Flight to Jordan

Flight to Jordan

Attributes

ReleaseDate : 2007/08/20
NumberOfItems : 1
Model : 3354239
Format : CD
Format : Original recording remastered
Format : Import
ItemDimensions : 35563500
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2007-09-09
EANListElement : 0094639275922
Manufacturer : Blue Note Records
UPCListElement : 094639275922
EANList : 0094639275922
Brand : Blue Note
CatalogNumberList : 3927592009463927592209463927592294639275922
PackageQuantity : 1
Artist : Duke Jordan
Label : Blue Note Records
Studio : Blue Note Records
PartNumber : 094639275922
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 3927592
CatalogNumberListElement : 0094639275922
CatalogNumberListElement : 094639275922
CatalogNumberListElement : 94639275922
MPN : 094639275922
Publisher : Blue Note Records
Language : 英語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 094639275922
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 094639275922
Languages : 英語Published英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Flight To Jordan (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)
2 - Starbrite (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)
3 - Squawkin' (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)
4 - Deacon Joe (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)
5 - Split Quick (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)
6 - Si-Joya (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)
7 - Diamond Stud (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)
8 - I Should Care (Rudy Van Gelder Edition) (2007 Digital Remaster)

男がむせび泣く時

デューク・ジョーダン(piano)、ディジー・リース(trumpet)、スタンリー・タレンタイン(tenor sax)、レジー・ワークマン(bass)、
アート・テイラー(drums)で録音された1960年の一枚。
とにかく全曲が名曲と言っていい出来だし、演奏もこの時期のベストなんじゃないかと思えるタレンタインを始め最高なので
是非聴いてほしい名盤なんだ。もはや語ることもないようだけど語りたくなっちゃうのが、とりわけ有名な六曲目。ここの主題を
吹くリースが何かヤバい。むせぶように歌い上げる様が何度聴いても薄気味悪い。得も言われぬ雰囲気で名演にしてしまった。。
続いて炸裂するタレンタインのソロも充分ヤバいけど。そんな二人をよそに主役のピアノは変わらない味。でもその変わらなさ加減が
絶対的な個性になってある種の矛盾を取っ払う。いつどこで聴こうがジャズ。神出鬼没にして全方位型のジャズを創ってるのが
ジョーダンと言える。知情意の調和がとれおまけに付随するロマンチックさは究極の女受けジャズピアニストとも思ったりする。
でもまあ知的でありながら幼児のように綺麗な笑顔をする彼の作品は誰にでも愛されるんだろうけど。この一枚は特に。

輸入盤やっぱり有ったか…

どうしても探し出せず… 中身は同じの国内盤をちょっと高かったけど買っちゃいました。「デュークス・ディライト」聴いたら何が何でも聴きたくって六年ぶりに買い直しました。やっぱり良いっすね。ワタシ的にはこの盤のツボはディジーリースとタレンタイン師匠かな。師匠がいつも一歩引いてるとこに大人を感じます、あんな強面な感じなんだけどね(笑)それにしても何で晩年のジョーダン翁がトリオピアニストとしてしか評価されなかったかと思うと凄い勿体ない!悔しくすら有りますよね、ワタシは「フライト・トゥ・デンマーク」って全然好きじゃないからピアノトリオでアルバム出ても何の有り難みも無いんだな(笑)まあーシダー・ウォルトン師匠もだけどね… 残念としか言い様が無いですねなあ。(とほほの助)

哀愁のバップ・ピアニストが残した唯一のブルーノート盤リーダー作

ブルーノートの数々のセッションで名サポートを聴かせたジョーダンがリーダーとして魅力を全開した1枚。代表作「危険な関係のテーマ」の別ヴァージョンである「シ・ジョヤ」を筆頭に、聴きどころ満載。

枯れた名盤

ジョーダンがブルーノートに残した名盤です。どの曲をとっても素晴らしいですが、特に、LP時代のB面だった4〜6の三曲は、続けて聴いていくと、最後の「危険な関係のブルース」のイントロで、思わず背筋がゾクゾク!っと来ます。
派手さはなく、どちらかというと枯れたわびさびの世界。日本人好みの名盤といえましょう。聴けば聴くほど味が出る、するめのようなアルバムです。

背筋にゾクッと来る!

ジョーダンがブルーノートに残した名盤です。どの曲をとっても素晴らしいですが、特に、LP時代のB面だった4〜6の三曲は、続けて聴いていくと、最後の「危険な関係のブルース」のイントロで、思わず背筋がゾクゾク!っと来ます。
派手さはなく、どちらかというと枯れたわびさびの世界。日本人好みの名盤といえましょう。
フライト・トゥ・デンマーク Flight To Denmark
Leapin & Lopin
トリオ&クインテット
Flight to Denmark