The DARK KNIGHT

The DARK KNIGHT

Attributes

ReleaseDate : 2008/07/15
NumberOfItems : 1
Model : 4112470
Format : CD
Format : Soundtrack
Format : Import
ItemDimensions : 3955922500
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2008-07-14
EANListElement : 0093624986003
EANListElement : 0761863842717
Manufacturer : WB
UPCListElement : 761863842717
UPCListElement : 093624986003
EANList : 00936249860030761863842717
Brand : Warner Bros./wea
CatalogNumberList : 00936249860039362498600
PackageQuantity : 1
Label : WB
Studio : WB
PartNumber : 0093624986003
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 0093624986003
CatalogNumberListElement : 9362498600
MPN : 0093624986003
Publisher : WB
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
AudienceRating : PG-13 (Parental Guidance Suggested)
UPCList : 761863842717093624986003
PackageDimensions : 3955122488
UPC : 761863842717
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Why So Serious?
2 - I'm Not A Hero
3 - Harvey Two-Face
4 - Aggressive Expansion
5 - Always A Catch
6 - Blood On My Hands
7 - A Little Push
8 - Like A Dog Chasing Cars
9 - I Am The Batman
10 - And I Thought My Jokes Were Bad
11 - Agent Of Chaos
12 - Introduce A Little Anarchy
13 - Watch The World Burn
14 - A Dark Knight

10分前にすべきだったことをしてやる

8月公開のBatman2作目のサントラ。作曲は前作「Begins」に引き続き、ハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワード(以下J.N.H)の共作となった。前作に比べて、アクションスコアの分量が増え、よりパワフルになった。
特に、メインテーマともいえるバットマンのテーマが、大幅にリファインされているのがうれしい。それは10曲目「And I Thought My Jokes Were Bad」や、12曲目「Introduce a Little Anarchy」で聴く事ができるが、中でも8曲目「Like a Dog Chasing Cars」の燃えっぷりが素晴らしい。この曲を聴くと、バットマンがバットポッドで走り去るあの印象的なラストシーンが脳裏に蘇り、胸が熱くなってくる。ヒロイックでありながらもどこか哀愁を帯びた曲で、主人公の今後の重い宿命を暗示しているようだ。ジマー節が炸裂しているので、熱いアクションスコアが好きな人にもオススメだ。
また、今作ではジョーカーとハービー(トゥー・フェイス)のテーマが新たに用意されている。
1曲目「Why So Serious? 」がジョーカーのテーマである。はっきりとしたメロディーのない曲で、ほとんどアンダースコアに近い。ベースがベロベロ鳴っていると思えば、急に無音になったりノイジーになったりと、曲調の起伏が激しい。映画鑑賞中に「なんだか良く分からない曲だな」と思ったので、サントラで今一度じっくり聴いてみたが、やっぱり良く分からない曲だった(笑)。それぐらい捉えどころのない曲である。
3曲目「Harvey Two-Face」はハービーのテーマ。最初は穏やかなメロディーで静かに始まるが、途中でハードな曲調に変化し、最後にはやや物悲しい調子で終わる。ジマー色の強いこのアルバムの中で、J.N.Hの特色がそれとなく垣間見える数少ないスコアの一つ。
14曲目「Dark Knight」は16分を超える大作で、聴き応え充分。全曲の総収録時間も70分以上あってお得感がある。

まさに映画音楽

The 映画音楽 と言ってもいいような壮大でドラマチックで、鳥肌が立つ曲がたくさん。
ジョーカーのテーマから始まり・・・映画の各シーンを思い出させる名曲の数々。
緊張とそれが緩むのが交互のような曲構成、順序。
映画The Dark Knight を気に入った人なら、絶対楽しめて、満足いく一枚です。
購入してから毎日聞いてますが、あきません。聞くたびに感動、鳥肌が立ちます。
あとこのCDを聞くと、その壮大さからか、使命感が出ます。(笑)
気合い入れミュージックとしてドライブや勉強前に聞くのもいいかも。
ちなみにCDからなぜかクレヨンのにおいがしました。クレヨンと一緒のコンテナで輸入されたのか・・・?
ダークナイト・ライジング オリジナル・サウンドトラック
Batman Begins
Inception
バットマン ビギンズ オリジナル・サウンドトラック