レミオベスト

レミオベスト

Attributes

ReleaseDate : 2009/03/09
NumberOfItems : 1
ItemDimensions : 0
SeikodoProductCode : AVCO-36011
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2009-03-08
EANListElement : 4988064360116
Manufacturer : OORONG RECORDS
EANList : 4988064360116
Brand : Ors
Artist : レミオロメン
Label : OORONG RECORDS
Studio : OORONG RECORDS
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,150
Publisher : OORONG RECORDS
Language : 日本語Published
Language : 日本語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 日本語Published日本語Unknown
Name : 日本語
Name : 日本語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Sakura
2 - 3月9日
3 - スタンドバイミー
4 - 電話
5 - ビールとプリン
6 - もっと遠くへ
7 - 雨上がり
8 - 南風
9 - 明日に架かる橋
10 - 太陽の下
11 - Wonderful & Beautiful
12 - アイランド
13 - 粉雪
14 - 紙ふぶき
15 - 夢の蕾

おっさんにはちょうどいい

私のような40半ばのおっさんがレミオロメンを知るのにはちょうどいい。
たいていの曲を気に入るだろうし、
「粉雪」以外にも、
いやむしろ「粉雪」よりもいい歌が多いことに気づくだろう。

歌い直し…?

全曲歌い直されているとレビューをしてらっしゃる方がいますが…
そんなことはないと思います。 昔の歌は昔の声ですし。 リマスタはされて音がよくなったのは確かだとは思いますが。
私の聞き込みが足りないだけでしょうか?w
内容としては期待していたよりとてもよく、曲順だけを見た時はただのランダム再生かと思いましたが、
スムーズに、違和感なく聞けました。
Sakuraで始まり夢の蕾で終わる。
15曲ですので「なんでこれが入っていないのか」とも思いましたがよく考えて選ばれたのだと思いました。

レミオロメン入門編

爽やかでみずみずしく力強い。お気に入りのバンドのお気に入りの一枚。入門編として一家に一枚。

十分満足な1枚です

レビューの点数が低いほど昔からのファンという方が多く、その殆どが
音楽の方向性が変わってしまった、だとか、選曲が売れ線ばかりでつまらない
などの意見が目立ちました。
私などは正直、ドラマの挿入歌の「粉雪」でレミオロメンを知った者ですが
声質がとても聴き心地良く、音楽も癒される感じで気に入りました。
こういうグループのサウンドというのは、どうしてもインディース時代や
あまり知られていないデビュー当時とは少しずつ変わってきてしまうものです。
ある時を境に一気にメジャー街道に上り詰めると、ファンとしては
寂しく思う気持はわからないでもないです。
「彼らの本当の良さはそこじゃない!」
と声を大にして言いたいでしょう。
でも素直に応援してあげましょうよ。
取りあえずはお試しのベスト版ということで、昔からのファンも新しい
ファンもそれなりに満足の行く1枚になったのではないかと思います。
其の内、ファン投票によるベスト版も出るんじゃないでしょうか?
これはレミオロメン入門アルバムです。
買って損はしないと思います。
私としては「茜空」も入っていて欲しかったです。

ずっと愛聴できそう

今更ですが半額だったので思わず衝動買い。
ヒット曲は知ってるものの他はCMとかで耳にするだけでした。
どの曲も丁寧に作られた印象で、予想以上の楽曲群にたまげました。
聴けば聴くほど気に入るタイプだと思います。
サビまでの歌メロにフックが効いてて非常に印象的です。
「南風」や「明日に架かる橋」の展開は特にドラマチック。
ここまでメロディが独特だとは思いませんでした。唯一無二の歌い回しの個性が光ってます。
大ヒット曲でもはやシーズン定番ソングの「3月9日」「粉雪」も収録されてて聞き応えは十分です。
そのシーズン毎に聴きたくなるベストアルバムではないでしょうか。

購入の目的は

入門盤ですね。確かに個人的にもあの曲が入っていないというのはありますが、好きな曲が多すぎて自分では曲数を絞り込めないです。2枚組になってしまうと値段的にも高くなって購入しにくくなりますし。メジャーデビューしてから5年余りの活動を考えると(HORIZONを発表してからもすでに2年半以上たっています)、それぞれの時期で納得のいく選曲では。インディーズでのデビュー曲となった「雨上がり」や「粉雪」の大ヒット後の苦悩を歌った「アイランド」、日比谷の野外ライブでどういう経緯でこの曲が生まれてきたかを語ってくれた「Wonderful&Beautiful」、配信限定の新曲「Sakura」も個人的に嬉しいところです。「Sakura」は離れて暮らす二人(多分)の心情を歌ったせつなくて、でも前向きないい歌ですね。(*追記:実際聴いてみるとリマスタリングによりかなり音が立っていて、新鮮な音に聞こえます。「明日に架かる橋」はびっくりするほどです。予想外にかなりよかった。ベストなんだけど、1枚のアルバムを普通に聴いているような印象を受けます。)
初回限定盤でのライブDVDを観てそこからそれぞれのアルバムに興味を持つ人がいてくれるといいなあと、彼らのライブの暖かさを知ってほしいなあと思います。聴衆が前にいるときは、藤巻さんの声が違いますね。
私は実はベスト盤というのは買わない主義なのですが、今回はライブDVDと「Sakura」につられて購入します。特にライブの方は以前にCSで放映されたのとは別の編集によるものだとなお嬉しいのですがどうなんでしょうか。(*追記:別編集のものでした。またライブCDの音源よりもこちらの方が音がよいと思います。やっぱりモラトリアムや五月雨やシフトなんかかっこよい。臨場感ばっちりです。)この2つのためにでも、この値段だったらおつりがくるぐらいの気分です。

いいですね、ベスト。

レミオロメン、ベストということで購入してみましたがいいですね。
今までちゃんと聴いてこなかったのが悔やまれるほど・・・そりゃぁ、世の中に支持されますよね。歌詞は共感しまくりといった感じ。
これからはちゃんと聴いていきます(笑)

Love・Songベストですね。

彼らのヒット曲を収録したBEST盤というよりも“レミオロメン”というバンドを結成してから今までの、彼らの軌跡と想いが詰め込まれた一枚のようです。fanとしてはそれぞれに思い入れが強い曲がありますし、個人的にもモラトリアムとか星取りを入れて欲しかったとかありますが…レミオの作る楽曲にはハッキリ言って本当に“捨て曲”なるものが無いんですよ。自分でもベスト盤を作成して聴いてますが(笑)好きな曲を挙げていくと、とても2枚組では収まり切らない。3枚で妥当ですね。だからあえて完成度の高い〈ether〉からは選曲しなかったのだと思います(ホントに全曲良いですから)。
今回のベスト盤、正直長年fanの方にはありきたりな売れ線楽曲ばかりで納得はいかないと思います。新曲Sakuraは悪くないですけど、紙ふぶきやもっと遠くへ等の楽曲を別にするとまるでLove・Song集ですよ。これは正規のベスト盤を新たに出すべきですね。次回のベストに期待です!
〈Stand by Me〉のLIVEは本当にエキサイトしたし、レミオロメンの“風”山梨の空気を感じる素晴らしいDVDでした。彼らの音楽への真摯な愛情は疑い無いので、これからも逆風に負けずに頑張ってほしい。売れる、売れないは抜きにして自分たちの作りたい音楽を模索し続けてほしい。どんな方向に飛んでも彼らを好きなfanは付いて行きますよ。頑張れレミオ!

意味のあるベストアルバム

選曲の基準がわからないという方がいますが、
初期の迷いから生まれた「ビールとプリン」、シングルデビュー曲「雨上がり」、メジャーデビュー曲「電話」、メンバーが最も大切にしている日である「3月9日」、初めてストリングスを入れた「南風」、
多くの人に知ってもらうきっかけになった「粉雪」、「太陽の下」、伝説のライブの記憶を蘇らせる「スタンドバイミー」、色々な試みをするきっかけになった曲「明日に架かる橋」、前田さん作曲の名曲「紙ふぶき」、
売れたことによる葛藤を描いた「アイランド」、その葛藤からの答えになった「Wonderful&Beautiful」,
そして新曲2曲(一曲は既に販売されてましたが)と、思いの強い曲を入れようとしたかったのでしょう。
またアイランドは1番の声の加工をなくしたことで、葛藤から解き放たれて一段落したことを意味してると思います。
バンドの方向が初期と変わったことが寂しかったりもしますが、曲の持つ暖かさには変わりはないです。彼らが歩んできた道が分かる作品です。

レミオロデビュー

良かったです(^^)
思ったより早く届けていただいたし、車の中で浸ってます。
花鳥風月(DVD付)
ether[エーテル]
HORIZON
風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)