アオゾラペダル

アオゾラペダル

Attributes

ReleaseDate : 2006/08/02
NumberOfItems : 1
Format : Single
Format : Maxi
SeikodoProductCode : JACB-3
PublicationDate : 2006-08-01
EANListElement : 4580117620736
Manufacturer : ジェイ・ストーム
EANList : 4580117620736
Brand : ジェイストーム
Artist : 嵐
Label : ジェイ・ストーム
Studio : ジェイ・ストーム
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 1,234
Publisher : ジェイ・ストーム
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 3155918488

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - アオゾラペダル
2 - Kissからはじめよう
3 - 夏の終わりに想うこと
4 - アオゾラペダル (オリジナル・カラオケ)
5 - Kissからはじめよう (オリジナル・カラオケ)
6 - 夏の終わりに想うこと (オリジナル・カラオケ)

すてきな嵐のアンサンブル「夏の終わりに想うこと」

「夏の終わりに想うこと」が欲しくて、このCDを買いました
どのアルバムにもDVDにも載っていなくて、探すのに苦労しました
この歌は、遠い昔、学生時代、主人と出会った頃そのままで、この歌を聞くたびに胸キュン!となります
こんなこともあったなぁ…な〜んて
大野さんの甘いテナーがすてきで、彼を今まで知らなかったことは、不覚ですね
他の皆さんもそれぞれの思いを込めて歌っていて、このようなコーラス&ハーモニーを保てば、嵐はきっとダンスも得意なすてきなアンサンブルシンガーとして活躍できると思います
他の歌はあまりぴんときませんでしたが、この歌だけでも充分すぎるくらいです

シカオの詩人としての力量

今作では嵐が持っている要素に、スガシカオ独自の「痛み」や、
「儚サ」からくるある種のエグさをミックス。
嵐が元々もっているキュートで爽やかや要素とあいまった結果
スガシカオを丸くしたような… 言うなれば
少年スガシカオ(通称:SSS)的な塩梅に整えられた模様。
わかりにくいですかね。。
まぁ、端的に言えば嵐もスガシカオもどちらもオリジナリティを発揮し
両要素の美味しい部分がギュッと調和されています!非常にナイス。
胸キュンとはまた違った、爽やかな切なさが胸を痺れさせる。なのに心地よい。
歌詞も、ハチクロ的ニュアンスを想起させる、紗がかかったような
ぽわ〜んとした空気感を滲ませつつも
やっぱりどこかハートの痛いトコロをつっつかれるようなエグさがあり、
否応なく青春を感じさせられます。
非常にキレイにまとめられているのに、言いたいトコロはきっちり語られてる印象で
和えて他の歌い手に託したコトで、シカオの詩人としての力量を
シッカリと確認するコトができます。
またメロディーもしかり。
そしてそれに答えるように嵐の歌声とキャラクターが見事に
楽曲に這わされていて、好感触。
大野くんを中心にしつつ、それ以外のメンバーの不器用そうで、かつ、
青くさい感じも、曲にあい相乗効果!
とにかく嵐のいい部分が、じんわり味わえる佳曲に仕上がっているので、ZEHI☆
夏の夕暮れ時、
自転車を漕ぎながら聴くと予想以上に染みる。。
お試しアレ!
((タイトルも秀逸!))

隠れた名曲

嵐が好きで、通常版はいつでも買えるし最初に初回のA・Bを買いました。きのうやっと買うことができて、聞いた時凄い衝撃を受けました。3曲目の『夏の終わりに想うこと』という曲が凄く良かったからです!!3曲の中で1番良かった!!これは聞かないと損です!

良いですね(^^*)

スガシカオさんファン&ハチクロファンなので購入です♪♪
あ〜嵐っぽい!!っていう歌ではないですが、さすがスガさん!!胸にキュンときます。素敵です。
嵐ファンの方はもちろん、スガさんファンも買いですね。嵐の良さも十二分に出た一枚で、嵐の代表作になること間違いナシ☆☆

歌そのものはいいんだけれど・・・。

曲は好きです。
が、果たして何パターンもCDを出す必要があったのでしょうか。
あからさまに「1人が複数枚買って下さい」という拝金主義丸出し。
何パターンも出さなくても、十分に素敵で売れる歌だと思うので、
そこがとても残念でした。

嵐シングル集めtてます!

最近、嵐のシングル・・・カップリング曲がいいので気になりだして集めてます☆
ちなみに、このアオゾラペダルに関しては、3パターンの発売でAはプロモ、Bはメーキング、そしてこの通常版はジャケットがアルバム仕様になっていてナイスです!

せつな〜い。

あのスガシカオさんに、「悔しいけど自分で歌うよりも、嵐のみんなに歌ってもらった方がいい曲になるんだよね」と言わしめた一曲。
超話題作『ハチミツとクローバー』のED曲です♪♪
OPをスッピツさんが歌っておりますので、劇場に足を運んだ方は両方買いなんていかがでしょうか???
嵐の世界を覗いてみたくなった方は、発売中の『ARASHIC』もどうぞ。
☆4つは、まだ聞いたことがないので…(-_-;)

夏始まり→真夏→夏終わり

『アオゾラペダル』はハチクロ主題歌でスガシカオさんが手掛けた事だけあってスガさん世界が出てて,爽やかな夏の始まりを感じる曲になっていて懐かしさを感じます。
『Kissからはじめよう』は前回に引き続き8x4のCMの曲で、夏まっ盛りの曲でメロと詞が可愛く出勤,通学前の朝には最適(^O^)/
『夏の終わりに想うこと』は通常盤特典の曲でタイトルの通り夏の終わりを想わせます,また今回の詞を担当したのは【ARASHIC】で『キャラメル ソング』を手掛けた小川貴史さんで『キャラメル ソング』同様に可愛いけど切ないメロと歌声に泣きそうになりました。
今回イチオシの曲です☆
ぜひ買って今年の夏を乗りきって欲しいですね。最近は大人にまとめた嵐の成長が見えますよ!(b^ー°)
Step and Go(初回限定盤)(DVD付)
サクラ咲ケ
Troublemaker(初回限定盤)(DVD付)
マイガール【初回限定盤】