Double Shopping Drive [DVD]

Double Shopping Drive [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2007/07/25
NumberOfItems : 2
Format : Color
Format : Widescreen
SeikodoProductCode : SEBL-82
EANListElement : 4547557005363
Manufacturer : SME Records
RegionCode : 2
EANList : 4547557005363
Brand : ソニーミュージックエンタテインメント
AspectRatio : 2.35:1
Artist : 井上陽水奥田民生
Label : SME Records
Studio : SME Records
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 7,344
Publisher : SME Records
Actor : 井上陽水奥田民生
NumberOfDiscs : 2
PackageDimensions : 5871018542

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - アウトバーンの狼
2 - パラレル・ラブ
3 - 月ひとしずく
4 - 相当な決意
5 - HIROSHIMA
6 - 手引きのようなもの
7 - I’ll Be Back
8 - You Really Got a Hold on Me
9 - カラフル
10 - パスタ・セレナーデ
11 - リバーサイド・ホテル
12 - The STANDARD
13 - 恋はハーモニー
14 - 海の中道
15 - にじむ
16 - 京都に電話して
17 - 侘び助
18 - ありがとう
19 - アジアの純真
20 - 帰れない二人

Disc 2 / Track

1 - 海へ来なさい
2 - 雪が降る町
3 - The STANDARD
4 - 夢の中へ
5 - 最後のニュース (特典映像)

井上陽水の独壇場

奥田民生が他のアーティストと共演する時、よりいっそう民生の凄さと存在感を実感するのだが、やはり相手が陽水さんだとそうはいかない、この人の存在感と歌唱力は凄すぎる。
陽水さんが歌った民生の曲「スタンダード」は本当に凄いと思う。僕は民生の曲は民生が歌わなければ駄目なんだと思っていたが、今回ばかりは違った。涙が出そうだった。
とにかく、トークでも陽水さんの独壇場は続くのであるが、脇役に徹した民生もまた良いって感じです。

Kb.斉藤有太が凄くカッコいい

ライブの演奏・映像・トーク・・・全面的に文句ナシである。
陽水と民生の音楽。お互いに信頼があり、それに対する聴く者も信頼
しているからこそ、トークが活きるのだ。楽しくてたまらない陽水と
少し困惑気味の民生のやり取り。司会・陽水。ツッコミ民生となっている。
民生が主に作詞した「手引きのようなもの」は、民生の趣味である釣り、
それもルアー釣りの手引きのようなものと、愛のダブルミーニング。
ダブルミーニングな曲は数あれど、ルアー釣りと絡めた詞を作るのは
民生ぐらいのもの。それが陽水の圧倒的な歌唱で艶美な世界へ変わり広がる。
民生と陽水の組み合わせでしか、どう考えても発生し得ない絶妙な世界の代表例。
10年辺り前の過去映像と比較すればわかるが、民生のギターが巧くなっている。
ギターを曲に合わせ使い分け、スライドプレイも魅せる。頑張ってる風はないが、
良い加減の、いいところで、ちゃんと巧くなってる辺りが、民生らしい。
その脇で、10年前から民生を支えているKb.斉藤有太。彼のおかげでオブリも冴える。
「笑って頂いて皆様の日常の御不満を解消していただく。大変な仕事なんですから私達。」
という陽水のWOWWOW観もう伺え、拓郎観も伺え大変興味深い。魅力満載である。

DISC1は、WOWOW放送のまんま

ボーナスディスクは貴重だと思いますが、本編がWOWOW放送のまんまだったのが残念です。内容には文句ないんですけどね。

ライブに行けなかったので。

ZEPPに行きたかった〜ので買いました。
陽水さんのライブも行ったことありますが、
歌ってる民生はほんまかっこいい〜♪
「リバーサイドホテル」最高です。
トークは陽水さんが飛ばし気味、
民生がやや押さえ気味なのかなあ?
やっぱり民生はライブがいいです!
陽水さんの歌声も健在。
買ってよかったです。

良い雰囲気だね〜、Live再現しています。

当初、結構なお値段でしたので躊躇しておりましたが、大幅プライスダウンで即購入しました。会場は違いますが、このツアーを生で観ましたから、雰囲気を思い出しながら鑑賞しました。少しMCがダラダラしていますが、これは私が観たステージもそうで、ノーカットだからこそ雰囲気に浸れたのかも知れません。私は陽水さんの追っかけですが、当然ながらソロとは違い、力の抜け具合や、と言いながら民生君への対抗意識も見え隠れして、良い雰囲気です。個人的にはシングルカット曲以外で「にじむ虹」、「アウトバーンの狼」や「手引きのようなもの」がお気に入りですが、ステージを見て評価を見直すことも多く、この中では「カラフル」。DISC2はオマケみたいですが、「夢の中へ」が大昔(73年頃)の雰囲気で懐かしかったです。ベストじゃないにしても一見の価値ありです。

1よいです

特典ディスクの民生版「海へ来なさい」が最高でした。
OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労](初回生産限定盤)(DVD付)
ダブルドライブ
ひとり股旅 [DVD]
okuda tamio Cheap Trip 2006 [DVD]