モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&21番

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&21番

Attributes

ReleaseDate : 2009/10/21
NumberOfItems : 1
SeikodoProductCode : UCCG-4614
PublicationDate : 2009-10-20
EANListElement : 4988005577146
Manufacturer : ユニバーサル ミュージック クラシック
EANList : 4988005577146
Brand : ユニバーサル ミュージック
PackageQuantity : 1
Artist : アバド(クラウディオ) グルダ(フリードリヒ)
Label : ユニバーサル ミュージック クラシック
Studio : ユニバーサル ミュージック クラシック
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 1,646
Publisher : ユニバーサル ミュージック クラシック
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 3155922504

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 第1楽章:Allegro
2 - ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 第2楽章:Romance
3 - ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 第3楽章:Rondo (Allegro assai)
4 - ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467 第1楽章:Allegro
5 - ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467 第2楽章:Andante
6 - ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467 第3楽章:Allegro vivace assai

決定盤

モーツァルトのピアノ協奏曲第20番、21番を知りたいなら、まずはこのグルダ&アバド盤をお勧めする。好みは人それぞれだが、最もオーソドックスでそつのない演奏だと感じたからだ。

映画で有名なモーツァルトの2つのピアノ協奏曲。求めていた音がここにある。

映画「アマデウス」のエンディングで用いられたモーツァルト・ピアノ協奏曲第20番第2楽章。そして映画「みじかくも美しく燃え」で用いられた同第21番。もし両曲のベスト・カップリングを探しているなら、このCDを推薦する。なぜなら、両曲の特に有名な第2楽章について、テンポ、そしてピアノとオーケストラの美しい響きが醸し出す抒情性で本作に勝るものはないからだ。第2楽章だけではない。第20番は短調のときのモーツァルト独特の情念と劇的な構成、第21番は一転して長調の明るい華やぎが特徴だが、本作でのグルダ+アバド+ウィーン・フィルの演奏はそれらの的確な表現の点でも最高だ。74年の録音。しかし、オリジナル・イメージ・ビット・プロセッシグ+ルビジウム・カッティングによる音は自然で瑞々しい。
グルダに異端児のイメージを持つ人がいるなら、是非本作を聴いて欲しい。即興性を加味しながらも実に端正な、正統の枠を外れない演奏だ。第21番の2つのカデンツァは自作だが、奇をてらったものでは全くなく、曲に自然に溶け込んでいる。
クラシック初心者にも、長年のリスナーにもお薦めできる、間口が広くて奥が深い歴史的名演。それにしてもどちらの曲も第2楽章が美しすぎる!

20番、21番の決定盤

長年モーツァルトが好きではなかった私が、初めてモーツァルトの魅力に気づいた、そんな1枚。
ピアノ協奏曲20番、21番のオススメを探している人はもちろん、
「モーツァルトはいまいち好きじゃない」という人にも、ぜひ聴いてもらいたい録音です。
グルダの演奏は一音一音が瑞々しく、まるで今そこで音楽が生み出されているかのようです。
軽妙洒脱で天国的に美しく、底知れぬ深い憂いを含みながら楽天的、
緊迫感がありながら開放的で息苦しくなりすぎない、
すべてを兼ね備えたまさに「理想的なモーツァルト」。
空前絶後、稀代の名演といえましょう。
グルダに師事していたアルゲリッチが、
「私は彼のようなすばらしい演奏はできない」というのもうなずけます。
解釈は極めて正統的で、その分グルダらしい遊び心はかなり抑えられており、
そこがファンにとっては物足りないかもしれませんが、だからこそ万人にオススメできる演奏だと思います。
録音も硬質なクリスタルのようなピアノの音色と
ウィーンフィルのやわらかな響きをよく捉えており、
音が発せられた瞬間からその余韻に至るまで、演奏時の空気感をよく伝えています。
(今回はOIBPリマスタリングに加え、新たにルビジウム・カッティングが施されているそうです)
モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番&第26番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第25&27番
チャイコフスキー&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲、他
モーツァルト:クラリネット協奏曲、フルート協奏曲