ブレーキング・ザ・チェインズ(紙ジャケSHM-CD)

ブレーキング・ザ・チェインズ(紙ジャケSHM-CD)

Attributes

ReleaseDate : 2009/09/23
PackageQuantity : 1
Artist : ドッケン
Label : ワーナーミュージック・ジャパン
Format : Limited Edition
Format : SHM-CD
ItemDimensions : 2552511525
Studio : ワーナーミュージック・ジャパン
SeikodoProductCode : WPCR-13571
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,580
EANListElement : 4943674092949
Manufacturer : ワーナーミュージック・ジャパン
Publisher : ワーナーミュージック・ジャパン
EANList : 4943674092949
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 1259118535

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ブレーキング・ザ・チェインズ
2 - イン・ザ・ミドル
3 - フェロニィ
4 - アイ・キャント・シー・ユー
5 - リヴ・トゥ・ロック
6 - ナイトライダー
7 - セヴン・サンダーズ
8 - ヤング・ガールズ
9 - スティック・トゥ・ユア・ガンズ
10 - パリス・イズ・バーニング

まだまだ未完成ながらも凄さを感じさせる記念すべきファースト!!

1982年フランスでリリースされ、1983年内容を一部変更して発売されたのがこの記念すべきファーストです。後に大ブレイクするバンドだけあって、未完成ながら曲・演奏が素晴らしいです。特にジョージリンチのギターは、光っています。注目すべきはラストを飾る「パリスイズバーニング」・・・1982年12月ベルリンでのライブレコーディングバージョンで、とにかくジョージが凄まじい!!この1曲を聴くために買っても、損はありません。(因みにフランス盤アナログはスタジオ版収録)参考までベーシストはRATTに加入するフォアンクルーシェです(実際プレイしているのは、確かアクセプトのピーターバルデス)。

最後のために買う

パリスのためだけに買っても損はしない。
他の9曲はまだまだの仕上がりなのだ。
それでもドッケンはHMを目指してライヴを続けていた。
パリスでそのことが証明されるのだ。

録音も辛くこなれてないですが、最後のライヴ収録1発でノックアウト!

キッチリまとめようとする意気込みは感じられますが、RATTのファーストミニアルバムと近いノリ。ダレ感はあるにせよ、特筆すべきはラストに収録されているPARIS IS BURNING!はっきり言って名曲!
G.リンチの凄まじいイントロのソロからスタートしますが、既に鬼気迫る迫力です!こんなギターは彼しか弾き得なかったでしょう。ウマい人は多いですが、これをこのように完コピで着方はまあいないでしょうね。もう圧巻!そういう意味ではDOKKENフリークというようりもG.リンチの底力を確認できるということで評価は出来ると思います。

ぶれいきんざちゃえいん

一曲目、本当にかっこいい!他は、正直つらい。が、一曲目のために買う価値がある。ここから始まるよね。Dokken。

熱い、ジョージが・・・、アチ~!

確かに伊藤正則氏の解説にある通り、「まだまだ完成度は薄い」し、「うまい・・・が燃えるような熱さが伝わってこない」。特に爆走完全燃焼系カマイタチ風ヤケドするぞコラ~な、次作「トゥース・アンド・ネイル」に比べれば。しかし、しかし、しか~し、ジョージは燃えている!燃焼している!ハイオクガソリンで完全燃焼しちょるばい!時速400キロでヘアピンカーブに突っ込みなんとミラクル・ミラクル、ダブルミラクル!時速420キロでカーブを脱出、更に加速して直線ではMAX450キロを記録。実質的に飛んでいる・・・イングヴェイとは違う、エディーでもない、そうだ、ノリか!粘っこいのが跳ねている・・・大リーグ養成ギプスをはめたフェラーリだ!「インザミドル」・・・何!?ジョージ、何やってるん!だ!?そのフレージング・・・見えない!!「リヴ・トゥ・ロック」・・・そ、そ、その疾走感はナンなんだ!?目が回る・・・「パリス・イズ・バーニング」・・・か、過激な!パンツの端まで燃え尽きてしまいそうだ!だ、誰か、消火器~!い、逝く~!!
トゥース・アンド・ネイル (ワーナー・ハード・ロック1500)
Under Lock & Key
Back for the Attack
Beast From the East