truth/風の向こうへ(初回限定盤1)(DVD付)

truth/風の向こうへ(初回限定盤1)(DVD付)

Attributes

ReleaseDate : 2008/08/20
NumberOfItems : 2
Format : Single
Format : CD+DVD
Format : Limited Edition
Format : Maxi
ItemDimensions : 0
SeikodoProductCode : JACA-5109
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2008-08-19
EANListElement : 4580117621399
Manufacturer : ジェイ・ストーム
EANList : 4580117621399
Brand : ジェイストーム
PackageQuantity : 1
Artist : 嵐
Label : ジェイ・ストーム
Studio : ジェイ・ストーム
PartNumber : ardv168
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 1,728
MPN : ardv168
Publisher : ジェイ・ストーム
Language : 日本語Published
Language : 日本語Unknown
NumberOfDiscs : 2
PackageDimensions : 3955926488
Languages : 日本語Published日本語Unknown
Name : 日本語
Name : 日本語

広告タグの取得

あっぱれ嵐


音楽大好きで、ジャニーズが好きでも嫌いでも無く全く関心のなかった私ですが、
「きっと大丈夫」という曲をたまたま聞いて、何回聞いてもなんだか飽きない。 
嵐って良い?あれ? 
なんか すごく良いと。 それから注目しています。
始めは 大野君の歌声がすごいと思いました。
どう凄いかいろいろ考えてしまうほど
貴重な歌い手だと思います。誰風みたいな物まねが出来るような歌い方じゃなく曲の良さが完璧に出る歌い方。
そして、透き通って軽やかなのに真っすぐ突き抜けるような強い歌声を持っています。
そしてもっと貴重な事に五人あわせるととてもいいのです。
桜井君の個性的でちょっと野太くて聞いてて癖になるリズミカルな歌声
二宮君のけして嫌らしくないいろんな表現力でみせる歌い方
相場君の安定してるとはいえないけれど優しくて心を込めた歌声
松本君の声はちょっとどきどきしますが一生懸命さが伝わってきます。
なにより嵐のメンバーそれぞれが一人一人大切に歌を歌っているのが伝わってきます。
見た目の格好良さや派手さというより
曲の良さをこんなに表現できる男子グループ(しかもアイドル)って
そうはいないと思います。
だから、とても貴重だと思います。アイドルって凄くかっこいいものなんですね。

COOL!

特に嵐ファンでもないのですが、シングルはいつもレンタルで済ませていた自分が久々に買ってもいいかと思うシングルです。大野君の澄んだキレイな声が本当にステキです。演奏はクラシカルなのに曲調はスタイリッシュなカッコいいカンジに仕上がっていて、こういう曲調が大好きな私にとって発売が楽しみです。

ヘビーローテーション

ここにきて、こういう曲をシングルで出してくるなんて、本気でジャニーズのトップ目指してアクセル踏んだかも、と思ってしまいました。シングル曲しか知らない人には新鮮かもしれませんが、嵐はこういう曲もイケるんです!ティンパニでスタートし美しいストリングスのイントロから、多分今までで1番低い音で歌が始まり、声が重なり、迫ってくるリズムでこれでもかって程盛り上げてきます。そして切ないピアノ。リーダーの歌声ってこういう曲だとますます良い!胸がドキドキします!泣けます!めちゃくちゃリピートです。風の向こうへ、は、まさに嵐っぽい爽やかな曲。久々サクラップも聞けます。この2曲、本当にたくさんの人に聞いてもらいたいです。

2008年のNo.1シングル。ドラマ「魔王」主題歌。

 売上65万枚と、ミリオンまでは行きませんでしたが、2008年の年間No.1シングルに輝きました。流石に良い曲ですね。ドラマ「魔王」は復讐の物語であることから、緊迫感のあるダーク・ソングに仕上がっています。畳み掛ける展開は、「ロックっぽい」とさえ言えるくらい。アイドル・グループのシングルとは思えないほど、真剣で本格派の曲だと思いました。しかし、発売を知ってから、のこのこ買いに行った時にはもうDVD付きの初回盤はとっくに売り切れでした。ティーンの女の子パワー恐るべし(苦笑)。
 レコード大賞はEXILE(過去の実績を総括した感じ?)でしたが、嵐にも出演して欲しかったですね。2008年は、壊滅と言えるほどヒット曲がなくて、No.1を獲ったこの曲が出てこないと、サマになりません。ヴァースよりコーラスの比重が高いこの曲は、高音担当の出番が多いですが、この綺麗な高音は誰なんでしょうね? DVD付きが買えなかったので誰の声か分かりませんが。
 森君が抜けて、歌い上げる人がいなくなってしまったSMAPに比べると、歌としては嵐の方が聴き応えがありますね。実は自分は男なので、滅多にジャニーズのCDなど買わないのですが、これは文句なしに気に入りました。BGMの方のメイン・タイトル「LiVE/EViL」も素晴らしかったので、サウンドトラックも持っています。
 妹がKinkiのファンで、彼女が持っていたデビュー前のライヴ映像を見て、堂本剛君の正確な音程に驚き、以後、偏見が無くなって(笑)何作か買っています。少年隊「ふたり」、光GENJI「STAR LIGHT」、男闘呼組「DAYBREAK」、Kinki Kids「ボクの背中には羽根がある」以来、5作目のジャニーズCDです。

踊っている嵐が一番好き♪

前回のONE LOVEのDVD(PV)がまさかの変なリタッチ処理済みで、超萎え萎えだったので、
今回はどうなのやら・・・さっさと予約したものの少々不安だったのですが・・・
今回のPVは超かっこよくて嬉しかったです。
曲はちょっとハード・・・嵐のシングルでは珍しい曲調ですよね。過去で近いラインなのは「時代」とかかなと思いますが(かなりさかのぼりますね)・・・明るくていい子いい子の嵐も良いけど、今回みたいにアップテンポでハードめな曲でかっこいいダンスをする嵐が好きです。
久々にこういう曲で嬉しかったし、その曲で踊る嵐をちゃんとPVで見せてくれたのも嬉しかった。
・・・やっぱりPVはこうであってほしい!!
私の中では嵐のシングルでベストの一枚です!
大野君主演ドラマの主題歌なので、PVでも大野君の動きの無駄のないキレイさ、流麗さを堪能できます♪
5人ともなかなかセクシーですよ♪

coolな名曲!!(≧∇≦)

なんといっても曲調が非常にカッコいい☆
今年の嵐のシングル、Step and go,One Love,そして今回のtruthと、似たり寄ったりせず、どれもとても素晴らしい楽曲です☆
truthのように、声の掛け合いがある歌は、一人では歌えないけど、聞いてるとスゴく良いなぁと思う☆
自分は男ですが、この曲歌いまくって、踊りまくります!!(≧ω≦)
大野君が出てるドラマ『魔王』の主題歌ですが、雰囲気もピッタリω

嵐の期待作

TBSのドラマ「魔王」の主題歌ということで、曲調はミステリアスでクールな楽曲でいままでの曲調とはガラリ変わってイントロから曲のはじめは静かめで、曲が進むにつれてテンポが速くなると5人の声が重なってきて、サビの部分で一気に「聴かせる」。サビの最後の5人の裏声もせつなくてきれいで上手いです。特にリーダーのソロがあまりにも上手くて美しくて癒されます。 爽やかで明るく応援歌てきな嵐がこのごろ多かったけど、こういう嵐も結構好きです。こういう雰囲気の曲は結構久しぶりな感じがします
この曲で嵐は歌が上手く幅広いジャンルの楽曲をこなせるグループだなぁと新しい魅力を発見しました。

こういう嵐が好き

前作のONE LOVEが6/25 その前のStep and Goが2/20で、4ヶ月空いたので、今回のtruthのリリースが思ったより早く、しかもDVD付なのでかなり嬉しい。TBSのドラマ「魔王」の主題歌ということで、曲調はガラリと変わって・・・3,4年前のアルバムに収録されているような・・・Right Back to you とか15th Moonっぽい。イントロからしばらくは抑え気味だが、テンポが速くなると同時に5人の声が重なってきて、サビの部分で一気に「聴かせる」。爽やかで明るい嵐も大好きだけど、こういう嵐を待ってた。それにしてもStep and Goから3作目、メリハリが効いたシングルのリリースが続き、どの曲を聞いても新鮮に感じます。

ドラマとリンク

すごくいい曲です。みんな上手だけど、大野君の歌い始めは、ドラマとリンクして、鳥肌がたちました。ジャケットが、大人っぽくてセクシーで、早く実物が見たいです。

世界レベルの絶品フォーメーションと初オーケストラで攻めまくる嵐

どうしてこんなにも交錯しつつ激しいダンスができるのか、以前から嵐の実力にはたまげっぱなしでしたが、このPVに至ってついにその極みに至りましたね。5人のメンバーの愛と友情に裏打ちされたフォーメーションはこのPVで永遠不滅、歴史に残る作品となって結実した感が否めません。曲調は短調にしてハイテンポ、悲愴感迫る、今までの嵐になかったトーンで始まってすぐに一気に聞くものをその世界に引きずり込むパワーを持ち、リピートに耐える重層さをも備えている。
なぜに今までオーケストラをバックにした映像がなかったか、ずっと不思議に思っていたくらいですが、嵐Xオケの想像を超えるフィット感がここちよく、そのうち生でもぜひこれをやってもらい、定評ある嵐のライブが更に進化を遂げてほしいと、そんな期待が募ります。20数人のストリングス等を実際にスタジオの奥に並べて演奏しつつ、その前で5人が歌い踊りの収録で、時間もエネルギーも膨大に費やした由。しかしあくまでもシリアスなドラマ魔王が主人公で、そのテーマをこの楽曲が担っていることを意識させるという奥ゆかしくも主張のある素晴らしいPVです。
見どころの一つは5人の衣装で、黒を基調に赤のアクセントが共通のスーツながら、5人それぞれの長所を最大限に生かし個性を引き立てるバリエーションが丁寧に加えられている点は目を見張るものがあり、それを考えてもここに至って嵐を取り巻くスタッフなどの環境がいかにハイレベル高予算高技術になったかをうかがわせるものですね。

特徴

【サイズ】約12.5cm×14cm×1cm
Monster(初回限定盤)(DVD付)
Believe│曇りのち、快晴【初回限定盤2】
Face Down(初回限定盤)(DVD付)
Step and Go(初回限定盤)(DVD付)