他の方が言われるほどに、
革命的に「よくやった!」とは、素直に喜べなかったのが本音です。
ちょっと期待し過ぎたのかしれません。
以下、詳細です。
参考までに。
<画質>
千と千尋の時のような赤みはありません。
解像度事態は数字上はナウシカと同じです。
しかし、ナウシカよりもキレイに見えるのは、
今回は粒子加工の度合いが少なく、
「荒れている」感じが弱くなったからだと思います。
でも、これだけでも十分見やすくなったとは思います。
一方で、セルを重ねた時に出るモワレや、
ペイントのベタ感は当時のままでした。
背景と動きのあるセルでは、やはり違いがハッキリし、
マッチ感の融合という点ではもう一歩か。
また静止した映像でも常に画像が細かく動いています。
なので、大きなモニターで鑑賞する際は、
照明や映像酔いに注意が必要です。
特にお子さんには疲れやすい映像かもしれません。
もちろん以上のことは、
フィルムからデジタルに起こす際の仕様であり、
ある程度は「仕方が無い」と妥協するしかないかもしれませんね。
ただし、画像が常に揺れる等は、
トラッキングの技術の向上でいずれカバー出来る事だと思うので、
これを「味」と見るか、
「修正できなかった」と見るかで意見が分かれそうです。
<特典映像>
当時の台本は見物だが、
今回はナウシカであった音声解説が無いのが残念。
代わりに当時のメイキング番組をおさめた、
貴重なプロモーション12分があります。
若き宮崎さんが、
「冒険活劇」に真剣に打ち込む姿が垣間見れます。
また当時の絵コンテも、音声を合わせて見ることが可能です。
こちらは台本と違ってカメラでパンしながら追うアニメがあり、
さらに小さな小窓映像として本編を同時並行で流せます。
この小窓映像は、出す場所を右上、左上、右下、左下に切り替え可能。
見たい絵コンテの邪魔になる際の配慮としてはとても良いと思いました。
<ケース>
ナウシカの時に不満だった「かかりの弱さ」は改善され、
開けたら飛び出すような事はなくなりました。
しかし止め具に弱いマグネットを使用しているので、
磁気テープを使用した他のメディアを近づけたりすれば、
データ破損に繋がる事もあるので、ちょっと力技な気がしました。
もちろん、磁力は弱く、
CD、DVD、ブルーレイは磁気の影響はありませんので、
あくまでビデオテープ、フロッピーなどの他のメディアに対してです。
なのでOA機器が多い部屋に置く際は、念のため注意した方が良いと思います。
個人的にはディスクが飛び出す事よりも、記録データが消える事の方が怖いです。

現時点でベストです。

DVD版のラピュタより優れている点。
16:9の画角にぴったりフィット、これは嬉しかったです。
DVD版は額縁みたいに黒枠がありましたから・・
セル画の発色が凄く良いですね。 
特にドーラの髪の色キレイすぎです。
揺れに関しては残念ながらあります。
封印が解けたあとのラピュタが画面いっぱいに現れるシーンでもグラグラと横に小刻みに動きます。
盛りあがるシーンなのでキチッと静止させて欲しかったですが、DVD版よりは落ち着いた揺れなので許せます。
チャプターを出そうとすると、
画面全体がパッケージと同じピンクの絵でマスクされて見えません。なんで?
使いづらいですが許せます。
セル画作品のブルーレイ化の場合、セルの反射が映り込んでいて白ける作品がありますが、
その辺は上手く処理されてるようでホコリ等もほとんど見当たりませんでした。
パッケージも普通の作りではなく色々と妙にこだわりがあって、なんで?と思う部分が多々ありますが、
でも見比べると、DVDにはもう戻れないな〜と感じてしまい、ブルーレイをすすめてしまいます。

やっと届きました。

一通り見た感想としては満足であります。ちょっと意外だったのが映像特典にある北米版が別物の印象を受けました。曲がアレンジ及び追加(オリジナルではBGMがないところに)になってます。これについては賛否両論ですかね…。ナウシカで不満のあったケースも改善されていたしDVDをもってない方は購入しともいいかと思われます。
風の谷のナウシカ [Blu-ray]
魔女の宅急便 [Blu-ray]
もののけ姫 [Blu-ray]
千と千尋の神隠し [Blu-ray]