Greatest Hits 1 & 2

Greatest Hits 1 & 2

Attributes

ReleaseDate : 2007/05/01
NumberOfItems : 1
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 43480563
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2007-04-01
EANListElement : 0081227998462
Manufacturer : Rhino/Wea UK
UPCListElement : 081227998462
EANList : 0081227998462
Brand : Rhino /warner
CatalogNumberList : CDRN79984C982818122799846
PackageQuantity : 1
Artist : Linda Ronstadt
Label : Rhino/Wea UK
PartNumber : CDRN79984
Studio : Rhino/Wea UK
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : CDRN79984
CatalogNumberListElement : C98281
CatalogNumberListElement : 8122799846
MPN : CDRN79984
Publisher : Rhino/Wea UK
Language : 英語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 081227998462
PackageDimensions : 3954322512
UPC : 081227998462
Languages : 英語Published英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - You're No Good
2 - Silver Threads And Golden Needles
3 - Desperado
4 - Love Is A Rose
5 - That'll Be The Day
6 - "Long, Long Time"
7 - Different Drum (with The Stone Poneys)
8 - When Will I Be Loved
9 - Love Has No Pride
10 - Heat Wave
11 - It Doesn't Matter Any More
12 - Tracks Of My Tears
13 - It's So Easy
14 - I Can't Let Go
15 - Hurt So Bad
16 - Blue Bayou
17 - How Do I Make You
18 - Back In The U.S.A.
19 - "Ooh Baby, Baby"
20 - "Poor, Poor Pitiful Me"
21 - Tumbling Dice
22 - Just One Look
23 - Someone To Lay Down Beside Me

素朴な時期の曲が映えるベスト

 リンダ・ロンシュタッドのGreatest Hitsと同 Volume 2は、もともとはLPで1枚ずつ順番に出たもので、CDでもこれまでは別々になっていました。そんな2枚の全曲がそのままの順番で、リマスターされて1枚に収まりました。最初に出たほうのGreatest HitsにはVolume Numberは付されていなかったのですが、このCDではそれをVol.1としています。ジャケットデザインはこの2枚のものを踏襲していながらも、先の2枚とはうまく変えられていて、製作者のていねいさを感じます。
 本CDの前半(Vol.1)の12曲は初期の曲群で、ゆるい感じの演奏と歌い方が多いのですが、リンダの声に力強さがひめられていて、感傷的な曲でも心の強さを感じます。後半(Vol.2)の11曲は、中期の、よりポップス的なつくりの曲が多くなっています。
 1枚ものベストとして選曲のバランスで考えると、Vol.2部分の曲群よりもさらに後の時期までカバーしているCD「The Very Best of Linda Ronstadt」(とくに日本盤の構成のほう)に分があることは認めざるを得ません。けれども、こちらのベスト盤も、初期のカントリータッチの素朴な曲が多く選曲されていて、すがすがしく響きわたります。

条件付きナンバーワン

 まず初めに断っておきますが、リンダの最高傑作は、このCDでは12曲目までにあたるVOL.1の方です。これは初期から「風にさらわれた恋」までの中から選曲されたものですが、選曲ほもとより曲順も細かい配慮がなされていて、トータル性が強く感じられる傑作です。リンダの選曲のセンスの良さもこの頃がベストでした。このアルバムを聴くと、会ったこともないのに強く惹かれてしまう。そんな珠玉の作品です。
 13以降は、商業的にはピークを迎えた時期の作品集ですが、いかんせん曲の力が弱く、2番煎じの感は否めません。本来なら「グレイテスト・ヒッツ」と題された前者を推薦したいのですが、ほぼ同じ値段で2枚分入っているのと、ジャケットが良くなっている点を評価してあえてこれをレビューしました。ですから、このCDは一気に聴いてはいけません。同じ歌手でありながら全く別の作品が同居していると考えて下さい。12曲目が終わったら一度終了して、その後13曲目から再開するのが正解です。
 ミス・アメリカと称されて一時代を築いたリンダもやがてポップ路線に行き詰まり低迷期を迎えますが、その後スタンダード曲に挑戦した「ホワッツ・ニュー」で鮮やかに甦ります。
Duets
風にさらわれた恋
Linda Ronstadt (Original Album Series)
ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)