Thursday Afternoon-remast

Thursday Afternoon-remast

Attributes

ReleaseDate : 2009/08/28
NumberOfItems : 1
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 1181118139
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2009-08-09
EANListElement : 5099968453725
Manufacturer : Eg
EANList : 5099968453725
Brand : Virgin
CatalogNumberList : ENOCDX116845372EMI5099968453725
PackageQuantity : 1
Artist : Brian Eno
Label : Eg
PartNumber : EMI5099968453725
Studio : Eg
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : ENOCDX11
CatalogNumberListElement : 6845372
CatalogNumberListElement : EMI5099968453725
MPN : EMI5099968453725
Publisher : Eg
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 4054020490
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Thursday Afternoon

最高に気持ちよい木曜日の午後のひとときを過ごせます。

収録曲は1曲のみ。それも60分56秒もあります。これが本作の1つの特色です。途中で曲がフェイドアウトして次の曲がフェイドインで始まる、なんてことはありません。それだけに、音の世界に安心して身を任せることができます。本作は「音の大河」というべき環境音楽です。少しずつ曲調が変わりますが普通に聴いてるとまずわかりません。一聴して単調なようで実は相当に緻密に織り上げられた音のテクスチャーはまさに美そのものです。美しいピアノ、柔らかいシンセ、たまに聞こえる鳥の囀り、全ての音が美空間つくりに貢献しています。本作を「木曜日の午後」に聴く事は間違いなく最高の気分にしてくれます。イーノの環境音楽作品の中でも美しさに関してはベスト3に入る本作は環境音楽初心者にお勧めです。

音を楽しむ

イーノが言っている「アンビエントミュージック」のコンセプトを最も表した本作は
無視できる音楽であると同時に、ひとたび意識を向ければ非常に美しい輝きを放っていることに気付かされます。
一切押しつけることなく、聴く人の周りをそっと包み込むように、ただそこにある音楽。
壮大なメロディーやドラマティックな展開など皆無ですが、音の質感や色合いといった音そのものの魅力を楽しめる一枚です。
睡眠や読書のお供にも最適です。

まるで空気のような存在感・・・

ブライアン・イーノのアンビエントシリーズは
私にはアンビエントでもなければ、BGMにもなりません。
何かをしながら流していても、その音の美しさに手が止まり
聴き入ってしまうからです。
「オン・ランド」なんか期待外れで興味津々、気になりすぎです。
しかし、これはいい。他の作品に比べて気になる度合いが違います。
耳触りのいい音が空気のように浮遊します。
私はこれを読書しながら流していますが
聞こえているのに忘れてしまう、美しいのに聞こえていない
といった感じで、どんどんページが進みます。
これこそ私にとって、アンビエントです。

かなり眠い.....しかし確かに名盤。

かなり眠いとは、心地良いということ。
延々と1曲60分間途切れずピアノのゆっくりとした曲が流れる。
イーノのこれまでのアルバムに近いものというとHarold Buddとの
「The Pearl」や「ザ・プラトウ・オブ・ミラー」に近い。
しかし、これらのアルバムは1曲ごとにイメージが違うが
このアルバムは少しずつ変化しながら、1曲にまとめられている。
そういう意味で大きな変化がないので大変心地よく眠れるアルバム。

映像とのリンク

イーノ作品において最もアンビエントとして機能している作品である これ映像も素晴らしいです

うっとり.....

音楽が無いと生きて行けない、という私が妊娠・出産後から何を聴いてもやかましくて仕方がなくなりました。体の力を使い果たしとても敏感になったのでしょう。娘が少し育ち音楽恋しくなってもやはり変に頭に響く。
そんな中、ずうっと前に聴いていたBrian Enoを思い出し、その中でもうっとり聞き入れられそうなこちらを選びました。曲の途切れが無いのも本当に素敵。眠れない時も、緊張が取れない時も、無理をした後も、これを聴くとニュートラルな自分に戻れる。気持ちが解き放たれるような、すーっと体が浮いて透明になっていくような、、、大切な一枚となりました。

疑問ですが。

本当にリマスター何ですか?
サイトによってはリマスターと書いているトコと書いていないトコがあり、
若干混乱しています。
あと紙ジャケなのかデジパックなのかもわからないので
どなたか教えてくれませんか?
The Pearl
Apollo: Atmospheres and Soundtracks/Remastered
AMBIENT1/MUSIC FOR AIRPOR
AMBIENT/THE PLATEAUX OF M