THE SECOND SESSION~KIKKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE EXTRA TARZAN RETURNS~ [DVD]

THE SECOND SESSION~KIKKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE EXTRA TARZAN RETURNS~ [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2008/03/12
NumberOfItems : 1
Format : Color
Format : Limited Edition
Format : Widescreen
SeikodoProductCode : TKBA-1115
EANListElement : 4988008071283
Manufacturer : 徳間ジャパンコミュニケーションズ
RegionCode : 2
EANList : 4988008071283
Brand : 徳間ジャパン
AspectRatio : 2.35:1
PackageQuantity : 1
Artist : 吉川晃司
Label : 徳間ジャパンコミュニケーションズ
Studio : 徳間ジャパンコミュニケーションズ
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 6,994
Publisher : 徳間ジャパンコミュニケーションズ
Actor : 吉川晃司
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 473463579

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - OPENING
2 - Rainy Lane
3 - TARZAN
4 - サバンナの夜
5 - プレデター
6 - Honey Dripper
7 - ONLY YOU
8 - 飾りじゃないのよ涙は
9 - もしも僕が君ならば
10 - INNOCENT SKY
11 - CRASH COMPLEXION
12 - マシンガンジョー
13 - サイケデリックHIP
14 - スティングレイ
15 - MODERN VISION 2007
16 - SEX CRIME
17 - A-LA-BA・LA-M-BA
18 - Taiko Battle
19 - Juicy Jungle
20 - Cloudy Heart
21 - a day・good night
22 - The Gundogs

また最高傑作記録更新!

いまやシリーズ化したとも言えるSESSION シリーズの第2弾。昨年末のLIVEを早くも商品化してくれたことが嬉しい。さて肝心の内容であるが、またもや最高傑作記録更新といえるでしょう。まずは吉川晃司だからこそ集結した超が付くほどの豪華メンバー!菊地英昭(Gt.)広瀬さとし(Gt.)小池ヒロミチ (Ba.)後藤次利 (Ba.)SATOKO (Drs.)村上“ポンタ”秀一 (Drs.)そうる透 (Drs.)岡村美央 (Vln.)ホッピー神山 (Key.)武田真治 (Sax)メンバーそれぞれが緊張感を漂わせながらも心底音楽を楽しんでいる様子がこちらをもより一層楽しませてくれる作品である。吉川晃司百貨店を満喫してください。このSESSIONシリーズもそうであるが、常時己に刺激を与え、その刺激を自作へ向けての血と肉へ変えていく吉川の姿はファンを飽きさせない一つの要因であろう。いつまでも吉川晃司のファンであり続けたいと思うと同時にファンであり続けたことを誇りに思える作品である。

バイオリンから始まり12名の凄腕ミュージシャンと競演

「THE SECOND SESSION〜KIKKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE EXTRA TARZAN RETURNS〜」は07年末におこなわれたセッションライヴシリーズ第2段で、12名もの凄腕ミュージシャンが参加したライブを収録したもの。
なんつってもオープニングはバイオリンですぜ!こんな始まりを見せるライブは今までなかったでしょう。しかも曲は「Rainy Lane」。美しい旋律と吉川のビブラート。歌、うまくなったなあ。そのまま「TARZAN」がバラード調ではじまり、中途からいつものガンガンのノリへ。ちなみに御大、ブルーの開襟シャツにストライプのスーツ。「サバンナの夜」でヒートアップ。しかし踊りはやや抑えめ。「プレデター」は変なおじさんステップで踊る御大(笑。引き続いて「Honey Dripper」では"Jick"うじきが参戦!久々だなあ、この人。御大の回りをはね回る。懐かしいな・・吉川御大とのセッションは85年のジャパンツアー以来、なんと22年ぶり!ここで武田信治を含むホーンセクションで「ONLY YOU」。最初の音をとちる御大・・。 そしてライブでは珍しい井上陽水の「飾りじゃないのよ涙は」をがんがんノリノリで歌う。この曲は村上ポンタ秀一さんのアルバムのために歌った曲。一転、バイオリンとアコギで「もしも僕が君ならば」。美しい曲。OZAKIの「僕が僕であるために」を何となく彷彿とさせる。JICKのギターで聞かせる「INNOCENT SKY」。85年と同じ二人。同じ曲。そしてキーボードの奇妙な旋律からはじまったのはCOMPLEX時代の名曲「CRASH COMPLEXION」。御大自らギターをひく。繋がって「マシンガンジョー」。この曲はなんか中途半端な感じがした。ギターのリフはかっこいいしラスト近くのツインドラムセッションもかっこいいんだけどそれだけって感じ。御大も高音が出てなかった。「サイケデリックHIP」はベース軍団が異常なテクを披露する。SATOKOとポンタのツインドラムで「スティングレイ」。「MODERN VISION 2007」はギターバトル「SEX CRIME」で盛り上がると、「A-LA-BA・LA-M-BA」!こいつはメンバー総出でアクティング。ライティングも演出も曲の合間のメンバー紹介もすべて素晴らしく、最近のライブでは最も出来の良いA-LA-BA・LA-M-BAじゃないでしょうか!?ここで一旦終了
 そしてポンタ、SATOKO、そうる透によるトリプルドラムセッション!これが大迫力だった。続いてコガネムシみたいな衣装で登場する御大(笑。アンコール曲「Juicy Jungle」を熱唱。曲のあとメンバー紹介をするんだけど、ホッピーを紹介し忘れる御大。笑いが起こる。2回目のアンコールはそのホッピーのピアノのみで歌うバラード「Cloudy Heart」「a day・good night」。そしてなんと3回目のアンコール!「The Gundogs」だ。年末だし、しっとりバラードで終わらせるかと思ったらやはり悪ガキ御大はド派手な曲で07年を締めくくった。
  しかし12名もいるとカメラワークも大変だね。全体にせわしない映像となったのがやや残念。もっとひとりひとりをじっくり見せて欲しかった。
THE FIRST SESSION KIKKAWA KOJI LIVE 2005 ~エンジェルチャイムが鳴る夜に~ [DVD]
KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life"【完全生産限定盤】<DVD+CD>
LIVE GOLDEN YEARS THANKS 0201 at BUDOKAN(初回限定盤) [DVD]
Tarzan:Geschichten die Verzaubern [Import allemand]