アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~

アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~

Attributes

ReleaseDate : 2010/07/21
NumberOfItems : 1
ItemDimensions : 0
SeikodoProductCode : SICP-2770
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2010-07-20
EANListElement : 4547366054910
Manufacturer : SMJ
EANList : 4547366054910
Brand : ソニーミュージックエンタテインメント
Artist : クレモンティーヌ
Label : SMJ
Studio : SMJ
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,592
Publisher : SMJ
Language : 日本語Published
Language : 日本語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 4755913488
Languages : 日本語Published日本語Unknown
Name : 日本語
Name : 日本語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ラムのラブソング (アニメ『うる星やつら』OP)
2 - バカボン・メドレー
3 - 崖の上のポニョ (アニメ映画『崖の上のポニョ』主題歌)
4 - おどるポンポコリン (アニメ『ちびまる子ちゃん』OP)
5 - 風の谷のナウシカ (アニメ映画『風の谷のナウシカ』シンボル・テーマ・ソング)
6 - はじめてのチュウ (アニメ『キテレツ大百科』ED)
7 - ロマンティックあげるよ (アニメ『ドラゴンボール』ED)
8 - サザエさん・メドレー
9 - ドラえもんのうた (アニメ『ドラえもん』OP)
10 - とんちんかんちん一休さん (アニメ『一休さん』OP)
11 - タッチ (アニメ『タッチ』OP)
12 - CAT’S EYE (アニメ『キャッツ・アイ』OP)

これは・・・しかし・・・凄いアルバム!

選曲があまりに「凄い」ので、話題にと、買ってみましたが、聴いてみると実にいいアルバムです。
アレンジはすべて「ボサノバ風」にしたフランス語の歌詞なんですが、ボサノバとフレンチポップのいいとこ取りで、これは愛聴盤になりそうです。
「2. バカボン・メドレー」、「6. はじめてのチュウ」、「8. サザエさん・メドレー」、「9. ドラえもんのうた」には大笑しましたが、これは決して悪くないんですよ。
コミックソング集には全くなっていない、アレンジと歌唱力の魅力があって、かなり楽しめるアルバムだと思います。
しかし、アルバムの選曲が実に素晴らしいですね(笑)。

オシャレすぎる BOSSA NOVA!?

ブラジル66の時代まで遡っての Bossa Nova ファンですが、クレモンティーヌって始めて買いました。へえ〜っという感じで、一辺で気に入ってしまいました。オシャレすぎる〜ってうちの息子も言ってました。デザイン性のあるCDだね、なんて生意気な意見も出ました。中学生の癖にbossa nova以前から好きらしくて、私に似て。夏頃発売開始だったんでしょうか? まあ、冬でも部屋でゴロゴロしながら聴いても、寛げるCDですねー。バカボンのボンの響きがセシボンみたいでフランス語っぽいです。なんか妙な感じも面白くて寛げる感じ。Bossa Nova に拍手。クレモンティーヌに拍手。

ステキな歌声に癒されました

テレビでクレモンティーヌさんが歌う♪ボン ボン バカボン バカ ボン ボン♪に興味をもったこともあり、すぐにこの『アニメンティーヌ』を入手しました。期待を裏切らない出来栄えですし、結構お店のBGMに使用しても好評なのではないでしょうか。
アニソン・カヴァー・アルバムですが、見事なボサ・ノヴァに変身していますし、フレンチ・ポップの優しい香りが漂う歌唱でした。原曲のメロディの良さをこれで再確認した曲もあり、ステキなアレンジによって大和撫子がパリジェンヌに変身したようにも思えます。
日本のアニメが世界中で愛されていることを考えれば、このアルバムも日本国内だけでなく、もっと広いフィールドで愛される素地はあるわけです。
『キテレツ大百科』の「はじめてのチュウ」なんて、最初からボサ・ノヴァの曲ですよ、と言われても分からないくらいに、テンポも雰囲気も変わっています。オリジナルの良さが残っているのも嬉しいですね。元歌が耳に馴染んでいる曲ほど、変わり方に関心を持ちますが、原曲を知らない人にとっては、これはこれでオシャレな曲だな、と聴いても満足するような演奏が続きます。それくらいに違和感のないアレンジだったということです。
クレモンティーヌさんの軽やかな歌唱とボサ・ノヴァも実に上手くマッチしていますが、これを考えたソニーのプロデューサーの企画の勝利だと思いました。これは当たりますね。とにかく気に入りました。

ほんのり癒される今の時代に必要な曲のアルバム

聞いていて本当に癒される。何故かほのかに笑いがこみ上げてくる。
日本のアニメを見事にまでアダルトなボサノバにアレンジされている。
胎教にも絶対にいいと思う。
クレモンティーヌ、やはり都会派大人の音楽だ。

和みのひととき

選曲が良いですねー。すべて馴染みのある曲だったから、笑いあり、一緒に口ずさんだり。
あの曲がボサノバになるんだ!っていう驚きもあって、ボサノバ初心者にもお勧め。
夏のドライブのひとときが、とても和みましたよ。

ラムのラブソングが良かった

テレビで紹介していたので購入。
オリジナル曲は全て有名所アニソンで、誰もが聞いたことあると思います。
ポニョはオリジナルがいまいちだったからか、ボサノヴァアレンジでもあまり…。
個人的にラムのラブソングが最高でした。アレンジがマッチしていると思います。
知っている曲でも、新鮮な印象を受けます。

確かに良く出来ているアレンジです

CMなどに楽曲を提供している正統派アーティストが、
一体なんで血迷ったのだろう?と、
最初タイトルだけ見て、
失礼ながら笑ってしまいました。
しかし実際に聴いてみると、
しっかりフレンチポップでレベルが高く驚きました。
とは言え、やはり何度か聴くと、
「バカボン」や「サザエさん」などは、
格好良くした先に生まれる、恥ずかしさが内包してて、
全てが満遍なく素晴らしいか?
と言われると自信が無いです。
総じて、イージーリスニングとしては十分過ぎるクオリティだが、
本気のボサノバだと思って聴くと、やはりジャッジは「うーん!」な印象でした。
コンセプトは好きですが、
自作のベストCDに入れるか?と思うと、
なぜか漏れてしまう感じ。

小学校の運動会でこれ使います{多分}

いやいや・・・笑えるんですが、どうしてどうして綺麗に歌われていて、歌としての完成度は高いです。なので、全くバカボンやラムちゃんを知らない人が聞いたら「まあ、これ良い歌ねえ。フランス語なのね?」とか言うのかなーと思いました。
例えば。美術館やオシャレな喫茶店などで、この曲が流されていても、きっと違和感は無しでしょう・・・ただ。気がついたお客さんがいたら「ぶーっ!」とコーヒー吹いて笑い出しちゃうかもしれませんけど。ね?!←この場合クリーニング代とか請求されちゃうのかなあ
フランス語の歌詞だけでなく、さらにそのフランス語を日本語に訳した冊子も同封されてます。
で、びっくりしたのは「はじめてのちゅう」!
日本語の歌詞だと「初めてチュウしたのかー良かったねーあらあら泣いちゃったのかー初々しいねー」という感じの微笑ましい歌詞ではないですか?
なのにフランス語の歌詞ですと、もうちょっと大人って言うかー///さすがフランスですね!と赤面・・・曲に合わせるために、原曲そのままでは出来ない、という事なんでしょうけれど。
あとは一休みさんの歌が・・・気にしないー気にしないーの所は一休みさんが「小さな事なんか気にしないで行きましょうよ」と歌ってるのかな?と私はずっと思っていたのですが、フランス語だと「私は気にしないわ」とかよちゃんの台詞として歌われているんですね。ふーん・・・と。そういう解釈もありか?と新鮮でした。
さて私は。ただいま娘の小学校のPTA運動会係りのトップを努めていますので・・・
このCDの曲を、運動会で流しちゃうぞ!とたくらんでいます!
競技と競技の間とかに流す予定。
うふふ「なんだっけ聞いて事あるような?」とみんなが頭の上に?を飛ばしてくれたら良いな!係りは大変そうだけど、当日、今から楽しみですー
「暑いねー」とか「また天国と地獄の曲かあー」とか喋ってるより有意義な時間を過ごせると思いませんか。ねえ?
おすすめCDですよ*

ぽわぽわぽわ〜ん

なんとも休日っぽい一枚です。こんなにゆるゆるに歌われてるアニメソングを聴いたことがありません。
平日に聴くと力が抜けて働きたくなくなりそうです。

フランス語がステキ!

これはクレモンティーヌ好きでなくても、家族みんなで聞けると思います♪
耳なじみのよい選曲になっています。
発売日前から楽しみにしていました〜〜
バカボンボ〜ン♪って ボンボン〜〜がフランス語であってますね
家族みんなで聞けますよ
おすすめです!!
続 アニメンティーヌ
バラエンティーヌ
ドリーム・シネマ~リラクシング・スタンダード・コレクション~
アニメンティーヌ・ベスト+