クリスタル・ヴィジョンズ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティーヴィー・ニックス

クリスタル・ヴィジョンズ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティーヴィー・ニックス

Attributes

ReleaseDate : 2007/09/26
NumberOfItems : 1
Artist : スティーヴィー・ニックス
Label : WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
Studio : WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
SeikodoProductCode : WPCR-12734
ProductGroup : Music
Manufacturer : WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
EANListElement : 4943674074983
Publisher : WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
EANList : 4943674074983
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - エッジ・オブ・セヴンティーン
2 - アイ・キャント・ウェイト
3 - ソーサラー
4 - イフ・エニワン・フォールズ・イン・ラヴ
5 - 嘆きの天使 (with トム・ペティ)
6 - シルヴァー・スプリングス (with フリートウッド・マック)
7 - ドリームス (with ディープ・ディッシュ)
8 - リアノン (ライヴ)
9 - ルームズ・オン・ファイヤー
10 - トーク・トゥ・ミー
11 - ランドスライド (ライヴ with メルボルン交響楽団)
12 - スタンド・バック
13 - プラネッツ・オブ・ザ・ユニバース
14 - ロックン・ロール (ライヴ)
15 - レザー・アンド・レース (with ドン・ヘンリー)
16 - エッジ・オブ・セヴンティーン (ライヴ with メルボルン交響楽団)

白い羽をしたハトのように歌を歌う名女性ロック・シンガーの偉大な軌跡

S.ニックスの作品としては2001年以来の本作は、珍しいヴァージョンや未発表音源を含んだベスト盤。タイトルはもちろん名曲ドリームスの歌詞中の語句。このザ・ヴェリー・ベスト・シリーズは本作も期待を裏切らない。F.マック時代から81年以降06年までのソロ活動の軌跡を、レーベルを越えて辿る。バッキンガム・ニックス時代の曲もあればと思うが、無理なのだろうか。それはともかく、70年代F.マック以降の彼女から遠ざかった人には、彼女の尽きない魅力・変らぬ個性を知るよい契機になるだろう。80年代のヒット曲に聞き覚えのある人も多いのでは。彼女の全キャリアを通じて偏りのない選曲だが、聴きなれたものとは違うヴァージョンがあるのが本作の特徴。リアノンは05年のライヴでザ・ダンス収録版に似たアレンジ。ドリームスは05年のディープ・ディッシュ・クラブ・ミックス。ランド・スライドはM16とともに06年のメルボルン交響楽団との共演。このランド・スライドは必聴だ。シルヴァー・スプリングスは日本語資料ではザ・ダンス収録の演奏のように読めるが、明らかにLP噂製作時のもの。当時シングルB面で発表され、噂エクスパンデット・エディションにも収録されている。M14はL.ツェッペリンの原曲に忠実な05年ライヴ。大歌手が自分の好きな曲にチェレンジするその意気やよしと評価したい(ギターはW.ワクテルか?)そのツェッペリンへの思いや、ステージ袖にロバート・プラントがいたこと等、彼女自身が各曲の背景・エピソードを解説しており、興味深い内容である。私は彼女の独特の詞の世界とこの解説をじっくり楽しみたかったので日本盤を求めたが、輸入盤はDVD付きである。私はそのDVDに関心がなかったが、彼女の映像も入手したい人は輸入盤の頁もチェックするとよいでしょう。
VERY BEST OF
BELLA DONNA / REMASTER
噂 (SACD/CDハイブリッド盤)
WILD HEART / REMASTERE