Time

Time

Attributes

ReleaseDate : 2007/07/11
NumberOfItems : 1
Format : CD
SeikodoProductCode : JACA-5066
PublicationDate : 2007-07-10
EANListElement : 4580117620965
Manufacturer : ジェイ・ストーム
EANList : 4580117620965
Brand : ジェイストーム
PackageQuantity : 1
Artist : 嵐
Label : ジェイ・ストーム
Studio : ジェイ・ストーム
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,086
Publisher : ジェイ・ストーム
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Oh Yeah!
2 - Love so sweet
3 - WAVE
4 - We can make it!
5 - Firefly
6 - 太陽の世界
7 - Carry on
8 - ROCK YOU
9 - Cry for you
10 - Love Situation
11 - 風
12 - Be with you
13 - LIFE
14 - アオゾラペダル
15 - Everybody前進

大野キャプテンの存在の大きさ

前作がかなり良かったので、最初に聴いた時に「最新ヒット曲寄せ集め?」的な感じがしたが、聴き込むとかなり良い。改めて楽曲に恵まれていると思った。
今までは主要パートは殆ど大野君だったが、今回もメインボーカルであるには変わりはないものの、ほぼ全員が何らかの形で今までより長いパートやメインを持たされている。特に二ノ宮君の成長は聴き物。あと櫻井君の滑舌やこもった発声がもう少し改善されると良い。相葉君、松本君はあまりにリーダーとの差があり過ぎて、まだまだソロを聴かせるには至っていない。キャラ的には際立っているだけに、ビジュアル面だけでなく歌い手としてもっと頑張って欲しい。
しかしそれでも大野君の声が入ると全てのメンバーをカバーをしてしまうし、彼の声はどのメンバーとも綺麗にはまる。改めて凄いと思う。華やかな人では決して無いが、嵐に必要不可欠な人材である。ソロ曲も歌唱力、声、表現力とも飛びぬけている。嵐としての曲も大野君の声がメインで聴こえないと、どこと無く不安定で物足りなく感じてしまう。それだけ飛びぬけた逸材なだけに、どうしても彼の声を活かせる曲がメインになってしまうのは仕方無いのかもしれない。故に他のメンバーの歌唱の更なる成長を願う。そうすればユニゾンばかりじゃなく、美しいハモリでも行けるグループになれると思う。
全体的にもバラエティに富んだ曲が多く、ハードな曲は少ないもののファン以外でも充分楽しめる。やりすぎ感や嫌らしさが無く、わざとらしい作り物的な爽やかさではない、本当に自然体な魅力の詰まったアルバム。聴いて良し、一緒に口ずさんでも良し。近々出るDVDも楽しみ。ジャニーズファン以外にも普通にJポップスのCDとしてお薦め。

初回限定版のソロ曲いいですね

嵐の曲はほとんど聴きました。曲とダンスパフォーマンスの完成度でいったら、嵐は抜群ですね。今回はソロ曲を手に入れたくて、初回限定版を手に入れました。大野君の歌唱力を生かすために、控え目な伴奏でアップテンポの高めのキー。相葉ちゃんの声と性格の明るさを生かすビートが効果的。ニノの声はだんだん大野君のように伸びが出てきて、ピアノの伴奏と合う。アカペラも十分聴かせます。翔君のラップ詞の工夫がすてき。松潤のは、キャラ(嵐の宿題君)と歌詞が近くて、松潤にしか歌えない歌詞だなと感心。もっと、進化する嵐に注目。

聴かせてくれる、嵐!

実はジャニーズのCDは、かつてsmapが6人だった頃以来の購入で、迷いましたが、
大好きなドラマ3本「花男2」「バンビーノ!」「ハチミツとクローバー」分のテーマソングが
入っていると知って入手。
聴かせてくれるな、嵐!と素直に楽しめた一枚です。やはりドラマテーマの3本が一番好きなのですが、
smapやkinki-kidsしか知らない私の世代にとって
「いつのまにかこんなにもジャニーズの歌唱力が上がっていた!」という事実が嬉しい驚愕でした。
どのパートを誰が担当しているかよく分かるし、情熱的な旋律にきちんと声がフィットしている。
ラップ部分の櫻井君の実力も素晴らしいと思うし、「嵐」というユニットが演技・歌をこなす
エンターテイメント集団であると証明してくれました。BGMに流しつつ、爽快な夏休みを過ごしてみませんか?

大野君の声にうっとり

嵐って、5人それぞれ、全くキャラが違うのに、決して皆が歌がうまいとは言えないのに、5人の声が合わさると、ゾクッとする程きらめく。とっても不思議です。
その中で最大の魅力は、大野君の声。のびやかな高音で他の4人の声をやさしく包みこむ。むずかしそうな曲もさらっとこなしてしまっている歌のうまさ。時にはパンチきかせて、時には、しっとりと、変幻自在。まさに、嵐の歌の核だと思います。
特に、「Oh yeah!」は、大野君がハイテンションでノリノリ。他のメンバーをぐいぐい引っ張っている感じがして、やっぱりリーダーだったんだ・・・って、びっくり。聴いていて楽しいですし、大野君本人もとっても楽しんでいるようすがうかがえます。大野君の声は何か癒しの周波数に乗っかっていると思います。何度も聴いているうちに、男の色香も感じ、ドキッ! しっとりきかせてくれる、Be with you にも、うっとり。この2曲だけでも、買い!だと思います。
あえて苦言を申せば、大野君以外の4人は、声の表情、カタすぎ。良い声を持ってるのに残念すぎ。そして、いつも控え目な大野君には、もっと、自分を表現することを、試みてほしいんだけどなぁ。
なんたって、心癒されるし、元気が出る1枚です。嵐の5人には、ずーっとアイドル業を全うしてもらいたいものです。

夏がきたー♪

嵐がアルバムを出すと、夏が来たな。って感じです。今回のアルバムは一曲目から元気をもらえ、一回聴いただけで、スー・・・と入ってくる良い曲ばかりでした。初回特典のソロもどれも良いですが、私は二宮くんの歌を夏コンで聴いてから一気にハマり込んでしまい、何度も聴いています。潤くんも面白い歌詞で、コンではこのソロ必見(聴)です♪大野くんの歌声には聞き惚れちゃいますし。どれも良い歌・曲ばかりです!嵐の歌、みんなに聴いてほしいです!

コンサートに行って好きになりました

私はいつも嵐のアルバム曲の良さをコンサートに行って
メンバーのダンスや生歌を通して好きになるのですが、
このアルバムもそうでした。
はじめは、「あまりパッとしないなぁ」と思っていましたが、コンサートの後に聴いて
買ってよかったと思いました。
「太陽の世界」は翔くんのラップにレスポンスがついていてコンサート向きっぽい曲です。
意外だったのが「Rock You」。
タイトルからしてハードな曲なのかと思ったらさわやかな感じでびっくりしました。
嵐のアルバムには必ず一曲「かっこいい」曲が入っているのですが(ARASHICの「I want somebody」のような)
今回のは「Cry For You」でしたね。
ギターとベースが効いててすごくかっこいいです。
今までの嵐にはないハードさでした。
「Oh Yeah!」も明るくて元気が出ます。
ソロ曲は、翔くんと相葉ちゃんの曲は前々回の「One」のソロ曲を継承した雰囲気です。
大ちゃんは淡々とした曲調に大ちゃんの美声が効いてますね。
大ちゃんの歌声は本当に癒されます。
ニノはバラードです。ニノはよくこういう曲をソロで歌いますね。
松潤は、ヤバイ(笑)。「キメてる」松本潤を見事に壊してくれる曲です。面白い。
意外なところもありつつ、嵐らしいアルバムでした。

夏、嵐と共に発進!!

購入してからず〜っと聞いてます。
夏らしいナンバーが揃ってます。
個人的にはC1000のCM曲「Oh Yeah!」「太陽の世界」「ROCK YOU」かなりツボですね。
かなりノリノリの曲調でドライブのお供になってます。
楽しいです。
ディスク2では個人的に相葉ちゃんの「Friiendship」は相葉ちゃんに励まされてるような気になります^^
あと松潤の「Yabai-Yabai-Ybai」は松潤っぽい・・松潤らしい(!?)曲に思いました。
あと、キャプテンの歌声はどんどんレベルアップしてるように思いました。
さすが、リーダーヾ(o・∀・o)ノ”
この調子でどんどん日本を嵐で駆け抜けて行ってほしいなぁ・・・って思うアルバムでした。

アイドルの枠を超えた作品

ジャニーズタレントは、どうしても「アイドル」というイメージが抜けず
楽曲を重視していないイメージが先行しがちだが、
このアルバムは そういうイメージを見事に(いい意味で)打ち砕いてくれたと思う。
嵐は今までも楽曲に恵まれたほうだと思うが、特にこのアルバムは素晴らしい楽曲で溢れている。
リーダー大野の伸びやかな声が映えるバラード、
相葉の優しい声で和む優しい曲、
二宮の澄んだ声がとても印象的なメッセージソング、
松本の意思の強さが感じられるファイトソング、
そして櫻井の力強いラップにより一曲一曲に締りができている。
ジャニーズアイドルとしての範囲を、このアルバムが広げてくれたと私は思っている。
とにかく、ここで何かを伝えるより、まず聞いていただくのが1番手っ取り早くて、1番皆さんが納得いただける方法だとおもう。
嵐はすごい。
もう、今はそれしか言えないです。

今年も出ます!

昨年は夏コンの後、アジアツアー、凱旋コン、ドームコンと続いて、そのまま今年の夏コンが発表。
今年は既にシングルも2タイトルリリースされ、果たしてアルバムは?と思っていたら、今年もきっちりとこの時期にリリースです。
当然まだ聞いていませんが、昨年よりまた成長した嵐のアルバム、期待もこめて☆5つです。
大ヒットシングル『アオゾラペダル』『Love so sweet』『Wecan make it
!』に加え、6月15日〜O.A予定のC1000レモンウォーターTVCMソング「Oh Yeah!」
通常盤には、ボーナストラック「Everybody前進」を加えた全15曲を収録。
ボーナストラックは夏向きのダンスチューンということで、やはり夏コンの予習には欠かせないのでしょうか???

3回は聴いて欲しい

初めてジャニーズのCDを買いました。
J−POPを聴きなれていない人には最初は最後まで聴けないかもしれません(笑)
でも!途中で止めても・・・
休み休み最後まで3回聴くと、驚く程印象が変わります。
毎日聴きたくなりました。
音楽って幅広いんだなぁ・・・と素直に目からうろこが落ちました
年齢的にやっぱり、洋楽やいわゆるロックなものばっかり
好んで聴いてきた世代なんですけれど、そういったものとはまた別の・・・
でも精神的にはそんなに遠くはない世界だなと思いました。
大野くんの声は本当にいいですね。二宮君の歌も大好きです
櫻井君のリリックも心の奥にきゅっときます。
5人とも本当に素晴らしい。
是非、3回はきいてみてください!
Dream”A”live(初回限定盤)
One(通常盤)
ARASHIC
いざッ、Now