Leave Before the Lights Come On

Leave Before the Lights Come On

Attributes

ReleaseDate : 2006/08/12
NumberOfItems : 1
Artist : アークティック・モンキーズ
Label : Hostess Entertainment
Format : Single
Format : Maxi
Studio : Hostess Entertainment
SeikodoProductCode : HSE-10035
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 977
PublicationDate : 2006-08-11
EANListElement : 4582214500942
Manufacturer : Hostess Entertainment
Publisher : Hostess Entertainment
EANList : 4582214500942
NumberOfDiscs : 1
Brand : Hostess
PackageDimensions : 1650413480

広告タグの取得

収録曲: 1. Leave Before the Lights Come On / 2. Put Your Dukes Up John / 3. Baby I'm Yours

今までにないLyricかも。

Leave Before〜は2ndに収録されてないシングルなんだが、とにかくパンキシュでありながらアークティックらしい曲。
1stにいれてればもっと良かったのに!って思うほど名曲。多分2ndに入れたら浮くから収録しなかったのかもしれない。
この曲では歌詞がミソ。愛の無いセックスに対する辛さと悲しみをアレックスらしく皮肉ぽく歌っていて良くできている。
Kings of Leonみたいにティーンエイジ引っかけてヤッたぜ!みたいな曲が典型的なロックなのにアレックスはロックを奏でながら熱烈に批判する。
僕ら十代が本当に好きな人とエッチしたいみたいなそんな無垢な気持ちをアレックスが代弁してくれた気がする。
他Bsideも普通に良い。とくにbaby I'm yoursは何回も聞きたくなるくらい良いカバー。

アークティック・モンキーズ好きなら♪

1stアルバムには収録されていませんが、他のシングル曲に全く引けを取らない曲です。
アークティックモンキーらしいギターをメインに、ベースはシンプル。
ギターがカッティングが印象的に使われており、リズム重視ではなく、曲として丁寧でさわやかな印象です。
カップリングは2曲ともカバー曲らしいんですが、正直アルバムの曲ほどではないです。
カバー曲といったこともあって、少し違った印象を受けます。
でもしっかりと「らしさ」は出せていると思います。

踊れるポップなダンスナンバー

表題曲は1stアルバムリリース後に発売されたニュー・シングルだったにもかかわらず、
2ndアルバムに入らなかった踊れるポップなダンスナンバー。
確かに2ndアルバムの雰囲気には合わないので入れなくて正解だったかも。
2曲目の「Put Your Dukes Up John」はThe Little Framesのカバー曲。
終始流れるメンバのバックコーラスが新鮮。これまたライブでは盛り上がりそう。
カバー曲とは思えないくらいArctic Monkeysらしい曲。
3曲目の「Baby I'm Yours」はこれまたカバー曲(Barbara Lewis)。
これはArctic Monkeysらしからぬオーソドックスなバラード曲。
この曲だけはいまいちピンときませんでした。
アルバム未収録のシングル曲ということでファンならば
買ってもよいかもしれませんが、オリジナルの新曲が1曲のみということで★4つ。