噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)

噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)

Attributes

ReleaseDate : 2010/05/26
NumberOfItems : 2
Format : Original recording remastered
SeikodoProductCode : WPCR-75509
PublicationDate : 2010-05-25
EANListElement : 4943674098385
Manufacturer : ワーナーミュージック・ジャパン
EANList : 4943674098385
Brand : ワーナーミュージックジャパン
Artist : フリートウッド・マック
Label : ワーナーミュージック・ジャパン
Studio : ワーナーミュージック・ジャパン
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,000
Publisher : ワーナーミュージック・ジャパン
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 4755931504

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - セカンド・ハンド・ニュース
2 - ドリームス
3 - もう帰らない
4 - ドント・ストップ
5 - オウン・ウェイ
6 - ソングバード
7 - シルヴァー・スプリングス
8 - ザ・チェイン
9 - ユー・メイク・ラヴィング・ファン
10 - アイ・ドント・ウォント・トゥ・ノウ
11 - オー・ダディ
12 - ゴールド・ダスト・ウーマン

Disc 2 / Track

1 - セカンド・ハンド・ニュース (Roughs & Outtakes)
2 - ドリームス (Roughs & Outtakes)
3 - もう帰らない (Roughs & Outtakes)
4 - ドント・ストップ (Roughs & Outtakes)
5 - オウン・ウェイ (Roughs & Outtakes)
6 - ソングバード (Roughs & Outtakes)
7 - シルヴァー・スプリングス (Roughs & Outtakes)
8 - ユー・メイク・ラヴィング・ファン (Roughs & Outtakes)
9 - ゴールド・ダスト・ウーマン (Roughs & Outtakes)
10 - オー・ダディ (Roughs & Outtakes)
11 - シンク・アバウト・イット (Roughs & Outtakes)
12 - もう帰らない (Early Demos)
13 - プラネッツ・オブ・ザ・ユニヴァース (Early Demos)
14 - バター・クッキー (Early Demos)
15 - ゴールド・ダスト・ウーマン (Early Demos)
16 - ダズント・エニシング・ラスト (Early Demos)
17 - ミック・ザ・スクリーチャー (Jam Sessions)
18 - フォー・ダスター(ザ・ブルース) (Jam Sessions)

豪華すぎる!!エディションでの発売

マックの最高傑作。
それがまさかの18曲ボーナストラック付。
しかもどの曲も録音過程でのものばかりなので、曲が完成に至るまでどういう風に変わっていったのか、盗み聞きしたような興奮があります。
そして小粋な仕掛けが。
当時、最後の最後でアルバムに入りきらないという理由で落選したSilver Springsが30年の時を経て、正式に7曲目にエントリーされています。
ブックレットも充実していて、LP版についていたライブ風景などをまとめたフォトも今回は付いています。
ボーナストラックで興味深いのはスティービーのソロ作品で既発表の曲が2曲も入っています。
ベラドンナにあったThink About Itと、トラブルインシャングリラのPlanets Of The Universeで、聴き比べても面白いと思います。

70年代を代表する大傑作「噂」の決定版はこれでしょう。

70年代ポップス/ロック・シーンを代表するフリートウッド・マックのメガ・ヒット作。「ファンタスティック・マック」も大好きだが、彼らの最高傑作はやはり本作でしょう。複雑な人間関係の中で、それこそ噂の対象とされながら完成した、ビートルズでいえばアビイ・ロードに相当するような名作。ビートルズと違って男女混成のバンドだから人間関係の問題の深刻さは察するにあまりあるが、それをプロ意識といい意味の緊張感を保って偉業を成し遂げたフリートウッド・マックは凄いとしか言いようがない。ヒット曲の缶詰のようなアルバムで、どの曲も素晴らしいが、ディスク1のM1、M5、M6、M9が特に私のお気に入りだ。
ところで、本エディションの音はリマスターされていて悪くないし、全曲未発表のアウトテイクやアーリー・デモを収録したディスク2がプラスされている。ラフな別テイクでディスク1の曲を聴くのも一興だし、「シンク・アバウト・イット」という隠れた名曲も含まれている。したがって、「噂」の決定版は本エディションだと思うがいかがだろうか。

地味で謎めいた名盤

この大ヒットアルバムほど、名声とは裏腹に
地味で渋くて、ある意味謎めいてさえいるアルバムって、
あるでしょうか?
大ヒット曲「ドリームス」なんて、
なあんでこんな渋くて暗鬱な曲が、世界中でヒットしたの?
と子供の頃から不思議に思ってます。
今回のデラックス版で謎が解けてわかったのは、
アルバム全体が別れたお互いの相手、
リンジー・バッキンガムとスティービー・ニックス、
クリスティン・マクビーとジョン・マクビーという、
かつての恋人に向けて歌われている、辛辣な内容
のせいだったということです。
そのへんについて、きちんと解説がなされているライナーも
親切です。
子供の頃はまったく知りませんでしたが、
この頃のマックがいかに、お互いの関係の中で
苦しんでいたのか、よくわかる内容で、
読んでから聴くとアルバムのムードの意味が、
非常に納得いきますねえ。
わざわざCDで買い直すなら、まよわずコレにしましょう!!
Fleetwood Mac
牙(タスク) 2015リマスター・エディション<SHM-CD>
MIRAGE - REMASTERED
Tango in the Night