ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)

ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)

Attributes

HardwarePlatform : Nintendo DS
ReleaseDate : 2006/09/28
Platform : Nintendo DS
Model : 13306241 237839011
ItemDimensions : 22
Type : Manual
Type : Subtitled
Manufacturer : 任天堂
EANListElement : 4902370513905
EANList : 4902370513905
CatalogNumberList : NTR-P-ADAJ
Brand : 任天堂
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : 任天堂
Studio : 任天堂
PartNumber : NTRPADAJ
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 4,937
CatalogNumberListElement : NTR-P-ADAJ
MPN : NTRPADAJ
Publisher : 任天堂
Genre : Word Games
Language : 日本語Manual
Language : 日本語Subtitled
PackageDimensions : 6354322488
OperatingSystem : Nintendo DS
Languages : 日本語Manual日本語Subtitled
Name : 日本語
Name : 日本語

広告タグの取得

説明書ケースあり、ケースはアルコール清掃済み。ケースは経年劣化によりややスレあり。説明書は比較的キレイな状態です。

ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)

ポケモンが生み出す面白さは収集、戦闘に尽きる。
シリーズを通して毎回驚かされるのは、このふたつがゲーム開始30分で味わえるところだ。面白さの肝を出し惜しみせず、序盤から味わうことができる贅沢さは特筆に価する。

あとの展開は、この面白さが繰り返し押し寄せる幸福感の中毒みたいなもの。

ポケモンを求めて草原を探し、釣り糸を垂れ、洞窟へと入り込む。ときには夜中まで時間が過ぎるのを待ったり、大木に蜜をぬって虫ポケモンを待つ。どうしても欲しいポケモンは友達と交換して手に入れる。

ゲーム中にポケモンを見つけ出すことは快感だけれど、友達との交換はさらに快感だ。人間相手なだけに、常に駆け引きを含む取り引きは、プレイヤーの脳を活性化させる。いらないポケモンを相手に渡し、欲しかったポケモンを手に入れたとき、脳内の神経細胞は幸福感でいっぱいだろう。

「ダイヤモンド」ではWi-Fi通信に対応した。遠く離れた友達とも交換ができるのは、この幸福感から24時間離れられないことを意味する。

戦闘はポケモン最大の見せ場である。やっと探し当てたレアポケモンや、大事に育てたポケモンを人前に披露する快感は、いわずもがなだろう。

収集と戦闘。

序盤のわずか30分にポケモンのすべてがあると言い切りたい。

(柿崎俊道 / ゲーム、アニメ業界を中心に活動する編集・ライター。著書に『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』など)

お気に入りのポケモンを育てる面白さ

今作のポケモンは、ロールプレイングゲームをあまりやったことがない方、
今までのポケモンを全くプレイしたことがない方や
初代(赤・緑)のみやったことがある、という方にもオススメできます。
前作のルビー・サファイアよりもボリュームが多く、
ゲームを飽きさせないための遊び心やお楽しみ要素が隙間なく埋められていて
完成度が非常に高いです。
単純だけど、実は奥が深い成長システム。愛らしいポケモン達。
お気に入りのポケモンを育てて強くなっていく楽しさは何とも言えません。
大人でも夢中になって、かつ長く遊べるはず。
前作までのポケモンをプレイしている身としては、
攻撃技がタイプ別ではなく、個別に物理・特殊と振り分けされたお陰で、色んなポケモンがバランスよく使えるようになったのが嬉しい。
例えば、同じ炎タイプの技でも「かえんほうしゃ」は特殊攻撃、「ほのおのパンチ」は物理攻撃という風に振り分けされてます。
これのおかげで、前作までは「攻撃力が高いのに悪タイプの技は特殊攻撃」で使いづらかった悪タイプなんかはだいぶ強化されました。
操作性やテンポなどでところどころ不満点もあるのですが、
夢中でプレイしてるうちに気にならなくなる程度のもので、全体的には丁寧に作りこまれています。
買って損はしないと思います。

まさに言うことなしの面白さ!

現在のゲームフリークポケモンシリーズの傑作ですね。
ポケモンシリーズは初代からずっとやってきましたが、やりこみ要素の多いこのゲームは本当に文句なしです。
初代からずっと、不満点が一つもありません。
現在登場しているポケモンは491匹・・・確かに多いですが、この多さこそがポケモンだと思います。
今作から物理・特殊などのバトルシステムがさらに新しくなり、より深みのあるバトルが楽しめます。
ポケモンは子供向けとは言いますが、ポケモンバトルは決して子供だけのものではありません。
これだけポケモンや技が多ければ、それだけいろいろな戦い方ができるわけで、
他のRPGと違い、極めても極めても終わりはありません。
シナリオ攻略は簡単でも、ポケモンはやはり対人戦やバトルタワーを楽しむべきです。
上級のバトルは、パーティの作戦や、強い相手への対策、弱点・・・全てカンペキにするのは不可能とも言うべき難易度です。
このポケモンバトルの難しさと奥深さは、大人向けと言ってもいいほど。
ただ、ここまで奥深いと、前作で特にハマッていなかった場合は、飽きてしまうかもしれません。
また、やるからにデータ量が多いソフトですので、毎回よくうたわれる多少のバグは免れません。
しかし、通常にプレイしていてデータが消えるという致命的なバグはないし、
修復プログラムを配信したりという気配りがあるので、楽しむことに何ら問題はありません。
そして、ダイヤモンド・パールで一番進化した点といえば、Wi-Fi通信が可能なことですね。
周りにポケモン友達がいなくても、Wi-Fi通信によってポケモン交換が可能になり、図鑑完成も不可能ではありません。
対人戦ができる機会もかなり増えました。
Wi-Fiができなくても十分楽しめますが、Wi-Fiを楽しめばポケモン育成にとてもやりがいを感じるはず。
Wiiソフトの「ポケモンバトルレボリューション」と一緒に遊べば楽しさ倍増です♪
ポケモンシリーズは、じっくり遊ぶのが好きで、こだわりのあるプレイをしたい人には特にピッタリです。
他のゲームとは比べものにならないくらいのこの奥深さは、プレイすれば分かるはずです!!

初代を心から愛する人は

初代151匹+金銀261(?)匹を集めて、育ててて、戦って、
とても楽しい思い出が出来たポケモン。
(ルビー、サファイアはやったことはないのですが…)
そのポケモンが今回色々な面で大幅に進化すると聞いてDSと合わせて買ったのですが、
確かに昔の色を失わないようにグラフィックも大幅にキレイになり、タッチペンも使い、
どんな年齢層にも操作しやすく、なじみやすくはなっていました。
ですが根本的に失ってしまったもの。それがポケモンデザインだと思いました。
かつてのポケモンが進化すると聞いてとても心が躍っていましたが、
自分で育てて進化させてみて驚愕。
かつてのコイ●やエレ●ーなどのポケモンの進化後がゲテ物(笑)に……!
これは軽いショックを受けました。
無理やりモンスターの数を増やさなくても良かったのじゃないかな〜と思いました。
なので私のように初代を心から愛する人は、最初に覚悟しておかないと後で
同じ目にあうかもしれません……。
ですが、かつての遊んだ楽しい思いを思い出せたので☆4つとさせてもらいます。

若干気になる点を並べてみます

・リアルの時間帯によって出現するポケモンが違うこと
何作か前から導入されているシステムということですが、よくよく考えると必要あるんでしょうか?1つのゲームとして見た時、ただ単に面倒くさくなっただけのように思えます。ゲームに触れられない時間帯がある人もいるでしょうし、結局故意に時間をずらすという二度手間になりそうです。
・タッチペンの使える場面と使えない場面がちぐはぐ
フィールドの移動はボタンでしかできません。戦闘はボタンでもタッチペンでも可能ですが、タッチペンのほうが断然快適です。ポケッチという機能を付けたのも悪くはありませんが、結果タッチペンを頻繁に持ち変えるようになるのがちょっとまどろっこしく感じました。
・Wi-Fiコネクション
フレンド対戦はどこのポケモンセンターでもできますが、全国とのポケモン交換は最初のほうの町にある施設でしかできませんし、全国とのランダム対戦は殿堂入りしたあといけるようになるバトルタワーでしかできません。何でひとまとめにせず、わざわざバラバラにしたんでしょうか?フレンド対戦のように若干使用できるポケモンに制限を付けられるのなら殿堂入りしてなくてもランダム対戦できるようにしてほしかったです。
・戦闘の演出がちょっと懲りすぎ?
2〜3回くらいはいいんですが、何十回も見るとまどろっこしく感じてきて結局演出OFFにしちゃいます。ヘンに演出の長い技もありますし。全体的にもうちょっとテンポのいい演出が良かったですね。特に雨が降ってたりするのを毎ターンいちいち演出が流れるのがイライラしました。
こんなところでしょうか?途中で投げ出したくなるほどの欠点でもないので大丈夫だとは思いますが、ご覧の方に参考になればと思います。ゲーム自体はポケモンの集大成といった出来にふさわしいのではないかと思います。

任天堂も進化レベル   『LV82』

改造、シャクトレはマナーを守って欲しいもんです。ただそういったことを幼いうちに
身に付けられるってのはやはり時代の変化を実感させられますね。
多くのレビュアーいわく、「テンポが悪い」は確かにちっちゃい事かもしれませんが、
プレイ環境の視野としては最重要要素です。国民的ゲームであり、かつ戦闘がとにかく
多いこのゲームにとってはなおさらのこと。快適にプレイするためにもオプションで
もっと設定を変えたり出来ればよかったと思います。
 GTS(グローバルトレードステーション)で交換が全国規模になったのはほんと
素晴らしいですね。より図鑑が完成しやすく、よりコミュニケーションをとれるのは
どんな方法であれ大切な事だと思います。大切なのは相手を思いやる心理ですからね。
それがゲームを通してより可能になったのは大きく評価したいですね。
そういう点でもレアモンのホウオウ、パルキアとかと野生のただのビッバを交換するような行為はやめてもらいたいもんです。
 全国図鑑はたしかにすさまじいスケールで・す・が、400以上のポケモンをコンプリート
するのは99%無理でしょう。もう分かってるとは思うんですけど、ルビーやファイアレッド
といった前作からのポケモンをコンバート(古い言い方だよな〜)しないとならないため、
相手がいなければ買うしかありません。また特殊な期間に配布されたポケモンもいるため
今からでは手遅れな可能性がある。ただそんな人のためのキャンペーンも今後あるかも
しれないため100%ではないですけど。私は完全コンプリートなんかより、
ボイスチャットやコンテストなんかで楽しんだ方がいいと思いますけどね。対戦は
レベル指定しててもどんなに努力しても改造してるのには絶対勝てないですし。
大人も子供も目が疲れるから他のソフト以上にやりすぎ注意です。それとマナーを
守りましょう。説教じみてるかもしれませんが、それだけエゴな連中が多すぎる。

子供用だと決め付けるのは勿体ないですよ

私の家では家族皆で楽しんでいます。子供は勿論自分の友達とも遊んでいるので、時には子供のお友達と交換させてもらったりもしています。私は「作業」になってしまうと楽しさが半減してしまうタイプなので、のんびり進めています。偶然、色違いポケモンや出現率の低いポケモンを見つけた時は本当にワクワクします。やり込み派な人も私のようなあまりゲーム慣れしていない人も大人から子供まで本当に幅広く楽しめる優れたゲームだと思います。あと、音楽も良いですね。ひらがな大きめなのも目に優しく私は好感が持てました(^-^)

ポケモン初心者です。

テレビの宣伝が、気になり購入しました。ポケモンは子供がするゲームと思っていましたが、
ゲームを初めてみると、大人もハマります。
ゲームをしていて出会うポケモンがかわいいキャラクターが多い♪のは楽しめました。
最初から一緒に旅をするポケモンがだんだんと成長するにつれて、キュートさがなくなるのは
ちょっと残念でした。そのかわり、愛着が湧きます。
私は通信をしないので、通信すればもっと他のゲームも楽しめるんだろうな〜と感じました。
このゲームは結構奥が深いと思いますが、戦闘シーンがちょっと長いのが苦痛でした。
その他、話のストーリーなどは楽しめました。

WiFi通信は正直微妙

子供向け定番のシリーズだけあって、作りは丁寧。
ゲーム慣れした男性にもお勧めできます。
ゲームの内容は評価できるとして、WiFi通信でのポケモントレードは正直言って、使えません。
子供向け、と言ってしまえばそれまでなのですが、ほとんどのトレードが伝説のポケモンやレアポケモン、高レベルのものばかり。
同程度の交換条件を提示していれば良いのですが、初期レベルのポケモンで交換に望もうとする人ばかり。
自分が出品:所持しているポケモンの中から一匹、欲しいポケモンを今まで出会ったポケモンの中から一匹。
他人の出品を見る:自分の欲しいポケモン(出会ったポケモンだけが選択可)を1匹指定、検索して出品者の希望のポケモンを所持していれば交換成立。
このようなシステムなので、あまり多くの種類を持っていない序盤〜中盤にかけてはWiFiでのトレードはほぼ不可能。
欲しいポケモンが当てはまっても、出品者の希望はレアポケモンがほとんど。
中には、出品Lv8・希望Lv100の同種類。
出品ポケモンと希望ポケモンがいくらかけ離れようと、無条件に検索に引っかかります。
万が一の可能性にかける気持ちもわかりますし、取引についてよくわからない子供世代がターゲットの商品なのも事実ではありますが、この交換システムでは、なんらの魅力もありません。
果たして、どれだけの方が取引成立していることやら。
安心・安全・不便のこのシステム。
検索条件の指定が出来ればいいものを・・・。
友人との通信では、そこいらの事情は違ってきますが、それじゃ歴代ポケモンと何が違うのやら。

赤緑世代だけど

私は懐古主義的なとこがあり
赤緑が大好きです。
それでもダイヤモンドバージョンは奥が深くて面白いと思いました。
クリア後も楽しめるのがポケモンが広く愛される一つの理由ではないでしょうか。
今、19歳にもなって、またまたポケモンにはまってしまいました…

ぜひ昔のポケモンも

ゲームはやっぱりポケモン面白い。でも時代が変わり画像がきれいで、知らない人とも対戦交換できることが当たり前と思っている小さい子も多いと思います。そういう子にはぜひポケモンの原点の赤や緑もやってほしいです。どのように現在まで発展してきたか見て欲しいものです。昔は通信ケーブルなんてものがあったんですよ。
ポケットモンスター パール(特典なし)
ポケットモンスター プラチナ(特典無し)
ポケットモンスター ブラック
ポケットモンスター ホワイト