モスラ3 キングギドラ来襲 [DVD]

モスラ3 キングギドラ来襲 [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2006/03/24
NumberOfItems : 1
AudioFormat : Dolby Digital 2.0 Stereo
AudioFormat : Dolby Digital 2.0 Stereo
Format : Color
Format : Dolby
Format : Widescreen
SeikodoProductCode : TDV-16062
Type : Subtitled
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2011-10-17
Manufacturer : 東宝
EANListElement : 4988104033772
RegionCode : 2
EANList : 4988104033772
Brand : 東宝
AspectRatio : 1.78:1
Director : 米田興弘
Label : 東宝
Studio : 東宝
ProductGroup : DVD
Publisher : 東宝
MediaType : dvd
Language : 日本語Subtitled
Language : 日本語Original LanguageDolby Digital 2.0 Stereo
Language : 日本語UnknownDolby Digital 2.0 Stereo
Actor : 小林惠
Actor : 建みさと
Actor : 大仁田厚
Actor : 羽野晶紀
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語Subtitled日本語Original LanguageDolby Digital 2.0 Stereo日本語UnknownDolby Digital 2.0 Stereo
Name : 日本語
Name : 日本語
Name : 日本語

広告タグの取得

   平成モスラ・シリーズ三部作完結編。監督には第一作の米田興弘が復帰。製作富山省吾、脚本末谷真澄は3作通しての布陣。また前2作で川北紘一の助監督を務めた鈴木健二が、本作で特技監督(クレジット上は「特殊技術」と表記)デヴューを果たした。
   恐怖の大魔王・キングギドラが日本に襲来。モスラと共に対抗するモルとロラのエリアスだが、その強大な力には歯が立たない。ロラは白亜紀に出現したキングギドラを倒すことで、現在のギドラを葬り去ろうと考えモスラをタイムワープさせるが、力を使い果たして死んでしまう…。
   ファンタジー映画として製作されてきた平成モスラ・シリーズだが、この第3作はモスラVSキングギドラの怪獣対決を呼び物としており、1作目では禁則としていた都市破壊シーンがふんだんに登場。シリーズの軌道修正が打ち出された作品となった。鈴木健二の特技演出は、デジタル合成をも積極的に採用し、されど「モスラ2」のクライマックスのように全編をCGに依存することなく、適材適所の演出効果を上げている。また三部作を通しての語り部である、エリアス3姉妹のストーリーの根幹部分におけるポジションがはっきりと描かれた。前2作ではロラ、モルと敵対しコメディ・リリーフ的な役割であったベルベラが実は重要な鍵を握っているあたりの展開は、羽野晶紀の好演と共にポジティヴな印象を残す。
   ふたつの平成ゴジラ・シリーズの間に製作・公開された「モスラ」3部作だが、ファンタジー映画としての位置づけは作品を重ねることに変更を迫られたが、米田興弘、三好邦夫、鈴木健二、末谷真澄といった面々にその手腕を発揮する場を与え、特撮映像における新しい世代の才能を世に出したという意味では、大きな貢献を果たしている。(斉藤守彦)

モスラ3 キングギドラ来襲 [DVD]

平成モスラ・シリーズ三部作完結編。監督には第一作の米田興弘が復帰。製作富山省吾、脚本末谷真澄は3作通しての布陣。また前2作で川北紘一の助監督を務めた鈴木健二が、本作で特技監督(クレジット上は「特殊技術」と表記)デヴューを果たした。
恐怖の大魔王・キングギドラが日本に襲来。モスラと共に対抗するモルとロラのエリアスだが、その強大な力には歯が立たない。ロラは白亜紀に出現したキングギドラを倒すことで、現在のギドラを葬り去ろうと考えモスラをタイムワープさせるが、力を使い果たして死んでしまう…。
ファンタジー映画として製作されてきた平成モスラ・シリーズだが、この第3作はモスラVSキングギドラの怪獣対決を呼び物としており、1作目では禁則としていた都市破壊シーンがふんだんに登場。シリーズの軌道修正が打ち出された作品となった。鈴木健二の特技演出は、デジタル合成をも積極的に採用し、されど「モスラ2」のクライマックスのように全編をCGに依存することなく、適材適所の演出効果を上げている。また三部作を通しての語り部である、エリアス3姉妹のストーリーの根幹部分におけるポジションがはっきりと描かれた。前2作ではロラ、モルと敵対しコメディ・リリーフ的な役割であったベルベラが実は重要な鍵を握っているあたりの展開は、羽野晶紀の好演と共にポジティヴな印象を残す。
ふたつの平成ゴジラ・シリーズの間に製作・公開された「モスラ」3部作だが、ファンタジー映画としての位置づけは作品を重ねることに変更を迫られたが、米田興弘、三好邦夫、鈴木健二、末谷真澄といった面々にその手腕を発揮する場を与え、特撮映像における新しい世代の才能を世に出したという意味では、大きな貢献を果たしている。(斉藤守彦)

平成モスラ3部作 完結編

子供向けに創られてますね。要所要所に家族愛的な表現がされているので、お子さんをお持ちの方は一緒に楽しめると思います。個人的には、リアルな特撮が好きなので大人向けのモスラも観てみたかったです。

平成モスラ3部作 完結編

個人的には90年代の映画が結構お気に入りです
モスラ、ガメラもちろんゴジラも!
今見るとところどころかなり安っぽいとこありますけど…
過去の恐竜とか原始モスラとかは明らかにおもちゃ(おもわず笑っちゃうほど
リニューアルされたモスラの造形はキレイ!
色だけでなく毛並も…
ゴジラやガメラと違って怪獣としての迫力には欠けますけど
メイキングの映像を見ると結構しっかり作ってあるんだぁと感心してしまいます。
平成モスラシリーズは、ガメラやゴジラと違って
ダークな雰囲気がほとんどなく明るいイメージなので…
ファミリー映画としてオススメです
(20代前半だし子供いないんだけど…)

史上最強の怪獣、モスラ

 ボクは当時、映画館でモスラの強さに圧倒されました。とにかく強い!このモスラにはゴジラもとうていかなわないでしょう。なにせキングギドラが一瞬で葬り去られるのですから。
 テンポがよくなかなか楽しい作品だと思います。

3が一番…

1、2に比べると、3が一番のっぺりとして面白くない印象…。キングギドラに思ったより魅力がないんです…ダガーラやデスギドラのように新怪獣で勝負した方が良かったんじゃないでしょうか…? 特典のメイキングと、モスラ・キングギドラの造形の来歴は見ごたえあります。1は特撮の出来、ドラマの密度が良くて、2はスラッと楽しく見れて、敵怪獣の出来も良く、3は……主役のモスラの造形が一番良い、という所でしょうか?

強い

モスラ平成三部作ラスト作品。ゴジラのライバル怪獣、モスラに続き、遂にキングギドラが登場。前作までにモスラは、旧モスラから新モスラに世代交代、さらにレインボーモスラに進化したが、更にそれを超えるキングギドラの強さ、そのキングギドラを倒すため、白亜紀と時を越え、白亜紀ギドラを倒すがモスラも重傷を負い、死を直面した時、白亜紀幼虫モスラの糸で自分を包み込ん、そして一億三千万年の時を越え最強形態の鎧モスラへと進化し、復活したキングギドラを更に超える力を得て遂にキングギドラを倒す。
モスラ2 海底の大決戦 [東宝DVD名作セレクション]
モスラ(1996年度作品) [東宝DVD名作セレクション]
モスラ [東宝DVD名作セレクション]
ゴジラVSモスラ 東宝DVD名作セレクション