ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シェリル・クロウ

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シェリル・クロウ

Attributes

ReleaseDate : 2006/01/25
NumberOfItems : 1
Format : Limited Edition
SeikodoProductCode : UICY-6010
PublicationDate : 2006-01-25
EANListElement : 4988005416421
Manufacturer : ユニバーサル インターナショナル
EANList : 4988005416421
Brand : ユニバーサル
Artist : シェリル・クロウ
Artist : キッド・ロック
Artist : ザ・コアーズ
Label : ユニバーサル インターナショナル
Studio : ユニバーサル インターナショナル
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,037
Publisher : ユニバーサル インターナショナル
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - オール・アイ・ワナ・ドゥ (4:32)
2 - ソーク・アップ・ザ・サン (4:52)
3 - マイ・フェイヴァリット・ミステイク (4:06)
4 - ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト (3:47)
5 - エヴリデイ・イズ・ア・ワインディング・ロード (4:16)
6 - リーヴィング・ラス・ヴェガス (5:10)
7 - ストロング・イナーフ (3:09)
8 - ライト・イン・ユア・アイズ (4:00)
9 - イフ・イット・メイクス・ユー・ハッピー (5:23)
10 - ラン・ベイビー・ラン (4:52)
11 - ピクチャー(キッド・ロック・デュエット・ヴァージョン) (4:58)
12 - カモン・カモン(コアーズ・ヴァージョン) (4:24)
13 - ア・チェンジ・ウッド・ドゥ・ユー・グッド (3:49)
14 - ホーム (4:51)
15 - ゼア・ゴーズ・ザ・ネイバーフッド (5:02)
16 - アイ・シャル・ビリーヴ (5:33)
17 - レッツ・ゲット・フリー (4:39)

いろんなシェリル

シェリル・クロウはかつて私をロック以外の音楽へと導いてくれた人でした。
その彼女の根底にはやはりロックが流れているのですが、デビュー以前に(彼女のデビューは30を過ぎた頃でした)様々なアーティストのバックで歌った経験、また曲を提供した経験、そして数多くのジャムをこなした経験が生かされて、このポップともロックともつかない女性アーティスト全盛の時代を導いた底力とでも言うべきものが、ベストアルバムを聴くと良くわかります。
私はオリジナルは全部持っていたので、新鮮だったのはコアーズとのコラボを含めて4曲でしたが、十分聴き応えのある4曲でした。ほんと、引出しの広い人っていうのは、カヴァーをやらせてもまるで自分の歌かのようにリスナーを引っ張ってしまいます。
こうして色んな顔を演じてきたシェリルが、生涯のパートナーを得て創り上げた「WILD FLOWER」という新作は、実に素朴で正直で、一皮むけた円熟のシンガーなのだと実感できる素晴らしいアルバムなので、そちらもオススメです。

ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト

ハスキーな歌声が魅力的なシェリル。
某、車のCMソングにもなっていた、5. エヴリデイ・イズ・ア・ワインディング・ロード
心地よいギターから始まる、7. ストロング・イナーフ
など名曲が満載ですが、そのなかでも、4. ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペストは
Rod Stewart[ロッド・スチュワート]のアルバム(素晴しい作品です)、"A Night on the Town"に収められている曲でもあります(これまた素晴しい)。
どちらもお勧めです。

すごいベスト!

御存じシェリル・クロウのスーパーなベスト盤がこれ!今でもコンビニなどで良く流れているエブリデイ イズ ワインディングロードを始め、グラミーノミネーズ2005にも収録されている、4曲目、イラク戦争に向けて唄われた17曲目と、シェリル・クロウの耳をくすぐる心地良いサウンドが目白押しで、この値段というお得な一枚です。

気分いいよ〜

お天気がいい日に聞くとポップになれて気持ちまで穏やかになります 家にはいられなくなるぐらい最高なテンションです お日さまにあたりながら雲を眺めてのんびりした休日を〜♪♪

どの曲から聞いてもシェリルが堪能できます♪

歌詞カードがついてた!日本版にして良かった!対訳と解説もついてます。
映画「エリン・ブロコビッチ」を見て、シェリルのCDをほしいと思っていてやっと初めて購入したので歌詞カードや解説はとても助かりました。
もちろん前述の「エリン〜」のエンディング「エヴリディ・イズ・ア・ワインディング・ロード」が聞きたくて購入したのですが、あの曲もシェリルだったのかと今回初めて知った「オール・アイ・ワナ・ドゥ」や、日本でもヒットした「イフ・イット・メイクス・ミー・ハッピー」も入っていたのも良かったです。
「ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト」は新曲とのことですが、とっても心に沁みる曲で、ベスト盤でこの曲に出会うことができて何だか得した気分でした。

リラックスしたサウンド

シェリルクロウはall i wanna doの大ヒットを、きっかけに知った。それからアルバムも聴き込んだ。
普段はロックが好きなんだがリラックスしたい時に最適。無駄な力を抜いての歌唱力は気持ちが、やすらぐ。
何となくリッキー・リー・ジョーンズにも似たような、おしゃれな女性アーティストのベストアルバムで今でも、お気に入りです。

受け入れられる作品

シェリル・クロウの来日公演が今年ある。
私は今のところは参加する予定であるし、つい最近の高校の授業でシェリル・クロウをピックアップしていたので、ふと私がシェリルデビューしたこのアルバムをまた聞き返した。
安定していながら、それでいて力強さに溢れる彼女の声と耳に残るメロディーラインがクセになる。何かの縁でシェリル・クロウを聞いて、もっと色々聞きたいな〜という入門者から、長年のファンまで、誰からも受け入れられるアルバムだと思う。
世界各地には美しい女性は沢山いるが、私が本当に同性として憧れる存在は彼女なのだろう。
容姿は勿論だが、内面である。
自信と強さを持っていながら、感受性豊かで自分自身に対してとても素直で・・。ようは自分を持っているということなのだが、自分を冷静に見つめていられる(=持っている)人間は賢いし、一緒にいて気分がいい。羨ましいとさえ思う。
そんなことまで深々と考えることはアルバムには関係ないのだがジャンルを問わず、より多くの人間の耳にシェリル・クロウの声が響けば嬉しい。

90年代の女性ロック界を引っ張ったシェリル・クロウ

Alanis Morissetteと共に90年代の女性ロック界を引っ張ったシェリル・クロウのベストアルバム。
個人的にセカンドアルバムをよく聞いたので、「エヴリデイ・イズ・ア・ワインディング・ロード」や
「イフ・イット・メイクス・ユー・ハッピー」が流れてくると、この曲よく聞いたなという感じを受ける。
確か日本のテレビのCMにも使われてたはずなので、シェリル・クロウを知らない人が聞いてもこの曲知ってると思う人がいると思う。
それにしてもシェリル・クロウの楽曲を聞くとLOVE PSYCHEDELICOのことを思い出してしまうのは僕だけだろうか?

サカタサン。

女性のロックシンガーは彼女以外あまり聞かないと言うぐらい好きなシェリルクロウのベスト盤!!
良く晴れた日に北海道の広い大地をドライブするときはいつもかけてます。
空耳ですが2曲目のサビが「アホの坂田さん」と聞こえる(笑)
車の中で口ずさむ時はいつも「アホノ、サカタッサ〜ン」と歌っています。

SUPER ROCK PRICE 

お値段と内容的にものすごく買いっデス
CDは1枚目の方だけでも十分かも。こっちばっか聞きそうな感じだけどちゃんと2枚目も聞いてみます
DVDのPVも必見。
SUPER SHOCK PRICEをなぜか SUPER ROCK PRICE と読み間違えるくらいお買い得だと思います
生シェリルは笑顔が可愛い素敵な人でした。
Feels Like Home
ビー・マイセルフ
BE MYSELF
Camila