ガラスの華 DVD-BOX

ガラスの華 DVD-BOX

Attributes

ReleaseDate : 2005/11/29
NumberOfItems : 10
Label : ビデオメーカー
Studio : ビデオメーカー
Type : Unknown
SeikodoProductCode : IMXVD-10791
ProductGroup : DVD
PublicationDate : 2012-05-26
EANListElement : 4582174290143
Manufacturer : ビデオメーカー
RegionCode : 2
Publisher : ビデオメーカー
MediaType : dvd
Language : 韓国語Unknown
EANList : 4582174290143
Actor : イ・ドンゴン
NumberOfDiscs : 10
PackageDimensions : 9411502031055
Languages : 韓国語Unknown
Name : 韓国語

広告タグの取得

いいのはドンゴンだけじゃないですよ。

ドンゴン狙いで観ましたが、意外にいいのが三銃士の一人を演ずるソンスです。
初めて観た時は変わった顔だなあ・・と思ったのですが回を重ねるごと何か気になります。
ピのフルハウスにも出てますね。
そう、ガラスの華ですが指パッチン(?)をしながら颯爽と歩くプレイボーイ風のドンジュ(ドンゴン)がジス(ハヌル)と12年ぶりに再会し、見事誠実な男に。
複雑な事情もからまり飽きさせません。
ありえないのにどっぷりとはまってしまうから韓国ドラマは不思議。
確かにドンゴン歌う挿入歌がよく、結局ドンゴンのCDまでを買う羽目になってしまいました。

続きが見たくなるドラマです!

人によって感じ方など違うと思いますが、ガラスの華良かったです!韓国ドラマってどうしてこんなにはまってしまうのでしょうか?!日本人にはない優しさや体格など惹かれるものばかりです!このドラマでドンゴンssiが主題歌を歌っていますが、またこれが最高に良い歌です!サントラも合わせて良かったです!

イ・ドンゴンのさわやかな御曹司ぶりに注目

ドンジュ、ジス、ギテの3人が織り成す、愛と友情の物語。
幼馴染の3人は、かつて”三銃士の誓い”を誓い合った仲。それは、”ドンジュがいない時はギテがジスを、ギテがいない時はドンジュがジスを守る”という誓いであった。しかし、ある日ジスが落としたオカリナを拾おうとしてドンジュが川へ流されてしまい、そのまま行方不明に.....。その後、時は流れて12年後。カメラマンとなったジスは、ある日、売れっ子女優のスヨンのスキャンダルを追いかけるために日本へ。そこでスヨンのスキャンダルの相手である在日韓国人実業家の御曹司、山本祐一と出会う。運命的な出会いを感じ、惹かれあう2人。しかし、祐一こそが、12年前に亡くなったと思っていたドンジュであった....!!
韓国で運命の再開を果たす3人。ドンジュとギテは、友情との板ばさみに悩みながらも、ジスや仕事をめぐって対立する。その上、ジスの父親の秘密が発覚、さらに、ギテの体に病魔が忍び寄る.....。ストーリー自体は、韓流ドラマにありがちなメロドラマ風で、特に目新しいところはありません。このドラマの見所はなんといっても、イ・ドンゴンのさわやかな御曹司ぶりでしょう。日本人”山本祐一”として出演していますし、神戸のおしゃれな町並みがよく似合っていて、演出効果抜群です。ラストは、ドンジュが三銃士の誓いを胸に秘めながらも日本人山本祐一として生きていく決意が感じられます。いわゆる”アンハッピーエンド”なのですが、なんとなくさわやかさがあり、これはこれでいいかな、という気がします。

ひと晩で一気に見た。

ドラマはたいてい途中で飽きるタチですがついひと晩で全部見てしまうほどおもしろかった。ハッピーエンドじゃないときいていたが見終わって納得。これでは普通の神経なら幸せになれません。物語全般に何か宗教的な意図を感じます。幸福は罪で購えるか?かな。主要登場人物は幸福になる為自覚の有無に関わらず過去に何かしら罪を犯し、きっちりその代償を払わされています。何か見えざる手に導かれるように。この作品は観る者を思考の沼に落としてしばらく立ち上がれなくさせます。単なるスタードラマではなく腹くくって観る価値あり。

日本の韓ドラファンを意識した作品?

突然の別れから月日が流れてというパターン、プチ記憶喪失、ちょこっと複雑な人間関係、不治の病を予想させるシーンなど、韓国ドラマのエキスが強すぎず弱すぎず、適度に散りばめられた韓ドラファンじゃなくてもはまってしまうこと請け合いの出来栄えです。
神戸を舞台に撮影されているシーンもあり、韓国に造詣の深い女優の黒田福美さんや韓国で人気の日本人女優苗木優子さんが出演しているというのは、日本人の韓国ドラマファンにとっても興味深いことです。
さらには、イ・ドンゴンが日本人山本祐一を演じ、ヒロインにはキム・ハヌルとくればロマンチック路線一直線かと思いきや、キム・ハヌルは勝気で元気一杯の女性を演じておりまして、味な作品に仕上がっています。韓ドラ入門の方にオススメです。

イ・ドンゴン主演ドラマ。日本語べらべらを演じるドンゴン氏必見。

キム・ハヌル、キム・ソンスとの愛と友情、三人の絡み合う幼き日の誓い。20話とちょい長めですが、さくさく観れます。
幼き日にキム・ハヌル演じる少女が落としたオカリナを拾おうとして、川に流されて行方不明となった少年をイ・ドンゴン。その現場にいた仲良し三人組の一人キム・ソンス演じる少年。三人は「三銃士」の誓いを交わしていた。少年二人は、もしどちらかに何かあったら、残された方が少女を守ると・・・。キム・ソンスは愛でキム・ハヌルを支えていたが、記憶喪失のイ・ドンゴンが日本人として、現れる。その時ふたりは・・・。そこに血縁関係・病気発症が絡んで・・・。イ・ドンゴンの日本の母役で黒田福美さんも出ています。
THE KEY TO MYSELF(初回生産限定盤)
イ・ドンゴン 2008 デビュー・コンサート・イン・ジャパン(初回生産限定盤) [DVD]
My Biography(DVD付)
夏の香り DVD-BOX 1