ラブレター DVD-BOX

ラブレター DVD-BOX

Attributes

ReleaseDate : 2006/03/24
AudioFormat : Mono
Format : Color
Format : Dolby
SeikodoProductCode : CKD-40
Type : Unknown
Type : Unknown
Manufacturer : ハピネット・ピクチャーズ
EANListElement : 4532612358744
RegionCode : 2
EANList : 4532612358744
AspectRatio : 1.33:1
IsEligibleForTradeIn : 1
PackageQuantity : 1
TradeInValue : 8860JPY¥ 8,860
Label : ハピネット・ピクチャーズ
Studio : ハピネット・ピクチャーズ
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 27,300
FormattedPrice : ¥ 8,860
Publisher : ハピネット・ピクチャーズ
Language : 韓国語UnknownMono
Language : 日本語Unknown
Actor : チョ・ヒョンジェ
Actor : チ・ジニ
Actor : スエ
NumberOfDiscs : 10
PictureFormat : Academy Ratio
PackageDimensions : 315772194551
Languages : 韓国語UnknownMono日本語Unknown
Name : 韓国語
Name : 日本語
SKU : 176010302

広告タグの取得

いいよぉ〜

テーマがすごくいいです。とても美しい物語です。何度繰り返しみたことか…。自分でも録画して好きなキャプチャーを集めて…サントラ盤を探し求めてソウルに3回行き、ゲットしてからというもの、1年半以上、目覚まし代わりに毎日聴いていました。でも、飽きたらず、初めてDVDがほしいと思ったドラマでした。
アンドレア(チョ・ヒョンジュ)がとてもきれい!神父服がこんなに似合う人は他にはいないと思います。ウナ(スエ)はどんどんきれいになっていくんです!ウジン(チ・ジニ)は、二人と同い年というにはちょっとだけ無理があるけど、3人とも自分にまっすぐで、悪人がいないがゆえに切なくて……きっと心が浄化されます!

神に仕えることと人を愛すること

ラブストーリが成立するには、二人の間に乗り越えるべき大きな障害が不可欠。
特に20話も続くような長いドラマでは、いくつもの障害がなければ、話は盛り上がらない。
韓国ドラマは、主人公は困難や裏切り、苦労を乗り越え、恨みを晴らした途端に話は唐突に終わる。
日本人なら、ここでもっと幸せになった後を見たいな思う程。
このドラマも他の作品と同じような障害がいくつか用意されている。
それでも他と違うのは、主人公の男が神父になろうとしていること。
厳しいカトリックの戒律の中では、聖職者がひとりの女性を愛して平凡に暮らすことは許されない。
カトリック信者が多い韓国らしい設定だが、広い心で多くのひとを愛することと、ひとりの女性を愛することは、同時には成立しないことなのか。
まさに大きな障害である。
完全に最後で納得いったとは言い切れないが、考えさせられる重たいテーマを含んでいたと思う。
主人公のふたりを演じたチョ・ヒョンジとス・エは役柄と個性がぴったりあって作品の魅力を増している。
チョ・ヒョンジはいやみのないハンサムで、温かくて純朴な青年を好演。
ス・エは独特な低い声が印象的で、孤独な魂を抱え込んだ女性をよく表現している。
それに対してチ・ジニは「チャングムの誓い」の誠実であたたかいミン・ジョンホのイメージがすっかり崩れるほどのわがままな悪役。
最後まで話の結末が見えないのは面白いが、
チ・ジニ演じるウジンの自分勝手な愛情につきあわされるのが、少し辛くて星一つ減かな。

現代版「罪と罰」かな?

3人の不思議な運命の原因となる選択をしたチョン教授が、息子ウジン(チ・ジニ)に残した遺書で全員が救われたんだな、と最後まで見てようやく心が安まる物語でした。
運命に翻弄される3人とその家族の心の葛藤がよく描かれていてます。特に、自分の苦しみを表に表さないイ・ウジン(チョ・ヒョンジェ)に対して、ストレートに人間くさく、醜く表すチョン・ウジン(チ・ジニ)との対比がおもしろい。
そして、彼らの運命を宗教を通して「罪と罰」といく観点からとらえていることも興味深いです。
チ・ジニファンにはあまり評判がよくないので覚悟して見たのですが、どうしてどうして。敵役もなかなかよいです。

あまり知られていない名作

 なぜこんな名作について誰も書いていないだろう?という疑問がわき、書かせていただきます。
 かなりの名作だと思います!ユン・ソクホ監督の描くようなきれいな恋愛をお好きな方はかなりはまると思います。また、曲も素敵です。「天国の別離」という曲が一番すきなのですが、20年経った後の自分でも聞きたくなるような、素晴らしい曲です!
 また、今でこそ「チャングムの誓い」のミン・ジョンホ役でNHK地上波放送で有名だと思いますが、私がチ・ジニさんをはじめて見たのがこの作品です。また、スエさんも可愛いです。ああいう特徴のある顔の人私は好きです!アンドレア役の方は・・・福山雅治に似ているような気がします…。
 もっとすごいことを書いてよさを広めたいのですが、どうにも文才がありません。ぜひ見てください!お願いします!

禁断の愛

神父の禁断の愛という衝撃的な題材をテーマに,三人の男女が愛と友情に苦悩する姿を描いた悲しくも美しい純愛ストーリーです。
脚本は「冬のソナタ」の原案と「秋の童話」の脚本を手がけた名脚本家オ・スヨンが執筆しています。
主人公のアンドレアには新人のチョ・ヒョンジェが抜擢され,天涯孤独のヒロインには当時ほとんど無名だったスエを,そしてアンドレアのライバルにはあのチ・ジニがキャスティングされています。
本作がドラマ初主演という三人が,みずみずしい演技でそれぞれの複雑な心情を見事に表現し,その成果が彼らを一躍スターダムに押し上げました。
美しい顔立ちのチョ・ヒョンジェは,少し翳があり苦悩を抱えているアンドレアそのものです。貴方もきっと天使のようなアンドレアに魅了されるはずです。
そして,デビューからわずか9ヶ月で主役の座を手にしたスエの魅力は,無口で媚びない態度と,瞳の奥にある真実の輝きだそうです。彼女にはアンチファンが存在しないという話を聞きましたが,その後の彼女の活躍を見ていると納得できますよね

ぜひ見てほしい!星☆10個でもあげたい!「ラブレター」

もし、NHKで放送されていたら、全国放送だったら、きっと大注目されたに違いありません。「冬ソナ」に匹敵するほどの作品だと思います。ストーリー、音楽、そしてキャスト、どれも素晴らしい!教会、神父、神と聞くと、なじみの薄い感じがするかも知れませんが、1話目からどんどん引き込まれ、先を見ずにはいられなくなるほどのストーリー展開。チョ・ヒョンジェは純粋でひたむきなアンドレア役にぴったり、まさにはまり役です。いつしかアンドレアを愛さずにはいられなくなります。アンドレア、ウナ、ウジンの3人の愛と心の葛藤に心動かされます。彼らを見守るたくさんの人々も魅力的で、温かくて、個性的で素敵です。ぜひ見る価値あり!私は今でも「アンドレアホリック」にかかっています。しばらく抜け出せそうにありません…。

神聖なるラブストーリー

神父って恋愛しちゃいけないんですね。このドラマで初めて知りました。
というわけで、とても苦しく、切ないドラマになってます。
チョ・ヒョンジェ、スエは、初めて見たのですが、誠実で、上手い役者さんだなと思いました。
泣き所も沢山あるし、チ・ジニも珍しい悪役で、見応え十分。
主題歌も切ない名曲で、ドラマを盛り上げてます。
四季シリーズが好きな人は、確実にハマる、名作ドラマだと思いますよ。

どっぷりと入り込むドラマです。

“大好き”とまでは、言えないのですが、「ラブレター」は、いいドラマだと思います。私は、キリスト教に関心があるわけではありませんが、人が何かを祈る姿は、本当に美しいと思います。哀しい過去や、苦しい恋愛など、ストーリー全体が、重たいイメージであることから、私の“大好き”のカテゴリーから外れてしまうので、星3つにしました。でも、ウナを演じるスエも良かったし、チョ・ヒョンジェの誠実で、純粋なイメージが、アンドレア役にぴったりでした。ストーリーが、「秋の童話」を思わせます。アンドレアが聖職者として生きることを望んだり、孤独なウナが、全身でアンドレアを愛したり、人間の精神的美しさがうまく表現されていました。ドラマの最期で、術後のウナが、長く昏睡状態になりますが、そこから目覚めるところは、ちょっと不自然というか、美化しすぎてる気がしましたが、でも、ラストに、神父になったアンドレアと、ウナが二人で海を見つめるシーンは、二人の未来を暗示しているようで、感動的でした。結婚とかの「形」による繋がりではなく、もっと深い精神的な絆で結ばれた二人は、これからも、こうして死ぬまで、一緒に生きていくんだろうな。。。ある意味での「究極的な愛」かな。。。なんて思いながら見ていました。それから、ドラマで流れる「天国の別離」という挿入歌。これが、本当にいいです。この歌を聴きながら、ドラマを見てると胸がジーンとしてきます。いいドラマです。是非、見てください。

素晴らしい!

スエちゃんの涙の演技が素晴らしくて思わずもらい泣きしてしまいました。切ないラブストーリー大好きです。是非観て欲しい作品。

OSTはいいです。

このドラマの中でのチョン・ウジン(チ・ジニ)はしつこくて、しつこくて、もうどうしようもない嫌な男。
ウジン(チョ・ヒョンジェ)とウナ(スエ)がお互いに好きあっているのに
チョン・ウジン(チ・ジニ)がいつまでも横恋慕をしているし・・・・
二人が好きあっているのなら自分は潔く身を引くべきです。
二人の恋の邪魔(手紙を隠したり等)をするのはいい加減にしてほしいと思います。
自分だけが不幸だと思ってる 超勘違い野郎です
もう本当に大・大・大・大嫌い〜
ドラマのOSTはいいです。
チャングムのミン・ジョンホ(チ・ジニ)に超惚れて ミョンホ様ぁ〜♡♡♡♡と叫び
波乱万丈と四姉妹物語のチ・ジニもいい感じで好きです
ジュリエットの男のチ・ジニはそんなに好きにはなれませんでしたが
ラブレターのチ・ジニは最低最悪です
私の期限は49日(ノーカット完全版)DVD-BOX1
私の期限は49日(ノーカット完全版)DVD-BOX2
オンリーユーBOX II [DVD]
オンリーユーBOX I [DVD]