ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(3) ウルトラセブン

ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(3) ウルトラセブン

Attributes

ReleaseDate : 2006/07/26
NumberOfItems : 1
Format : Soundtrack
SeikodoProductCode : COCX-33798
PublicationDate : 2006-07-25
EANListElement : 4988001947073
Manufacturer : 日本コロムビア
EANList : 4988001947073
Brand : コロムビアミュージックエンタテインメント
Artist : TVサントラ
Artist : みすず児童合唱団
Artist : ジ・エコーズ
Artist : 森の木児童合唱団
Artist : ビッグ・ライツ
Label : 日本コロムビア
Studio : 日本コロムビア
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,160
Publisher : 日本コロムビア
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - メインタイトル|ウルトラセブンの歌(TVサイズ)
2 - 地球防衛軍基地
3 - ウルトラ警備隊(カラオケ)
4 - 侵略者の影
5 - ウルトラホーク発進
6 - 宇宙怪獣の脅威
7 - ウルトラセブン登場
8 - 平和
9 - ULTRA SEVEN
10 - 予告編用音楽
11 - 宇宙
12 - 異次元
13 - SEVEN’S CHAMBER MUSIC
14 - 不安
15 - 沈痛
16 - クラタとキリヤマ
17 - ウルトラセブンの歌・PART2(カラオケ)
18 - 大激戦
19 - ウルトラセブンの歌(カラオケ)
20 - Holiday
21 - ポインター
22 - セブン暗殺計画[前篇]
23 - セブン暗殺計画[後篇]
24 - ウルトラセブン・勝利の時
25 - ノンマルトの使者
26 - 史上最大の侵略
27 - ウルトラセブンの歌

いいんだけど・・・

 以前、キングレコード、vapより発売されてたのですが、すでに前者は廃盤にもなっているし、vapより出てたものは1,2と未収録編とあり入手しにくいかもしれないので、本CDシリーズはウルトラシリーズのサウンドトラックを求めてる方にはお薦めですね。
 ただ、トラック1つに数曲入っていて、それらを別々に聞きたい人にとってはチョット残念。でもディスクもカッコいいし、安いし、ファンなら買いですよね。

オレ的最高傑作のサントラ(異論は認める)。全27トラック64曲、約75分収録。

現在、毎週出ている《ウルトラ1800》DVDを買って見ていくうち、やっぱりサントラも欲しくなってしまい購入することに。
まず、CD本体のデザインがシンプルながら実にカッコいい。オレは再放送で見た世代だが、これを見ていると何故か“タケダタケダタケダ〜♪”、と歌いたくなってしまう。
表紙を入れて全12ページのブックレットも、内側のページはすべてモノクロながら、作品そのもの、および個々の楽曲について詳細に記されており、読みごたえがある。
基本的にはモノラル録音で、「メインタイトル」「ウルトラ警備隊(カラオケ)」「ULTRA SEVEN」「ウルトラセブンの歌・PART2(カラオケ)」「ウルトラセブンの歌(カラオケ)」そして「ウルトラセブンの歌」のみステレオ。もちろん全曲オリジナル音源で収録。
ある程度の劣化は覚悟していたが、予想以上に音質は良好だ。
内容的にも「これだけは」という楽曲がほぼしっかりと収めてあり(第12話の喫茶店のシーンが初出だったという曲なども地味に収録。ただ入ってなくて残念だったのは「ウルトラ警備隊」の牧歌的なアレンジ版ぐらいか。収録時間からみても、これ1曲入れる余裕はあったはずだけど…)、よっぽどマニアな方でない限り、十分納得のいく1枚といえるだろう。
勇壮な楽曲に心を奮い立たせるもよし、最終回関連の楽曲を聴きつつ、そっとひとり涙するもよし。
“セブン”の音楽に身も心もゆだねて、ひととき、幻想紀行を楽しんでみてはいかがだろうか。

高度成長期の勢いを感じる名作

「平和」は土曜日の朝に聴きたい。
「ULTRA SEVEN」は出勤途上の満員電車で聴きたい。(1,2,3,4,Ultra Seven♪)
「ウルトラセブン登場」は出社時に聴きたい。
「ウルトラ警備隊」は営業外回りの時に聴きたい。
「クラタとキリヤマ」はライバル同期との勝負のときに聴きたい。
「ウルトラホーク発進」は客先重大プレゼン前に聴きたい。
「ウルトラセブン勝利の時」はプレゼン勝利の時に聴きたい。・・・
「史上最大の侵略」は会社を辞めるときに聴きたい。
「ボクはウルトラセブンなんだ!!」
高度成長期の勢いを感じる名作。あのとき、未来は明るかった。ジュワ!!

冬木透登場

冬木透さんの名前を意識したのは、高橋英樹さん主演の「判決」でした。
国立音大からTBS社員を経て音楽家という異色のキャリアを持つ同氏の音楽は、スケール感が素晴らしい。
国立音大卒の音楽家は、他に久石譲さんや大島ミチルさんとかも。
今、ウルトラセブンのBGMを聴きながら『ウルトラセブンは確かに交響曲なんだ』と思うことしきりです。
何度も聴いていいたら、16曲目の「クラタとキリヤマ」にはまってしまいました。
第13話「V3から来た男」にしか使われていない楽曲ですが、聴いているうちに『戦闘シーンなのに、なんてのんびりしたBGMなんだろう』と、子供心に違和感を感じたことを思い出しました。
音楽って素晴らしいですね。何十年たっても、記憶が蘇るのですから。

クオリティ高い傑出曲目白押し!特に泣き系曲は絶品。但しその殆どがモノラル音ですが・・・

セブンのサントラがリマスターで再発売。さすが低音もしっかり出て、小さい音でもよく聞こえるのですが、3曲目のウルトラ警備隊(カラオケ)、9曲目のURUTRA SEVEN、19曲目のウルトラセブンの歌(カラオケ)、27曲目ウルトラセブンの歌のみステレオ音で、それ以外の殆どの曲がモノラル音になっているのでご注意を。セブンのサントラは恐怖、意気軒昂、戦闘、泣き系の曲のメリハリが非常にはっきりしていて、曲を聴くだけでシーンが浮かび上がる程クオリティの高い曲が多く、それ故に新マン、エース、レオでも使用されています。それは映画等も含む幾多あるサントラの中でも傑出した存在で、個人的には世界レベルだと思っています。ただこれもその殆どがモノラル音なので、モノラル嫌いな方にはおすすめできません。

まさにこれがセブン!

27曲しか入ってませんが、1トラックにいくつか曲が入ってるので実際は30数曲くらい入ってます。「殿堂入りすべき曲が入っている」がこのシリーズの特徴なので、他のサントラのように不必要な曲(聴いててもつまらない曲)は一切入ってません。どれもこれも思わずノッてしまうものや場面が頭に浮かんでくる曲ばかりです。ただ、昔の作品故にヘッドホンで聴くと音トビやノイズが気になってしまうのもあります。貴重な音源らしいのでそこは我慢しましょう。私に言わせれば、かえってその方が「味がある」と思いますけどね。

買い物の楽しさを感じさせられた一品

僕は「取り寄せる」っていう言葉の響きが大好きです。CD屋さんに売ってなかったので取り寄せてもらったんですが、「ご注文の品が届きました」の電話をもらったときは胸が高鳴るおもいでした。次の日にCD屋さんに直行しようと思ったんですが、あいにくその日から夏期講習がありまして、もうすぐ手に入るかと思うと落ち着くことができず、授業中ずっと興奮してそわそわしておりました(+_+)  そんなこんなで夕方になって自分の部屋に閉じこもり、母に気付かれないようにそっとコンポにCDを挿入すると…まさにそこは僕だけのウルトラワールド!組まれた曲すべてが名曲!自分の知ってる曲!!  なんなんだろう、この気持ち。「この曲が学校に流れたらいいな」とか「今度の文化祭のBGMに流れたらな」という、他人からすればムチャクチャな考え…。このCDを買ったひとは必ずそういう気持ちになります。すでに共感してくれた人もいるのでは…? セブンが少しでも好きな人は絶対に買ってください!

いいと思います!

ウルトラシリーズのBGMサントラは色々出てるがこれもいいと思います! まずセブンのBGMの一部は新マン、Aにも流れており他のこの商品とあわせて買うとさまになるしコレクションにもなる。収録曲もよいです。 特にセブンファンは買うべきですね! ただ一つだけ残念だったのがトラックごとに曲がまとまっており聞きたい曲がトラックの最後らへんだったりと全部別個にしてほしかった。 でも、ボクはウルトラファンなのでそれでも星は5です!何なら7でもいいです!
ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(2) ウルトラマン
ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(4) 帰ってきたウルトラマン
ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(5) ウルトラマンA
ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(7) ウルトラマンレオ