クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- (通常版) - PSP

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- (通常版) - PSP

Attributes

HardwarePlatform : Sony PSP
ReleaseDate : 2007/09/13
Platform : Sony PSP
Model : 13305641
ItemDimensions : 707100410
Manufacturer : スクウェア・エニックス
EANListElement : 4948872640343
EANListElement : 4988601005227
EANList : 49488726403434988601005227
CEROAgeRating : 12才以上対象
Brand : スクウェア・エニックス
CatalogNumberList : ULJM-05275
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : スクウェア・エニックス
Studio : スクウェア・エニックス
PartNumber : ULJM05275
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 6,264
CatalogNumberListElement : ULJM-05275
MPN : ULJM05275
Publisher : スクウェア・エニックス
Genre : Word Games
PackageDimensions : 7071025410
OperatingSystem : Sony PSP

広告タグの取得

そこそこ

中途半端なレビューになりそうで申し訳ないんですが、そこそこ、って感じです。
ストーリーや人物像に「?」な部分もありますが(クラウドにやたら覇気がない…)、FF7ファンには嬉しい点として、7のストーリーに絡む部分が美しいグラフィックで見れたり、戦闘音楽が聴けたりもします。
バトルは…皆さんの仰るとおり、単調。マテリアも6つまで装備できるものの、ケアルガとアスピガがあれば充分だし…オリジナルはマテリアの組み合わせでもっと戦闘を楽しめましたよね?そういうのは、ないです。
召喚獣も任意では出せないし、爽快感はあまり感じませんでした。
ミッションは、中には面白いものもありますが、作業感は否めません。ただ、暇つぶしにはなるので、どうしても時間を潰さなくてはいけないときにいいかも(笑)
ここからは個人の趣味で賛否両論あるでしょうが、ジェネシスはどうなんでしょう、アレ??地味に世界観壊してませんかね?アンジールはいいとしても、彼はどうも鼻につきます。
久々にFF7(のようなモノ)に触れてみたい、ストーリーの矛盾を軽く流せる、そんな人にはオススメできます。
ただ、やはり作業感が強いゲームなので、面白いゲームを!ってな人には向いていないと思います。美しいFF7キャラが見れる。そこに魅力を感じられる方なら、是非。
ちなみに…私はオリジナルが大好きでアホみたいに何度もプレイしていたクチですが…
さすがに最近は、コンピ作品に辟易しつつあります。
ここで言うことではないのかもしれませんが、一ファンとして、もう一度、FF7をプレイした時の感動を味わえるような作品作りを期待しています。
きっとここのレビューを書いている大半の皆さんが、それを願っているんでしょうね。

もうひとりの主人公

FF7の始まる前の物語を補完したのが今回の話になります。
FF7をプレイ済みの人には、今回の結末は想像できると思います。
PSPになっても相変わらずのCGの綺麗さに感動しました。
しかし、ゲームとしての要素が今回は低かったように思います。
戦闘に関して、ガードや回避動作はできるものの、攻撃は割りと一辺倒。
キングダムハーツのような操作感・爽快感はありません。
経験値という概念もなく、戦闘中にたまに出てくるルーレットが揃うことによって
レベルが上がるという運任せ的な設定です。
やりこみ要素というと、一応、多数のミッションというものが用意されているのですが、
言葉では全然違うような指令ですが、結局やることは全部同じです。同じ作業を
苦に感じる方は、すぐに飽きるというシステムになっています。
ですので、FF7のキャラや話が好きな方がストーリーを見る分にはお勧めできますが、
未プレイの方にはイマイチだと思います。

感動と不安

やっと昨日クリアしましたが、ザックスというキャラクターが大好きになりました。
セフィロスの英雄時代の人柄や、ザックスとクラウドの出会いも描かれていたし、3D化したFF7の世界やキャラクターが見れて懐かしいし嬉しかったです。
全体的にはストーリーがブツ切りだったり、バトルに爽快感がなかったり、自由度の少なさやミッションの単調さなど、良くなかった点もたくさんあり、クラウドとの友情の描写ももう少しあれば良かったと思いました。
それでもラストの演出とEDムービーは結末を知っているのに感動し、本当に見て良かったと思います。
これをやってからACを改めて見るとグッときました。
ただ、クライシスコアをやって良かったと思うものの、これからまだ出るであろうコンピや、いつか実現するかもしれないリメイクには一層不安が強くなりました。
コンピには新しい設定やキャラクターが出てくるのは後付けなので仕方ないとは思いますが、FF7のコンピ作品は、本来の設定をコンピがくつがえしてしまっていたり、新たなキャラクターがFF7とコンピ全体を通して重要なキャラクターになってきている点には違和感と不安を感じます。
このままの流れだと、FF7のリメイクはコンピで生まれた設定や新キャラの辻褄を合わせるためのリメイクになってしまうのではないかと。
設定をコンピにあわせて変えたり、もし新キャラ達がFF7本編に登場する場合には、それに合わせてさまざまな改変がされるでしょうし…
やはり、もとのFF7までを変えてしまうコンピ作品の作り方には共感できません。

クリア後に、FF7がやりたくなります。

私はFF7が大好きで、ACなども見ていて、この作品を凄く楽しみにしていました。
そしてとても満足できましたwその点を以下にまとめます。
良い点
ゲーム内のグラフィックが綺麗
 多分PSPの中で最高にいいのではないでしょうか?
ムービーも綺麗
 これもPSPの中で最高にいいと思います。さらに最後には、PS3の紹介用に作ったFF7の最初のムービーの改造版が入っていますw
ちなみにムービーはスキップできません。
ストーリーが最高
 どんどん気になって先に進めたくなりますwFF7をやったことがある人はラストを大体予想できると思いますが、
それでも…彼の幸せを願ってしまいます。
音楽
 音楽…大事ですよね。ちゃんと入っていますよっ!!エアリスのテーマ、片翼の天使…相変わらず良いです…w
新しくアレンジされているけれど、ちゃんと曲らしさが出ています。流石植松氏…っ!!
おまけ要素
 本編ストーリーの他に、ミッションというのがあります。そのミッションをクリアすることで良いアイテムが手に入ったり、マテリアが手に入りますw
バトル
 アクションRPGです。○を連打すれば勝てる…という意見もありますが、それだけでは最後の方がキツイと思います;;□ボタンの回避、△ボタンでのガードが、○ボタンの後に押しても先に反映されるので、敵の攻撃を避けられた時は痛快です。
ちなみに、ザックス・マテリアのレベルUPは、D・M・W(デジタルマインドウェーブ)という機能(スロットのような物)が左上に回っていて、勝手に上がります。勝手に上がるといってもちょうどいい具合にレベルUPしていくので、なかなかレベルUPしなくてイライラする…といった事はないと思います。
リミット技も、D・M・Wによって発動されます。
マテリア合成
 私的にはこのシステムがかなり良かったです。ゲームを進めるだけでは手に入らないマテリアを自分で作り出す事が出来るんですw(余談ですが、
私のオススメはダークサンダガですw)しかもそれだけでなく、MP+150%などなど付加効果もつけられるんですw
宝箱
 本編・ミッションで出てくる宝箱・・・。たいした物はでてこない!と鷹をくくるべからず。宝箱からでしか手に入らないマテリアがあるからです!!
重要なのはこれがミッションでも!ということです。ケットシーのリミット技を起こす事ができるマテリアは、あるミッションの中で手に入れる事が出来ました。
クリア後の引継ぎ
 レベル・マテリア・アイテムのみです。ミッションは最初からやり直しなのでご注意を。
スタートボタン
 ムービーだろうがバトルだろうが、スタートボタンをおすとSTOPしてくれるので急な来客などが来た時に便利です。
要望
 不満・・・というほどではありあませんが、通常・バトルでジャンプが使いたかったです。ジャンプという攻撃マテリアはありますが、
普通にジャンプすることはできません。
FF7をやったことのない人へ
これはFF7をやってからでないと分かりづらいところがあると思います。やっていた私でさえ一瞬あれ?とFF7の内容を思い返した位なので;;
ただそれを乗り越えて良いゲームなので、心からスッキリしたい方はクリア後にすぐFF7をやるか、FF7クリア後にこのゲームをやるといいと思います。
総合評価
 今まで発売されたPSPのどのゲームよりもいいのではないのでしょうか?少しでも気になったならやってみることをオススメしますっ!!最高です。

今更ですが聞いてもらえたら幸いです

PSP-2000の同梱版の入手が出来なかったため、20日に同時購入し、そしてクリアしました。
 FF7をプレイ済みの方なら分かるとおもいますが、このストーリーは死に行く者たちへのレクイエムと言ったところです。
 どんなに笑っていても、どんなに幸せでも、この作品の主要キャラは皆、死へと誘われてしまう者達なのだと思うと、ザックスの陽気な性格も、アンジールやセフィロスとのささやかな会話も、エアリスとの幸せな風景もすべてを色あせたものに見えてしまうのが余りにも悲しい・・。
 彼らは果たして救われたのだろうか?その真意はこの作品では知りえないのだが、少なくとも誇りは託すことが出来たので、本望なのであったと思いたい。
 よもや、携帯機でここまでのグラフィックスと感動を与えられるとは思っても見なかった。
これを機に長年倉庫に眠り続けていたFF7を取り出す人が自分だけではないのだと考えると、この作品は確かに「受け継がれた」のだと思った。

クリア後の感想は…いまいち…

FF7をいじられて商品にされることに対しては基本否定派だけど、
やってみないと分からないなと思って遅ればせながら手を付けました。
良かった内容としては
ザックスのクラウドとの逃避行と、あの最後を、綺麗なムービーとともに見せてくれてありがとう。
くらいですね。
新キャラ新設定が絡むストーリーなんかは、結局、無印のストーリー自体とは何の関係も脈絡もないので、
ひとつの外伝として独立しており、無印のストーリーを損ねる心配はないと思います。
ただ外伝にしても、話の内容も薄っぺらいし説明不足。ザックスのラスボスに対してのセリフを、そのまま制作者側に投げたい(笑)。アルティマニアを読んで初めて分かった部分もありました。私の理解力が足りないのか…。
何にしても無印です。この作品をきっかけにして、無印FF7をプレイしたくなる人がもっと増えればいいですね。

FF7をこれ以上・・・・

私はずっとこのゲームを買うのを控えていました。FF7の大ファンですが、
DCで失敗したからです。ですが、ザックスのストーリーということで
FF7ファンなら気になる内容だったので、ついつい購入してしまいました。
正直、残念としか言えません。FF7の中で語られていたザックスとクラウドの過去、
ある意味それだけで美しかった内容を、実はその背景にこんなことがあったんですよと、
無駄に、無理やり話を厚くしたストーリー。Gとかほんとに必要だったか?
普通に過去話として作ってほしかったのに・・・
あと、戦闘システムもかなり残念。アクションRPGの冠をかぶっているのに、爽快感が
全く感じられない。スロットの意味が分からない。召喚獣もそのスロットに頼って運任せ。
LvUPも運任せ。
やりこみ要素としてミッションをかなり多くそろえてくれていますが、やってみるとおんなじマップでおんなじことを繰り返すだけ。人によっては苦行ですよ。
さらに、FF7魅力的だったマテリア。なんかFF7であったからとりあえず付けとこう、みないな感じにしか思えないぞんざいな扱い。
残念です。

FF7が好きなら

FF7が好きならやるべきです。
戦闘システムは単調で、アクション初心者でもやり易く、
そして極めたい人にはとことん遊べる内容だと思います。
ストーリーはFF7で語り切れなかった部分、ザックスという人物についてや
クラウドの過去、DCへの伏線等
中でもエンディングはなかなか感動します。
そしてムービーについては文句なし。
おそらくPSPゲームのなかでは最高クラスのものと思います。
ストーリーが短いのと戦闘が単調で飽きてしまうのが減点。
ゲームとしては楽しめたし良い作品だったと思います。
あえて、FF7が好きな者の一人として文句を言わせてもらうなら、
いろいろいじりすぎ。ジェネシスだとかアンジールはどうも7のキャラとは思えない。
Compilation of Final Fantasy7自体が必要なかったのでは?
Advent Childrenだけで良かったような気がします。
X-2以前はFFはその作品だけで外伝や続編などはありませんでした。
私はそれで良かったと思います。あえて今までの法則を破壊したX-2に文句を言うべきですが。
むしろゲームでは無くわざわざACで映像作品を選択した
のが良かったのに、DCやらBCやらCCやらチョロチョロとFF7に手や足を付け加え、逆に私の中ではイメージが悪くなりました。
今後はFF7のPS3でのリメイクに期待しています。

新型PSPだとロードは全く気になりませんでした

クリア後にレベル等を引き継いだ2周目が出来るとのことだったので、とにかくストーリー部分のみを進め先ほどクリアしました。
VII本編をやっていると大体話は読めてしまうし展開も分かっていたはずなのに、それでもラストは思わず号泣・・・
ゲームで感動することは多々あれど、まさか携帯機のゲームにここまで泣かされるとは。
一回手を出すとついついミッションばかりやってしまい、なかなかストーリーが進まなかったので2周目にやり込もうと思っていたのに、いずれ迎えるEDを思うと・・・
ラストバトルの演出〜EDは本当に必見です。
私はとても楽しめましたが、ゲーム部分はスロット+アクションRPGということでかなり好き嫌いが分かれるかと。
名前の通りアクションとRPGの中間のような感じなので、アクションが苦手だから・・・と購入をためらってる方でも楽しめると思います。
逆にアクション部分に期待し過ぎると物足りないかもしれませんね。

人によってはすぐに飽きてしまうかも…

前のレビューを見て、いろいろな意見がありました。 私は批判されるのはあまり好きではないのですが、いくつか批判側の意見に納得できるあります。
まず、FF7の続編(?)の多さ。DC、AC、BC、LO、CCと5つあり、確かに多すぎです。
次に、ゲームのシステムの単純さ。まず必殺技の使用はスロットによって決められていること。しかも自分では操作できない。次に戦闘は○を押しているだけでも簡単に勝てること。 ゲーマーとしてはかなり不満な点だと思います。
でも、悪いところばかりじゃありません。 ゲーム中のグラフィックは綺麗ですし、後者であげたゲームの難易度の低さは本編を進めやすいようにしてあるからです。あとミッションというやりこみ要素もあります。
ただ、ミッションが多すぎるんです。 まだ全部やっていないのでわかりませんが、おそらく100以上あります。とことんやりこむのが好きな方はいいのですが、嫌いな方は苦痛になると思います。 でもがんばってください。そのうち裏ボスにあえます!!
簡単に言えば、純粋なアクション好きにはあまりお勧めできないかもしれませんが、やりこむのが好きな方には楽しいゲームですよ。
なんだかんだとFF7ファンの方に失礼な発言をしてすみませんでした。
それでは失礼します。
ファイナルファンタジー零式 - PSP
クライシスコア-ファイナルファンタジーVII-アルティマニア (SE-MOOK)
ディシディア ファイナルファンタジー(特典なし) - PSP
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー - PSP