LOST&FOUND

LOST&FOUND

Attributes

ReleaseDate : 2006/09/16
NumberOfItems : 1
ItemDimensions : 0
SeikodoProductCode : OTCD-2095
PublicationDate : 2015-12-24
EANListElement : 4526180007319
Manufacturer : OCTAVE/REWOR"K"THEART,INC.
EANList : 4526180007319
Brand : Used Item
PackageQuantity : 1
Artist : オムニバス
Label : OCTAVE/REWOR"K"THEART,INC.
Studio : OCTAVE/REWOR"K"THEART,INC.
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,654
Publisher : OCTAVE/REWOR"K"THEART,INC.
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ARTIFACTS - IT'S GETTING HOT (K-DEF REMIX)
2 - CONSTANT DEVIANTS - CAN'T STOP
3 - COUNT BASS D - 7 YEARS
4 - AK SKILLZ - EAST TA WEST
5 - ABORIGINAL - KEEP IT HOT
6 - DA GRASS ROOTS - DRAMA
7 - I.N.I. - GROWNMAN SPOT
8 - GROOVEMAN SPOT a.k.a. DJ KOU-G - ONE WORLD IS...
9 - ROB O FT. PETE ROCK - SO MANY RAPPERS
10 - ERULE - LISTEN UP
11 - DRED SCOTT - CHECK THE VIBE
12 - ZION I - FLOW (REMIX)
13 - K-OTIX - FALLIN BEHIND II
14 - MAJOR STRESS - MORE AND MORE
15 - SHADEZ OF BROOKLYN - CHANGE
16 - SOUND PROVIDERS - THE FIEND
17 - GROUP HOME - EAST NY THEORY
18 - DIAMOND - HIATUS (REMIX)

懐かしい!!

アナログで買い漁った12インチ達が待望のCD化!
あの頃のUNDERGROUND HIPHOPは心の支えでした...
BLAST掲載の当商品の広告でAK SKILLSの名前を見た瞬間に予約してしまいました。
30代には堪らない珠玉の名曲集かなと。
権利関係が難しいかもしれませんが、まだまだCD化してもらいたい
12インチは沢山あります。幻のSHOW&AG "underpressure" 等々...
第二弾を期待します!!

一貫したコンセプト

”フロア志向”の名のもとに珠玉のクラブクラシック(=定番)を集めたコンピレーション。
収録曲は古いものだと10年くらい前のものから、Sound Providers等のタイムリーなものまでと幅広く網羅してある。
それにも関わらずアルバムとして驚くほどにまとまっているのは、売れ線だけを狙った選曲とは違い、
根底に一貫したコンセプトがあるからだろう。
収録されている全18曲は今も昔もフロアを湧かし続けてきたというだけあって、聴いてると自然と体が揺れる。
全体を通して独特の浮遊感を醸し出しており心地良い。ヒップホップを聞かない人でも耳に馴染む音だと思う。
加えて、無駄な音が一切ないから聴いていて疲れない。
収録されているトラックの多くは流通の壁に拒まれて市場にはあまり出回らなかったものがそのほとんどで、
今、この18曲全てをオリジナル盤で揃えるのは困難極まりない。
そういう意味でもこのアルバムのもつ価値は実に大きい。

すべての曲が素晴らしい!

 全部で18曲あるが、どれも素晴らしく、質の高いHIP HOPが聴けるアルバムだと思う。特に良かったのは14「 MAJOR STRESS - MORE AND MORE 」。暖かみのあるトラックもいいし、RAPも明るくて良い。この曲がきっかけで「MAJOR STRESS 」のアルバムを探したが見つからず。他には 6「DA GRASS ROOTS - DRAMA」、15「SHADEZ OF BROOKLYN - CHANGE」、11「 DRED SCOTT - CHECK THE VIBE」が良かった。でもアーティスト自身は、僕はけっこうHIP HOPは聴いてきたけど、知らない人ばかり(曲の雰囲気からして90年代前半だとは思うが)。つまり、それだけマニアックなアルバムまでチェックしてこのコンピアルバムを作ってるということだと思うし、このアルバムを作った人の本気度というか、真剣さが伝わる。実際、本当にどの曲もいい。
 また、SOUND PROVIDERSやCOUNT BASS Dなど最近のアーティストの曲も入っているので、このアルバムを聴いて興味を持った人は、彼らのソロアルバムもかなりいいので聴いてみて欲しいと思う。
 あとはGROUP HOMEの「EAST NY THEORY」もかなり良かった。GROUP HOMEのアルバムは聴いたことあるけど、そのアルバムはDJ PREMIERのプロデュースだったので、JAZZY路線の曲もやっていたのは意外だった。この曲は何のアルバムに入っているかはわからなかったけど。

よく見つけたね

アーティストの半分知りません。
知らなくて当然、このアルバム、
ヒップホップジャンキーと思われる方々が一生懸命探して、版権獲得して
「ちょっとちょっと聴いてみて、これは良い曲だよ。知らないでしょ?」を
1枚のCDにパッケージしてくれた、ありがたいコンピアルバムなんです。
聞く耳を選ばず、質の良いHIPHOPを提供してますヨ。

これこそ真のオムニバス

近頃の日本のオムニバスといえばグラミー受賞作品集や、一発屋のパーティーチューン集などhiphopについて無知の初心者が聞くような安っぽいものが多い気がします。オムニバスを多く売りあげるにあたってそれはそれでしょうがない事なのかもしれませんが。。しかしこの商品ほど渋く、奥深いクラシックを追求したオムニバスを久しぶりに見つけました。巷では、まだまだスキルの浅いJAZZYネタを使用しているラッパー達を「素晴らしい素晴らしい」と評価している方も多いようですが少し勘違いされているのではないかと思います。このアルバムに収録されている楽曲こそが真のJAZZY hiphopなのではないでしょうか。コアなhiphopファンにとっては素通りできないアルバムです。
LOST & FOUND 3
LOST & FOUND 2
エンタ・ダ・ステージ
To Pimp a Butterfly