グローランサーV ジェネレーションズ(限定版)

グローランサーV ジェネレーションズ(限定版)

Attributes

ReleaseDate : 2006/08/03
Platform : PlayStation2
ItemDimensions : 0
Manufacturer : アトラス
EANListElement : 4984995900148
EANList : 4984995900148
CatalogNumberList : SLPM-66249
Brand : アトラス
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : アトラス
PartNumber : SLPM66249
Studio : アトラス
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 8,618
CatalogNumberListElement : SLPM-66249
MPN : SLPM66249
Publisher : アトラス
Edition : 限定版
PackageDimensions : 7175640535
SKU : FY-3380-PEEG

広告タグの取得

新品未開封品ですが、シュリンクにダメージがある場合もございます。ご了承くださいませ。

う〜ん、惜しい

私は結構好きなんですが、どうも評判が宜しくないようで。
と言うのも、皆さん言ってる通りロール1〜4が長いのが困りものです。
二週目からは選択出来ればよかったのに。
あと、戦闘システム。私的な意見を述べると、ミッションは結構スピーディーに進むもののザコ戦は最低。
少しでもこちらを認識すると怒涛の勢いで迫ってくるのですよ。前作までは画面内の敵さえ倒しゃよかったものが、マップ内の敵を全滅させなきゃ勝利にはならない。別に他のマップに移動してもいいけど、それじゃ逃走扱いになる(経験値も金も入るけど・・・)
そして、イベント戦闘でも言える事なのですが、やたら敵が回復するわ特技使うわでストレスが溜まります。これらの頻度はシリーズ最高ですね。こんなもん最高にならんでええっちゅーの。ついでに、敵が束になって掛ってくる仕様は非常に悲しいです(システム故)何で毎回フクロにされなきゃならないの?
ついでに休暇イベントが無い。解散して仲間と話す機会は多いが、それだと休んでる気がしない。働き詰な今回です(笑)
と、私的な不満点を挙げて来ました。
勿論、いいところはいいですよ。例えば、オープニング。これは間違いなくシリーズ最高でしょう。
主題歌も、主人公が歌ってるんじゃないかと錯覚するくらいピッタリな曲です。
そして、ストーリーですが、こちらもシリーズ1、2を争う程奥深いです。主人公の影が薄いとか、数回会っただけで親密になるキャラがいたりとか、エンディングがショボいとかの不満点はありますが・・・って、全然褒めてないな・・・。
システム面での不満が顕著に出てしまった故不評な作品ですね・・・。実に惜しい。

何度もプレイするゲームなのに

まずは、戦闘シーンですがシリーズ初の3Dにしたせいか、テンポが悪いです。(ロール5に行く頃には慣れてしまいます)シナリオに関しては、一回クリアすると、ロール1からロール4が同じ事の繰り返しになるので、邪魔になります。今作は、一度クリアしても、二週目のロール5に行くまで武器、防具、道具は持ち越せ無いかも?何度もプレイするには、少しキツイので星三つです。

全体的にしっかり作られていなくて、中途半端な出来

まず、戦闘面ですが、イベント戦闘はシリーズ最多で、どれもこれも相変わらず頭を使わさせられる、難易度の高い物に仕上がっていて、イベント戦闘は良かった。
しかし、特技を出す・魔法を使う・トドメを刺す度にいちいち数秒止まり、非常にテンポが悪く、イライラさせられる。特に、物語の進行上ザコ戦を頻繁に行わなくてはならないのに、こんなに何度も止められるんじゃスムーズに進めないどころかストレスが溜まる。
初の3D化をしたグラフィックの面ですが、なんて言うか、時代に乗り遅れたって感じのする、PS2初期の3Dゲームみたいな粗いグラフィックで残念。
元々このシリーズのグラフィック面にはほとんど期待してはいなかったのですが、せっかく3D化したんだから、もっとイベントでキャラに派手なアクションをさせたり、演出面を強化させて欲しかったです。
また、このシリーズの魅力と言って良い、うるし原氏の描くキャラクターや、そのキャラクターとの恋愛要素についてですが、キャラクター自体にほとんど魅力を感じない上(これは個人的意見ですが)、全年齢対象になったせいか、今までは物語の途中にちょこちょこあった仲間との親睦を深める休暇イベントなんかも無くなり、ラスボス後に仲間との後日談なんかもあるんですが、「え?どうしてこの人たちこんなラブラブになっちゃってるの?」って感じでした。
ストーリー面は、やっている間はのめり込めたのですが、いざクリアしてみると、消化不良な部分が多々あり、もったい無かったです。消化出来ないなら、意味深に色々広げないで欲しい。
非常に惜しい作品でした。やっている間は決してつまらないとは思わなかったので。
キャラクターの魅力やグラフィック云々はともかく、もっと全体的な中途半端さを無くせば、もしかしたら良作の部類に入れたかもしれません。
次回作に期待、といったところでしょうか。

無題

3Dになったのが痛いです。
キレイなら別にそれでもいいのですが、うるし原先生の絵を無理矢理3Dにした為
針金人間のいっちょあがりです。
素直に2Dのままじゃあ、駄目だったのかなぁ?
スタッフが3Dに慣れていないからか、カメラの位置も効果的とは思えません。
ですから、グラフィックに関しては駄目ですね。
音楽は・・・まぁ、いいですね。
サントラを買いたくなるほどいい曲はありませんけど。
ストーリーは・・・微妙。
やはり、主人公(?)がたくさんいるのが敗因か。
今までのシリーズと比べて大雑把になった気がする。
ああ、1の時のような素晴らしい物語をもう一度!
ドラマチックが止まらない!そんなストーリーをもう一度!
ゲームはまぁまぁ。
ロジックも面白いし、戦闘もまぁまぁ。
総評としてはグローランサーっぽい別のRPG。
ゲーム自体のデキはそこまで悪くないのだが、他の要素がマイナスしまくり。
2Dから3Dに移行したのがすべての原因か。
次回作を作るなら、2Dに戻して、主人公も一人だけにしてほしい。
グローランサーシリーズが大好きだッ!という人にはお奨めできない作品。

う〜ん微妙・・・かなぁ・・・。

原画家のうるし原氏のイラストが好きで1から購入していますが・・・今作はシステム的に微妙ですね。
しかも中途半端な3D化によってマップ移動が不便に、特に奥行きのあるマップではどこまで移動できるかなどが分かりにくくなりました。
スキル関係もフロー形式になりましたが、正直面倒です。
反面、グラフィック・映像関係においては良作なので、一見の価値あり、かと。

中途半端

キャラクターデザインは相も変わらず、むしろ進化していてよいのですが、I〜'Wをとおして
プレイしてきたのは、シナリオと戦闘がおもしろかったからです。
でも、今回のVは…
等身をあげている時点で、方向性に疑問を持ちます。
乱戦などでは慣れてないと直ぐに全滅ですし。(とにもかくにも見づらい)
コンプリート条件など、ほとんどわかりません。
マニアユーザー重視に方向を変えたのかと思いましたよ。
それぞれのロールがあるのも悪くはないんですが、RPGは主人公あってのもの。
今回は影が薄かった。
シナリオは、Vまであるなかで下から2番目です。
次回に期待ということで星は3つにしました。

普通のRPG

グローランサーシリーズだと思って過度に期待すると、
ちょっと痛い目を見るかもしれません。
今回、ツリー・フロー・プレートといった新システムを導入しましたが、
ロール1は持ち越しなし、
ロール2,3はある程度完成されたキャラを使うので、
ロール4,そしてメインの5に至るまでには、システムに慣れることができます。
しかも、話に無理がなく、むしろ自然な流れで進んでいるところが秀逸です。
今までの作品と違って、
戦闘中にフロー変更したり、忙しく仲間に指示を出せねばならないので、
個人的には、その戦略を立てるのがとても楽しかったです。
しかし、AIの思考が単純なので、慣れてくるとイマイチです。
AIの穴を突けば、簡単にミッションコンプリートできてしまいます。
また、硬直時間や、移動速度の遅さ、非戦闘時の魔法詠唱など、
せっかくシームレスにしているのに、こういった部分でテンポを悪くしています。
ストーリーも、今までの作品に比べると普通のRPGみたいで、テンポが悪いです。
スタッフの方々も、納得いかないまま出してしまったのではないでしょうか?

試験的?な出来。

なんか作りかけで中途半端なまま商品化したような作品…なにかとアラが目立つ。
マップ全体をつかっての戦闘は戦略性があって楽しいですが、画面の硬直が激しすぎます。キャラが消えるたびにそちらにカメラがうつり硬直…正直イライラします。
あと、お金…あまりにもたまらなすぎです。普通に道の雑魚を蹴散らしてるだけでは装備がまともに揃えられません。
メーカーではテストしないのですかね?

ノンストップ≠V

ほぼクリアした感想。
→良い点
・キャラが等身大になりビジュアル面は萌え易い(バランスは少々おかしいが)。
・物語が多角的。
・所々のアニメーションは結構綺麗(4リターンのとは雲泥の差)。
・Lvはすぐ上がる。
→悪い点
・戦闘で行動順が回ったキャラにいちいち視点が行く&魔法エフェクトのショートカット不可(ムービーは可)。
・敵の恐ろしいまでの回復魔法使用率(ザコ敵までうざいくらい使う)。
・ダンジョンや街中での出入口が判りづらい。
・次に何をすればいいのか解りづらい。
・お馴染み休暇イベントが殆ど無い。
・っていうか話短いし主人公の影が薄い。
まあこんなところでしょうか。何度も思いましたが3Dにしたんだから手動で視点切り替えくらいさせてほしかったですね。
購入迷っておられる方には中古をプレイされることを奨めます。

今までのシステムの方が良かった

1作目からずっとプレイしてきましたが…。今回のシステム変更は失敗だと私も思います。護衛などのミッションが多いため仲間が勝手に行動するのははっきりいって迷惑。(仲間を移動指示で操作しても勝手に近くの敵を攻撃とか)主人公だけ微妙にアクションRPG操作も仲間に指示をしてたら自分はボーっとしているだけになってしまう。コンプリート条件も確認しにくい。スキルプレートも後半になると見にくくて、何を覚えているのかわかりにくい。ストーリーも戦闘も元々面白いのだから次を出すならぜひとも元のシステムに戻してほしいです。

特徴

初回限定版

特徴

オリジナルドラマCD同梱
グローランサーVI プレキャリウス ワールド
グローランサーIII(通常版)
グローランサーⅡ
グローランサーIV Return