ELECTROPLANKTON エレクトロプランクトン

ELECTROPLANKTON エレクトロプランクトン

Attributes

ReleaseDate : 2005/04/07
Platform : Nintendo DS
ItemDimensions : 15055944504
Type : Manual
Type : Subtitled
Manufacturer : 任天堂
EANListElement : 4902370509816
EANList : 4902370509816
Brand : 任天堂
CatalogNumberList : NTR-R-ATIJ
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : 任天堂
Studio : 任天堂
PartNumber : NTRRATIJ
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 4,937
CatalogNumberListElement : NTR-R-ATIJ
MPN : NTRRATIJ
Publisher : 任天堂
Language : 日本語Manual
Language : 日本語Subtitled
PackageDimensions : 15055935504
Languages : 日本語Manual日本語Subtitled
Name : 日本語
Name : 日本語

広告タグの取得

自分なりの「楽しみ方」が必要なゲーム。

全10種類のプランクトンたち。
彼らは物音やタッチに反応して様々な動きや、音や光を溢れさせます。
育成やスコアといったゲームらしい概念は無く、あくまでも
「プランクトンによる電子楽器」と捉えてください。
ここからは私の感想ですが、ただ適当に遊んでいるだけでは
すぐに飽きてしまうという方も多いと思います。
私も始めはそうで、「つまらない」とさえ感じました。
しかし、「ちょっとした思い付き」が評価を大きく変えたのです。
適当に動かしていたプランクトンを絵を描くように動かす。
あるいは録音機能でラジカセから流れる歌を録音する。
するとプランクトンの動きはシンクロナイズドスイミングのように優雅なリズムを刻み、
またのんびり顔のプランクトンが女性歌手の声で(或いはヒップホップ調で)
流暢に歌いだしたのです。
それから少しずつですが、工夫の輪は今も広がっています。
自分なりの楽しみ方を見つけられたなら、きっと楽しくなるゲーム。
せっかくDSというハードなんだから、たまにはこんなゲームがあっても面白いと思います。

幼児向けのおもちゃが好きなひとなら楽しめます。

私は、すごく面白いかったです。永遠にいつまでも遊べます。
ただし、イヤホンが無いと絶対に面白く無いと思います。
勝ち負け・結果が無いので、ゲームではないと思います。
「それをしている瞬間だけを楽しむ」という、
とても原始的な、やさしいおもちゃです。
たとえば、こどもは「つみき遊び」で何かを作りますが、
完成させたものを、いつまでもそのままの状態で残したいとは思いません。
すばらしいものができたから、写真にとって残そう、とかも、思いませんよね。
納得したら、崩して、また新たに、つんでいきます。
つみきを積む、という過程だけを楽しんでいるからです。
他の方々のレビューで
「セーブ機能が無いのが惜しい。あったほうがいい」ということがよく書かれていたので、
購入する前は、そのことが一番気がかりでしたが、実際に遊んでみたら、
「”遊んだ”という事実が、機械的に何も記録されないこと」
がこのゲームの美点だと思います。
なんでもコンパクトに記録できてしまう時代だからこそ、あえて、
何も跡を残さないというのは、とても気楽な気がしました。
楽しかったなーという感触だけが残って、
細かいデータを忘れてしまうことが、価値なのだと思います。
また、音遊びが好きな人、楽器で遊び弾きをする人にも、すごく面白いと思います。

ゲームであってゲームでない

すごい不思議な体験をした。
例えるならば、
無数のシャボン玉に触れる事で、
それらが音を立てながら次々と弾けていく感じだ。
とても心地よい。
このゲームはゲームといって良いのだろうか?
動くアートにリラクゼーションを与えられてる感じがした。
遊ぶには何も説明がいらない。遊び方なんて人それぞれで良い。
こういうソフトを販売するメーカーはすばらしいと思う。
なぜなら大抵のゲームは、
続編などの利益の見込める方を優先して制作されるからだ。
道筋のないストーリーや、
目標のないゲームに興味のない人は正直おすすめ出来ない。
想像させられるより想像するソフトだ。
二度と繰り返されない偶然が、
映像と音楽によって気持ちよくシンクロする感じです。
このソフトを情報収集済みで、
気になっているのでレビューを見ている・・・。
という方にはおすすめ出来ると思います。

買う時は、よーーーーく内容を理解した上で。

「超たのしい!」になるか、「金返せ!」になるか、評価の分かれるソフトです。
「何もしない」感をが楽しめる人にとっては、すごく斬新でアートな感じの気持ちいいソフト。
一方、ゲームっぽい「目的」を求めたり、発展性を期待している人にとっては、5分でやめたくなるソフト。
このソフトを買う時は、ちゃんと内容を理解して、納得して、「合いそう」と思ってから買ったほうがよいです。
私自身は、どちらかというと「もういいや」派です。
適当にいじると予想外のことが起こったり、自分の行動に音や動きで反応してくれることには、たしかに心地よさを覚えました。水槽の魚をちょこちょこいじるような感覚ですね。
また、いじっただけでそれなりに音楽になって、DJっぽい演奏気分が味わえるのは、ちょっといい感じ。
「操作」をする必要がないため、普通のゲームではすぐゲームオーバーになってしまう年齢のお子さんでも、おもちゃとして楽しめます。
一方、私が嫌だったのは、こんなところ。
・説明書を読んだり、いろいろ試してみないと、反応のパターンが案外たくさんあることに気付かない。気付かないと、楽しさが半減する。
・セーブ機能がないので、せっかくDJっぽくナイスな音作りをしても、それをとっておけない。すぐ消えてしまう。
・同じくセーブ機能がないので、いつも電源を入れたまっさらな状態からのスタート。昨日やってても、やらなくても、おんなじ。
・目的がないので、「できた!」という気持ちよさ、達成感がない。
・10ステージ中、声を出すステージが2~3あるが、私がDSをプレイする電車の中や外出中には、そのステージは遊べない。
おそらく、私の肌には合わなかったのだと思います。
このソフトを買う時には、その「よいところ」「悪いところ」をよく知った上で、「やっぱり、これが欲しい」と決心して、買う。
そういう買い方をお勧めします。

「ゲーム」ではありません

「ゲーム」として買うと、駄作の烙印を即座に押されるであろう作品。
あくまでこの作品は、メディアアーティスト・岩井俊雄氏のアート作品です。
ですので、ここのレビューを参考にして買うか否かを考えるより、公式HPの紹介ページを見て一考するのが良いかと思います。
部屋に飾る絵画・時々眺めて楽しむ・・・そんな作品です。
作品中で生きるプランクトンの数々は、とても微笑ましく、可愛らしいです。
ペンでなぞれば、それに伴って音を発しながら踊ります。
自分なりの音とリズムで、刹那の創作を楽しみましょう。

まずはマニュアルを読みましょう

ものすごい正直に言うと、第一印象はお世辞にも良いものではありませんでした。
が、マニュアルを読んでみたら私が気付かなかっただけで、色々とできることが
分かり、あれこれやってみるとちょっと楽しいと思うようになりました。
間違っても万人向けとはいえませんが、与えられた素材を元に微調整を繰り返しながら
自分の思い描くものを作ることが楽しいと思う人、だらだらと適当にあれこれ触っている
うちに心地よいメロディーがある瞬間作られることに楽しさ感じることがある人なら
遊んでみてはいかがでしょうか?
まあ、何はともあれ、まずはマニュアルを読みましょう

ゲームじゃない…

ビックリだね。
なんつーか、下心のないゲーム??っていうのかな。
遊び方も人それぞれだし、少し頭をひねれば無限とあるバリエーション。
飽きる人もいるかもだけど、私はずっと飽きないと思う。
さっきも、DSにたまたまこのカセットがささってて「また、これかよ」とか思いつつ、カセットを換えるのも面倒くさかったからそのままやった。
やー、癒されるねー。
かれこれ30分はやってました。
ついやり出すと止まらなくなってしまう。
新しいことが、見つかると本当に嬉しくって感動も増します。
そう言う意味では奥深いゲームです。
これはゲームと言っちゃ何だけど、色々考えさせられます。

使用者次第。

このソフトは、
メディアアートということで、
アートを提供されているわけですが、
それをどう活かすか、
どのように楽しむか、
使用者にゆだねられています。
もちろんそのまま見ているだけでも
きれいでかわいいし癒される。
しかし、自分から、何かを働きかけることで
このソフトは本領を発揮する。
手をたたく音に反応して並び方を変えるプランクトン。
使用者がタッチペンでなぞることによって音程の
変わるプランクトン。
使用者の声を食べて反応するプランクトン。
その他にもたくさんあります。
このソフトは賛否両論分かれるのは
多分、自分から、何かを働きかけることで
このソフトは本領を発揮するから、
楽しい利用法を分からない人・編み出せない人
は面白くないと思う。
逆に、自分から働きかけて柔軟に遊ぶことの
できる人は面白いソフトだと思う。
私はけっこう楽しんでいます。
癒されますしね。
良いソフトだと思いますよ。

ぼーと眺めるたのしさ

子供のころ、アリの行列をぼーと眺めてたりしませんでしたか?あの感じの楽しさです。
思ったように曲がつくれないのが残念。
マリンスノーのきれいな音がお気に入りです。適当にいじると、まるで演奏してる気分に。
ハネンボウはちょっとゲーム要素があって、全ての葉っぱに当て続けると、花が咲きます。4パターンあるのでちょっと楽しい。
これをちゃんとゲーム化したら、普通に面白いのになぁと思う。
演奏モードというのもあり、勝手に演奏してくれます。これをぼーと眺めるのも楽しいです。
なんかゲームする気にはならないけどテレビはやかましいだけだし、何かをぼーと見て楽しみたい、と思う時間がある方におすすめ。

DSの新しい可能性

このソフトはゲームとはいえません。のでゲームを楽しむ目的で購入しますと間違いなく失敗するでしょう。しかし、ちょっとした音楽製作やDJなどのトラックの1ショット的な入れ方をするには非常にユニークで面白いと思います。あと惜しいなぁ、と思ったのはできたフレーズをメモリーできないことと再生とプレイができるプランクトンが1種類だけということかな。複数のプランクトンをMIXできればこのソフトの世界がもっと広がると思います。是非、MIX機能をつけて続編をつくってください。
シータ
リズム天国ゴールド
マリオカートDS
マリオカートアドバンス