428 ~封鎖された渋谷で~(初回入荷分) 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き - Wii

428 ~封鎖された渋谷で~(初回入荷分) 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き - Wii

Attributes

ReleaseDate : 2008/12/04
PackageQuantity : 1
Platform : Nintendo Wii
Label : セガ
Model : 193669011
ItemDimensions : 51
PartNumber : 193669011
Studio : セガ
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 7,344
EANListElement : 4963688400134
Manufacturer : セガ
MPN : 193669011
Publisher : セガ
EANList : 4963688400134
Brand : セガゲームス
PackageDimensions : 10276449630
SKU : uku3950

広告タグの取得

東京・渋谷を舞台に、1つの女子大生誘拐事件を軸としてさまざまな人物の運命がスクランブルする新感覚サウンドノベル。本作には、5人の主人公それぞれの時間軸が存在し、シナリオを読み進めていく途中で赤色で表示された文字列を選択すると別の主人公の特定時間へ「ジャンプ」できる。各主人公のシナリオに出現する選択肢は、他の主人公のシナリオに影響する場合があるため、自動生成される「タイムチャート」で進行状況を把握しながら連鎖を積み重ねていくことが、謎を解くカギとなる。本編以外には、『Fate/stay night』で人気の「TYPE-MOON」によるボーナスシナリオを収録。これは、実写で描かれた本編とは異なり、全編アニメパートとなっている。

http://dol.dengeki.com/

428 ~封鎖された渋谷で~(初回入荷分) 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き

東京・渋谷を舞台に、1つの女子大生誘拐事件を軸としてさまざまな人物の運命がスクランブルする新感覚サウンドノベル。本作には、5人の主人公それぞれの時間軸が存在し、シナリオを読み進めていく途中で赤色で表示された文字列を選択すると別の主人公の特定時間へ「ジャンプ」できる。各主人公のシナリオに出現する選択肢は、他の主人公のシナリオに影響する場合があるため、自動生成される「タイムチャート」で進行状況を把握しながら連鎖を積み重ねていくことが、謎を解くカギとなる。本編以外には、『Fate/stay night』で人気の「TYPE-MOON」によるボーナスシナリオを収録。これは、実写で描かれた本編とは異なり、全編アニメパートとなっている。

http://dol.dengeki.com/

特典DVDは見ちゃダメだ!

「特典DVD」のくせに、単品売りしてもおかしくないようなすごいボリュームです(50分以上ある)。メイキング映像としてすごく良くできているのですが、ネタバレの嵐なので、クリア後に見ることを強く勧めます。先に見るんじゃなかった・・・・。

普段ゲームをしない人にこそやって欲しい作品である

多くの人がそうであるように、私も「街」が好きで428を購入しました。
wii本体も同時購入するほど期待していたのですが、私の期待を上回る出来でした。
以下に、街と比べた428の特徴を挙げます。
*静止画の見せ方が多彩 (ズームイン、アウト、スライドイン、連写による躍動感等)
*各主人公の繋がりが密 (街はちょくちょく関連するという程度だったが)
*美形ぞろい
*(私には)泣き要素が豊富
全体的にサウンドノベルとしてのレベルが向上しています。かつ、ストーリーの緻密さや上に挙げたポイントからも428は「普段ゲームをやらない人にこそやって欲しい作品」であると思います。
最後に、
街をやってからの方が良いという意見もありますが、本当にクスリとする程度なので、428から始めるのは全く問題ないと思います。街には時代を感じますし(苦笑)
あと、街とはストーリーの傾向が違うため、街2として期待すると裏切られると思います。もちろん良い意味での裏切りだが。

「忌火起草」の比じゃない

「忌火起草」でずいぶんガッカリさせられましたが「428」はすばらしい!
それぞれの人物のシナリオを1時間ずつ進めていく仕様になってるんですが、これがたまらなくいいところで途切れる。とにかく早く次の1時間が見たいって気持ちで読み進めているといつの間にか数時間が経っている感じです。
テキストがとてもよくて、どんどん読まされてしまいます。作家は「忌火起草」と同じみたいなんですが、テーマが違うとこれほど変わるものなのかと驚きました。
予測できない展開と個性的な人物、妙に力が入っている豆知識、ムービーやインターフェースの丁寧な演出、豪華な俳優陣などあらゆる部分で手抜きナシの作りだと思いました。
昔ながらのサウンドノベルファンのみならず、初めての方にも十分楽しめる傑作。
迷うなら買って損なしです。

感動に震えました。

ゲームという括りだけではなくてエンターテイメントの一つの大きな括りとして素晴らしいと
感動しました。ゲームとはまた違ういいドラマや映画を見た後の気持ちに近い感情というんで
しょうか。428はきっとプレイされた方の多くが泣いたり笑ったり感情を揺さぶられる魅力を
持ったゲームだと思います。
ストーリーも複雑に絡みながらもわかりやすくしっかりと話の軸をぶれさせることなく色々な
主人公や登場人物の個性を生かし凄く纏まっていました。また冒頭から始まる謎や伏線がいく
つも重なり合い中盤から終盤にかけてひもが解けていく感覚は非常に気持ち良くどんでん返し
やスリルのある展開に終始飽きることはなく釘付けでした。
某雑誌ではこのゲームを満点評価していましたがこの作品に関しては私も同じように満点の評
価をします。不安、焦り、喜び、笑い、怒り、愛情、嫉妬、友情…人間の持つ感情が428の中
にはこれでもかと詰めこめられています。
このゲームはクリアしたらすぐ中古に売りに出すつもりでしたが辞めました。
またプレイしたい、自分の手元に取っておきたいとそう思わせるものが428にはあります。
是非428はゲームファンだけでなく多くの人に楽しんでもらいたい、そしてそれだけの価値の
あるゲームだと私は思います。

ゲームの複雑な操作は嫌い、という人でも楽しめます

シナリオが秀逸で、ほどよい緊張感と時折(主人公によっては頻繁に?)挟まれる笑いどころに、止め時を見失います。ただの小説との差異化に成功している要因としては、選択肢が話の展開を変化させたり他の人物に影響を与えたりするという、サウンドノベルならばある意味当たり前のことのみならず、名作「街」より垢抜けしたビジュアルや、主人公ごとにテーマを感じさせるBGM・効果音の力が大きいように思います。428個あるという豆知識「TIP」も、物語の進行とは無関係と分かっていながら読んで、クリエイターさんの抜群の想像力に笑わせられてしまいます。
サウンドノベルのよいところに、素早い反応や複雑な操作を必要としないという点があります。そういう意味で、操作が面倒という理由でゲームに拒否反応を示してしまうような方でも、文章を読むのが嫌いでなく、自分なりに想像力を働かせられる人ならば、間違いなく楽しいと感じられる作品だと思います。久々に、寝る暇を惜しんでプレイ「せざるをえない」ゲームに出会ったと感じています。

ひさびさのWIIの良作

 一通り、ボーナス等を除くとクリアしました。
 自分はサウンドノベルは苦手でしたが、この作品はそんな自分も夢中にさせる程の魅力がありました。
 魅力的なキャラクター、交錯する数々のストーリー、製作者の遊び心。すべてが素晴らしかったです。
 
 続編が出るのであれば、ぜひ買わせていただきます。

寝させてくれない作品

他のレビュアーさんも書かれてましたが、始めたら寝られません。続きが気になって気になって仕方がない!!
前作「街」とほとんどシステムは変わりませんが、「ジャンプ」や「キープアウト」等、シリーズorゲーム初心者にとってはわかりやすい用語&操作に代わっていていいですね。
良かった点
・メインテーマがとにかくかっこいい。
・次回予告もかっこいい。
・全員が一つの物語に繋がっていく収束感は素晴らしい。
・いくつものどんでん返しには驚かされた。
・「END」「KEEPOUT」「TOBECONTINUED」の演出が場合によって違ったりしてスタイリッシュ。
・ムービーがたまに入るのも非常に効果的。
・「街」ネタが予想より多く盛り込まれていて、とても嬉しかった。
・全く出ないと思っていた「金八先生」ネタも入っていて、これもかなり嬉しかった。
・アニメシナリオは始めとっつくにくいですが、読み進めるにつれて好感を覚えました。特にキャスティングについては「金八」ファンならニヤリとしてしまうキャスティングになっています。
・特典のDVDも見ごたえがあって良かった。俳優の素顔を知ることもできるし、未公開声つきムービー等もあってファンにはたまらない。
ただの写真撮影に終わっていない428を、キャストが愛した428を知ることが出来てとても良かったです。
いまいちな点
・BADENDリストは番号順に並べ替えられるソートが欲しかった。
・タイムチャートから主人公選択画面に戻るボタンが見つからないんですが、ないんでしょうか。
クリア後にどこか読み直しをしてしまうと、エンディングをもう一回見ないと選択画面に戻れず、隠しシナリオの主人公選択が出来なくて非常に困りました。
(もし戻る方法があったらすみません。)
・BADやKEEPOUTで止まったとき、タイムエリア内に未プレイの主人公がいた場合、自動的に主人公選択画面に戻るのがちょっともどかしかった。タイムチャートに戻るボタンも欲しい。
・7人がほとんどバラバラに動いた「街」と比べた場合、収束感が逆にものたりなく感じる人もいるかも。
「街」は渋谷を交差するゲームで、「428」は渋谷に集うゲーム。そう考えるとどちらも非常に楽しめると思います。
・後半に行くに連れてBADENDが減っていってちょっと寂しかった。はちゃめちゃなBADEND(面白い意味で)が数少ないのでもっと欲しかったかな。
長くなりましたが、とにかく良ゲームです。
迷っている方がいたら絶対買うべき。損はしません。
ぜひシリーズ化して欲しい作品です。(実写サウンドノベルという枠組みでいいので。)

最高。

私は普段ゲームをあまりしません。クリアが難しそうなゲームはまず買いもしません。
でもサスペンスが好きだったので、CMを見た時に心を動かされて。
パーティーゲーム用のWiiを持っていましたから、思いきって買いました。
結果、本当に買って良かったと思っています。
とにかく全てが素晴らしい。話も、画も、人物も、システムも、音楽も全て…
難易度も、私のような非ゲーマーでも充分楽しみながら最後までクリアできるレベルです。初心者ガイドもついています。
どうか、Wiiを持っている主な層であろうライトユーザーさんにもプレイしてほしいです。
読書や群像劇が嫌いな方でなければ買って損はしないと思います。

これぞチュンソフト!!

 まず一言! 素晴らしい出来です。
 プレイして20分程度で、ぐいぐいとプレイヤーを428の世界に引き込む導入部の素晴らしさは、並の映画でも味わうことができないものです。
 24:00頃からプレイし始めたんですが、気づいたら4:00。。。こんなにゲームにのめりこんだのは、かなり久し振りです。
 名作「街」と比較しても、以下の点で良くなっていると思います。
・1日単位ではなく、1時間単位となったことで、ザッピングやシナリオの連動がスムーズになった
・人数が減り(8->5) 全員とも1つの誘拐事件というシナリオに絡むことで、話の流れが逸れる感じが減った。(逆に、この点が「街」が優れている、というひともいるのかも)
TVゲームはつまらなくなった、と思う人にこそ、是非プレイしてほしいと思います。
それだけの価値があります。

「街」のファンなら買いましょう

発売日に購入して今メインシナリオをクリアーしました。「街」のファンだったので、このゲームには期待をしていました。その期待に見事答えてくれました。
私はたいていクリアーしたら中古屋に売るのですが、このソフトは保存ゲームになりました。サウンドノベルのファンなら(あるいはそうでなくても)おすすめします。
メイキングDVDも最高でした。あとこのゲームのサントラが欲しくなりました。
街 運命の交差点
ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III(復刻版攻略本「ファミコン神拳」(書籍全130ページ)他同梱) 初回生産特典 実物大! ちいさなメダル同梱 - Wii