僕の見ている風景【通常盤】

僕の見ている風景【通常盤】

Attributes

ReleaseDate : 2010/08/04
NumberOfItems : 2
ItemDimensions : 53
SeikodoProductCode : JACA-5232
PublicationDate : 2010-08-03
EANListElement : 4580117622471
Manufacturer : ジェイ・ストーム
EANList : 4580117622471
Brand : ジェイストーム
PackageQuantity : 1
Artist : 嵐
Label : ジェイ・ストーム
Studio : ジェイ・ストーム
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,801
Publisher : ジェイ・ストーム
NumberOfDiscs : 2
PackageDimensions : 7967753520

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - movin’ on
2 - マダ上ヲ
3 - リフレイン
4 - Troublemaker
5 - T.A.B.O.O
6 - サーカス
7 - ギフト
8 - Everything
9 - Come back to me
10 - マイガール
11 - Magical Song
12 - let me down

Disc 2 / Track

1 - Monster
2 - Don’t stop
3 - 静かな夜に
4 - むかえに行くよ
5 - 1992*4##111
6 - 空高く
7 - kagero
8 - Summer Splash!

初アルバム

フラゲしてから毎晩聞いてます!!
初めてオリジナルを買ったのですが、買って良かった〜
嵐の曲では、レットミーダウン、サマースプラッシュ、ギフト、むかえに行くよ、movin'onが好きです。ソロは、大野くんの静かな夜にが好きです〜
最後に、サマースプラッシュで終わる所がやっぱり嵐っぽいと思いました!!

安心して聴ける名作

嵐くらいBIGになると、ちょっと保守的な曲作りになったりする場合がありますが、
今回のアルバムも適度な挑戦をしながらも、古くからのファンも安心して聴ける名作に仕上がってます。
彼らの成長に合わせて、楽曲も進化してる感じでちょうど良いんじゃないでしょうか?
嵐がジャニーズかどうかなんてのはどうでも良いことで、実力のあるアーティストには、良い曲が集まります。
そうは言っても、曲そのものの素晴らしさを引き立てる嵐の実力も無視出来ないと思います。
不思議なもので、嵐のアルバムって、BEST版か?と思うくらい良い曲が揃ってるんですよね。
今回の作品も、どなたにでもお勧め出来る素晴らしいものだと思います。

嵐に出逢えて良かった

テレビをあまり観ていなかったので嵐を知ったのは一昨年。よくジャニーズファンの方々は「ファンでない人にも聴いて欲しい」ってアピするけど、嵐に関してはもうそんな事わざわざ言わなくていいですよって思う程、私含め近年急増した今の嵐ファンは元々ジャニーズに無関心で嵐をよく知らなかった人も多い。そんな我々「一般人」のハートまでもグイッと掴んだ奇跡の5人。こうして人気が爆発してもきっとこれからも平常心で日々「変わらない」努力を続けて数年後に気づけばまた一回り大きく「変わってる」、そんな嵐らしい進化&深化の形を感じさせるアルバムコンセプト。
だからあえて言うと、嵐の5人を好きになっちゃうとやっぱりこのアルバムを聴いている時の幸せ感はひとしお。ユニゾンも2人、3人の組み合わせでは実際の彼等の組み合わせの雰囲気が醸し出るし、5人の時は大野君が男っぽい低音や美声な高音や甘いフェイクやドラマチックな声の抜き方なんかで「嵐の声」を上質に仕上げている。メンバーの短いソロパートでは、みんなが大好きな嵐クン達のキャラクターがふわっ、ふわって次々に浮かんできて、その締め的に大野君がサビを歌いあげればもう「一丁上がり!」的な充実感。秀曲それぞれに良さがあって比べるのは気が引けるくらい。嵐らしい切なさにキュンとなる曲や、明るくて爽やかな曲や、大人になったんだぜって感じさせる曲も、なんだか胸がいっぱいに。
そして、嵐のアルバムでしか聴けない「大野智」本人として貴重なソロ。本当は眼光鋭くキレキレな「ダンシング・サトシ」復活を熱望してた。スローでもRainやSong for Meみたいに野太い声量で抑揚つけたりドラマチックにもがき叫ぶ技を聴きたかった。でもそんなのもうどうでもいい。寂しすぎるほど静かに技も感情も抑えてプレインに歌い上げる「大野智」の声に涙が出た。

こんなすごいことになっていたのですね!

もともとクラシック好きでJ−POPのCDを購入するのはガチで10年ぶりくらいです。
好きになる曲はあってもCDの購入にまで至らなかったのです。
去年まで松潤は知ってましたが、嵐とジャニの他のグループとの見分けはついていませんでした。
それが今年に入ってまさかの大ブレイク!!!一気に世界が広がりました。
このCDはmy first album of ARASHIです。テレビもほとんど見ない生活だったので、
troublemakerすらよく知りませんでした。とても売れている曲だったんですね。
怪物くんの主題歌を歌って踊っている真ん中のひと(大野さんですね)が素敵だったので、
少しずつアンテナに引っかかり始めて検索するようになりました。
そして知れば知るほど広がっていく驚きと衝撃。どんどん深みにはまり。
動画サイトで紹介されていた曲がよかったのでこのCDの購入を決めました。
そして全曲聴いてみました。こんなにも全曲ともがすばらしいアルバムは正直人生初です。
disc1の冒頭から聴いたのですが、素敵すぎてrepeatをなんどもしてしまうのでなかなか次の曲へすすめず、
「次の曲も聴いてみようか」とやっと進むとまたそこでrepeatの嵐になってしまう・・・の繰り返しです。
いろんなひとが曲をつくられているので、いろんな色があってそれもよかった。飽きることなく鳥肌たちっぱなしです。
普通20曲もあると中だるみすると思うんですが。どの曲も一級品です。unbelievableなくらいに・・・
popsって、とくに若い人だと音程が悪くていやだったんです。
でも嵐はちゃんとハーモニーをつくることもできるし、
なにより大野さんの歌はその声が聴こえてくるたびにはっとさせられます。
毎回頭を殴られたような衝撃があります。覚醒させられる、というか。
こんなお得感のあるCDは買ったことない。
聴く方も前に進み続けられる、パワーをもった作品たちです。

進化した嵐

今回のアルバムは、タイトルからして、今までの嵐とは違います。
収録曲20曲のうち、16曲がアルバムのために作られたという贅沢なアルバム。
10周年という節目を迎えたことで、さらに進化した嵐を見せつけられました。
睡眠時間もないような忙しい彼らが、これだけ完成度の高い作品を作るために、どれだけの努力をしてきたのでしょう。
どの曲も、本当に良いです!
ソロは、やっぱり大野くんがすごかった。
しっとりと柔らかな高音で歌いあげる「静かな夜に」。
初めて聴いたとき、涙が出ました。
このアルバムの中で、一番リピート率が高い曲です。

大人っぽい

今までの彼らの曲は
キャッチーで覚えやすい、
明るい曲が多かったけれど、
このアルバムは大人っぽい曲が多いです。
でも嵐らしさもあって…
これぞ"変化なき変化"。
嵐って一人一人全く違う
声質,歌い方をしてるのに
5人集まるととても魅力的な
ハーモニーになりますよね。
全員がすごく歌唱力が
高いわけではないのに、
聴いていて心地良いです。
それぞれのソロ曲も
その人らしさが出ていて
良いですね。
メンバーお気に入りの
相葉ちゃんの曲、
私もお気に入りです(笑)
大野くんはソロ曲以外でも
存在感がありますね。
"ギフト"のソロ部分は
鳥肌ものです。
仲の良さは相変わらずですが
どんどん進化していっている
5人を感じることができる
アルバムだと思います。
ツアーも始まりましたし、
これからも彼ららしく
頑張ってほしいです。

嵐ファンじゃないけど…

特に嵐ファンとかじゃないけど充分聞き応えがありました。 アルバム曲はどれもシングルカットしてもいいくらいのクオリティの高さでした。 リフレイン movin'on ギフト この3曲が特におすすめです!

彼らの声質

彼らの音楽は聞いていて心地良く前向きな気持ちになる。
今回のアルバムはマイナーな旋律の音楽が多く感じられたが、やはり彼らの明るい歌声はそれを打ち消して余りある。
彼らの音楽の魅力の中にやはりユニゾンの美しさがある。一人一人の声は違うのに、5人合わさった時の心地良さに幾度も触れたいと思う。
ニノの歌声はその抜け感や高音の伸びやかさ、そしてフェイクの上手さもあるが一番の存在感はカウントの速さだ。彼らの歌とダンスの心地良い軽やかさはニノのカウントの速さにあるように思う。
松潤の高音は鼻にかかった声質であり甘さと妖しさがある反面、低音にはドキッとする男らしい魅力がある。
相葉君の声はジャニーズならではの声質で松潤とは違った甘さと妖しい色を加えている。
櫻井君はサクラップの存在感や歯切れの良さのみならず、高音の素直さに好感を感じ歌声に清涼感を添える。
そしてなんと言っても大野君の美声と歌唱力抜きには彼らの歌声は成立しない。歌の上手さは勿論、彼の煌めくような突き抜ける高音が嵐のサウンドをここまで上質に作り上げているように思う。
彼らのユニゾンがこんなにひとつに聞こえるは、彼らみんなが3オクターブの音域を持ち得る程真摯に歌と向き合ってきた結果と、5人が心を寄せ合って音楽と言う仕事に真剣に挑んでいる証のように思う。
彼らにはいつまでもワクワクドキドキしていたい。(長文失礼シマシタ)

僕の見ている風景 レビュー

全部聴きましたが、聴いた感想としてはどの曲もハズレもなく結構聴きやすかったです。
演奏も歌声も良く文句なしです。最初から最後までいつも繰り返しては聴いております。
嵐万歳!!☆5です。

今までのアルバムの中で一番好き♪

嵐のアルバムはARASHI NO.1 (ICHIGOU) 嵐は嵐を呼ぶからすべて持っています。
初めて聴いたのは約一年前、ジャニーズというかJ-POPにはほとんど興味がなく、普段からどちらかというとクラシックを聴くことが多かった私が、『嵐』の楽曲とサウンドを耳にしました。
『嵐』の音楽はクラシックに耳慣れている私でも違和感なく自然と入っていけたので最初は自分でもびっくりしました。

今までは、ちょっと大人っぽいとかポップなものがほとんどだったけど、今回は、ほんとに「大人っぽい」「大人の嵐」という言葉がぴったりのアルバムです。

結構、曲のテイストもアルバム全体を通して同じ感じがするので好みが分かれるかも知れませんが、私は今回のアルバムが今までの中で一番好きです。ちょっと切ない感じがする曲が多いけど、それが聞いていて音楽的にもとっても心地いいです。 そして、5人のサウンドが聞いていてとても自然な感じがします。
5人それぞれのソロ曲も『DISK2』だけに集めて入っているのではなく、『DISK1』『DISK2』にばらばらに入っていて、今回は2枚続けて聞いてひとつのアルバムという感じです。
個人的には、『movin' on』『ギフト』『リフレイン』『むかえに行くよ』『サーカス』『kagero』とそれぞれのソロが特にお気に入りです。 もちろん、今までシングルで発売されている曲も4曲入っています。
今回のアルバムは『嵐』を聴いたことがない人たちが聴いても楽しめるハイクオリティーな作品だと思うので、『嵐』ファン以外の人達にもぜひお勧めです。
ちなみに私の友人うち、ファンではない数人が、今回初めて購入したのですが、みんな毎日リピートして聞くほどのお気に入りと言っています。
Beautiful World (通常仕様)
Popcorn(通常仕様盤)
LOVE(通常盤)
All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組)