PATAPON(パタポン) - PSP

PATAPON(パタポン) - PSP

Attributes

ReleaseDate : 2007/12/20
PackageQuantity : 1
Platform : Sony PSP
ESRBAgeRating : Everyone
Label : ソニー・コンピュータエンタテインメント
Model : 13305801
PartNumber : UCJS10077
Studio : ソニー・コンピュータエンタテインメント
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 5,122
EANListElement : 4948872680226
Manufacturer : ソニー・コンピュータエンタテインメント
CatalogNumberListElement : UCJS-10077
MPN : UCJS10077
Publisher : ソニー・コンピュータエンタテインメント
EANList : 4948872680226
Brand : ソニー・インタラクティブエンタテインメント
CatalogNumberList : UCJS-10077
PackageDimensions : 6369322417
SKU : JAN-0226-PSP-710550

広告タグの取得

素敵な「ゲーム」をありがとう。

まずは本作を敬遠されている方、購入を迷っている方に、
「是非やってみてください」と勧めさせて頂きたいと思います。
このゲームはCMでもやっている通り、
4つのボタンに割り当てられた音で、パタ パタ パタ ポン♪と4拍子をきざみ、
その指示に応じてパタポン達が動き回る、というものです。
ボスが攻撃をしようとしている→防御を!といった具合に指示を出し、
時には巨大なボスと戦い、時にはさらわれた仲間を乗せた馬車を追いかけるなど、
バラエティー豊かな展開が楽しめます。
 ボタンの1押しごとに帰ってくるパタポン達の反応(踊って歌って)によって
「自分がパタポン軍を動かしている」という確かなプレイ感覚を得られます。
ボスを倒した時などは、「よくやった!お前達!!!」という感じです。
 パタポンの種類(タテポンやヤりポンなどジョブ的なもの&パタポン自体の種族)、
豊富な装備品、それにパタポンの可愛らしさも手伝って、
「自分の部隊」という愛着が確実に沸きます。
より強い部隊を目指して資材集めをする感覚はRPGっぽくもあります。
 本作の肝である4拍子&行進についてですが、
これは、複数のユニットをシンプルに動かすという点で、
「これを越える心地よさを目指すとなると難しいな」と思えるほど素晴しいものです。
もっと言えば、同じ操作で見た目をガンダムに変えるだけで
新作として成立してしまうような、「極めて革新的な複数ユニット操作」です。
 1ステージのプレイ時間は数分程度で、テンポもよく、
やりこみだけでなく時間つぶしにも向いています。
横長の画面との相性から見ても、PSPで出すことに納得です。
ベタ褒めしましたが、不満もあります。
 上手にリズムを刻むとフィーバーモード(リズムが狂うと終了)となるのですが、
フィーバーになる瞬間のパタポンの掛け声が、リズムの崩壊を促すものになってしまっています。
「フィーバーだ」!と喜んだ瞬間リズムを崩され、即フィーバー終了というストレスの溜まる展開を度々引き起こします。
イヤホンを使用すると若干緩和出来ますし、それほど問題ではないように思えるかもしれませんが、
これはこのゲーム最大の失敗と呼べるほどの大きなものです。
始めに書いた通り、これは「4拍子にのせてパタポンたちに的確な指示を与え、様々な局面を越える」というゲームです。
「取りにくいリズムを頑張って取る」、というゲームではありません。
結果としてこの音の存在は作者の意図とは違うゲーム性を浮かび上がらせ、
音以外には頼れる視覚的変化もしっかりしていない為、
「リズム取りの難易度が高い」という不本意(なはず)な不評が発生しました。
その他をあげるとすれば
 クリア後はボスと延々戦う事しか出来ません。
敵の兵士や、砦の攻略戦など(これが面白いのに)をどれだけ懐かしみ
「強く育ったパタポン軍でもう1回あのステージを」と望んでも、
データ引継ぎも、1セーブデータ内で過去のステージをプレイすることも叶いません。
 ミニゲームは複数用意されていますが、どれもゲームと呼ぶにはお粗末。
リズムを取るだけのモノだけでなく、いっそのことパタポン1体を好きに動かせるような、
本編とは違う「遊び」を考えついて欲しかったです。
長くなってしまいましたが、
私はこのソフトを是非プレイして頂きたいと思います。
上記の通り完璧ではありませんが、
月に6〜7本程度のゲームソフトをプレイする私が、
久しぶりに「ゲーム」をやったなと感慨深い思いに浸りました。
「こんなのゲームじゃねえじゃん」というソフトが乱発される昨今、
こういうソフトがもっと世間に評価されれば
ゲーム業界はもっと健全で、かつ挑戦的でいられるでしょう。
「ゲームがゲームであること」
これを守るためにパタポンは行進しているように思えてなりません。

耳に残るリズムが!!

発売前から気になっていたソフトだったので
ハズレ覚悟で購入してやってみました。
もともと、PSPでたまに出るロコロコや、勇者のくせになまいきだ、
みたいなソフトは好きなのでパタポンもやってみて楽しめました。
キャラに指示をだす為の行動が、音ゲーになっていて、その音楽と言うかヘンテコなリズムが妙に耳に残りゲームを止めた後も、しばらく頭の中でパタパタパタポン!と消えません。
ゲームの目的自体は見果てぬ世界へパタポン達を導くだけのゲームなのに、以外にステージによって兵隊の配列や装備を決めたり、次のステージをクリアーする為に、その前段階で見つけてないといけないアイテムがあったりと意外と飽きさせません。人によっては賛否両論あると思いますが自分は楽しめました。

リズムアクション

リズムに乗ってボタンを押すだけの簡単操作
微妙にかわいいキャラクター
間口の広いつくりで、とてもとっつきやすいです。
ゲームの基本はボタンを押す順番で変わるコマンドでパタポンたちを画面の右へ右へ行進させていきます。
途中現れる敵や獲物を攻撃したり、防御したり、それなりの戦略性もあります。
連続でコマンドを成功させるとパタポンたちのテンションがどんどん上がって、掛け声もにぎやかに、戦力も最大限に発揮されます。
素材を集めてレアなパタポンを誕生させたり、武器を集めて部隊を強化したり、意外にやりこみ要素もあります。
ストーリーは単純明快、ステージ展開はなかなか。ボス戦は手に汗握る
久しぶりにPSPと相性の良いゲームが出て、嬉しいですね。

隠れた名作!これは面白い。

以前CMで女の子たちがはしゃいでいたのをよく覚えていて、その時は「ガキっぽいつまらなそうなゲームだな。クオリティ低そうー。」と思っていましたが、体験版をやって頭が下がりました。
これは面白い!マジでハマる!テンポが耳に残る!
システムはちょっとしたアクションと音ゲーをくっつけた感じなんですが、とても味があっていいです。装備を取るため、仲間を増やすためにコツコツ狩りに行き、大なり小なりの敵を倒して強くなっていきます。たとえ多くの仲間、強力な装備を整えてもリズムが悪いと本当の力を発揮できません。またリズムに乗れば必ず勝てるわけではなく、状況によってはワザとリズムをはずすことも必要です。戦闘はシンプルですが、意外に高い操作性が必要です。
とにかくプレイすることをオススメします。体験版も配信されています。
11月に続編も出るようです。もう絶対に買いです。

良作ではあるが・・・

コマンドカーニバルと言った4つのボタンで進むシステムは斬新で面白いんですが・・・バランス面がやや悪い
短所
〇レアなアイテムや装備品の出現確率の低さや慢性的な金欠に悩まされ結局は何度も狩りやボス戦を繰り返す羽目になる
〇二週目のやり込み要素がボス戦と狩りしかなく、装備やパタポンを整えても際限無く強化されるボスには最終的に勝てなくなる
長所
〇可愛いキャラクターデザイン
〇キャラクターデザインからは想像できないような血生臭い戦争がメインとなるシナリオ(苦笑)
〇コマンドカーニバルのシステム
〇パタポンと言う音とテンポ
全体的な印象として、
レアアイテムの入手確率の低さの為に、アッサリと簡単にクリアしたい人には向かないかと思います。
見た目に反して難易度が意外に高い為、フィーバー状態を維持するリズム感と敵の動きを読んで攻撃を回避できるまで慣れないと終盤は厳しいです。
もう少しバランスが良ければ満点なんですが、上記の欠点の為に二点減点としました。

単純だから面白い!

発売前の体験会に参加してプレーした感想です。
目玉オヤジのようなキャラクターたちを神(プレーヤー)が
出すコマンドによって世界の果てへ導くゲームです。
最初は「進め」と「攻撃」くらいで出せるコマンドが
限られていますが、レベルが上がりコマンドの種類も
増えていくのが楽しいと思います。コマンドは押すボタンの
リズム(4拍子)で変わります。最初は不慣れだし、何種類も
コマンドがあったら使いこなせないと思うので、この辺の
配慮はありがたいです。
ゲームデザイナーの方が「あらゆる世代の人に
楽しんでもらいたい」とおっしゃっていましたが、
だからこそできるだけ単純なボタン操作で動かせる
工夫をされたのだな〜と思います。
ステージはそんなに長くはなく、リズムを崩さずに
一気にクリアするのが魅力のゲームだから仕方ないのかも
しれないけれど、やっぱりポーズボタンは欲しいです。
ミッションの途中で中断できないのは不便だから。
(ここは気になったので、☆をひとつ減点しました。)

やばい…すごい中毒性!

操作はリズムアクション、チョットだけシュミレーション要素、
独特なビジュアル、少しずつ明らかになっていく背景などが
個人的にツボに入り、やめどきを見失います!
他の方も述べられている通り、世界観と操作は単純ですが
途中からグッと難易度が上がり、かなり歯ごたえがあります!
それでも投げ出さない中毒性が、このソフトにはあります!
個人的にはオススメです!

かなり気に入ってます

このゲームは最初、一目見たときに
こういう感じのやつは買ってもすぐに、つまらなくなりそうで
特に買おうとは思いませんでした。
しばらくして、Best版が出ると聞き、お手頃な価格になったので
興味本位で買ってみました。。
さっそくやってみると、これがまた面白くハマってしまいました(笑)
ストーリーが意外と長く、クリアするまで楽しめるし
これは各ボスがLv製になっていて、クリアしてからも倒せば倒すほど、どんどん強くなっていくので全然飽きが来ません。
操作のほうもリズムにあわせて、コマンドをうつだけという、いたってシンプルなので操作がニガテ・・・という人にもオススメかもしれません。
買おうかどうか迷っている人も2800円という値段なので
買うことをおすすめします。  ↑(Bestの方ですよ〜)
ただ一つの欠点は、ラスボスを倒したとき、毎回エンディングが見れるということですかね。僕はそんなに気にしませんが。
こんど11月27日にこのゲームの続編が出ますが、それを買おうと思ってる人は
データの引き継ぎができるみたいなので、こっちからやってみるのも
いいかもしれません。

新型と一緒に買いました!

一見ゲーム性がよくわからないように見えますが、ちょっとした強い武器・防具を手に入れたときの「ニヤリ」感はちゃんとゲームをやっている感覚をもたらしてくれます。
独特のゲームですが、ちょっとした空き時間に15分くらいやる分には最高に面白いです。
PSPお勧めの一本。

PATAPON(パタポン)

この作品は、楽しい!そしてとても単純明快なルール、誰でも楽しめるという工夫がなされていてとても素晴らしい。
シンプルで味のあるグラフィックやパタポン達もとてもかわいい。不思議なサウンドも癖になってしまうだろう。
プレーヤーが操作するパタポンは、大抵が4拍の4つのボタンを組み合わせで、攻撃や防御、前進といったことをサウンドに合わせながらプレーすることになる。これがとても新鮮で癖になるのだ。
ただの音ゲーかと侮るなかれ、RPG要素まで取り入れられていて奥が深い。
ただ残念だったのが中ボスみたいのを一度倒し、次に同じステージにいくと中ボスのレベルが上がっていくので自分がどれぐらい強くなったかわかりずらかった点。
老若男女問わず誰にでも出来る、わかりやすいシンプルなルール。
そして新しい。
説明書を読まないとわかりづらい作品が多い中、これだけの要素が含まれているこの作品は、ゲームとしてとても素晴らしいと思う。
お勧めしよう。
パタポン2 ドンチャカ ♪ - PSP
パタポン3 - PSP
LocoRoco(ロコロコ) - PSP
勇者のくせになまいきだ。 - PSP