Apollo: Atmospheres and Soundtracks/Remastered

Apollo: Atmospheres and Soundtracks/Remastered

Attributes

ReleaseDate : 2009/07/06
NumberOfItems : 1
Model : MSE343484
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 39567512
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2009-08-09
EANListElement : 5099968453121
Manufacturer : Virgin Catalogue
EANList : 5099968453121
Brand : Virgin
CatalogNumberList : 5099968453121ENOCDX10EMI50999684531216845312
PackageQuantity : 1
Artist : Brian Eno
Label : Virgin Catalogue
Studio : Virgin Catalogue
PartNumber : EMI5099968453121
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 5099968453121
CatalogNumberListElement : ENOCDX10
CatalogNumberListElement : EMI5099968453121
CatalogNumberListElement : 6845312
MPN : EMI5099968453121
Publisher : Virgin Catalogue
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 3954318488
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Under Stars
2 - The Secret Place
3 - Matt
4 - Signals
5 - An Ending (Ascent)
6 - Under Stars II
7 - Drift
8 - Silver Morning
9 - Deep Blue Day
10 - Weightless
11 - Always Returning
12 - Stars

Apollo: Atmospheres and Soundtracks/Remastered

アンビエント・ミュージックに関心があるのなら、NASAの月面着陸の記録映画用にブライアン・イーノが製作したサントラがおすすめだ。アコースティックと電子サウンドを絶妙にミックスした音楽は、冷たい現実に夢のようなサウンドを織り込むことによって、宇宙旅行の傑作をより神秘的にかつ印象的なものにしている。全曲中「An Ending(Ascent)」はとりわけアンビエント・ミュージックの模範とも言える出来。じっくりと堪能してほしい。(Paul Clark, Amazon.com)

地球の外へ

イーノのアンビエントものの中では、もしかしたら一番好きかも知れないです。「Music For Airports」に比べ小品であることや、題材がアポロということで宇宙をゆらゆらとただようイメージが音に変えられているということもあって、独特の味わいや哀愁(に似たようなもの)がある。一番宇宙の雰囲気が出ている気がするのは「Always Returning」かな?こんなもの聴いたら、日々の息苦しさなんて、一分だって我慢していられません。それと、このアルバムが気に入って、なおかつちょっと危なめのものがお好きという方は、ジョー・ミーク(Joe Meek)の「I Hear a New World」などはいかがでしょうか。あっちは60年代初期に、自分の頭の中にある宇宙を音響作品として作り上げているので、そちらも同時にオススメしておきます。

「アポロ」の世界に閉じこもりたい。

イーノのアンビエント作の中では、個人的には一番好きな作品です。「Discreet Music」や「Music for Airports」などは、どちらかというと意識されない音楽を志向していたけど、本作はドキュメンタリー映画のサントラという明確なコンセプトがある。よって、幾らか映像的というか、「らしい」雰囲気があるんですよ。それにしても、イーノの音のトリートメントは大した物で、目に見えない緻密さが実に見事。「On Land」が気に入ったという奇特な方は、こちらで更にやられるんじゃないんでしょうか。こういう音楽があって、本当に良かった、心からそう思える作品です。そして、アルバムの中から1曲選ぶとしたら「Always Returning」でしょうか。確実に時間軸が狂います。

レア盤のバーコード・ナンバーは?

1983年リリース。NASAの月面着陸の記録映画用にブライアン・イーノが製作したサントラである。1992年では『Nerve Net』でいささか先祖返りしたイーノもここでは再び『触媒』に戻っている(●^o^●)。相棒ダニエル・ラノワとロジャー・イーノが参加している。
時に『エアポート』時に『フィルム』とあてがう場所を選んできたイーノのアンビエント・ミュージックも『宇宙』というあてがい場所を得て、全開のイマジネーションを繰り広げる。まさに目を瞑れば宇宙飛行船に乗って見る船外の風景であろう真下の星や星の送りあう瞬きのシグナル、そして母なる地球の『ディープ・ブルー』が浮かび上がる音楽である。素晴らしい!
実はこのApolloにはマニアに知られたロングバージョンを含むレア盤が存在する。僕の持つEGCD53のUK盤バーコード・ナンバー7777867782はそのレア盤では残念ながらない。そのレア盤を求めてオークションを彷徨う日々でもある(●^o^●)。それほどファンにとっては『熱い』作品なのだ。

評価は分かれるが気に入ってます。

7曲目までは、ブライアン・イーノらしい音作りと曲の流れが続く。
8曲目のシルバーモーニングから一転ラノワの世界が前面に出てくる。
ここから雰囲気が変わり、地球に帰還したような現実味を帯びた曲になってくる。
イーノの緊張感のある音から、リラックスした曲に変わる変化が聞いていても飽きない。
このアルバムを月にたとえれば、イーノは月の裏の暗いイメージで、
ラノワは、それを補う月の表の陽のイメージ。
このカップリングには賛否両論ありますが、こういう変化の付け方もあるのだなと思います。

ブライアン・イーノがいいの

 ブライアン・イーノのアンビエント作品の中で最も好きな1枚です。宇宙空間を漂っているような音楽です。空間がまったく別の空間に変化したような感じになります。YMOやディーヴォのテクノ・ポップもよかったけど、アンビエントはそれとはまったく別のなんともいえない魅力的な音楽です。おすすめの25枚の1枚です。

地球を離れ、宇宙へ・・・

アポロ計画のドキュメンタリー映画のサウンドトラック。
イーノが兄弟のロジャー、そしてダニエル・ラノワと共に製作。
テーマが宇宙ということもあり、果てない静寂を想像してたのだけど、
以前のアンビエント・シリーズなどと比べて曲の中に動きがあります。
静かに流れるノイズの中で、ギターやキーボードの音色が繰り返されます。
ぽつんと佇む寂しさ、みたいなものでは感じられません。宇宙にあっても
同時に人の温もりを懐かしむような・・・ほんのりと感じられる安らぎ。
出来はSIDE TWOの方がかなり上。映画のサントラだけあって、一曲ごとに
尺が短いのがやや残念か。SILVER MORNINGやALWAYS RETURNINGは
一晩中でも聴いていたいと思わせるほど、美しい。

レア盤のバーコード・ナンバーは?

1983年リリース。NASAの月面着陸の記録映画用にブライアン・イーノが製作したサントラである。1992年では『Nerve Net』でいささか先祖返りしたイーノもここでは再び『触媒』に戻っている(●^o^●)。相棒ダニエル・ラノワとロジャー・イーノが参加している。
時に『エアポート』時に『フィルム』とあてがう場所を選んできたイーノのアンビエント・ミュージックも『宇宙』というあてがい場所を得て、全開のイマジネーションを繰り広げる。まさに目を瞑れば宇宙飛行船に乗って見る船外の風景であろう真下の星や星の送りあう瞬きのシグナル、そして母なる地球の『ディープ・ブルー』が浮かび上がる音楽である。素晴らしい!
実はこのApolloにはマニアに知られたロングバージョンを含むレア盤が存在する。
それほどファンにとっては『熱い』作品なのだ。

宇宙遊泳が疑似体験できる(?)環境音楽。

ピンクフロイドの傑作「狂気」では月の裏側に行けますが本作では月面で無重力が体験(?)できます。本作はNASAのアポロ計画のドキュメンタリー映画のサントラとして製作されました。意外にこの作品は注目作のようで映画「trainspotting」のサントラに9、あの高橋尚子選手のNHKドキュメント番組に5が使用されました。緻密に作り上げられた音響空間は必聴。ラノアの貢献度は大きく後にイーノと共にプロデュースするU2の音への影響を本作は感じさせます。

バイバイ地球

聴いていると、すごくなつかしさと寂しさがこみ上げてきました。
宇宙船の窓から地球を眺めて、寂しいけどお別れなんだな〜という気分になりました。
不思議な音楽です。

蕩ける

これを聴いているとこの世の感覚が彼方【宇宙】へと蕩けだしてしまい戻ってくるのが面倒になってしまいしばらく自分の脳が何も受け付けなく為りました。それほど感覚を麻痺させる不可思議Xが存在している。音楽ではなく音だけでも無くそれらを総て包括する甘美なる毒が有る。
AMBIENT1/MUSIC FOR AIR
The Pearl
Thursday Afternoon-remast
AMBIENT/THE PLATEAUX OF M