Night at the Opera (Ogv) [12 inch Analog]

Night at the Opera (Ogv) [12 inch Analog]

Attributes

ReleaseDate : 2008/10/28
NumberOfItems : 1
Format : Import
ItemDimensions : 391228761248
Type : Unknown
PublicationDate : 2008-10-27
Manufacturer : Fontana Hollywood
EANListElement : 0050087128760
UPCListElement : 050087128760
EANList : 0050087128760
CatalogNumberList : 26200ZEN12265FNHWD000262001.1D000262001
Brand : Hollywood
PackageQuantity : 1
Artist : Queen
Label : Fontana Hollywood
Studio : Fontana Hollywood
PartNumber : D000262001
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 26200
CatalogNumberListElement : ZEN12265
CatalogNumberListElement : FNHWD000262001.1
CatalogNumberListElement : D000262001
MPN : D000262001
Publisher : Fontana Hollywood
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 050087128760
PackageDimensions : 11015501201310
UPC : 050087128760
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Night at the Opera (Ogv) [12 inch Analog]

やり過ぎは成功へのいちばんの近道――この言葉は、少なくともクイーンの画期的なアルバム『A Night at the Opera(オペラ座の夜)』には当てはまる。このアルバム・タイトルでまず思い浮かぶのは、クイーンというバンド独特のオペラ的な趣向だ。本作中それが端的に現れているのは、名曲「Bohemian Rhapsody」だろう。その昔にヘヴィー・ロック・ファンの熱い支持を得、ずっと後になって映画『ウェインズ・ワールド』で人気が再燃した曲である。もちろん、『A Night at the Opera(オペラ座の夜)』というのはマルクス兄弟の映画『オペラは踊る』の原題でもある。この符号は偶然ではない。ポンプロックの頂点を極める際にも思わせぶりなウィンクを忘れないのがクイーンなのだ。

繊細なる過剰演出ぶりで記憶される本作だが、実はヴァラエティ豊かな楽曲がそろっている。ゴージャスなピアノに支えられた「You're My Best Friend」、ポール・マッカートニー風の「39」、ミュージック・ホールが似合いそうな「Lazing on a Sunday Afternoon」、メタル・ロックにペダル・キーボードを導入した「Death on Two Legs」と「I'm in Love with My Car」など、実に多彩だ。本アルバムはもっともクイーンらしいアルバムといわれている。当然の評価といえるだろう。(Daniel Durchholz, Amazon.com)

素晴らしい娯楽大作

クイーンの全キャリアを通じて最も完成度が高く、彼らの最高傑作との誉れも高い本作は、正にクイーン版「サージェント・ペパーズ」だという一般的評価に異存は無い。マルクス兄弟の映画に題材を録りながら、一般的コンセプトアルバムほどの堅苦しさを全く感じさせない奔放なアプローチによって、イギリス人からみた現在ポピュラー音楽の歴史を総覧するかのような音楽性の豊かさに、あくまでも親しみやすいポップスとしての娯楽性を注ぎ込んだこのアルバム、まさに20世紀英国を代表する芸術作品とさえ言えるだろう。
ただ、昨今のこのアルバムの評価として、あの「ボヘミアン・ラプソディ」が入っているから、という意見があるのにはやや異論がある。
私に言わせてもらえれば、「ボヘミアン・・・」のような圧倒的な存在感ある曲を、1枚のアルバムの構成曲として収めきったこのアルバムの懐の深さこそがすごいのである。アルバムを通して聴けば、ここにしかありえない曲順で「ボヘミアン・・・」が登場してくる事にきっと興奮されると思う。(やはりベスト盤で1曲目に聴く曲じゃないと思います)
アナログA面(trk1~7)までは軽やかな小品も織り交ぜてクイーンの魅力の見本市のような多彩な曲が披露される。これは正に来るべきクライマックスに向かっての助走に過ぎない。
何度も書きますが、ベスト盤の1曲目で聴くのではなく、本作の11曲目で聴いてこその「ボヘミアン・ラプソディ」ですよ!

ボクのクイーン名盤はコレです!!

洋楽コレクションでクイーンから1枚だけ選ぶとしたら、迷わずこれ「オペラ座の夜」ですね!!
ロックオペラBohemian Rhapsody収録のクイーン最高傑作だと思います!!
高校当時の衝撃は今でも鮮明です。特に'39がお気に入りでした。
とにかくアルバム収録曲の配列流れが素晴らしい。感動ものです。
しばらくご無沙汰していると、
なぜか突然、Death on Two Legsブライアン・メイのギターが聴きたくなったりします。
ブライアン・メイのギター音は他のギタリストには出せない独特の音色で、心くすぐりますね。
このCD、音質も最高ですよ!!

名盤がリマスターで再登場

ハードロック、フォーク、バラード、コミカルソング、様々な効果音、それにあのボヘミアン・ラプソディーに英国国歌まで、正にクィーンの集大成ともゆうべき名盤が音質アップで登場!今更説明の必要は無いけど、持ってない人は絶対買いですね。ラブ・オブ・マイ・ライフはいつ聴いても心が清らかになります。

珠玉の作品

次作の【華麗なるレース】と兄弟アルバムとして語られることの多い本アルバムは、彼等の代表作と言うよりはむしろUKロック、いや全ロックアルバムの中における金字塔としての地位を与えられるべきである名盤中の名盤である。
それはもっともこのアルバムに先駆けてリリースされ、全英チャートトップの座を9週に渡って独走する大ヒットを飛ばした永遠の名曲『BOHEMIAN RHAPSODY』のステータスに依るものが大きいのかもしれない。
それも十分頷けることで、この曲には彼等の集大成とも言うべき美学が凝縮されている。
フレディの持つオペラティックな歌唱と劇的なセンス、そしてそれらを完全に生かしきった彼等の音楽センスと重層なプロダクション(3週間かけてオーヴァーダブを180回繰り返したことは非常に有名である)、ブルース・ゴウワーズ監督によるロック史上初のプロモーションヴィデオの出色の出来。
これらのエッセンスが一体となったこの曲が、名作以外の評価を得ることはないであろう。
また当然の如く、他の曲も素晴らしい。
フレディ作だと一発で分かる1279、ブライアンの名作5810に(特に5は素晴らしい!)、ロジャーの名作3にジョンの名作4と、!名曲が目白押しである。
そしてそれらの後に『BOHEMIAN RHAPSODY』が並ぶのだから曲の配置も素晴らしいことこの上ない。
最後の締めくくりの12を聴いている時には圧倒的なカタルシスに包まれるであろう。
世紀を代表する傑作である。
また、彼等自身も本作の大成功によって、それまでは「女・子ども専用のバンド」、「こんなバンドが成功したならば俺はたらふく帽子を食ってみせるぜ」と言ってのけた諸評論家の口を黙らせることに成功し、以降の成功を揺るぎないものとしたのだった。

不朽の名作

今更説明する必要もないほどの名曲が収められた「オペラ座の夜」。
それらの有名曲以外の曲も珠玉の名作ばかり。
評価の高いQUEENのアルバムの中でも完成度の高い作品として
一際高い評価を受けています。
個人的には'39やシーサイド・ランデヴーがお気に入りです。
クイーンのファンでない方も聞いて見て損は無いと思います。

a night at the peak

これぞQUEENのベストアルバム。まさにかれらの頂点をなすものです。
QUEENの前にQUEEN無し。QUEENの後にQUEEN無しです。重厚でありながら切れのある音作りは未だに誰も真似できない。コピーバンドの無いことがその証明です。何度も「空耳アワ~」にも登場したボヘミアンラプソディをとくとお聞きあれ。

クイーンらしい華のあるアルバム

デビュー作以来、驀進を続けたクイーンがひとつの頂点に達した。彼等の、いやロック史上においても記念碑的な作品だ。初期クイーンの音作り基本線を踏襲しながら、厚みや構成の複雑さは数段進歩していることを感じるだろう。アルバム中に対峙する#8 預言者の唄と#11 ボヘミアン・ラプソディーはオペラ仕立てのロックという大仕掛けなものだが、下手をすれば悪乗りと受け取られかねない危険な挑戦であることが分かるだろうか。そんな大技が見事決まった一枚だ。惜しげもなく繰り広げられるコーラスの華々しさ、複雑に重層された演奏、メンバーの持ち味を出したボーカルが魅了する。オペラ座の夜は収録曲#11のせいであまりにも有名なアルバムだけになんとなく疎遠になっている人もいるだろう。そんな人はもう一度改めてアルバムを通して聴いて欲しい。その完成度の高さに驚くだろうから・・・

日本盤解説がそのまま2001年盤の流用であることに対して、星4つ

この作品は、1993年、1998年に世界共通のリマスターが出た後、2001年に日本のみでリマスターが出ました。今回は、30周年記念の2005年世界共通リマスター。
輸入盤にも歌詞はついていて、この日本盤には対訳がついています。
ロック・オペラという意匠は、反体制的なロックの精神にはあるまじき編曲過剰なブルジョア音楽として受け取られがちです。でも、光あるところに影がある。そして、大事なのは、他人の音楽とちがう音楽を作ること。パブ・ロック、パンク、ポスト・パンクとのあいだでしのぎを削って来ることで、豊饒なロック文化が生まれたわけですから、これも、絶対にリストからは外せないロックの名盤の一つです。
しかし、残念なのは、解説の内容が悪いわけではないとはいえ、2001年リマスター時の解説をそのまま流用していることです。これでは、今回のリマスターの詳細、2001年リマスターとのちがいがまったくわかりません。結局帯に「最新リマスター」と書いているだけです。
作品の内容、歴史的評価については少し調べれば誰でもわかることなので、最新リマスターについて解説がないのは残念です。

Must for Queen Fans

クイーンの代表的CDといえば、やはり、ボヘミアン・ラプソディを含む、これでしょう。ハードロックからボードビル調まで、曲想も幅広くて楽しめる一枚です。ゴールドCDならではのまろやかな音が何よりの魅力です!

必ず、「華麗なるレース」と一緒にネ!

§ ̄¿μa"¨§±£ ̄3è± ̄μ3'£± aè§701'䣨 ̄ ̄¬"3§'¶£ä£§ ̄3 ̄䧬1"è ̄¨èa-¿"μ-£è'o-¨§a-2¢¢'33§¡34äooé3\¿-'131è ̄é...'¡¨£ ̄" \2μa2é §è¶...2¢3-£ä\-ä ̄' '-2è°£§¢ "¨\a ̄§è ̄éo-a¬1 ̄¬ä¨è¡¨è£ää"¨ä"μ¶ ̄!£ 
Queen II [12 inch Analog]
A Day at the Races [12 inch Analog]
News of the World (Coll) (Reis) (Ogv) [12 inch Analog]
Sheer Heart Attack [12 inch Analog]