テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版 [DVD]

テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版 [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2010/04/21
NumberOfItems : 1
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
Format : Color
Format : Dolby
Format : Widescreen
SeikodoProductCode : WTB-66356
Type : Unknown
Type : Unknown
PublicationDate : 2012-03-10
EANListElement : 4988135807052
Manufacturer : ワーナー・ホーム・ビデオ
RegionCode : 2
EANList : 4988135807052
Brand : ワーナーホームビデオ
AspectRatio : 2.35:1
Director : D.J.カルーソ
Label : ワーナー・ホーム・ビデオ
Studio : ワーナー・ホーム・ビデオ
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 1,543
Publisher : ワーナー・ホーム・ビデオ
MediaType : dvd
Language : 日本語UnknownDolby Digital 5.1
Language : 英語UnknownDolby Digital 5.1
Actor : アンジェリーナ・ジョリー
Actor : イーサン・ホーク
Actor : キーファー・サザーランド
Actor : ジーナ・ローランズ
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語UnknownDolby Digital 5.1英語UnknownDolby Digital 5.1
Name : 日本語
Name : 英語

広告タグの取得

アンジーファン必見

トゥームレイダーやMR&MRSスミスのような派手なアクションスターのイメージの強いアンジェリナジョリーが、こんなに演技派とは思いませんでした。やはり大スターです。サスペンスもので考える場面が多く、目の動きや感情をうまく演出している。またイーサンホークの演技もよかったです。ラストの場面も「えっ!」と驚くようなまとめ方が非常にインパクトがあり、見終わったあとも余韻が残りました。アンジーの演技力のすばらしさを是非見てほしい作品です。

たいへんよく出来ました

とてもよく出来たサスペンスだと思う。
アンジーがプロファイルと恋愛の狭間で喘ぐ姿は
なかなか官能的でもある。
最後のどんでん返しもちょっとびっくりしたし。
本編109分。びっしり楽しめる映画だと思う。
まぁ、これだけ世の中にサスペンスが氾濫している昨今
さほど衝撃的でもないので★4つ。
買って損はないけれど。

サスペンス溢れ、官能的な美女もたっぷり楽しめます

 連続する猟奇殺人事件をFBI出身の美女が、いろいろなどんでん返しを経て解決していく物語ですが、そのどんでん返しが意表をつき、これほど面白い作品にはまずなかなか出会わないでしょう。主演女優のアンジェリーナは、手首・足首が細め、体も細め、しかし乳房は結構みごと、唇は肉感的な官能美溢れる超美人で、男性視聴者はもう最初から画面に釘付けとなるでしょう。女性が見ても、おしゃれな女主人公の捜査官が犯罪現場の多数の写真に囲まれ、犯罪捜査をしていく中で、禁断の恋をしていく様子は結構楽しめるじゃないでしょうか。なぜ主人公は真犯人に早く気づかなかったのかと、やや腑に落ちない点は幾つかありますが、それでもサスペンスに溢れ、次々と軽快に場面展開する面白さは、掛け値なしに一級品と言えます。

いまいちスッキリしません

今見終わって書いてますが、いまいちスッキリしません。初めはピカイチのスタートでしたけど。U2の曲と共になんかミステリアスな出だしですごく期待して見始めましたが。ストーリーの整合性もとれていないみたいですし星5つは無理ですね。カナダの風景というのはやはりアメリカと違って落ち着いているというか、ちょっと寒そう。走っている車も違うしそういう意味では見ていて楽しかったです。おばあさん役でかの大御所ジーナ・ローランズが出ていました。そうそう隠し部屋にいたのは犯人ですよね。それではなんかスッキリしないなあ。キャスティング、風景は◎で脚本が×という採点です。

「人生そのものを乗っ取ること」という意味

タイトルの「テイキング・ライブス」とは、
「人生そのものを乗っ取ること」という意味だ。
なんとも空恐ろしいタイトルであるが、
登場する犯人を端的に象徴している。
猟奇殺人であり、連続殺人犯である。
そしてその犯人は、まさに相手になりすますのである。
それも過度の集中力をもって、獲物を観察し、
自分がその人物になりすませると判断すると、
殺してしまうのだ。
しかし、なりすますことに飽きてしまうと、
次に獲物を探しにいく。
飽きる前に、あえて死体を発見できるように仕掛けておき、
次の殺人の動機付けにしようとしているような気配もある。
そして彼の深層心理の中には、
子どものころ母親に愛されなかったという、
トラウマが起因していると思われる。
そしてそんなサイコパスを追うのが、
アンジェリーナ・ジョリー扮する、
イリアナ・スコットというFBIプロファイラ―である。
イリアナは頭脳型の捜査官というより、
犯人の心理を受けとめる感受性型の捜査官なのである。
死体の写真を観ながら食事までできてしまう場面は、
まさに犯人に同化している証拠である。
またときには死体のあった場所に寝転がってみるのである。
しかしあろうことか、イリアナは犯人と恋に落ちていく。
プロファイラ―も、やはり人の子ともいえるが、
そうではなく、感受性が同化に至ったということであろうか。
またキファー・サザーランドを起用し、
謎の男という設定もなかなか凝っている。
最後の最後まで、どんでん返しの連続であり、
ただただハラハラするのではなく、
犯人と捜査官の心理の理路を、ついつい考えたくなる作品なのだ。
ジア 裸のスーパーモデル 完全ノーカット版 [DVD]
アンジェリーナ・ジョリー サイボーグII [DVD]
ウォンテッド [DVD]
ツーリスト [AmazonDVDコレクション]