デュラララ!!3way stand off (限定版:オリジナルスペシャルUMD & デュラ柄!!ポーチ & ちび臨也マスコット同梱) - PSP

デュラララ!!3way stand off (限定版:オリジナルスペシャルUMD & デュラ柄!!ポーチ & ちび臨也マスコット同梱) - PSP

Attributes

HardwarePlatform : Sony PSP
ReleaseDate : 2010/09/22
Platform : Sony PSP
ItemDimensions : 26080344433
Manufacturer : アスキー・メディアワークス
EANListElement : 4582350662061
EANList : 4582350662061
CEROAgeRating : CEROレーティング審査中
CatalogNumberList : ULJS-00317
Brand : アスキー・メディアワークス
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : アスキー・メディアワークス
Studio : アスキー・メディアワークス
PartNumber : ULJS00317
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 8,424
CatalogNumberListElement : ULJS-00317
MPN : ULJS00317
Publisher : アスキー・メディアワークス
Edition : 限定版
PackageDimensions : 26080330433

広告タグの取得

微妙…

かなりのゲーマーなので普段見境なく色々なゲームをしております。 先ずは特典 マスコット→100円玉サイズのガチャガチャレベル以下。結構小さくちゃっちいです。 ポーチ→製法が甘く袋から未開封だと言うのに綻び多数。但しデザインはとてもシンプルでキャラグッズっぽさがない為、使い易いと思います。また旧PSPもすっぽり入るので、その辺りの配慮はかなり好印象でした。 UMD→かなり個人個人の価値感によるので多くは語りません。個人的には簡易なアニメーションやゲームのプロモーション集など、キャラに密接した内容の方が嬉しかったです。 内容 良い点 ・クリアー後に出る特典。キャラへの愛着が更に湧きました。 ・声ファンに嬉しい仕様、一度クリアーしたルートは最初から最後まで閲覧が可能な点。 ・チュートリアルが丁寧で分かり易い。 ・難易度が低いのでゲーム苦手な方でも安心して遊べます(※反面ゲーム好きから見れば相当温い難易度です) 悪い点(個人的に見て) ・フルボイスじゃない。主人公は顔グラのみで一切喋らない上一部メインキャラのみイベント時に喋ります。後はモブキャラ同様相槌のみ。 ・ロードが長く、頻繁(但し使用してるPSPが旧型の為、インストール出来ず。インストールすれば変わるのかも知れません) ・物語、ゲーム性がなく、無理にキャラ移動やターン性にする必要がない。結局は話して終了なので街で一々ロードに時間食うくらないならノベルスタイルで十分では?と感じてしまった。 ・イベントグラフィックが少ない、キャラゲーですがPSP用待ち受けシステムもなし。BGMが少なく緊迫シーンでムードを壊す事も多々あり。その他ボリューム不足などアドベンチャーゲームと言うジャンルから見て低水準のため不満多数。 辛口ですが参考までに…。

正直…ガッカリ。

デュラララ!!が大好きでかなり期待してました。
…が、悪い意味で裏切られたかなあと。
一部ネタバレあります。
良い点
・主要キャラはフルボイス
・操作が簡単で覚えやすい
・会話ログが見れる
悪い点
・内容が全体的に薄っぺらい(致命的!)
・ゲームというよりは作業に近い
・展開が読める。ハラハラ感いっさいなし。
・イベントらしいイベントがまるでない。(薄い)
・EDがワンパターン
・終わり方がアッサリし過ぎる
・学生設定の感覚がない。設定を殺してる感。
・ミニゲームが欲しい(授業中にクイズゲームとか)
・CGが少ない(アニメの使いまわし)
デュラララ!!をやるためにPSPまで購入しましたが…買って数日で売り飛ばそうか悩んでます。
デュラララ!!が大好きなだけに余計ガッカリでした…。

キャラゲーにしても…

デュラ好きなので購入しましたが、正直ファンにも原作にも失礼な印象でした。
とにかく「ゲームをやった」感が薄いです。一人攻略するまでの時間もとても短いです。
操作もストーリーも単調で、自分は二人攻略した時点で少々飽きてしまいました。
余程「キャラ/声」が好きで「内容」は二の次でOKな方は新品購入でも構わないでしょうが、何となくやってみたいという方はわざわざ新品初回版を買うよりは中古購入をオススメします。そして「内容ありきのデュラ」を求める方は購入を慎重に考えた方がいいかもしれません。
全員が全員ではないでしょうが、少なくとも自分は不快感を覚えてしまいました。
特典代と考えても少々高く感じるくらいなので…。
購入者に「購入するのちょっと失敗したかな…」や「内容の割には高かった」と思わせてしまうのは、やはりゲームとしては失敗ではないかと思ってしまいます。

これは「ゲーム」ではない。

正直これを「ゲーム」と言ってはちょっと他のゲームに申し訳が立たない気がする。
これはあくまでもファンのための「ファンディスク」ではないかと。
声優萌え、キャラ萌え、またデュラララにかかわるものなら何でも大好物!という人にはもってこいのサウンドノベルではないかと。
自由度が結構低いので、そこはキャラと自キャラの接点で妄想カバー!
オマケ特典で声優さんの声ウハー!
という感じで、一部のファンなら楽しめる部分がすごく多いけど、本質的にこれはゲームではないし、ダメな人はダメだと思う。
自分はこれでも結構ありだと思う。
ただ、繰り返しできるか・・・というと、まあできないと思う。
しかし一本のゲームを生涯プレイし続けるということは考えられないので、少しでも楽しめるならアリかな。
誰もが楽しいゲームではないけど、オッケーな人とオッケーじゃない人と極端に分かれる作品ですね。
あと確かにP3臭はまんべんなく香ってきます。
次回作に期待。無理と思うけど一応言っておく。

期待は全くしていなかったのですが…

私はいつもアニメ、漫画、小説が原作のゲームには全く期待していません。それにマスコット目当てで購入したので、ゲーム自体はそこまで面白くなくてもいいかなー、と思っていました。
そう思っていましたが、このゲームはそこまでどころが、全く面白くないと思いました。
プレイしていても、すぐに飽きてしまいます。
会話を進めるためにAボタンを押すことすら面倒だと思ってしまいました。
私は一週間もたたないうちに、売ってしまいました。
購入するのなら、少し考え直してみたほうがいいと思います。

プレイ数時間後に放置しました

原作が大好きなのでゲームになると聞いてとても嬉しかったです。
しかし、わざわざ主人公をオリジナルキャラにしたにもかかわらず、あまりその良さを実感できませんでした。
これならセルティや帝人など、他のキャラクターを主人公にしてもいいのでは?と思えます。
ロードは面倒だし絵も使いまわしばかり。内容も会話するだけで進められるという、作業ゲーとギャルゲーが合わさったような感じですね。
買って数時間後には放置し、現在も全くプレイしていません。
これならわざわざシナリオを作らなくても、ただのミニゲームのほうがよっぽど嬉しかったです。
なので評価を1とさせていただきました。

思ってたより大したことがなかった

特典には満足。
私は、初めて声優目的でゲームを買いました。
いつもは、普通のRPGをしています。
とりあえず、今回はゲームの全体についての評価ということで☆2つ。
・シナリオ
・・・薄いとしか言いようがありません。
仕様から、ペルソナ系のものを期待していたのでがっかりです。
ハラハラしませんでした。
難易度が低いのはわかっていたつもりでしたが、ここまでストーリーが読めてしまうと、なんともいえません。
・キャラ
フルボイスという面では、さすがっと思いました。
ここまで入れるか!!というほどでした。
新羅はあまりボイスがありませんので、ご注意を。
彼は、脇役すぎでした。
・その他
フルボイスのせいだと思いますが、ロードに時間がかかる。
会話の途中で、読み込むということもしばしば。
あと、静雄が自販機を投げるイラスト、使いまわしすぎ。
少しだけネタバレになりますが、
1日3ターンで1週間を一区切りにして過ごすのは、サイトを見れば恐らくわかっておられると思います。
それはそれで、いいシステムだと思いましたよ。
・・・が、これがたった2ヶ月という・・・。
10月〜11月末・・・より若干短いぐらいです。
正直、おまけを充実させるより、
クリスマスイベントがあってほしかったです・・・。
長々と失礼しました。

微妙…

私は普段ゲームをしませんがデュラララが好きなため購入しました。 まだ数人しかクリアしていませんが、結論として主人公とキャラの関わりが薄過ぎると思います。 フレンドシップを最高ランクまで上げたら各キャラのエンディングが見れますが、どれもあっさりしているように感じました。 しかもキャラを絞れば一気に3人も攻略できました。 仲良くなる過程もやはりあっさりしていて個人的に物足りないです。 攻略キャラは毎回一人でもいいのでもっと親密になって欲しかったと思います。 ストーリーはそれなりに面白くはありますが原作ほど惹かれるものはありませんでした。 初回盤のおまけのストラップが思っていたよりも小さかったのは残念です。 主要キャラがフルボイスだった点、おまけが充実していた点は良かったと思います。

ちょっと残念


ちょっと不満こぼしみたいな感じになります。


"良い"と感じたところ
・メインキャラがフルボイス
・おまけの充実感
・前半〜中盤の内容

"悪い"と感じたところ
・主人公の画像があまりでてこない
・主人公のボイスがない
・終盤〜エンディング
・エンディングがワンパターン


まだあげるとキリがないのでこの辺で



…皆さんのレビューを見てからの購入でしたので、ある程度覚悟してました。
けどエンディングのつまらなさにはあ然…('・ω・`)


フレンドシップランク9イベントは楽しくていいんですが、主人公の転校が決まってから日曜日までの平日、丸飛ばしはないでしょう…
引っ越しの準備をするとはいえ、少しくらい街に繰り出すとかあってもよかったかなと思います。

あと、これは個人的な希望…というか願望なんですが、転校がきまりみんなと別れを告げたあと、アフターストーリーとして"数年後に主人公が帰ってきましたストーリー"みたいなのがあったらもうちょっと楽しいかなー。

3ルートともエンディングがほぼ同じというのはいただけないです。


一番不満を覚えたのはエンディングですが、他のことについてもいくつか。

主人公の行動パターン(選択肢)が少なすぎる。
主人公のボイスが一度も出てこない。
もうちょっと学生生活楽しませてくれてもいいと思う。
街をうろつくだけでなく、池袋を楽しむイベントあったらなという個人的願望。



次回作が出て、そして今回よりも数段良いものが出来ることを期待してます。

残念

デュラが好きで予約をして楽しみにしていたのに…!
なんというか主人公…いる意味あるんでしょうか。ものすごく傍観者。しかも喋らない。チャットでは挨拶すらあまりしない。…普通におかしいから。
でもポーチは使えます。黒いしキャラものぽくないのでこれからガンガン使います。
いろんなキャラが喋ったり照れたりしてる姿が見れたのもよかった。主人公女の子版もつくってほしかった…。いやむしろ女の子が主人公のがよかった…。
でもデュラ好きなんでゲームつくってくれてありがとう。感謝。でもつくった人たち自体ゲームしたことあるの?ってお粗末でしたけど…。いやでもほんと感謝です。キャラゲーとして楽しみます。ありがとう。

特徴

シナリオは原作者・成田良悟が全面監修。プレイヤーキャラクターは、原作イラストレーターヤスダスズヒト氏が描き起こし。

特徴

『デュラララ!!』の最大の魅力は、個性的な登場人物たちの「行動」「会話」そして「生き様」にあります。プレイヤーはゲームオリジナルの主人公となって物語の舞台である池袋の街を歩き、 『デュラララ!!』の世界を体感できる池袋疾走アドベンチャーゲーム。「リアルパート:池袋」と 「ネットパート:チャットルーム」が交差する ゲームならではの表現で、立体的に浮かび上がる『デュラララ!!』の世界。