そうかな

そうかな

Attributes

ReleaseDate : 2005/06/15
NumberOfItems : 1
ItemDimensions : 5050023550
SeikodoProductCode : FHCL-2023
PublicationDate : 2005-06-15
EANListElement : 4988027022112
Manufacturer : BMG JAPAN
EANList : 4988027022112
Brand : ファンハウス
Artist : 小田和正
Label : BMG JAPAN
Studio : BMG JAPAN
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,146
Publisher : BMG JAPAN
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 3955926535

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - まっ白
2 - 静かな場所
3 - 大好きな君に
4 - 僕らの夏
5 - Re
6 - 正義は勝つ(MBS・TBS系「世界ウルルン滞在記」エンディングテーマ)
7 - たしかなこと
8 - 僕ら
9 - 明日 (テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」エンディング テーマ曲 2003年4月〜2004月)
10 - 風のようにうたが流れていた
11 - そして今も

興奮!しました....

同じ小田さんファンの友達から「お薦め」されて早速注文しました。
残業で疲れてたんですが、こんなに速く届くとも思っていなかったので、すごく嬉しかったです。疲れも吹っ飛びました(笑)
一曲目の「まっ白」の始まりから興奮しちゃいました!!
全11曲のどの歌詞も「小田ワールド」一色で、読んでるだけで色んな思い出が蘇えってくる。でも、何と言っても某保険会社のCMで流れている「たしかなこと」..これはもぅ小田ファンなら飛びつきもんです!
大事な人を想い出しながら、是非是非聴いて下さい...
心があったか〜くなりますよ♪

感動する~

渋いオジサマです!
同世代は聞かない人が多いんですけど、あまりにも素敵な歌詞と歌声に感動し、ファンになってしまいました。
悩みを抱えた時に聞くと、泣いてしまったり・・
でも、絶対に最後は元気をもらえて明日への活力になります!

この一曲が 後々効いてくる気がする

小田さんのこれまでの作品の中にあって、
「生まれ来る子供たちのために」以来の色の濃いメッセージソング
”明日”が収録されていることがこのアルバムの全て。
興行を無視して、以前の日本を救え的なキャンペーンがあれば
必ず歌われるであろう一曲。
嫌いじゃないし、個々は好きだけど全体として好きになれないのは
タイアップ曲集故仕方が無い。

小田和正さん

 小田さんといえば・・・そう!思い当たるのが『オフコース』だと思います。
小田さんの『オフコース時代』は、ロックに近い曲調の曲を
ガンガン『楽しんでいた』ようなきがします。
 しかし、この『小田和正 ソロアルバム』『そうかな』は、2000年以降に小田さんが
CDシングルを出版し、TVCMに採用されたり、ドラマの主題歌へ採用されたり、あらゆる分野で
聴くことの出来る『小田さんの曲』を集め、収録したものです。
'@の『まっ白』をはじめ、'Bの『大好きな君に』、'F『たしかなこと』など、
『小田和正』としての『名曲中の名曲』が完全にそろっています。
 このアルバムは、買う価値ありですね。

21世紀最初のオリジナルアルバム

この近年 小田さんの姿をテレビで見る機会が多くなったようで
団塊の世代の代表のような扱いをされるTVプログラムもある。
そのとおり。彼はその時代の人。
そして
本人は限界が近づいてることを感じてるかもしれない。
年をとり、収まるところに収まって楽に生きることは誰でも考える道。
でも余韻を残して引退とは考えてないみたい。
過去のファンには申し訳ないが俺は俺の道でやらせてもらう
こびたりはしないって言ってるようなこの近年。
最近の作品も不評ではあったが、あえて過去の栄光に収まらず 自分の道を進む
ことを選んだ彼の方向性に時代が共感してるのかもしれない。
そういえば曲もよくテレビから耳にする機会が増えたみたい。
そんな21世紀最初のオリジナルアルバムを聞く価値はあると思う。

ないたぁ

私はクリスマスの約束で小田さんを好きになりました。今小田さんが作った曲は私の心にスルリと入って来て私は小田さんの曲が大好きです。「そうかな」のアルバムの曲はどことなくどの曲にも「平和」への想いが込められている気がします。今色んな所で戦争が起きて悲しい事があります。そんな中でこのアルバムをきくと泣きたくなります。直接に平和を歌っているのは「明日」という曲だけですが、アルバム一枚聞き終わったらこのアルバムは、一曲一曲違う内容なんだけれど、どれも人への想いを歌っていて、ふとした言葉が心に残ります。そして心がやんわりして平和の事を考えたり、幸せな気持ちになれるアムバムだと思います。小田さんは色んなアーティストと共演したり、歳をとったりして、昔とは変わった部分があるかもしれません、そしてその中で曲を作って私はそれを好きになりました。沢山のレビューの中でオフコースの歌。小田和正の今の歌。と比べて聴いている人が沢山いて、もし私が昔からオフコースを知っていて大好きだったら私もそうしてしまうかもしれないけれど、小田さんも人です、きっと変わっていくもの、あると思います。その歌達を私たちがもっと素直に受け取る事が出来たら、きっともっと色んな感動にであえると思います。

完璧です。

いやー すごく感動します。
 やっぱり期待通りでいた。ww
 かなり満足です。 買って損は決してない。 断言できると思います。
 自己ベストもそうですけど、 このアルバムも自己ベストといえるでしょう。
 しかし、ほんとにこの人はすごいと思います。もう確か58歳?だったと思います。 
 よくこんなにも綺麗な声がでるな~、 これが最大の不思議です。笑

歌詞、大好き

このアルバム、ひいては小田さんの音楽の特筆すべき点は声もあるでしょうが、歌詞の素晴らしさも忘れてはいけないと思います。昨今の日本の音楽シーンで、歌詞が本当に心に染みる作品がどれだけあるのだろうか?と考えたとき、このアルバムの歌たちは歌詞が本当に素晴らしいです。元々小田さんの歌詞は良かったですが、クリスマスの約束などの活動を通して、さらに進化したような気がします。このアルバムはそんな素敵な曲がたくさんつまっているのですが、「大好きな君に」「僕らの夏」「Re」の流れが大好きです。個人的には「僕らの夏」が大好きで、「誰かの悔しさが 誰かの涙が 見えないそのやさしさが 僕らを連れていった」というところがグッときます。時代を超えるアルバムだと思います。

前向きな気持ちになれました!

最近の小田さんの声は透明感とともに優しさと温かさを増したようで、たまらなく心地良いです。このアルバムは全体に小田さんの人生観が散りばめられている感じで、歌詞に説得力があるところに強く惹かれました。辛いことが多かったり、人生の壁にぶつかった時などに聞くと、きっと涙が出ると思います。すべてを包みこんで背中をポンと押してくれる感じで。。。 とてもとても癒されました。

歌詞に涙

いろいろレビューでは、書かれていますが、これほどの歌詞をかける60代男性がいるでしょうか。小田さんとは何者???
やさしくて、せつなくて、心がやすらぐ時もあれば、元気をもらえる励ましのメッセージだったり。
個人的には、「たしかなこと」が一番きにいりました。小田さんの歌詞を読みながら風景がイメージでき、心が伝わるかんじです。クリスマスの約束続けてほしい!
どーも
個人主義
小田日和
伝えたいことがあるんだ