加爾基 精液 栗ノ花

加爾基 精液 栗ノ花

Attributes

ReleaseDate : 2008/07/02
NumberOfItems : 1
Format : CD
ItemDimensions : 4550018575
SeikodoProductCode : TOCT-26578
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2008-07-01
EANListElement : 4988006215238
Manufacturer : EMIミュージックジャパン
EANList : 4988006215238
Brand : ユニバーサル ミュージック (e)
PackageQuantity : 1
Artist : 椎名林檎
Label : EMIミュージックジャパン
Studio : EMIミュージックジャパン
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,146
Publisher : EMIミュージックジャパン
Language : 日本語Published
Language : 日本語Original Language
Language : 日本語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 日本語Published日本語Original Language日本語Unknown
Name : 日本語
Name : 日本語
Name : 日本語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - 宗教
2 - ドッペルゲンガー
3 - 迷彩
4 - おだいじに
5 - やっつけ仕事
6 - 茎
7 - とりこし苦労
8 - おこのみで
9 - 意識
10 - ポルターガイスト
11 - 葬列

まさに最高傑作

今作と2ndまでとの最大の違いは、今作がセルフプロデュースによって作られたという点でしょう。
作品の世界観の統一に加え、曲間をギャップレスにすることでまとまりが生まれ、
コンセプチュアルで飽きを感じさせない、極めて完成度の高い作品に仕上がっています。
プロデューサーとしての能力の高さも見せつけた、ひとつの転換点といえるでしょう。
さくらんで音楽監督に起用されたのも、この作品を聴けば十分に頷けます。
なお、シングル「茎」の収録曲が入っていますが、前作とは異なり、いずれもこのアルバムに
あわせたアレンジバージョンになっており、全体の雰囲気を崩さないよう気を配られいるところ
からも、今作に対する彼女のこだわりようがうかがい知れます。
J-POPにありがちな、「シングル曲がメインで他はおまけ」的なチープさは決して感じません。
デビューから東京事変の作品を含めても極めて異色の作品だと思います。
タイトルが恥ずかしいのを偲びつつ、林檎ファンの方はもちろん、
音楽好きを自称する方にもぜひ触れてほしい作品です!

出るの遅いよ

CCCDという理由で聴いてなかった人がいるならこの機会に是非聴いてみて欲しい。
今さら言うまでもないが、唯一無二の名盤。
いまだに飽きが来ない。

とんでもない名盤。

カルキザーメンクリノハナ・・・恐ろしい名盤です。
まず、このアルバムに収録されている曲、一曲一曲の完成度が高く一音一音が心地良い。そして邪魔な音が一音たりとも感じられない(あくまで素人が感じたことですが)。非常に洗練された究極のアルバムという感じがする。林檎さんの滑らかなメロディーに漢字を多様した独特な言い回しの歌詞、生々とした楽器たち。物凄い世界観です、本当に。このアルバムを再生するたび私の小汚い小部屋は楽園と成る。壁や床からは花が咲き、心地よい風が流れる様な。この様な音楽を世に出して頂いて、椎名林檎さんに心から感謝致します、有り難う御座います。

祝CD-DA盤再発!

茎の通常盤と共に、
リリース当初規格外の謎の円盤と呼ばれた
CCCDで出され、多くのファンをガッカリさせたものだが、
ついにCCCD解除となり嬉しい限りです。
私は諦めてアナログ盤買ったのだが、
いい加減中古で買おうか考えてたところだったのでちょうどよかった。

強いこだわり

最近「勝訴ストリップ」を聴いて感動して、次に聴いてみた林檎さんの作品が今作。
とりあえず一言、凄すぎます。「勝訴ストリップ」とは別人なんじゃないかと思う位作風が違って驚きました。普通のアーティストがそうなるとどうしても戸惑ってしまうと思いますが、林檎さんは作風は違えど一貫性を感じるし、何より完成度がめちゃめちゃ高いので全く気にならないです。
林檎さんとその周囲のアーティストチーム、もはや職人芸だと思います。
全体的にレトロで、激しい曲調でも凄く美しい。またストリングスもふんだんに使われていますが、一部のJ-POPみたいな変に仰々しいアレンジではなく、弦本来の美しさが感じられ、とても歌にマッチしてます。他にも様々な楽器や効果音が使われていて、歌詞も相変わらず独特ですが、このアルバムの世界観を造り上げる為に必要なものと思えます。だから音が多すぎとか、悪い意味での奇をてらった感じは全くない、凄く自然です。林檎さんの歌唱もこの作風に凄くハマっていて、更にアートワークも素晴らしい。
現在の邦楽界のメインストリームでは、ここまで独特の感性が隅々まで行き届いた音楽は多くないですが、それ故いつまでも愛聴する事になりそうです。音楽家・椎名林檎の、強いこだわりと豊かな音楽性から生まれた傑作です。

日本の音楽史に間違いなく受け継がれるべき遺伝子

 完璧です。スタジオで曲を練りに練っている本人達の姿がみえるようです。
緩急自在で柔らかく、ときに重厚な楽曲群はラストの葬列までその緊張感を断ち切ることはありません
彼らの最高傑作だと思っています

椎名林檎 / 加爾基 精液 栗ノ花

椎名林檎様崇拝者の私にとっては彼女の発表する作品はどれもこれもいちいち最高評価なのです。参考にならずにすみません。

驚き、でも好き。

無罪や勝訴との曲調の違いに驚き、そして感動しました。
和風でレトロな雰囲気が心地好く、その世界観にどっぷりハマってしまう。
宗教とおこのみでがお気に入り。
賛否両論ですが、聴いて損はありません。

レトロでモダン

椎名林檎の初めて聞いたCDがこれでした。
椎名林檎というと巻き舌でロックで、近付きがたいと思っていましたが、このCDを聞いてどうしてもっと早く聞かなかったのだろうという感じです。
曲調は和とオリエンタルの融合といった感じで、琴や弦楽器の他、中国楽器が使われ、椎名林檎の独特な声と合わさり時に懐かしくも他には無い新しい楽曲となっています。
しかし、この曲から椎名林檎に入らなかったら彼女の曲を聴くことはなかったと思います。この曲以前の彼女の曲調はまったく別物であり、デビュー当初から聴いている人の間では賛否両論あるみたいです。
また、このCDが気に入ったら次に発売された平成風俗もオススメです。

飽きない

初期3枚のアルバム中で一番聴いてるのはこれです 間違いなく傑作。 アルバム丸ごと一作品として一貫した音作りをしてるのが大きいですね。 調和していて違和感がないです。 本当にいい曲・音って何度でも聴きたくなります。
三文ゴシップ
勝訴ストリップ
無罪モラトリアム
平成風俗