麗しき瞳よ~ヘンデル・アリア集

麗しき瞳よ~ヘンデル・アリア集

Attributes

ReleaseDate : 2009/12/02
NumberOfItems : 1
Artist : 森麻季
Label : エイベックス・エンタテインメント
Format : Hybrid SACD
Studio : エイベックス・エンタテインメント
SeikodoProductCode : AVCL-25477
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,000
PublicationDate : 2009-12-01
EANListElement : 4988064254774
Manufacturer : エイベックス・エンタテインメント
Publisher : エイベックス・エンタテインメント
EANList : 4988064254774
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 3155926488

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ≪ロデリンダ≫ 私の愛する人よ
2 - ≪ロデリンダ≫ 影よ、草木よ、悲しき墓よ
3 - ≪ロデリンダ≫ 序曲
4 - ≪ロデリンダ≫ メヌエット
5 - ≪ガウラのアマディージ≫ ああ!無慈悲な人!
6 - ≪エジプトのジューリオ・チェーザレ≫ つらい運命に涙はあふれ
7 - ≪エジプトのジューリオ・チェーザレ≫ 麗しき瞳よ
8 - シンフォニア 第1楽章 Allegro
9 - ≪セルセ≫ オンブラ・マイ・フ
10 - ≪アレッサンドロ≫ なにかしらまた分からない
11 - 4声のソナタ 第1楽章 Andante
12 - 4声のソナタ 第2楽章 Allegro
13 - ≪アタランタ≫ 愛しい森よ
14 - ≪リナルド≫ 勇者として戦ってください
15 - ≪リナルド≫ 涙の流れるままに

こういう声楽作品を待ってました… 実はジャズファンなんだけど違和感が全く無い素晴らしい!

声楽の凄い人って声量が有り上手いんだけど表現が押し付けがましかったり大味だったりしてアルバム買って聴いた人ってバーバラ・ヘンドリックスくらいなものでした。 ところが森さんはそういう所が全く無い… もっと技巧的な感じかなと思ったら凄い丁寧に原曲の持ち味を引き出すしなやかで繊細な表現が上手いシンガーなんですねぇ、少し細い憂いを帯びた声が素敵でついつい引き込まれます、高い方はスッと爽やかに抜ける感じで最大の魅力は柔らかな中音域が太過ぎない油っこくない事!適度な声量のキレいな声に清純なる色気がほんのり、堪らないですね。 彼女の声を小編成のアンサンブルが上手く引き立ててます… ってか日本の古楽器の最高峰の方々なんで当然か(笑)バロックの弦楽器の慎ましやかで穏やかな響きは格別です… 途中に挟んだシンフォニアとソナタが格調高く上品さに溢れていて良い、当時のサロンの演目そのままですね。ワタシはバロックは古楽器が常識の現在で声楽だけはバッハだろうがヘンデルだろうがモダン楽器の大編成つうのが遅れてる気がしてた、そういう意味合いにおいて画期的な作品かも知れないですね。 バンマスの寺神戸さんを差し置いて何なんだが、初めて聴くんだけどオーボエの三宮さん素晴らしいです、一曲目なんか音色が柔らかな音でトランペットかと思った、森さんの歌に寄り添う最高の歌伴ですね。このアルバム聴き始めて、 「何だかヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウンを聴いてる感じだなあ…」 って漠然と思ったのです、ジャケも青いし(笑)この作品も今の評価以上に後世のリスペクトを集める作品になれば良いね。次はやっぱりバッハのアリアの名曲をこの編成で聴きたい!って有田さんのトラベルソが入ると最高です、スカルラッティも良いかな、楽しみですね。

素晴らしいヘンデルのアリア集です

森麻季さん、私のお気に入りの歌手の一人です。
これまで発売されてきたCDはほとんど持っています。
前回発売されたCDは、伴奏がもう一つで、ちょっと残念だったのですが、今回は寺神戸さん始め、日本の優れたピリオド楽器奏者との競演で、実に素晴らしい演奏に仕上がっています。
ヘンデルのオペラの素晴らしさ、面白さを教えてくれる演奏だと〜。私はこのCDを聴いてから、ヘンデルのオペラの全曲を聴きたくなり、ボックスの全曲盤を買ってしまいました。森麻季さんが歌う全曲盤が出ることを期待しています。
森麻季さんの今後の活躍を愉しみにしています。
ピエ・イエス~祈りを込めて
アヴェ・マリア
春の声(SACD-Hybrid)
日本の歌~花は咲く