Showtime!

Showtime!

Attributes

ReleaseDate : 2011/03/11
NumberOfItems : 1
Model : 4109914
Format : Import
ItemDimensions : 5047519550
Type : Unknown
PublicationDate : 2010-10-24
EANListElement : 0090431102329
Manufacturer : Collectables
UPCListElement : 090431102329
EANList : 0090431102329
PackageQuantity : 1
Artist : J. Geils Band
Label : Collectables
PartNumber : 3761168
Studio : Collectables
ProductGroup : Music
MPN : 3761168
Publisher : Collectables
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 090431102329
PackageDimensions : 4056040490
UPC : 090431102329
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Jus' Can't Stop Me
2 - Just Can't Wait
3 - Till the Walls Come Tumblin' Down
4 - Sanctuary
5 - I'm Falling
6 - Love Rap
7 - Love Stinks
8 - Stoop Down #39
9 - I Do
10 - Centerfold
11 - Land of a Thousand Dances

これまたノッてる

堕ちた天使の大ヒットを受けてのノリノリライブ。収録曲は「SANCTUARY」以降からの曲がほとんどでR&B色はほとんどないが、その代わりにこの頃のバンドには全米ヒットの自信と勢いがある。 10で曲が一旦ブレイクしてから再度盛り上げて行くところなんかはまさに彼等ならでは。 惜しいのは数曲以外がMAGIC DICKのハープが一切聞こえず、変わりにラッパ隊(名前忘れましたが有名なグループです)が入っていること。 売れてしまったせいでメンバーが徐々にバラバラになっていってしまい、このアルバム発表後に看板にピーター・ウルフの脱退となるのである。 実に惜しい・・・

事実上のラストアルバム

J. Geils Bandはライブです。EMI移籍後の曲を中心にのっけからとばします。"Centerfold"も入ってます。でも、やっぱり、Atlantic時代の"Stoop Down #39"、"I Do"、またR&Bの名曲"Land of a Thousand Dances"のノリは凄い。

ライブアルバム好きご用達!

やっぱりライブが得意なバンドは、スタジオ録音よりライブアルバムに限ります。特に大ヒット作を出した後だけに勢いが違います。多少編集が荒い感じもしますが、あまり手を加えずに限りなく生の雰囲気を出そうとしたということでOKです。
このアルバムは当時でも中ヒット(ビルボード23位)程度なので、油断してると手に入らなくなる可能性も考えられます。早めに押さえておいたほうがいいかも。
このアルバムを最後にピーターウルフが抜けてバンドも失速してしまうのですが、その最後の華々しい瞬間を堪能してください。

理屈ぬき 楽しめます

数あるLIVE名盤の中でこれほど楽しさを感じさせるLIVEも無いでしょう。のっけから飛ばし、途中I'M FALLINGで心にしみるナンバーをはさみ最後ダンス天国(邦題で言うとわかるでしょ)まで一気に聞かせます。もうまさにShow Time理屈ぬきで楽しみましょう。大音量でね。しかし、こういうバンドってありそうでないですね。例のCMの曲もあり。おすすめの一枚。

B級バンド 大爆発!

ボストンといういまいちロックぽくない感じの街の兄ちゃん達が、大好きな音楽、そう、R&Bテイストのロックンロールを演奏し続けていたら、
やっぱり神様はいるもので、全米シングル・アルバムチャートで同時第1位!というすごいご褒美をもらう直前のデトロイトのコンサートのライブ。
いやー、スゴイです。
Just can't stop me で始まったらその通り、最後までぶっ飛ばし続けます。
どの曲も、バンドの熱さ、というかグルーブというか、聞いていると自分の体温が上がっていくのがわかるくらい熱いです。
曲自体もバンドの中心曲ばかりで、ライブバンドとして鍛え上げられた演奏が会場の温度をとんでもないものにしています。
やっぱ、男の子は上品で食い足りないレストランでフルコースじゃなくて、カツ丼の大盛りにざる一枚、くらいはいかなくっちゃ!
と思ってしまうB級グルメのあなたにお勧めです!
俺も会場で聞いてみたかった!

まだ余力がありそうだが

なんとなく契約の数合わせのために、キーボードのセス・ジャストマンにプロデュースを任せっぱなしにして作られた感のあるアルバム。やけにキーボードの音が目立つのもそのせいか。ピーター・ウルフもこのころにはバンドからすでに心が離れており、このアルバムの出来不出来に興味がなかったのだろう。
このライヴが収録された時点ではまだシングル「センター・フォールド(堕ちた天使)」が発売前だったため、残念ながら同曲での盛り上がりはそれほどでもないが、アルバム全体の内容はそんなに悪くはない。選曲はEMI時代のものが中心だが、結局はカバー曲の「ダンス天国」がベストトラックというのがやや寂しい。
リリース時期が近かったせいか、ついローリング・ストーンズの「スティル・ライフ」を思い出してしまう。

時代と共にBeatも変わる

デビュー当初より黒人音楽を愛して止まないJ.Geils Bandの3枚目のLiveアルバムです。それまでの2枚のLive盤ではルーズでタフなノリを信条として来た彼らのBeatも時代と共にシャープでジャストなノリへと変化した。透明感さえ漂う。録音された'82年と言えばStones/Still Life Tourのサポーティングアクトとして同行していた。(何と言う贅沢なコンサート!)その際Londonのカールトーンホテルのバスルームにてセス・ジャストマン/ピーター・ウルフ/J・ガイルズ/ボビー・キーズ/ロン・ウッド/キース・リチャーズによって”The Carl Tones"が結成された!ロン曰く「ドゥー・アップをやったのさ」と有るが、#9なんかやったんだろうねぇ〜 もしかして裸で?翌日にはメンバー全員に"The Carl Tones Original 4/5/6"と書かれたTシャツが配られ解散したとか・・・
後期のナンバーが中心で#1-4のこれでもかの波状攻撃でまずノックアウトした後、#5の大バラードで思いっ切り落とす。まるで壷を心得た演歌歌手みたい。セスのチープなシンセ(良い意味で)を中心にタフに吼えるピーター 歌心の有るJのギター 何処までも登りつめるマジックデイックのハープと正に役者が揃った感じ。#6ではその昔 ウーファー・グゥーファーの名でDJをやっていたピーターがRapを聴かすが、すんませ〜ん何時も早送りしてしまいま〜す。Wild Thingのリフをパクッた#7弾けたR&Rの#8/9を経てLastの#11まで聴き手の心を見透かす様に一気に聞かせます。これで腰が疼かない奴とは付き合いたく無いねぇ〜
アレンジ・ミキシング面でStil Lifeとの類似性を感じます。拡大盤は出ないんでしょうかねぇ〜
全Rock Fan買い!

エンターテナーぶりがすごいです

...¨-¬3£3°±¿a¡3£ '§a£¨31''-3¢ ̄"
"¿£2-äoo°-...¨oa£-¬£3'£ ̄¢o éäoo°-o°o-2'§"a2'a ̄¨1a""\-a¡'a-¡ ̄o--
"¿ ̄"§èaä¿¡'¿a3'...°-è3¢'§ ̄ä'-3 ¨°o§3£aè ̄3§ ̄a§"è-è'\¿aä ̄3ä2é-"è' ̄a¢a ̄!a£-£èa°'-"¿°'-è§μ"°"¿ ̄-ääo'£
'1ä1

思ったよりツマラナイ

気に入る曲が無くて辛かった。80年代のスタジオ盤をお薦め。
Love Stinks
J. GEILS BAND Original Album Series
Full House Live
Vol. 2-Original Album Series