グランツーリスモ 5 プロローグ - PS3

グランツーリスモ 5 プロローグ - PS3

Attributes

HardwarePlatform : Playstation 3
ReleaseDate : 2007/12/13
Platform : PlayStation 3
Model : 15782741
ItemDimensions : 6366922535
Manufacturer : ソニー・コンピュータエンタテインメント
EANListElement : 4948872730174
EANList : 4948872730174
CatalogNumberList : BCJS-30017
Brand : ソニー・インタラクティブエンタテインメント
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : ソニー・コンピュータエンタテインメント
Studio : ソニー・コンピュータエンタテインメント
PartNumber : BCJS30017
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 5,122
CatalogNumberListElement : BCJS-30017
MPN : BCJS30017
Publisher : ソニー・コンピュータエンタテインメント
Genre : Word Games
PackageDimensions : 6366922535
OperatingSystem : Playstation 3

広告タグの取得

『GT』シリーズがいよいよPLAYSTATION 3で本格始動
(1)最高峰のCGで表現された数々の名車が登場。
(2)「第40回東京モーターショー2007」でデビューを飾る新車もいち早く収録。
(3)AI(人工知能)の進化が16台のマシンによる白熱のレース展開を実現。
(4)ファン待望のネットワーク対戦は最大16人のプレイヤーが参加可能。
(5)新機能「GT.TV」により様々な自動車関連映像コンテンツを視聴可能。
(6)「オンラインカーディーラー」から自動車メーカー発信の最新情報を閲覧。
(7)各ユーザーによる情報発信やユーザー間コミュニケーションも広がる。

グランツーリスモ 5 プロローグ

『GT』シリーズがいよいよPLAYSTATION 3で本格始動
(1)最高峰のCGで表現された数々の名車が登場。
(2)「第40回東京モーターショー2007」でデビューを飾る新車もいち早く収録。
(3)AI(人工知能)の進化が16台のマシンによる白熱のレース展開を実現。
(4)ファン待望のネットワーク対戦は最大16人のプレイヤーが参加可能。
(5)新機能「GT.TV」により様々な自動車関連映像コンテンツを視聴可能。
(6)「オンラインカーディーラー」から自動車メーカー発信の最新情報を閲覧。
(7)各ユーザーによる情報発信やユーザー間コミュニケーションも広がる。

3/28のアップデートで結構良くなりました。

グランツーリスモシリーズは昔からのファンです。今回もプロローグではありますが、かなり楽しみにしていました。プレイして感じたこと、まずはやはりグラフィックですね。これはやはりCGっぽさが少々残りますが、部分的にはCGと実写の見分けがつかないほどリアルです。グラフィックは文句なしでしょう。次にレースゲームに欠かせないマシンたち。これがないとレースゲームにならないのですが、やはりプロローグというだけあって車種は少ないです。(35種類くらい。FERRARI F599やLEXUS IS F、新型NISSAN GT-Rなど)やはりプロローグなので、ここら辺も控えめですね。ですが、新型GT-Rなどに乗れたので私はそれなりには満足です。そして、肝心なレースですが…、これがかなり難しい&理不尽です。今回からはペナルティの種類が増え、壁や敵車への衝突はもちろん、道をショートカットしたときにはショートカットペナルティ、敵車に対して幅寄せをすれば幅寄せペナルティ、外側の壁に車体を擦り付けながら走行すれば壁走りペナルティがかかり、一定時間(3sec.〜5sec.)エンジン出力が限定され、加速ができなくなり、さらに自車が半透明になり、敵が自車をすりぬけて行きます。まず、壁走りペナルティやショートカットペナルティはまだ理解できます。やはり本作はルールに関しても厳しいゲームですので、そこは1人1人がきちんとコースの中で頑張ればいいのです。それができないのであれば、練習あるのみです。納得がいかないのが敵車に対する接触ペナルティです。明らかに自車にぶつけてきているのに、敵車にはペナルティが下らず、さらに自車がそれでバランスを崩して外側にずれ込んだところすぐに敵車がいて接触、ペナルティ。こういうのが頻繁に発生します。かなり理不尽です。
そして難易度。まず、レースのスタートポジション。ほとんど最下位からです。さらに、1位からは35秒離れているレースも存在します。しかもその時の敵がめちゃくちゃ速いんです。(自車480馬力でトップは620馬力なんてことも)これを10周で巻き返さないといけない。つまり1周当たり3.5秒ずつ、抜くならもっと縮めないといけないのですが、敵さん、本気で逃げるんです。はっきりいってこのゲーム初心者が追い付ける速さではありません。ミスをすれば当然引き離されます。
このゲームをあまり知らない、やったことがないという方はある程度覚悟してプレイしてください。かなり難しいです。
でも、難しいから☆1つ!とかでは私のワガママも入ってしまうと思うので、(基本的にゲームはクリアできるようになっていますしね)難易度は評価の対象にせず、ペナルティの部分や車種などを入れてゲーム総評で☆3つにしました。基本的にはよくできたゲームですし、やっぱりプレイしていてマシンを操ることのできる爽快感や楽しさもあったので。でも、これだけは。かなり難しいです。では、長文失礼致しました。

3/28のアップデートで結構良くなりました。

早めに見切りを付けたファンの方は残念ですね。
アップデートにより初期の内容とは格段に違います。
●追加車種:34台
●追加コース:ハイスピードリンク(順走/逆走)
●追加モード:ドリフトトライアル 2Pバトル
ペナルティ判定の改善やイベントの内容、更に初心者には嬉しいドライビングラインの追加等、オンラインイベントは3倍ぐらい多くなってます。
書ききれませんので詳細はHPをご覧になってください。
とにかくアップデート前のすぐ嫌になる内容とは別物です。
プロローグとしてはいいのではないでしょうか。
PS3はゲームの内容をガラリと変えてしまうんですね。
あまりの驚きでつい書き込んでしまいました。

グランツーリスモ5 プロローグ

まずプロローグとはいえもっと値段相応にして欲しかった感じはしました。たしかにグラフィックに関しては他の方が言う通り実写を見ている感じがして綺麗だと思います。ただ現状それだけしか魅力的に見えた部分が無かった。
まずオフラインについて言うと、車種、コース共に少ない感じは受けました。アップデートで今後増えると言ってますが、いつになるか目途が立っておらず現状では未定の状態です。アップデートに関しても、オンライン出来ない人はそのままの状態でプレイする事を強いられるので、オンラインが出来ない人への配慮も欲しかった感じはあります。
次にオンラインについてですが、オンライン対応という事で期待していた部分ではありましたが、現状をプレイする限りでは期待ハズレでした。
まずオンライン開始までの時間がかかりすぎる。ホストの回線に影響されるのでレースが成立せずに終わってしまう事も多い。ホスト自身が強制的に回線を切断する事も多く、こういう場合の対処が欲しい感じは受けた。理不尽なペナルティが多く、まだまだ調整が必要な感じは受ける。
ユーザーに関して言えば、マナーの悪いユーザーが多々見受けられる。展開のあやで車同士がぶつかるのはまだわかるのだが、わざと体当たりを狙いにいくユーザーも多々見受けられる。そういった悪質なユーザーに対してのペナルティ機能(キックや拒否機能)が存在しない為、現状やりたい放題になっている。
オンライン対応している事からいきなりパッケージを発売するではなく、aテストなり、βテストなり段階的なテストプレイを行ってからパッケージを発売していればユーザーからの意見が聞けてもっと違った形でなったのではないかなと思った。

後々追加していくって言ってもねぇ・・・

散々待たされてこの程度の内容じゃ、
やっぱり文句の一つも言いたくなるよこりゃ。
コンテンツを追加していくって事に関しては素直に楽しみだけど、
いざ買ってきて封を開けてプレイして、最初の感動がない。 グラフィックはともかく。
百歩譲ったとしても、オンラインは絶対初めからできるようにしておくべきだったと思う。

高いサンプル?(アップデート後追記しました)

ボリュームが少なくてロードとセーブのタイミングが
悪くて長い、シミュレーションとしては凄いけど製品と
してはサンプル的な物だという気がする。
正直なところ他のゲームにサンプルとしてオマケに
付いてるとかなら納得できますが、単体の商品としては
高すぎるかと思いました(全体的な操作性もイマイチ
作成途中ぽい印象だし)。
ここまで凄いドライビングシミュレータならばいっその
ことコースはニュルだけにして全車自由に使えて、
やりたいときは通信対戦もできるってな仕様のほうが
プロローグとして楽しめたんじゃないかとも思います。
アップデート後追記(3/30)
変わりましたね、確かに、何か開発の現場を見ている
ような気分になります(つまりは未完成品)。
そして相変わらずのロード&処理待ち、何かしようと
する度にその窓口で列に並んで手続きを待っているか
のようで、とてもテンポ良く楽しめる状態ではありま
せん、本番の製品では直るのだろうか、不安です。
ついでにもう一つロードと処理中の配慮について、
真っ黒画面はやめてほしい、黒画面は画面に自分が
映り込んで白けます、ソフトによってはこのへん気を
使っててロード中絵が表示されてるのもありますが、
まだそこまで完成度に気を使えないのかな、こんな
ところも、作りかけ感を強く印象づけます。
全体として後からオンラインでアップデートできる
ことに甘え過ぎている気がします。
無料の体験版じゃなくお金取ってるんですから、
それなりの完成度で出して欲しい。
というわけで、きちんと楽しめるGTをプレイしたい人は
本編完成を待った方がいいかなと思います。
GT大好きで待てない、未完成でもいい、作成過程も
見たいという方は買ってみてもいいでしょう。
でも、個人的にはお金出してユーザーが制作の舞台裏
まで付き合う必要は無いと思いました。

体験版よりもマシですが・・・

価格からして、相当なボリュームを期待していたのですが
見事に裏切られました。
映像美はさすが、次世代機といったところです。
しかし、プロローグ版のためできる事が限られています。
ガレージで改造したり、もっと色んなことが
出来ると思っていたのですが・・・
タイトル通りにプロローグ版でした。
レースでお金を貯めるのも、レースゲームが得意な方ならともかく、
普段あまりゲームをやらない方には難しく感じられると思います。
確かに体験版よりもマシですが、なぜ今回このような製作途中の
作品を販売したのか・・・。
オンラインをプレイするのもしばらく待たなければなりませんし
このような作品を売るのは今回だけにして頂けないでしょうか。

散々待たせてこれでは。。。

GTシリーズは全て発売日購入で、GT FORCE 、同PROも持っています。
今回も期待していました。グラフィックはとても美しいです!文句なし!
しかし。。。プロローグとはいえボリュームが少なすぎです。
プレー時間を増やすためか、本編同様レースでお金を稼いで購入しないと車が増えません。
そのくせ車種指定レースが多く、そのためだけに指定の車を購入せざるを得ません。
(そのクラスの全イベントレースをクリアしないと上位のクラスには行けないため。)
特に、アーケードモードで自分のガレージの車しか選べないってのは大いに不満です。
アーケードモードくらい、とっかえひっかえ好きな車で遊ばせてよ!て思います。
レースでは、相変わらず他の車にぶつかって曲がるのが有効です。オンラインでは
ぶつけられた方もペナルティを受けるので、結局ぶつけた方が有利になります。
CPU車のAIもただ並んで走ってるだけで、そこに駆け引きはありません。
『FORZA2』のほうが、グラフィックは劣りますがレースは熱いです。
何かグラフィック以外の進化が置いて行かれたように感じます。
仏作って魂入れず、という言葉が浮かんできました。。。
膨大な開発費を、このような中途半端なもので回収しないで欲しいです。
GT信者から4000円以上のお布施を頂戴するレベルには達していません。
【オンラインでアップデートできる=作りかけのものを商品にしていい】
ではありません!アップデートできない人はまさに不幸です。
個人的には、GTから“熱さ”が薄れてしまったように感じました。
正直、GT FORCE PROを引っ張り出す気にはなれませんでした。
このまま“遊べるカタログ”として進化していっちゃうんですか?
P.S.
売っちゃいました。今後のアップデートで価格に見合うものになったら
買い直そうかな、と思っています。もしくは『5』を待つか。。。

もうこの手法での販売は止めて欲しい

360は既に発売日に購入、そして遥かに高性能と言われるPS3を期待を胸に
発売日に60GB版にリッジレーサー7、レイルファンなど数枚を一緒に8万円近くで購入、
その後はニンジャガイデンΣ、F1、モーターストームなど購入しましたが、
現在は欲しいソフトも特になく、ブルーレイやDVD再生機として稼動が多くなり、
たまにオンラインで海外アカウントを取得し、HD映画予告編やムービー、デモを
落とす程度に留まっていた所にこのGT5プロローグは本当に期待していました。
ところが、実際にプレイしてみるとまず肝心のオンライン対戦が25日まで出来ない。
これは一体、どういう事でしょう? コンテンツにもお金を払わせて見せる、
そして車種のバリエーションの少なさ。
PS3は年末目玉タイトルがほとんどないので何とか年内に間に合わせる為に
ユーザーが期待を寄せる本作を仕上げたとしか思えません。
確かにグラフィクスはHDMI、1080Pで出力すると本当に滑らかかつ高精細で
本当に感嘆ものです。これはXBOX360のどのタイトルも敵わない域の綺麗さです。
しかし、この超高精細画像にどれだけのユーザーがフルに楽しめるんでしょうか?
他のソフトメーカーは解像度を落とす変わりにエフェクトなどをリッチにすれば
ハードの負担も減る上に効率も良くなり、眼の肥えたユーザーにも十分に満足出来る
というスタンスで欧米ソフトメーカーではこれが主流になりつつあります。
事実、余程のマニアでなければ十分に次世代機らしい映像で大多数のユーザーは満足しています。
しかも肝心の操作感、内容共に大きくXBOX360のフォルツァモータースポーツ2に劣ります。
正にグラフィクスだけがウリの映像フェチソフトと化してしまっています。
1080Pフル対応に固執するあまり、他所がかなり犠牲になっているのではという印象です。
グラフィクス、GUIなどデザイン的には申し分のない素晴らしい出来なので本当に惜しいですね、、、
今後はもうこの様なプロローグという未完成というか中途半端としか思えない様な
手法での販売は止めて欲しいです。
出すからには、期待しているユーザーに一回だけで完全な商品をポンと出してください。
こんな手法を続けていたらユーザーはどんどん離れていってしまうと思います。

5コース10レイアウトの37車種でした

各5コースの順走・逆走のような2パターンずつで合計10通り。
車種にいたっては、37種です。公式HPにも載っていることです。
ホンダは1車種、トヨタはレクサスで1車種のみとなっています。
他のメーカーも2車種程度しかないのが、ほとんどです。
本当に乗りたい車はありますか?このために、将来(予定は未定)出すと
公約されているGT5P本編が出るのに、今回の「プロローグ」を買いますか?
熟考されることをお勧めします。

買うものではない

プロローグは買うものではない、はっきり言って有料体験版と考えてください。
GTはPS2の頃に進化しすぎてグラの進化があんまり分かりません…ただ、車の動きはリアルになっています。
リプレイを見ればそれが分かります。
コースの凸凹で車体が上下左右にしっかりと揺れます。
ドライバー目線では外車は左日本車は右としっかりとわかれています。
左ハンドルはとにかく運転しずらいです…まぁ〜本編を買いましょう、プロローグは買わなくてもいいです。
グランツーリスモ5 プロローグ SpecIII - PS3
グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱) - PS3
グランツーリスモ5 Spec II - PS3
ファイナルファンタジーXIII - PS3