Angel Clare

Angel Clare

Attributes

ReleaseDate : 2008/02/01
NumberOfItems : 1
Model : 3865300
Format : Import
ItemDimensions : 40562492
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2008-01-31
Manufacturer : Sbme Special Mkts.
EANListElement : 0886972385624
EANListElement : 0088697238562
UPCListElement : 088697238562
UPCListElement : 886972385624
EANList : 08869723856240088697238562
Brand : Sbme Special Mkts.
PackageQuantity : 1
Artist : Art Garfunkel
Label : Sbme Special Mkts.
PartNumber : 3518155
Studio : Sbme Special Mkts.
ProductGroup : Music
MPN : 3518155
Publisher : Sbme Special Mkts.
Language : 英語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 088697238562886972385624
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 088697238562
Languages : 英語Published英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

時代を超え永遠に残る名作!

サイモン&ガーファンクルの活動が停止したのち、サイモンの旺盛な音楽活動に対してガーファンクルが沈黙を破った最初の作品です。S&Gでは、サイモンの陰に隠れていたガーファンクルですが、この作品によって彼が時代を代表するシンガーであることが証明されました。本当に素晴らしい作品です。全ての曲に細やかな神経が張り巡らされ、さらにどの曲も耳に残る綺麗なメロディーをもっています。ガーファンクルの音楽センスの良さも再認識させられました。そしてガーファンクルの天使のような歌声。その表現がぴったりでした。30年経た今でも多くの人の心を癒すことでしょう。この作品の輝きは時代を超えていつまでも残るでしょう。

アート・ガーファンクル最初にして最高のアルバム

S&G解散後、ソロ・アルバムの製作においてポール・サイモンに後れをとっていた感のあったアート・ガーファンクルが、1973年に発表した自信に満ちた初ソロ作品が本アルバムである。時間をかけ丁寧に作られた本作は、当時の流行やブームとは無関係に、ただひたすら彼のヴォーカルの上手さ美しさを追求した極上のソロ・デビュー・アルバムであると同時に、最高傑作だと言って良いであろう。「All I Know」「Traveling Boy」といったスケールの大きい作品から「Old Man」のようなデリケートな作品まで、彼独自の感情表現の豊かさがいたるところに発揮されている。持っていて絶対損のない1枚だ。特にサイモン&ガーファンクル・ファンでまだ聴いていない方は是非。

天使の歌声

『青春の旅路』『友に捧げる讃歌』『ひとりぼっちのメリー』っといったヒット曲が収録されたアート・ガーファンクルの初ソロ・アルバムです。『天使の歌声』という邦題がまさにぴったりのサウンドであり,サイモンとガーファンクルのサウンドの持つ繊細で清冽なイメージは,実はアート・ガーファンクルが生み出した部分が大きかったのだな,ということが素直に理解できるアルバムです。ソングライターもバック・ミュージシャンも超一流所が参加しているのですが,一番の魅力はなんといってもアートの歌声そのものなのです。

聴き続けて30年

今もってレコードで聞いています。30年になります。さすがに雑音が耳だってきたのでCDを購入しました。なんで30年かって。それは第一に彼の歌声が私の心の琴線に触れるからです。もちろん曲調も好みのゆっくりとしたバラード調で思わず口ずさんでしまいます。

実力を遺憾なく発揮した名作

選曲、アレンジ、録音、曲順、どれをとっても細心の注意が行き届いたアルバム。初のソロ・アルバムであり、既に2枚ソロ・アルバムを出していた元相棒と嫌でも比較されるプレッシャーもあったのでしょう(本人がそう感じていたかは存じませんが)。端的に言ってしまうと、「明日に架ける橋」の感動を別の形で味わえる内容。1曲目で圧倒されます。フォルクローレのアレンジによる曲も入っていますし、今だから判ることなのですがS&G時代にボツにされた曲も入っています。ストリングスのアレンジはジミー・ハスケルだったかな?

アートの魅力を発揮した傑作

サイモン&ガーファンクル解散後、最初のソロアルバム。1曲目「青春の旅路」からアートの声の魅力に引き込まれます。教会で録音したと思われるオルガンなども曲を聖らかで高貴なイメージにしている。「天使の歌声」というタイトルがこのアルバム全体の印象を表しており、まさにぴったり。オシビサの曲「ウォヤヤ」など、リズム感のある曲と歌い上げる曲が揃い、アートのベストアルバムといっていいでしょう。さだまさしもこのアルバムに影響を受けたと言っていた覚えがあります。そういえば、なんとなく共通するものがあるようにも感じます。必携!

まさに天使の歌声

デュオのころからのファンだが、アートの声の美しさはまさに宝物。発売以来の愛聴版で、歌詞は覚えてしまったが、いつ聴いても飽きることなくアートの世界に浸れるアルバム。

美しいの一言

アート・ガーファンクルは自ら曲を書かないが,選曲の才能は卓越している。自分の声が最大に生きる選曲をしている。Angel Clareはソロ最初の作品にして,最高の選曲,そして最高のバックメンバーでの演奏による作品に仕上がっている。1曲目から圧倒的な歌唱力に引き込まれてしまう。このあとも佳作を生み出してはいるが,アート・ガーファンクルのソロでの代表作は何かと問われればこの作品を自身を持って薦める。

まさに、“天使の歌声”

 アーティ初のソロ作。相方のポールはS&G解散後、既に「ポール・サイモン」「ひとりごと」という傑作をものとしており、ソロ・アーティストとしての地位を確立していたが、負けじと“満を持して“という表現がぴったりの傑作を送り出してくれた。本当に「天使の歌声」という日本語タイトルがこれほどぴったりな作品もそうはないだろう。ソウルフルなボーカルとはまた違う、伸びやかで力強いハイトーン、なんと素晴らしいボーカリストなんだろうね。
恐らくは当時このアルバムを購入した人は、レコードに針を落とした瞬間から聴こえる(1)「青春の旅路」や(6)「友に捧げる賛歌」を聴いて、「うん、これこれ!」って膝を叩いたことだろう。そう、万人がイメージし、こんな作品であって欲しいと願う作品、つまりはあの「明日に架ける橋」を彷彿とさせる、スケールの大きなバラッドを期待し、その期待に一つも奇をてらうこともなく、真正面から堂々と応じた、そのボーカリストとしての力量に恐れいる。なんと言いますか、S&Gの作品に見られる“透明感”とか“緊迫感”みたいなものは、2人のソロ作を聴く限りでは、アーティに負うところが大きかったのかもしれないね。その分甘〜い(笑)。
 L・カールトン、H・ブレイン、J・ゴードン、L・ネクテル、JJ・ケイル、F・カーター、J・ガルシア・C・レイドルにP・サイモンと、実は目が眩むような豪華メンバーが録音に集結している。なので各曲にじっくり耳を傾ければ、結構ヘビーなグルーブに強烈なギターが絡んでいたりするんだが、それもこれも、アーティのボーカルをしっかりと引き立てているのがわかる。この辺はR・ハリーの手腕なんだろうね。個人的には「明日に架ける橋」を意識し過ぎたか、ややストリングスが仰々しいかなぁと思う瞬間がいくつかあり、もっとシンプルなアレンジに徹した方が、アーティのボーカルがより活きるのにとは思うんだが、これはもはや好みの問題。名曲・名唱のオンパレード。実に素晴らしい。

ゴージャスなバックでボーカリストとしての実力を発揮

アート・ガーファンクルのソロデビュー作。S&G時代に比べるとストリングスを始め、楽器をふんだんに配してゴージャス度が高く、それに乗る伸びやかなボーカルが堪能できます。「明日に架ける橋」を発展させたとも言えるでしょう。アップテンポな曲、歌い上げるバラード、静かな曲、それぞれの表情を使い分けるボーカルはさすがです。普遍的なボーカルアルバムとして○。
Breakaway
PARSLEY, SAGE, ROSEMARY AND THYME [SACD] (HYBRID SACD)
愛への旅立ち(期間生産限定盤)
ウォーターマーク(期間生産限定盤)