ポケットモンスター ブラック

ポケットモンスター ブラック

Attributes

ReleaseDate : 2010/09/18
Platform : Nintendo DS
Model : TWL-P-IRBJ(JPN)
ItemDimensions : 674960543
Manufacturer : 任天堂
EANListElement : 4902370518368
EANList : 4902370518368
CEROAgeRating : 全年齢対象
CatalogNumberList : TWL-P-IRBJ
Brand : 任天堂
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : 任天堂
PartNumber : TWL-P-IRBJ(JPN)
Studio : 任天堂
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 4,937
CatalogNumberListElement : TWL-P-IRBJ
MPN : TWL-P-IRBJ(JPN)
Publisher : 任天堂
PackageDimensions : 5555130496

広告タグの取得

【開封済み・未使用品】 ご覧いただきありがとうございます。 本商品は開封済み・未使用品となります。 ※輸送・保管状態によりパッケージにすれ傷がある場合があります。 ※応募ハガキ、DLコード等の付属物は期限切れの場合がございます。

ポケットモンスター ブラック

ポケモン、完全新作。

みんなでつなげて広げるポケモンの世界。完全新作のポケットモンスター。

「ポケットモンスター」シリーズ、4年ぶりの完全新作は、シナリオ、システムを一新し、
新たなポケモンの世界を楽しむことができます。
新たな舞台のイッシュ地方で、100種以上の新ポケモンと出会う冒険が始まります。

・伝説のポケモンの秘密に迫る、新たな冒険。
ポケモン図鑑の完成を目指して旅をする主人公の前に、謎の人物「N(エヌ)」が、幾度となく姿を現す。
自分の思想の正しさを確かめるために行動する彼の正体とはいったい何なのか。
その答えを求めていく中で、物語はやがて伝説のポケモンの秘密へとつながっていきます。

・登場する新ポケモンは100種以上。
伝説のポケモン「レシラム」「ゼクロム」も含め、100種以上登場するポケモンのほとんどが新ポケモンになります。
(前作までのポケモンは、特別な方法で過去シリーズから連れてくることができます。)

・新たなポケモンによる戦略的なバトル
これまでにない新しい技や特性を持つポケモンが加わったことにより、さらに戦略的なバトルが楽しめるようになりました。
また、従来の1対1、2対2のバトルに加えて、3対3の新たなバトルスタイルも登場。3対3のバトルでは
ポケモンの配置や組み合わせが重要になります。

・他のプレイヤーの世界に通じる特別な場所、ハイリンク。
今回の冒険の舞台となる「イッシュ地方」の中心には「ハイリンク」と呼ばれる特別な場所が存在します。
ワイヤレス通信で相手の世界に入り、そこでミッションを受けることで、相手の世界で冒険の手助けをすることができます。

・冒険しながら「すれちがい通信」。周りの人と助け合って、冒険を進められる。
ワイヤレス通信をONにしてプレイしていると、周囲で本作を遊んでいる人と自動的に「すれちがい通信」し、
そのプレイヤーの情報がDSの下画面に表示されます。また、ストーリーを進めながらお互いに助け合うことができます。

・ニンテンドーDSiが、テレビトランシーバーになる。
DSi/DSi LLのカメラとマイクを使って、ともだちコードを交換したともだちと通信する「ライブキャスター」。
ともだちとつなげばいつでも最大4人で会話が可能です。(Wi-Fi通信の場合は最大2人でつなげます。)
※ニンテンドーDSiまたは、ニンテンドーDSi LLでのご利用になります。
ニンテンドーDSまたは、ニンテンドーDS Liteの場合、音声のみの通信になります。

・「ポケットモンスターブラック」と「ポケットモンスターホワイト」の主な違い

●手にはいる伝説のポケモンが違う
「ポケットモンスターブラック」では"レシラム"が
「ポケットモンスターホワイト」では"ゼクロム"を捕まえることができます。

●違う場所が登場する
マップ上の同じところに、「ポケットモンスターブラック」では"ブラックシティ"、
「ポケットモンスターホワイト」では"ホワイトフォレスト"という全く異なる場所が存在しています。

●登場するポケモンが違う
片方のソフトにしか登場しないポケモンが数匹ずついます。

完全新作、しかし変わらないところも

とりあえずクリアはしたのでレビューを投稿させて頂きます
良い点、悪い点はあくまで個人的にです、ご理解下さい
また、若干のネタバレを含みます、申し訳ございません
参考までに、私が今までにプレイしたポケモンは赤、黄、銀、ダイヤモンド、ソウルシルバーです
良い点
■ストーリー関連
・ストーリーをクリアするまでに出てくるすべてのポケモンが新ポケモン
・道中のイベントが豊富
・ジムリーダーがストーリーに従来よりも関わってくる
・従来の悪の組織とは趣の違う組織(個人的にはカルト宗教といった感じを受けました)
・四天王の対戦順が自分で選べるように
■バトル関連
・HPバーの減りやポケモンの並び替えのテンポ向上
・バトル画面の演出の進化(ポケモンが動く、眠ると目を瞑るなど)
・レーティングの導入やランダムマッチなど、DS単体で知らない人とも対戦可能に
・手持ちに準備せずとも、対戦時はバトルボックスからポケモンを選ぶことが可能に
■システム関連、その他
・街やジム、フィールドなどの演出の強化
・ポケモンセンターとショップの統合による、移動の手間の減少
・Cギアを利用した交換などのスムーズさ
・漢字/ひらがなの選択可
・PGLやすれ違い通信といった、新しい遊び方の提案
・ショートカットキー(便利ボタン)に多数のアイテム・ページを登録可
悪い点
■ストーリー関連
・従来が「ひと夏の冒険」的な物だったのに対し、今作はやたらと壮大な印象
・クリア後のトレーナーのレベルが、段階的に上がるのではなく跳ね上がる
■バトル関連
・個人的には特に無し
■システム関連、その他
・Cギアに下画面が占有されるため、操作の手間が増える
(従来のようにタッチでメニューにアクセスできないが、メニューを開いたあとはタッチのほうが操作が楽など)
・ジムや街の演出が増え、その分時間がかかる場面も
・Aボタンを何度か連続で押すと選択肢などを間違えて選びがち(会話の速度の設定の関連もあると思いますが)
ざっと以上のような形です。
良い点が多いですが、様々な方が書かれているように、下画面の使い勝手の悪さが大分響いてきます。
特にHGSSで慣れた方は、白黒の方式になれるまではある程度のストレスを感じてしまうのではないでしょうか。
個別に見ていきますと、ストーリー関連は従来と違い、悪の組織を倒して伝説を捕まえて、チャンピオンに勝って終わりではありません。
そのため、若干壮大な感じがし、却ってそれが「アレ?」となる方もいると思います。
ただ、ジムリーダーや幼なじみとの協力感は、従来と違って心地良く感じました。
バトル関連は演出が強化され、見ていて楽しい物になったように思います。
演出が長い場合は従来と同じように切ることも可能ですし、好き好きではないかと。
また、通信対戦はCギアやランダムマッチなどの導入により、かなり強化されたと思います。
内部数値(所謂努力値や個体値など)はノータッチで。そもそも個体値はゲーム中に見ることが不可能な要素ですし、レビュー要因としてはおかしい気もしますが。
システム面は、上にもある通り下画面の使い勝手が問題です。
道具のソートや便利ボタン登録数の増加などで補ってはいますが、やはりタッチでメニューに入れるようにして欲しかったところ。
Cギアを用いた遊びも楽しいのでなんとも難しいところではありますが…。
漢字/ひらがなは選択性ですし、新ポケモンのデザインなどは人によるでしょう。
個人的に新しいポケモンの中で好きなものも好きでないものもいましたが、その人の嗜好によると思います。
完全新作となってはいますが、旧ポケモンもクリア後の地域では多数出現しますし、強化四天王も使ってきます。
そういった意味では、クリアまでは新作、クリア後は続編といった印象を受けました。
特に、クリア後の前作からの登場人物や、四天王の一人など、ファンサービス的な要素も感じられます。
従来のシリーズをプレイされた方は、新ポケモンのタイプを悩みながら、新たな地方を旅する楽しみがあります。
また、初めてプレイされる方は、クリア後のポケモンや登場人物を見て、過去の作品をやるきっかけにもなるのではないでしょうか。
不満点が決して無いわけではないので☆4としましたが、DSのゲームとしてきちんと人に勧められる作品となっています。
品薄がつづいているようですが、改善されたら購入してみるのもいいと思います。

ちょっと残念

木の実を育てるのにネット環境が必要ってのは如何なものかと。これまではゲーム内だけで行えていたことを、今作ではパソコンをネットにつないでPGLのアカウントを取得しなければ行えなくなりました。 この仕様はないでしょう… ネット連動を活かしたつもりかもしれませんが遊ぶ側への配慮が足りないと感じました。

ゲーム自体は非常に面白いが・・・

ゲームは他の方のレビューを見れば分かるように面白いです。
ですが自分が気になった点が一つだけあります
それは「エンカウント率の高さ」です
言い換えれば、草むらなどを歩いている時にポケモンが飛び出してくる頻度の高さですね
一歩歩いて戦闘
戦闘から抜けてもう一歩歩いて戦闘
その場で向きを変えただけで戦闘
おそらく買った人全員が思っているのではないでしょうか
「ポケモン出現しすぎだろう」と。
スプレーを使わないと、ストレスが溜まる一方です

ポケモン初体験

遅れ馳せながら、子供と一緒にプレイしました。
 
ポケモンは、アニメや玩具等で十分認知していましたが、ゲームは初体験です。
以下、ポケモン(ゲーム)を初体験した大人目線の感想です。
(過去のシリーズは未体験なので、あしからず・・・)
 
まず、基本的なシステムやストーリーは、今更感いっぱいの良くも悪くもありきたりなRPGです。
戦闘も、言わばドラクエタイプ。
洞窟や特定の場所を歩いている時に野生のポケモンとエンカウントしてバトルになります。
 
このゲームの醍醐味は、野生のポケモンをゲットし集める事、
そして、それらのポケモンを育てる事に楽しみがあると思います。
(通信対戦は、あくまでも最終的に辿り着く楽しみ方と考えています)
 
その野生のポケモンとのバトルですが・・・、
◆エンカウント率が異常に高い
◆野生のポケモンが使ってくる技が無意味に戦闘を長引かせるだけの技が多い
(具体的には、みきり、まもる、眠りやマヒを誘発させるもの)
上記のような理由によって、野生のポケモンとのバトルのテンポが非常に悪いです。
おまけにバトル後に得られる経験値も少なく、中盤〜後半はポケモンを育てるのに辟易します。
更に、レアでも何でもない野生のポケモンをゲットしようとしても、
(HP残り1でも)ポケモンボール(スーパー、ハイパー共)が弾かれる確率が高く、無駄になる事が多過ぎます。
そのポケモンボールを買う為の資金は野生のポケモンとのバトルでは得られない為、
入手した通貨をポケモンボールの購入に費やす割合が多く、非常に理不尽に思えます。
 
簡単な総評としては、こんな感じでしょうか。
◆ストーリー → ありきたり
◆戦闘 → テンポ悪く苦痛
◆ポケモンの収集 → 不親切なシステム
 
ただ、これらの感想は、あくまでも大人目線です。
小学校低学年程度の子供には、戦闘のテンポの悪さ等は気にならず、
お目当てのポケモンをゲット出来た時の喜び、気に入って育てていたポケモンが進化した時の喜び・・・等、
細かいことなど気にせずに大人よりも純粋に楽しんでいるのかも知れません。
 
とにかく、RPG初心者ではない大人がプレイするには辛いRPGで、途中で投げ出す確率が高いです。
しかしながら、ポケモンのキャラクター性も相まって、低年齢層の子供には十分楽しめるソフトなのも事実だと思います。
 
 
 
 

あの男の復活

あの"きんのたまおじさん"がパワーアップして復活!

ポケモンは死んだ

ポケモンのデザインについては人によると思うので特に何も言いません。
(ただ、個人的に木材を持ったポケモンや服を着たポケモンはありえないですが)
ポケモン経験者としての評価です
●良い点
○音楽は良い曲が多い。野生ポケモンとの戦闘曲などはいまでも耳に残っています。
○序盤からしあわせタマゴが手に入るのでLV上げが楽
○おこづかい稼ぎがかなり楽(一度に数十万円手に入ることも)
○今までなかったポケモンのタイプの組み合わせが大幅に増加
○戦闘中状況によってBGMが変わる
など
●悪い点
○道具の種類を増やしておいて相変わらずパソコンに道具が預けられない
(あまり使い道のない道具はかさばるだけ)
○バックの道具の使いにくさは過去最低
(今回バックは、フィールドで使う道具とボール系が同じ所に入っている上リスト式。そして上記の通り、パソコンに預けられないので使わない道具であふれかえる。
ハートゴールド、ソウルシルバーのパネル式を引き継がない不思議)
○ポケモンの出現率(エンカウント)が尋常じゃない。最悪向きを変えただけで出現します
○GTSの相変わらずの無法地帯っぷり
○拾った道具がバックの一番上にはいる
(それ自体に不満なわけではなく、今までのポケモンと真逆のことを勝手にしているので使いにくいという意味です)
○これは実際に見て(聞いて)もらわないとわからないと思いますが、トレーナー(自分)のボールをなげるモーション(どこにこんな投げ方するやついるんだよ)と一部の新ポケモンの鳴き声(もはや鳴いているのか雑音なのかわからない。犬のポケモンなんてまんま犬)が酷すぎます
など、正直上げるとキリがないです。
ポケモンは対戦が魅力なので結局買いましたが、あまりの酷さに一週間で売りました。今から買う人はハートゴールド ソウルシルバーを強くオススメします。
間違いなくDS版ポケモン最高傑作ですので。

根幹は面白い …しかし

完全新作とあり、道路の通し番号もリセット、図鑑も新キャラのみ、ピカチュウすら登場しないというかなり冒険心ある実験的な作品です
旧来より金銀シリーズはポケモンシリーズの一旦の「区切り」になる作品なので、今回のような作品は予想はしていました
実は同一ハードで2シリーズを出すのは今回が初めてとあり、何かと変わりましたが、イマイチプラチナ&HGSSのいいとこを生かせなかったように感じる
根幹は今までと変わりなく面白いんですが技マシンの仕様変更や中途半端な連動を入れたため全体的に作品がぼやけてると思う
またC-GEARも現実の通信環境やサーバー状況次第で遊べる内容自体が2倍にも1/2にもなり、やはり中途半端
ポケウォーカーぐらいの現実連動ならまだよかったのですが…
ちょっと全国図鑑コンプと言う気分にはなれないかも

一RPGとしては・・・

金銀以来のプレイです。
シリーズへの思い入れはなく、完全新作ということでミーハー心から手を出したくちですので若干辛口評価です。
気になった点は3つ
・エンカウント率の高さ
2、3歩で敵が出現することも珍しくなく、酷いときは方向転換で敵が出現する天外魔境も真っ青な仕様
草むらなどを避ければいいのですが、通らざるを得ない状況や洞窟などでエンカウントを避けようがない状況も少なくなく結構ストレスでした。
・操作性の悪さ
ほとんどの場面で下画面がC-GEARという機能に占有されているため使わないときは非常に煩わしく、もっと下画面を有効活用したかったです。
またパソコンでのポケモンの出し入れで一々前画面に戻って「預ける」「連れて行く」の選択が必要な点もストレスの大きな要因の一つでした、
タッチペンスライドを使って切り替えいらずで出し入れ出来ればよかったのですが・・・。
それ以外にも自転車操作や、常時ダッシュへ切り替えが出来ないなどなど細かい不満も多々あります。
・主人公の感情の希薄さ
喋らない主人公と言う点を差し引いても、主人公の幼馴染二人の冒険へのモチベーションが極端にハッキリしている分、主人公の冒険へ対するモチベーションが希薄で、最後までただただ流されるまま冒険をしているという印象を受けました。
上記のように不満点が多く、正直一RPGとしては凡作かなぁといった感じです。
しかしながら、ポケモンの醍醐味は言うまでもなく収集、育成、対戦、交換といった要素であり、その点は文句の付けようがなく(強いて言うなら交換の際フィルター機能が欲しかった、ゾロアとかばっか)十二分にプレイする価値のあるゲームだと思います。

…………

ジムリーダーやチャンピオンがシナリオに絡んできたり、漢字モードがあったり、新ポケしか出ないからワクワク感があったりと、これ単体ならば良作。しかし駄目な部分も多い。
とにかくエンカウント率が異常。一歩進む度エンカウントとかあり得ないでしょう。HGSSでは走らなければエンカウント率は低かったのに…。今作の揺れる草むら等との相性が最悪。まさかストーリー途中でスプレーを箱買いするとは思わなかった。
あと種族値インフレが激しすぎる。種族値120は当たり前という異常事態。オノノクスとかヒヒダルマとか、素早さ種族値20で丁度いいくらい。
何故L=Aとオートダッシュを廃止した?何故ボックス整理でボックスのポケモンと手持ちを直接入れ替えられなくした?前作でできた事ができなくなるとか最早劣化じゃないか。
マイナーチェンジ版に期待。

またマイナーチェンジ版でるんでしょ?

と、タイトルのようなことを言いたくなります
HGSSで好評だった、連れ歩き、厳選環境の削除
バトルサーチャー、フロンティアの削除
戦闘前デモの長さ
3D視点の町の見にくさ
全般的なUIの劣化
一部新ポケモンのデザイン的な生理的嫌悪感
どうにもならないものもありますが
前作で快適だった部分をわざと不便にして
マイナーチェンジ版を売ろうという魂胆が見えすぎてうんざりします
シナリオは好みのが分かれるところですが
それなりに面白いのですが、ライバルやジムリーダーが必要以上に
こちらの行動を束縛するため、ポケモンと旅をするという感覚が薄いです
また、旧作からのポケモンの移動は
誰も望まないミニゲームが必須
クリア後にしか出来ないのになぜこんな仕様なのでしょうか?
よい部分も多いだけに残念です
ポケットモンスター ホワイト
ポケットモンスターブラック2
ポケットモンスターホワイト2
ポケットモンスター プラチナ(特典無し)