ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック(ギターヒーロー3専用「ワイヤレス レスポールコントローラー」同梱) - Xbox360

ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック(ギターヒーロー3専用「ワイヤレス レスポールコントローラー」同梱) - Xbox360

Attributes

ReleaseDate : 2008/07/24
Platform : Xbox 360
Model : 15783801
ItemDimensions : 1102
Manufacturer : アクティビジョン
EANListElement : 4988648604117
EANList : 4988648604117
Brand : アクティビジョン
CatalogNumberList : ANC-00001
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : アクティビジョン
PartNumber : ANC-00001
Studio : アクティビジョン
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 12,000
CatalogNumberListElement : ANC-00001
MPN : ANC-00001
Publisher : アクティビジョン
PackageDimensions : 26827954501197
SKU : 20088

広告タグの取得

ギターヒーロー3の本命

早く発売しないかなぁ〜と毎日楽しみにしていて、レビューも増えてるかと思い見にきたらなんと発売日延期とのお知らせが・・・6月19日でも全然待ちきれないほどだったのに信じられません!アメリカで2007年秋に発売され、PS2/3版も今年3月に発売。Xbox360版と同時に発表されたWii版ですら先月発売されました。
何故360版だけがこれほどまでに遅くなるのでしょうか?翻訳はもう終わっているはずだし、ローカライズ作業に「お客様に満足して頂く為」なんてもの必要ありません。あなた方がゲームを作る訳じゃないでしょう?Activisionジャパンさん。せめて本当の理由を教えて頂きたいです。訳の分からない言い訳をされると楽しみにしていた分本当に腹が立ちます。
もう待ちきれないけど、かといって今更海外版の3を買うのも癪なのでとりあえずどのみち日本で発売され無さそうな2の輸入版でも購入して待っていようかと思います。
Activisionジャパンさん。一刻も早い発売を望みます。
と同時にその時、今回の延期の理由も明確に述べていただきたい。

ギターヒーロー3の本命

ゲーム内容は他機種版と同じ・・・なんですが、XBOX360版限定のDLC楽曲が豪華です。
スティーヴ・ヴァイ演奏によるHALOのテーマ曲、同ゲームのサウンドトラックの特典の三曲は360版でしかプレイできませんよ!

ちょっとズレた話になりますが

ゲーム本編の評価に対してはPS3版を参考参考にしてください。
ほぼ内容的には変わりません。
非常にお勧めできるゲームです。
さて本題ですが、販売元のアクティビジョンの日本法人は
どういった日本での販売戦略を描いていうるのでしょうか・・・
以前にも同社作品で海外では360を含めたマルチ展開をしているのに
日本においては販売しない、または相当遅れて販売決定するのはなぜなのでしょうか。
前者は作品の内容が日本に合わない、他国での販売実績の問題などがあるのでしょうが、
後者に関しては日本の360ユーザーでも、さして嗜好が変わらないであろう
ヒット作にもかかわらず、最初のアナウンス時には発表せず、
後々になって何らかを察したのか、それとも意図的な戦略なのか
急に販売決定のアナウンスをしますが、それはアクティビジョンにとって
良い販売戦略なのでしょうか?
同社のあるヒット作は同様な展開のせいで日本販売発表がある前に
日本版360でも作動する他国版を購入する多くの360ユーザーを出してしまい、
結果的に日本での売り上げに影響を与えてしまったとの話を聞きます。
どう考えても現在の360ソフトの戦略は得にはならないでしょう。

購入時の参考に

これからご購入をお考えの皆さんにPlayしてみての簡単な感想を。
まず、EASYモードとMEDIUMモード、これはギターの経験、GHの経験が無くてもすんなり曲に入れます。気軽にギタリスト気分を味わうことが出来ます。
ですが、まったくの初心者の場合、EASY〜MEDIUMに移るさい、結構格段に難しくなったと感じるかもしれません。ですが、何度も練習すれば必ずコツがつかめるはずです。
次にHARD〜EXRTAでは、EASYやMEDIUMスタイルでは指が追いつかないという方もいるかもしれません。ここでは練習はもちろんですが、指の配置、リズムを覚えるなど少しハードな要素が要求されます。あきらめずに何度も挑戦してコツをつかんでください。
ただ(ポンポン)と曲をクリアして実績を解除、というわけにはいかないので、自分でこのソフトに熱くなれることを探してみてください。そうすれば途中で投げ出さずにすむかと。
曲は言うまでもなく最高に熱い曲ばかりです。一番手っ取り早くうまい人のプレイスタイルを見たいときは動画投稿サイトをみるといいかも。最後にちょっとしたコツを、流れてくるボタンを押していくだけならコントロラでやるとさくさく行けますよ〜。ただ雰囲気ゼロだけど・・・。以上、少しでも参考にしてくださいな。

normalからが面白い!!

音ゲーは初心者ですが、気になったので買ってみました
easyモードをやった時は、正直おもしろくなくて、失敗かな〜と思いました・・・
ピアノで例えると(ド)しか出していないのに、演奏は勝手に(ド・レ・ミ・ファ・ソ)と出している感じで、ただ音が出てるだけと思ってしまい、自分が演奏している感じはなかったです。
でも、normalモードになってからはeasyと違い、だいたいの音は自分で出さないといけなくなってくるので、このゲームは難しくなればなるほど、音と自分の演奏が同調するので、楽しくなっていくゲームだと思います。
古い曲も多かったですが、熱くなれる曲ばかりだったので、凄く楽しく遊んでいます(笑)
ゲームセンターで音ゲーをするより、1万円払ってギターコントローラーでがんがん音出して遊ぶ方が絶対にお得で良いと思います(笑)

音ゲーマー的レビュー

ビーマニ、DDRから始まって、
ギターフリークス、ウンジャマラミー、果ては布袋寅泰ストールンソングまでプレイしてますが、
ギターゲーとしては最高峰だと思います。
特に面白かったのが、光るノーツ。
このノーツはピッキングの必要がなく、ヘビメタ特有のピロピロ感が楽しめます。
それなりに腕前も必要ですが、それだけに達成感も抜群!
単音に限り、ヘッド側のボタンを押していてもミスにならないのが嬉しいです。
本物のギターでも押さえたフレットより低音側のフレットは出音にほとんど影響ないので、
こういう細かい作りもまた演奏してる気分を盛り上げてくれると思います。
家庭用の音ゲーで気になるのはテレビの遅延ですが、遅延対策もバッチリです。
遅延設定用画面で、音と画面の調整がすぐにでき、
これは家庭用IIDXの数段階しかない映像のみの遅延設定と比べても歴然。
ミリ秒単位で映像と音声それぞれの調節が可能。
この機能だけは他の音ゲーにも搭載されて欲しいと思うほど!
と、ここまでは多機種版でも同等のことが言えますが、
迷わずXBOX版を選んだ理由はもちろんダウンロードコンテンツ!
将来どんな追加曲があってもプレイできなきゃ意味が無いですから。
先日METALLICAの新譜と同時にDLCも発売になって、感激しました。
CDに収録されてる全曲+1曲のオマケ付きです。

キター

ファン思いの欠片もないことで有名なあのアクティビジョンから奇跡的に発売される事になりました。
注意としては、アクティビジョンは360ユーザーが大嫌いなので早く予約しないと二度と手に入れられません。
発売元はアレですがこのゲームは完成度が高く、非常に良いゲームです。
「ギターフリークス」よりも『ギター』っていうものを弾いている感じがします。
「ギターコントローラー」には『ワーム』があって、それを使って自分の感性で演奏する事ができます。
ただの音ゲーを超えて魂を込めて演奏することができるところが素晴らしいです。
また、練習モードがあって自分が苦手なフレーズもジックリ練習もできますし、ギターソロばっかり弾くこともできます。
僕は練習モードで本当のギターもって来て練習してました。
ギターの音だけ消えるので以外に使えました。
気になる方は『XBOX Live』で体験版があるので是非プレイして見てください。
しつこいですが、欲しい人は早く予約しないと豪い目にあいます。

アジア版をプレイしての感想 8/11日本版について追記

日本版発売を待てずにアジア版を購入しました。 プレイした感想なんですが、全体的にとても素晴らしい出来です。 難易度はイージーからエキスパートまでの4種類あり、ゲームがあまり得意で無い方でもイージーなら3ボタンで簡単に気持ち良く演奏が楽しめます。 逆にゲームが得意な方にはエキスパートがかなり難しくてやりごたえがあります(^O^) 演奏中のキャラクターの動きや演出、ギタリストの手元のアップ等かなりビジュアル的な部分もクオリティーが高く、気分を盛り上げてくれる事間違いなし!! ゲームモードはXboxLiveを使用しての対戦、協力プレイ。オフでも二人プレイ可能。 コミカルなアニメで語られるキャリアモード(ストーリーモード) 好きな曲をすぐ出来るクイックプレイ、トレーニングもチュートリアルとプラクティスがあり、プラクティスでは曲のスピードを調節したり演奏開始するパートを好みで選択でき親切設計。 キャリアモードでは自分の操るギタリストを数人から選択(隠しキャラクター有) 演奏で得た資金を元にキャラクターの衣装、ギター、ビデオ、レコード(演奏曲が増えます)等購入できます。 収録曲に好みが分かれるかと思いますが、洋楽好きなら好きな曲があるかと思われます^^;
◆追記◆
二人プレイがしたいために日本版も購入しましたが、ギタコンが初期不良で電源入らず。
購入したお店で交換してもらい、やっと二人プレイできたのですがプレイ途中でギタコンの電源が切れる。
何度電源入れなおしても2〜3分で切れる。
アクティビジョンに電話して新品交換になりましたが…
こんな症状は自分だけなんでしょうか?
因みにアジア版ギタコンは正常に使えてます(-_-)
発売延期でこの始末。

ギターを弾いている感バツグン!

<始めに>このゲームはギターコントローラーでのプレイが大前提。演奏感と言うか、臨場感が違うので、とにかく同梱版を発見したら即購入推奨。
今までこの手のリズムゲーに関して偏見を持っていたけど、このゲームをやってみて一気に偏見が消滅。すみませんでした。
こちらでの評価の高さを見て興味が湧いてきたところへ、たまたま運良く中古ショップにxbox360版のギターコントローラー同梱版があったので衝動的に購入。ギターはまったくの初心者なのでeasyから始めたけど、まあ、これが面白いこと(笑)。ストラムバーの音がカチカチとかなり大きいのが難点だけど、こういうゲームで最も大事であろう「ギターを弾いている感」はバツグン!(ただ今のところhard以上の難易度は私にはちょっと無理w)。
あまり洋楽は聴かない方だけど、年齢的にも知っている曲が多いし、演奏中は知らない曲は元より、あまり好みではない曲さえもカッコ良く聴けてしまう。これが演奏の魔力!metallicaの「one」が入っていたのも嬉しい。何よりダウンロードで色々な曲を追加出来るのという点が大きい。
ただ、アクティビジョンが日本から撤退してしまったのが残念すぎる。早速「world tour」も買ったってのに。

洋楽好きなら迷わず買いです

アジア版を去年購入してプレイしてます。
ギター弾いたこと無くても問題ありません。
逆に弾ける人は最初違和感あってやりづらいかも?
しかしそんな事は些細な事と思えるぐらい面白いです。
最初は激ムズに感じますが馴れると結構いけるようになります。
自分は最初ノーマルモードすら難しく感じていたのが今ではハードやエキスパートやってます。
上手くなっていくのを体感できるのが面白さの一つかも。
ただリズムに合わせてボタン押してるだけなのに何でこんなに面白いんだろう・・・w
曲のリスト見て「知ってる曲が少ない」とか思ってる人も多いかもしれませんが
結構ノリのいい選曲なので、逆にこれで好きになりCD買っちゃう人もいると思います。
自分もドラフォ(ゲーム中最高難易度)のCD買っちゃいました。
追加曲も結構揃ってきてるし(日本版でも出来るのかは調べてないので分かりません)
HALOのテーマやリンキンパーク、デフレパード、色々出てます。
コントローラーのフェイスプレートが変えられるようになってるんですが
当然現在は日本では売ってません。これを機に日本でも販売してくれないかなぁ・・・
この会社の事だから無理だろうけど。真っ黒レスポールじゃ味気ない。
最後にひとつ、設定で左利きに変更出来るので左利きの人でも問題なく出来ます。
ただその場合トレモロアームがピッキングボタンの上側に来るので多少の慣れは必要かもしれません。