Time Flies: 1994-2009 [12 inch Analog]

Time Flies: 1994-2009 [12 inch Analog]

Attributes

ReleaseDate : 2010/06/15
NumberOfItems : 5
Format : Box set
Format : Import
ItemDimensions : 1268913731272
Type : Unknown
PublicationDate : 2010-06-14
Manufacturer : Sony Legacy
EANListElement : 0886977226410
UPCListElement : 886977226410
EANList : 0886977226410
CatalogNumberList : SNYL772264.188697722641
Brand : Big Brother Rec.
Artist : Oasis
Label : Sony Legacy
PartNumber : 22641
Studio : Sony Legacy
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : SNYL772264.1
CatalogNumberListElement : 88697722641
MPN : 22641
Publisher : Sony Legacy
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 5
UPCList : 886977226410
PackageDimensions : 9412763791268
UPC : 886977226410
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

完全版

これは文句のつけようがないですよね。
シングル集ですから、Stop The Clocksで賛否のあった「あれがない、これがない」という指摘をやっと落ち着かせられるCDだと思うと、なんだかスカッとします。
PV集も当然文句なしですね。むしろサービスしすぎでは?と思うほどです。
ライブ盤は時間の関係もありますし、収録曲がおいしいとこ取りなのは仕方がないかなと思います。「Roll With It」のリアムは曲のキーが丁度良いのか、他の曲よりずっとのびのびと本来のリアムにより近いスタイルで歌えていて、なんだか嬉しかったです。
このように、内容自体に関しては★5つです。
ここからはちょっと個人的に疑問に思ったことなのですが
「Sunday Morning Call」ってUKでも普通にアルバムからのシングルとして発売されていたのですから、わざわざシークレットトラックにしなくても良かったんじゃないしょうか?
あと音質に関してですが、私は以前「Stop The Clocks」の輸入盤を購入しました。その音源は全曲が一定のバランスでマスタリングされていたため、音量や音質に違和感無く全体を通して聴けました。
ですが今回のシングル集、ちょっと音質にバラつきがありませんか?特に4thアルバムの「Go Let It Out」「Who Feels Love」あたりはかなり音が引っ込んでいて(おそらく当時の4th国内盤の音源でしょうか)、通して聴いていると急に迫力が無くなってしまう気がします。Stop The Clocksの輸入盤は「Go Let It Out」も「Lyla」等、5・6th以降の曲のような迫力ある音質にリマスターされていたため、今作にはなおさら違和感を覚えました。
それとも「Stop the clocks」の国内盤も、このシングル集の国内盤同様に曲によって音質にバラつきがあったのでしょうか?
もし今作の輸入盤が、「Stop the clocks」の輸入盤同様にリマスター音源で音質・音量が一定に保たれているのであれば、単純に「車で聴く用」等にもう一枚購入したい とも思いました。
(6月17日追加)
US輸入盤を購入しました。やはり音質にはバラつきがあるようです。私と同じように音質に疑問を持たれていた方はご参考にしてください。ちなみにUS盤には「Champagne Supernova」がDisc2の1曲目にボーナストラックとして収録されています。

記憶の潤い

自分も限定版を買いました。
確かに音がこもっているのが少々残念。
映像は素晴らしいです。
素晴らしいといっても、
俗に言うセンスのあるデザインPVという意味ではなくて、
普通にoasisを長年聞いてる者としての満足度が高い!
というものであるという事かもしれません。
UK音楽に興味があって、このアルバムから聞き始める人は、
また違った印象になってしまうのは仕方がないこと。
なにせ、デビューから15年という時の流れがあって、
ゆっくりと彼らの時代を作り、時に壊し、再構築していった。
その経緯がこの1枚で一気に流れ込んできますから。
頭の中の栄養を補給する、
そういった意味での「oasis」とも呼べる集大成。

OASISの凄さを再認識させてくれるマストアイテム

ベストアルバムですがメインCDの収録曲はシングル曲で占められています。
つまりシングルベストという位置づけになります。
収録曲はアルバム初収録となるWHATEVERを
含む27曲+隠しトラック1曲の全28曲です。

そして豪華なのが過去のPVと最後のライブを収めたCDが付録として付けられていることです。
DVDはノエルとリアムの解説付きです(勿論解説のON/OFFはできます)。
ただリアムの解説は2曲だけなのが残念ですが、、、
収録時間はDVDだけで185分!!これだけで単品発売されてもおかしくない内容です。
SUPERSONICとLIVE FOREVERのUS VERSIONも収録されております。

ラストライブのアルバムはiTUNESライブ・ロンドン・フェスティバル09の音源で計16曲76分となっております。

私自身彼らのファン暦は浅いのですが今までのアルバムは全て所持しております。
そして今回のラストアルバム(ラストと言いたくないのですが、、、)を聞き彼らの歩んできた歴史
に触れてみると涙が出てきました。
音楽に対する姿勢、皮肉めいた言動、ファンに対する眼差し。
良い意味でも悪い意味でも全てが彼らの魅力でした。
今秋公開の映画BECKにDON'T LOOK BACK IN ANGERが主題歌として起用され
、彼等の曲が永遠に色褪せないことを一つ証明しました。
本当に素晴らしい曲達を作ってくれてありがとうと言いたいです。
私自信、今までのアルバムとこのアルバムは永遠に聞き続けることでしょうね。

このボリュームで4410円はお買い得です!!

オアシスと言うバンド名も、
「現代のビートルズ」と呼ばれている事も知ってはいましたが、
なかなか購入するチャンスが無くて本作品がオアシスデビューになります。
最初は価格が高いと思っていましたが、
BOXを開けてみると3枚のCDに1枚のDVDの計4枚に、
各シングル曲の解説や、
1994年から2009年までのヒストリーが掲載されている、
ブックレットが収められていて初心者には優しい作品作りだと感じました。
付属されているDVDが9月1日に3780円で発売されるそうです。
DVDの価格設定を見ても本作品の4410円は良心的だと思います。
購入を考えている方はDVD付きの初回盤をオススメ致します。

シャンペンスーパーノヴァ入り

最初に日本初回限定盤を購入。
DVDとライヴCDが欲しいし、DVDに日本語字幕付きだから、これは当然。
そして次に、このUS盤2CDバージョンを購入。
ダブりと知りながら、ボーナストラックとしてシャンペンスーパーノヴァが入ってるので買ってしまった。
個人的には、日本盤もドントゴーアウェイとサンデーモーニングコールを無くして、このバージョンにしてほしかった。
2CDバージョンの購入を考えてる人は、こちらがお薦めです。

oasisの集大成

まずはじめに、このアルバムを買おうか迷っている方達へ。oasisのファンなら買うしかないです!ライブの音源は素晴らしいですし、歴代ビデオ・クリップのDVDだけでも買う価値ありです。DVDにはノエルとリアムのコメンタリーが付いていますが、これが面白い。ノエルはシェイカーメイカーに対して、「この曲を書いたことは覚えてないし、いつ書いたかも不明だ。なんでこの曲がセカンドシングルなんだ?アルバムにはもっといい曲があったのに。」と語っています。リアムはソングバードで「ベントレーを借りる金は無かった。だったらジャガーだろ。」と語っています。oasis語録満載です!

オアシスは終わらない

全ての曲が自分にとってのアンセムだったオアシス。
1990年代に発表された曲も未だ色褪せず、
バンドとしては終わったかもしれないけどこれらの曲がある限りオアシスは終わらない。
そう思わせてくれるだけの名曲の数々。
私は全てのアルバムを持っているので、
DISC1/2はベストアルバムとしての曲順を楽しむという感じですが、
ダウンロード限定だった「Load Don't Slow Me Down」がCDで聴けるのはうれしいです。
また正直ぶっちゃけ過ぎでしょうというくらいの毒舌コメントを楽しめる全曲PV集、
貴重なライブ映像、「Familliar To Millions」以降の楽曲も入ったライブ音源集と、
ファンも満足の充実した内容になっています。
特に「The Masterplan」のライブ音源が収録されているのが嬉し過ぎます。
ノエルはさすがライブのために喉のコンディションを整えてますね。
リアムの声の調子はイマイチですがもはや聴かせるバンドではなく、
みんな参加型のライブになっていて、大合唱が起きるくらいの観客のボルテージは凄いです。
あー、最初にバンドとして終わったかもしれないと書きましたが、訂正。
有言実行なんて似合いません。
何事もなかったかのようにまた復活してくれることを切に願います。
バンドとしてのオアシスも終わらない!

さらばオアシス

間違いなく俺の青春だった。希望の鐘を鳴らしてくれたバンドだった。素晴らしいメロディーをありがとう。さらばオアシス永遠に。

解説が面白すぎる


ノエルの解説が面白すぎます。得にスタンドバイミーのコメントが最高です。曲も最高です。

文句なし!

基本的な評価は皆さんがおっしゃっている通り、完璧です。
何回でも聴けます!
問題のライブのCDですが、確かに声が小さくなっています。
iPodユーザーは
設定>>再生>>イコライザ>>Spoken Word
に設定を変えて聴くのをおすすめします。