Parsley Sage Rosemary & Thyme [12 inch Analog]

Parsley Sage Rosemary & Thyme [12 inch Analog]

Attributes

ReleaseDate : 2008/10/28
NumberOfItems : 1
Format : Import
ItemDimensions : 131250531250
Type : Unknown
Manufacturer : Sundazed Music Inc.
EANListElement : 0090771523211
UPCListElement : 090771523211
EANList : 0090771523211
CatalogNumberList : SUZ5232.1SLP5232090771523211SUND LP 5232SLP 5232LP 5232
PackageQuantity : 1
Artist : Simon & Garfunkel
Label : Sundazed Music Inc.
PartNumber : LP 5232
Studio : Sundazed Music Inc.
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : SUZ5232.1
CatalogNumberListElement : SLP5232
CatalogNumberListElement : 090771523211
CatalogNumberListElement : SUND LP 5232
CatalogNumberListElement : SLP 5232
CatalogNumberListElement : LP 5232
MPN : LP 5232
Publisher : Sundazed Music Inc.
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 090771523211
PackageDimensions : 631528841244
UPC : 090771523211
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Scarborough Fair/Canticle
2 - Patterns
3 - Cloudy
4 - Homeward Bound
5 - The Big Bright Green Pleasure Machine
6 - The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)
7 - The Dangling Conversation
8 - Flowers Never Bend With the Rainfall
9 - A Simple Desultory Philippic (Or How I Was Robert McNamara'd Into Submission)
10 - For Emily, Whenever I May Find Her
11 - A Poem on the Underground Wall
12 - 7 O'Clock News/Silent Night

Parsley Sage Rosemary & Thyme [12 inch Analog]

ボブ・ディランの『追憶のハイウェイ61』や『ブロンド・オン・ブロンド』といったフォーク・ロックの名盤を手掛けたボブ・ジョンストンのプロデュースのもと、完成させた3rdアルバム(66年発表)。全米ナンバー・ワンになった前作『サウンド・オブ・サイレンス』にひきつづき、最高4位まで上がる大ヒットを記録。前作のフォーク・ロック路線を踏襲しながらもイギリスの民謡を下敷きにした「スカボロー・フェア/詠唱」など、その他のフォーク・ロック勢とはやや異なる多彩なサウンドに早くもアプローチしている。美しいハーモニーに加え、フォーク・ロック・ブームを皮肉った「簡単で散漫な演説」や「きよしこの夜」に当時の騒然とした社会状況を物語るニュースを重ねた「7時のニュース/きよしこの夜」などでは硬派な社会批評精神もアピール。そもそも「スカボロー・フェア」は反戦歌だった。(山口智男)

Slow down, you move too fast!

「卒業」の中で「パセリ・セージ・ローズマリー&タイム」が流れる場面がものすごくよかったのを覚えていますが、とにかく楽曲の展開のやさしい流麗さに打たれます。メロディが聴こえ出したとたん、あわく霞んだ懐かしい時代の雰囲気がたちこめて、めまいがするようなギターとハープシコードの流れ、清楚な花の匂いとか、澄んだ朝の空気みたいな、あふれるエヴァーグリーンで純粋なイメージから、なにか特別な懐かしい場所に引きもどされるような圧倒的な感覚があります。「The 59th Street Bridge Song」は、軽くストーン気味なほどグルーヴィーな幸福感にあふれている気持ちがよく伝わってきて、街灯に話しかけてしまっているほどのそのグルーヴィーさがなんだか微笑ましい。
WEDNESDAY MORNING 3AM [12 inch Analog]
BRIDGE OVER TROUBLED W [12 inch Analog]
SOUNDS OF SILENCE [12 inch Analog]
BOOKENDS [12 inch Analog]