ベニスに死す [DVD]

ベニスに死す [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2010/04/21
NumberOfItems : 1
AudioFormat : Mono
Format : Color
Format : Dolby
Format : Widescreen
ItemDimensions : 0
Type : Unknown
Type : Unknown
Type : Unknown
Type : Unknown
Type : Unknown
SeikodoProductCode : WTB-11060
EANListElement : 4988135807069
Manufacturer : ワーナー・ホーム・ビデオ
RegionCode : 2
EANList : 4988135807069
Brand : ワーナーホームビデオ
AspectRatio : 2.35:1
Director : ルキノ・ビスコンティ
Label : ワーナー・ホーム・ビデオ
Studio : ワーナー・ホーム・ビデオ
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 1,543
Publisher : ワーナー・ホーム・ビデオ
Language : 日本語Unknown
Language : 英語UnknownMono
Language : 中国語Unknown
Language : 韓国語Unknown
Language : スペイン語Unknown
Actor : ダーク・ボガード
Actor : ビョルン・アンドレセン
Actor : シルバーナ・マンガーノ
Actor : ロモロ・ヴァリ
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語Unknown英語UnknownMono中国語Unknown韓国語Unknownスペイン語Unknown
Name : 日本語
Name : 英語
Name : 中国語
Name : 韓国語
Name : スペイン語

広告タグの取得

美とそうでないものの対比の物語

ビスコンティ監督作品中屈指の名作。淀川長治さんのラジオ番組を聴いていた頃から絶賛されていた。
やはりビョルン・アンドレセンの美少年ぶりに感心する。彼がいなければこの作品世界は成り立たず、また彼もこの作品のためだけに生まれてきたのではと思わせる、絶妙のマッチング。映画の中でダーク・ボガードの化粧が崩れていくように、少年老い易くが世の常であり、彼がいつの間にか芸能界から姿を消したのもうなずける。人間の肉体の美はそれほどきわどい、刹那的なものだ。
そして、この作品でもう一つ尋常でない輝きを放つのがマーラーの交響曲第5番第4楽章。映画の空気を完全に支配し、映画で用いられたクラシック音楽のベスト5に入るだろう。
本作は、美と、ダーク・ボガードが体現する老いや死、時には「醜」である日常生活との対比(映像特典でビスコンティ自身が対比を強調している)とそのバランスが崩れる様を、そして美を創造する芸術家のもがく姿を描いた作品だ。そういう観点で、2人の音楽家(マーラーとシェーンベルクがモデルとされる)の論争場面も見逃せない。

タジオのセリフに字幕はいらない

ヴィスコンティの作品の中で一番好きなものです。
ヴィスコンティ自身が貴族階級出身なので、薄っぺらでない優雅で重厚な映像なのですよね。
このお値段でDVDが購入できて、何度でもこの世界に浸れて幸せ。
ただ、★を一個減らしたのは、タジオ君のセリフに字幕がついていたから。
この映画はアッシェンバッハの目線で描かれており、タジオの言葉がわからないからこそ
神秘性があるのではないですか。
翻訳されてしまえば、大したことを話してるわけではないので、神秘性が減ってしまいます。
仕方ないのでセリフは殆ど覚えてることだし、と、字幕無しで観ましたが、いらぬサービスだった
と思います。

名優、ダーク・ボガード

全編美しい映画で絵画のような印象を与える傑作です。
中でも主人公を死に誘うようなタジオ=ヴョルン・アンドレセンの美しさと
冷たい仕草が良く話題になりますが、
個人的にはやはり美少年に惑い、最後悲劇的(喜劇的でもある)に死んでいく
音楽家アッシェンバッハ=ダーク・ボガード氏の演技が素晴らしいです。
タジオを見てからの初恋の少年のような戸惑い、思い切って諦める為に
ベニスから去ろうとしたものの手違いでベニスに残ることになった時の歓喜(!)
自分の死を自覚した時の絶望…。
ほとんど台詞は無く仕草と顔の表情で表現しているのがすごいです。
この映画そのものはアッシェンバッハの一生涯を追いかけている構成でありまして
所々に挿入される回想シーンでの子供と戯れる父親の彼の姿は
その後の人生の残酷さを感じましていつ見ても泣けます。
この映画に出演した後にボガード氏は
「これ以上の演技の出来る映画はないだろう」と語ったそうですが
確かにアッシェンバッハを演じられるのに一生涯分の感情を使われたと思います。
余談ですが、指摘されるまでボガード氏が「地獄に墜ちた勇者ども」の
フリードリヒも演じられていたとは気がつきませんでした。
(全然印象が違います)
上映されてから三十数年、
ボガード氏始め出演者の大半は鬼籍に入りベニスも変わりました。
しかしこの映画の美しさはいつまでも変わらないでしょう。
今年もこの作品が無事再販されたことが、嬉しかったです。

☆ルキノ・ヴィスコンティ監督による映像文学映画の最高峰

☆この映画はなんと申したらよろしいのでしょうか。全編に及び同性愛的なムードを醸成しているが、そんな欠片は微塵もない。単刀直入にいえば、一途にして、純真無垢な男の愛を描いた真摯な映画であり、荘厳なロマンス劇でもある。そして、ただひたすら美しい自然風景と格調高い文学的映像の陶酔に浸るのが焦点の作品である。舞台はベネチアのベニス。静養のためにベニスのホテルに滞在していたドイツの老作曲家アッツエンバッハ(ダーク・ボカード)が美少年のタージオ(ビョルン・アンドルセン)に好意を抱き、次第に心を奪われてゆくが…。という、物語。神秘性漂う綿密な画面構成と上品な官能性にはホレボレさせられる。表裏一体の名演技を見せてくれる、ダーク・ボガードとビョルソ・アンドルセンも嬉しい大収穫。静粛なムードを重視したオーソドックスな展開や芳醇な香りが味わえる秀逸な描写も優秀。独特の美的感覚に満ちた見事な演出を披露する、イタリア映画史上最高の大巨匠、ルキノ・ヴィスコンティ監督の丹念な職人芸が冴え渡る。まさに究極至高の大名作である☆。

美しくもどことなく不気味な映画

映画を通して流れるマーラーの曲、ベニス、リド島の美しい景色の中に何とも言いようのない怪しさ、不気味さを覚えた。 一度はベニスを離れる決心をするものの戻ってきてしまうアッシェンバッハ。 町中に漂う異臭。白い消毒液をまく人々。アッシェンバッハの疑問に彼らは一様に口をつぐむ。 ベニスから観光客を奪うためのデマにすぎないと。 海水浴客が、この時期生の食べ物には気をつけなさい、という会話が出てくるが、アッシェンバッハが浜辺で口にする苺。 私はこれこそが禁断の果実ではなかったかと思うのだが…。 彼の心身の弱みに付け込むかのような友人アルフレッドの嘲笑。 ラストの浜辺のシーンでタッジオがのばした左手を掴むように伸ばそうとするアッシェンバッハの左手。 ここでタッジオが示す方角は「北」である。 北というと日本では死者は北まくらに、と言われるほどの不吉な方角だ。 このシーンでカメラに黒い布がかけられているのは様々な捉らえ方がありそうだが。 美少年タッジオはアッシェンバッハを死に導く天使として描かれていたのだろうか…。

美しすぎる世界!

始めから終わりまで
口を開けて見てしまう
美しすぎる世界。
自然に泣けてしまいます。

死の香り

何度でも観て戴きたい作品です。 若いとき、壮年期、老境にさしかかる頃、「死」を意識し出す頃・・・。 きっとその時その時で、この作品に対する解釈が変わり、また、より一層理解・感情移入できると思います。 私はこの作品に、「死」「滅び」を感じます…。

美しい映画の傑作のひとつ

耽美で退廃的な世界、というのは、この作品のことを指します。
まず、オープニングの美しさは、映画史の残ります、と思っています。
グスタフ・マーラーの感情に染みいる音楽と、徐々に明るくなる
幕の中に浮かび上がってくる蒸気船の幻影。
この美しすぎる映像と音楽だけで、この映画は、ビスコンティの
並みでない力量と表現力の力を見せつけられます。
まことすばらしいのが、ダーク・ボガードの、死する、死に至る晩年の
男の悲しき、生命の消えゆくともしび。この演技とも、幻想
ともいえない妖艶で不気味で繊細な存在の証は、彼の演技の最高傑作。
そして、対比される、ビヨルン・アンデルセンの、彫刻のような美。
化粧をしてまでも、死にながら、アッシェンバッハの魂は少年が
表す、永遠の美と魂いの輝くと同化することで、天国の幸福を獲得する。
ラストの、少年が波間に立たずんだ、遠景、幻影を見ながら、魂を
失っていくアッシェンバッハのクライマックスは、あまりの映像の
美しさと感情の迸りに、息がとまること間違いありません。
映画史上に燦然と輝く、映像と豪華さと、死と生、老いと若さ、命の
輝きと、病気と晩年の悲しさを、みごとに表現した、詩的耽美の世界です。

マーラーがモデルとか  訂正あり

「イノセント」のレビューで訂正あり。原作者をフアシストと書いたが誤り。19世紀の作家だった。関係者(日本にはいない)のかたには謝ります。さて「ベニスに死す」はビスコンティにしては小品でコミカルなタッチもあり楽しめる。なんといってもオカマ、変態を演じては右に出るものなしのダーク・ボガードが好演。小生、ホモっけはまるでなく「美少年趣味」はない。だからあんまり気持ちのいい映画ではない。モデルはマーラーらしいな。ボガードは「初体験」は「男性」だと「自伝」に書いてるそうだ。しかし英国では珍しくない。私は「女性」でラッキー・ストライク。お相手はレビューに登場する女性だがプライバシーに際どく抵触するため教えない。念のため吉永小百合さんではない。当たり前だが「誤解」する人もいるかと。いないか。45歳過ぎてお会いした「舞妓」さんでもない。看護士の律子さんでもない。女医の真野あずさ先生でもない。当てた人には10000円進呈。則子さんではもちろんない。腕を触っただけ。ジョディ・フォスターは外人だから論外。
ベニスに死す (集英社文庫)
若者のすべて ルキーノ・ヴィスコンティ HDマスター DVD
マーラー [DVD]
地獄に堕ちた勇者ども [DVD]