HCM-Pro 35 ギラ・ドーガ (レズン・シュナイダー専用機) (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

HCM-Pro 35 ギラ・ドーガ (レズン・シュナイダー専用機) (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

Attributes

ReleaseDate : 2006/11/25
PackageQuantity : 1
Label : バンダイ
Model : DEC064522
ItemDimensions : 22
Studio : バンダイ
ProductGroup : Hobby
FormattedPrice : ¥ 2,160
EANListElement : 4543112467430
Manufacturer : バンダイ
CatalogNumberListElement : GM-B000I6BI8Y
CatalogNumberListElement : 4543112467430
CatalogNumberListElement : DEC064522
Publisher : バンダイ
EANList : 4543112467430
Brand : バンダイ
CatalogNumberList : GM-B000I6BI8Y4543112467430DEC064522
PackageDimensions : 22877231543

広告タグの取得

ネオ・ジオン軍のエースパイロット、レズン・シュナイダーが搭乗する青いギラ・ドーガがハイコンプロ化!専用カラーを施された機体の頭部には隊長機のシンボルであるツノを再現。各部に露出した動力パイプやシリンダーなどのディテールを精密に再現。武器は一般機とは形状の違う専用のビーム・ライフル、ビーム・サーベル、ビーム・アックス、ビーム・ピック、シュツルム・ファウスト×4、シールドが付属、そしてシールドの中折れ機構再現、ビーム・ライフルにはビーム・サーベルを銃剣として装着可能。シールド裏には設定通りシュツルム・ファウストを装着、さらにバックパックのサイドにも装着可能。

HCM-Pro 35 ギラ・ドーガ (レズン・シュナイダー専用機) (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

ネオ・ジオン軍のエースパイロット、レズン・シュナイダーが搭乗する青いギラ・ドーガが、HCM-Proで登場。塗装済み完成品(武器など一部組立式)。
隊長機の印であるツノを頭部に配置し、その体躯は、量産型の緑から、専用カラーを施されている。
各部に露出した動力パイプやシリンダなどのディテールを精密に再現。シールド裏には設定通りシュツルム・ファウストを装着、さらにバックパックのサイドにも装着できる。
頭部マスクは着脱可能、モノアイ可動に加え首に引き出し機構を搭載。武器は一般機とは形状の違う専用のビーム・ライフル、ビーム・サーベル、ビーム・アックス、ビーム・ピック、シュツルム・ファウスト×4、シールドが付属。シールドは中折れ機構を再現、ビーム・ライフルにはビーム・サーベルを銃剣として装着可能。

一般機とセットで購入したい

期待のギラ・ドーガ/レズン専用機の登場。全体的な形状は一般機同様申し分なし。可動範囲も非常に広く、片膝立ちなどのポーズが簡単に取れる。可動範囲の広さがウリだったHCPMPro版νガンダム以上と言える。
一般機との違いは、機体色以外には、中隊長用のアンテナ付の頭部と、付属物(ビームマシンガンの代わりに中隊長機用のライフル、ビーム・ピック/アックスの代わりにサーベル)。
オリジナル要素であるシュツルム・ファウストを腕部やバックパックに取り付けるためのパーツも付属。これが結構かっこいい。また、マシンガン先端に銃剣のようにビーム・サーベルを取り付けることも可能。これもアイディアものだと。
欠点らしい欠点は特にはないが、やっぱりビームサーベルだけでなくビーム・ピック/アックスを付けてほしかった(一般機には付属しているが)。
総合的には、逆襲のシャアシリーズの中でも1,2を争う出来。一般機と合わせて購入しても損はない。

鈴ならいくらでも鳴らしちゃうよ

これ!これ!欲しかったハイコンプロはこれ!
νガンダムでガッカリした心を癒してくれたのがこれ。
すごいよハイコンプロ、やればできるよハイコンプロ。
凄い可動範囲。凄いギミック。
正座するほど良く曲がる膝、連動して引き出される軟質樹脂パイプ、
(足を伸ばすと余るのだけど、それはアンクルアーマーで隠せる)
開脚を妨げないスカート、ぐりぐり動いて接地をサポートする足首&爪先。(蹲踞できる)
肩付け根の可動と、その接続軸のボールジョイント、
左肩アーマーと右肩シールドもぐりぐり可動。
スイングしてライフルのマウントを邪魔しないバックパック、
四本付属、内二本は手持ち可能のスツルムファウストと、
シールドはもちろん、腕やバックパックへのマウントパーツ、
ライフルへのサーベルの着剣ギミック、ライフルもちゃんとレズン機仕様のもの
ビームサーベルのグリップをモノアイ可動の工具にするというアイデアも憎い!
ぜひとも緑の量産型とぞろぞろ並べて飾ったり遊んだりしたいところ。
そしてジェガンの発売がすごく楽しみになっちゃったよ!…出るよね!?

一般機に負けてます。

基本的には一般機と変わらないのですが、ビームマシンガン、ヘッド、ビームサーベルが違います。ビームマシンガンは一般機が分解、グリップの可動、マガジンの取り外し可能、とギミック満載なのに対し、レズン機は何の面白味もありません。ビームサーベルも一般機がアックス、ピック状態と2種類付属するのに対し、サーベル一本だけと寂しいものです。ビームソードアックスはどうせなら3携帯をレズン、一般機ともに両方つけるべきだと思うんだけど・・・。
それが商売ってヤツなんですかね?本体はよくできてますよ。一個買うんだったら一般機、レズン好きな人はレズン機買ってね。

一般機とぜひおそろいで

ギラ・ドーガというMSは何故か立体物には恵まれませんでした。
これは私の様なギラ・ドーガ好きには待望の商品です。
パッと見た時の印象は正しくギラ・ドーガです。
設定書と見比べると微妙に違う部分がありますが、絵としての格好良さと立体としての格好良さは違う物です。それをどう違和感無くアレンジするかが大切だと私は考えます。
その点で一番大事な「パッと見の印象」は充分合格点です!
HCM-Proシリーズは初めて買いました。
小さくて部品が組み立てづらいという点を除けば、良く動きますし、なかなかの物だと思います。
ただし小さいので動かしていると間違って力を入れたら壊れちゃうんじゃないかというのが心配です。
レズン機は一般機とは違う武器がついています。

感動です。

HCM-PROは、Z系から集めていますが、日に日に質が向上していますね。このレズン専用ギラも今まで、立体化に恵まれませんでしたが、中々で出来です。塗装が、もっと明るめで、艶無しの方が好みでしたが、可動性、関節の保持性、プロポ−ション問題無しです。

専用機でも量産機

手に入れた個体の状況だけ。
全体の塗装に問題はありませんでした。
可動面では、脚関節が固くなんか壊れそうです。
手首の差し替えもはめ込みが甘くすぐ取れました。
サーベルが、硬質なのに歪んでいました。
こんな感じです。他の個体ではどうなのか…
私のモノは、どれも観て判断できるものではありませんが、
完成度は高い商品だと思います。買って損はないと思いますよ。
リガズィと並べると「飾りをやられただけなんだから」と言う
ケーラのセリフが蘇ります。

逆襲

「ギラ・ドーガ」は、新生ネオ・ジオン軍の主力量産MSです。ネオ・ジオン軍のエースパイロットには、自分の機体をカスタム化できるという特権があり、レズンは自分の機体をブルーパープルにカラーリングしていました。今回、“ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)”を精密塗装済み完成品“HCM Pro”シリーズ(http://hcmpro.net)にて商品化しました。専用カラーに施された機体の頭部には隊長機のシンボルであるツノを再現しました。また、各部に露出した動力パイプやシリンダーなどのディテールを実現しました。シールド裏には設定通りシュツルム・ファウストを装着、さらにバックパックのサイドにも装着できます。

特徴

塗装済み完成品

特徴

【スケール】1/200
HCM-Pro 28 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス専用機) (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HCM-Pro 32 ヤクト・ドーガ (クェス・エア専用機) (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HCM-Pro 34-00 1/200 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HCM-Pro SP-003 1/200 RX-93 νガンダム スペシャルペインテッド (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)