Miles in the Sky (Reis)

Miles in the Sky (Reis)

Attributes

ReleaseDate : 2008/02/01
NumberOfItems : 1
Model : 3865322
Format : Extra tracks
Format : Import
ItemDimensions : 40562492
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2008-01-31
Manufacturer : Sbme Special Mkts.
EANListElement : 0886972387826
UPCListElement : 886972387826
EANList : 0886972387826
Brand : Sbme Special Mkts.
PackageQuantity : 1
Artist : Miles Davis
Label : Sbme Special Mkts.
PartNumber : 3518177
Studio : Sbme Special Mkts.
ProductGroup : Music
MPN : 3518177
Publisher : Sbme Special Mkts.
Language : 英語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 886972387826
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 886972387826
Languages : 英語Published英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Miles in the Sky (Reis)

68年録音作。このアルバム、マイルスが初めてエレクトリック・サウンドに取り組んだ作品として、発表当時大いに話題になった。メンバー的にはウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスを擁する黄金のクインテットによる演奏(<2>だけはジョージ・ベンソンを加えたセクステット)。しかしハービーはエレクトリック・ピアノを弾き、トニーは8ビートを叩き出すといった具合に、ロックやR&Bの要素を多分に含んだマイルス流のニュー・サウンドを聴かせる。曲はマイルスのオリジナル2曲、そしてウェインとトニーのオリジナルが各1曲。オリジナル盤は以上の4曲入りだったが、現在出ているCDは別テイク2曲が追加され全6曲入り。マイルスのエレクトリック指向はその後、『キリマンジャロの娘』『イン・ア・サイレント・ウェイ』を経て『ビッチェズ・ブリュー』へと引き継がれるわけだが、これはその原点となった作品であり、同時に過渡期の姿を記録した作品でもある。(市川正二)

電化マイルスで最も再評価すべき作品!!

ファンキーなジャケットを見れば解るかもしれないが、ソウル・ジャズです。
“電化”っていってもまだエレキギターとエレピを導入しただけで、「Nefertiti」と「In a Silent Way」に挟まれている事もあってか地味な作品との評価だけど、ロックの様式美を取り入れた後の電化アルバムより奥の深い作品と思う。
ウェイン主導の「Nefertiti」からマイルス主導に戻ったアルバムだが、いいタイミングだったのでは?馴れ初めていたが無理もしていたマイルスがここでは伸び伸びとして聴こえる。1曲目「Stuff」で飛び出す錐揉み回転フレーズにマイルスらしさを感じます。んでウェインが今度はマイルスに合わせるようになるのだけど、少しヘンダーソンのようなファンキーさも漂わせての素晴らしいプレーです。テナーのサウンドもマイクをホーンに入れスピーカーの音を録音したらしくそれまでと違う乾いた音色、ウェザー時代に近いかも。
しかし何といっても素晴らしいのがトニーのシンバルワーク!美しい音色で刻み、時には散らしたりと自由自在!!もはや3本目のホーンといっていい凄さです。トニーのテクニックがピークにあったのではと思う、荒さがなく聴き疲れません。
ハービーも「Black Comedy」等のピアノソロはノリノリで、何と彼には珍しく唸りも聴こえます!?
全体的に音質の素晴らしい本作で不思議なのが4曲目の「Country son」で、少しオフ気味でマイルスのソロの途中から入ります。6曲目の別テイクバージョンが音質も最初の入りも良いので、ボツになったのが謎です。この2曲のボーナストラックがとても良いので、この+2の盤を強く薦めます!

初めてギターを取り入れた野心作

エレクトリックサウンドに本格的にマイルスが取り組んだ野心作。パラフェルナリアでは、初めてギターを取り入れ(しかもジョージ・ベンソン!)、ロック色に染まり始めたマイルスが聴けます。発表当時、評論家の評価は低かったが、評論家が、常に前進し続けたマイルスに追いつけなかったというのが真相ではないだろうか。マイルスの進歩する姿を辿りたいなら、買うべきでしょう。今聴くと、抵抗感無く気持ちよく聴く事ができます。ロックファンにもお薦めかも。

マイルス・エレクトリック・サウンドの嚆矢

マイルスの前衛性は常に時代に先んじていたため、後を追いかける我々にとって評価のタイムラグを生じさせ、過去のマイルスを懐かしむという現象が起こる事を避けられない。60年代のマイルスについて言えば、モードジャズからフリー・ブローイング時代に、ようやく50年代のハードバップ時代への評価をしていた我々が、ESP以後のマイルスの斬新さに置いてけぼりを食らうはめになっていたのではないだろうか。マイルス・スマイルズ、ネフェルティティ、ソーサラと続くブラックマジック・サウンドはフリー・ブローイングからの本格的ニューサウンドへの取り組みであり、その創造性の高さは現在でも検証が不十分なのかもしれない。そんな折にリリースされたこのアルバムは、8ビートとエレクトリック・サウンドを導入したさらに新たなマイルスの試みであり、先進してやまない新境地を見せた問題作であった。アルバム・ジャケット自体がロックのアルバムのようなビジュアルで印象的なデザインである。リー・モーガンのジャズ・ロックが中途半端な存在に感じられるほど、マイルス・イン・ザ・スカイの新しさは時代の2歩くらい先に位置したアルバムだったのであろう。インナ・サイレント・ウェイ、ビチェズ・ブリューと続くマイルスの快進撃はここが原点であり、エレクトリック・サウンドの嚆矢にいまさらながら拍手を送りたい思いにかられる。

マイルス・エレクトリック・サウンドの嚆矢

マイルスの前衛性は常に時代に先んじていたため、後を追いかける我々にとって評価のタイムラグを生じさせ、過去のマイルスを懐かしむという現象が起こる事を避けられない。60年代のマイルスについて言えば、モードジャズからフリー・ブローイング時代に、ようやく50年代のハードバップ時代への評価をしていた我々が、ESP以後のマイルスの斬新さに置いてけぼりを食らうはめになっていたのではないだろうか。マイルス・スマイルズ、ネフェルティティ、ソーサラと続くブラックマジック・サウンドはフリー・ブローイングからの本格的ニューサウンドへの取り組みであり、その創造性の高さは現在でも検証が不十分なのかもしれない。そんな折にリリースされたこのアルバムは、8ビートとエレクトリック・サウンドを導入したさらに新たなマイルスの試みであり、先進してやまない新境地を見せた問題作であった。アルバム・ジャケット自体がロックのアルバムのようなビジュアルで印象的なデザインである。リー・モーガンのジャズ・ロックが中途半端な存在に感じられるほど、マイルス・イン・ザ・スカイの新しさは時代の2歩くらい先に位置したアルバムだったのであろう。インナ・サイレント・ウェイ、ビチェズ・ブリューと続くマイルスの快進撃はここが原点であり、エレクトリック・サウンドの嚆矢にいまさらながら拍手を送りたい思いにかられる。

エレキマイルスが迷いながらのそのそ動き出した

マイルスが電化されて(なんだか鉄道みたいだね)最初のオリジナル盤。もっとも、4曲中、M1のStuffでピアノとベースが、M2のParaphernaliaでエレキギター(ジョージベンソン)が加わっただけで、M3、M4はネフェルティティでソーサラーな世界。ショーター作のM2も以外に普通で、それまでの黄金のクィンテットとそう変わるところはない。(これらはかなりかっこいいことはかっこいいのだが)聴きものはやはりStuffである。とにかく、ロンカーターなんかは(まだ閉じていないけど)一生を通じてこういったモータウン系エレキベースを弾いたのはこの時期だけではないか。後を継ぐデイヴホランドが電化するまでに約1年かかっていたことを考えると、少し堅いものの、ずいぶん「らしく」やっている。ハービーのエレピも初めち?なのにサスティンを活かしまくった粘っこいフレーズになっており、直前まで全く弾かせてもらえなかったアコピとは全然違ったアプローチだ。世間一般ではこの二人が電化についていけなくてマイルスが辞めさせた、という説が強いが、そんなことはないと思う。少なくとも次作のチック/ホランドの音のが古めかしく聞こえるのはワタクシだけでしょうか。その証拠に、ジャックジョンソンやオンザコーナーのようなエレキ乗り乗りの作品ではチックでなくハービーを呼びもどしているではないか。むしろ問題は別の所にあったのではないか?ハービー/ロンのエレクトリックはまさにブラックコンテポラリー寄りで、このままいったらルードナルドソン化してしまう懸念があった。電化=モロソウルジャズという図式をマイル??は望んでいなかったのだろう。それくらいStuffはソウルジャズの試作品としてちゃんとしているのである。その意味ではチック/ホランドの白人コンビでソウルジャズをやってみましたの次作Mademoiselle Mabry と比べてみるといい。後者はソウルとしては無惨な出来だが、以降マイルスが強めていく演出された違和感・意外性の点でパワーアップしているのがわかるだろう。このアルバムではそんな風に、エレキもあるし、ソウルもあるし、ジャズもこのままではじり貧だし、といったマイルスの迷いが如実に感じられる一品だ

マイルス・エレクトリック・サウンドの嚆矢

マイルスの前衛性は常に時代に先んじていたため、後を追いかける我々にとって評価のタイムラグを生じさせ、過去のマイルスを懐かしむという現象が起こる事を避けられない。60年代のマイルスについて言えば、モードジャズからフリー・ブローイング時代に、ようやく50年代のハードバップ時代への評価をしていた我々が、ESP以後のマイルスの斬新さに置いてけぼりを食らうはめになっていたのではないだろうか。マイルス・スマイルズ、ネフェルティティ、ソーサラと続くブラックマジック・サウンドはフリー・ブローイングからの本格的ニューサウンドへの取り組みであり、その創造性の高さは現在でも検証が不十分なのかもしれない。そんな折にリリースされたこのアルバムは、8ビートとエレクトリック・サウンドを導入したさらに新たなマイルスの試みであり、先進してやまない新境地を見せた問題作であった。アルバム・ジャケット自体がロックのアルバムのようなビジュアルで印象的なデザインである。リー・モーガンのジャズ・ロックが中途半端な存在に感じられるほど、マイルス・イン・ザ・スカイの新しさは時代の2歩くらい先に位置したアルバムだったのであろう。インナ・サイレント・ウェイ、ビチェズ・ブリューと続くマイルスの快進撃はここが原点であり、エレクトリック・サウンドの嚆矢にいまさらながら拍手を送りたい思いにかられる。

マイルス・エレクトリック・サウンドの嚆矢

このレビューの作者: マイルス・イン・ザ・スカイ (CD)
マイルスの前衛性は常に時代に先んじていたため、後を追いかける我々にとって評価のタイムラグを生じさせ、過去のマイルスを懐かしむという現象が起こる事を避けられない。60年代のマイルスについて言えば、モードジャズからフリー・ブローイング時代に、ようやく50年代のハードバップ時代への評価をしていた我々が、ESP以後のマイルスの斬新さに置いてけぼりを食らうはめになっていたのではないだろうか。マイルス・スマイルズ、ネフェルティティ、ソーサラと続くブラックマジック・サウンドはフリー・ブローイングからの本格的ニューサウンドへの取り組みであり、その創造性の高さは現在でも検証が不十分なのかもしれない。そんな折にリリースされたこのアルバムは、8ビートとエレクトリック・サウンドを導入したさらに新たなマイルスの試みであり、先進してやまない新境地を見せた問題作であった。アルバム・ジャケット自体がロックのアルバムのようなビジュアルで印象的なデザインである。リー・モーガンのジャズ・ロックが中途半端な存在に感じられるほど、マイルス・イン・ザ・スカイの新しさは時代の2歩くらい先に位置したアルバムだったのであろう。インナ・サイレント・ウェイ、ビチェズ・ブリューと続くマイルスの快進撃はここが原点であり、エレクトリック・サウンドの嚆矢にいまさらながら拍手を送りたい思いにかられる。

面白い時期の面白いアルバム。

「ソーサラー」「ネフェルティティ」でその引導をショーターに明け渡したマイルスが再び主権を取り戻し、新たな方向性へ踏み出した作品です。やはりショーター色は薄れ、マイルス特有の乾いた感じが戻ってきています。ある意味「マイルス・スマイルス」と地続きにあるコンセプトではないでしょうか。しかしエレピやエレキベース、そしてギターの音色が嫌が応にも新しさを感じさせます。またトニーのドラムがかなり自己主張しているアルバムでもあります。とりわけ自作の3曲目では思う存分叩きまくってますね。
世評ではこのアルバムと次の「キリマンジャロの娘」は過渡期のアルバムとして他の名盤と比べると一段落ちるように思われていますが、個人的にはこの完成されてなさというか、何か新しいものを作り出そうという気持ちが、とても面白く感じています。なぜ「ネフェルティティ」から1年たらずで「ビッチェズ・ブリュー」が産み落とされたのか?。その模索の結果がこのアルバムに詰まっています。

エレクトリックへの入口

1968年1月16日・5月15・16・17日ニューヨークで録音。
サックス奏者としてだけでなく作編曲に素晴らしい才能を持っていたショーターの加入はマイルスが自身のアルバムで自身の曲を演奏するのではなく、メンバーの曲を演奏するという選択をさせるようになっていた。簡単にショーター加入後のアルバムを列記してみると、
1965年1月『E.S.P.』
1966年10月『マイルス・スマイルズ』
1967年5月『ソーサラー』
1967年6月・7月『ネフェルティティ』→ここで、ジョン・コルトレーン死去
1968年1月・5月『マイルス・イン・ザ・スカイ』
1968年1月・9月『キリマンジャロの娘』
1969年2月『イン・ア・サイレント・ウエイ』
と繋がっていく。
『E.S.P.』では4曲作曲していたマイルスは『マイルス・スマイルズ』では1曲になり、1967年5月『ソーサラー』と1967年6月・7月『ネフェルティティ』ではついに0となっている。メンバーの成長によりメンバーの曲を演奏しながら、実はマイルスの奥底には1967年に登場したジミ・ヘンドリックスに強いインパクトを受け、ファンクとエレクトリックへの止めようのない芽が目覚めていたと僕は見る。
それがついに爆発しだしたのが本作『マイルス・イン・ザ・スカイ』である。ここで久々にマイルスは自作の曲を演奏している。そして1の『スタッフ』からリズムはロック・ビートになっているのだ。ウェイン・ショーターの書くモーダルな手法は彼の作である2『パラフェルナリア』等に現れているが以降のアルバムでは減衰の一途を辿る。そしてこの曲ではジョージ・ベンソンがギターで参加している。このギタリストの参加というのが完全にマイルスの以後のベクトルを指し示していると僕は思う。
真のミュージシャンは心に目覚めた気持ちを隠し通すことは出来ない。ファンクとエレクトリックへの止めようのない芽はマイルスの中で急速に巨大化していく。

エレクトリックへの入口

1968年1月16日・5月15・16・17日ニューヨークで録音。
サックス奏者としてだけでなく作編曲に素晴らしい才能を持っていたショーターの加入はマイルスが自身のアルバムで自身の曲を演奏するのではなく、メンバーの曲を演奏するという選択をさせるようになっていた。簡単にショーター加入後のアルバムを列記してみると、
1965年1月『E.S.P.』
1966年10月『マイルス・スマイルズ』
1967年5月『ソーサラー』
1967年6月・7月『ネフェルティティ』→ここで、ジョン・コルトレーン死去
1968年1月・5月『マイルス・イン・ザ・スカイ』
1968年1月・9月『キリマンジャロの娘』
1969年2月『イン・ア・サイレント・ウエイ』
と繋がっていく。
『E.S.P.』では4曲作曲していたマイルスは『マイルス・スマイルズ』では1曲になり、1967年5月『ソーサラー』と1967年6月・7月『ネフェルティティ』ではついに0となっている。メンバーの成長によりメンバーの曲を演奏しながら、実はマイルスの奥底には1967年に登場したジミ・ヘンドリックスに強いインパクトを受け、ファンクとエレクトリックへの止めようのない芽が目覚めていたと僕は見る。
それがついに爆発しだしたのが本作『マイルス・イン・ザ・スカイ』である。ここで久々にマイルスは自作の曲を演奏している。そして1の『スタッフ』からリズムはロック・ビートになっているのだ。ウェイン・ショーターの書くモーダルな手法は彼の作である2『パラフェルナリア』等に現れているが以降のアルバムでは減衰の一途を辿る。そしてこの曲ではジョージ・ベンソンがギターで参加している。このギタリストの参加というのが完全にマイルスの以後のベクトルを指し示していると僕は思う。
真のミュージシャンは心に目覚めた気持ちを隠し通すことは出来ない。ファンクとエレクトリックへの止めようのない芽はマイルスの中で急速に巨大化していく。
IN A SILENT WAY
Filles De Kilimanjaro
Water Babies (Dlx)
Sorcerer